2009年01月09日

レッスン日記4

Category : レッスン日記 
Tags : ,

「月光」はとりあえず合格。
バッハ平均律の1番プレリュードは、まだまだパキパキした音になっているので要注意。特に左手の1音目が硬い音になるので、斜めに押さえるように弾くこと。弾く時はシフォンの布のようなイメージで。

そしてこれと平行して1番のフーガも見てきてねと言われてたんですが、四声なんて初めてだし、何ですかコレはという状態。あ、四声というのは、4つの旋律が同時に流れてて、丁度ソプラノ、アルト、テノール、バスが一度に歌ってるようなものですね。毎日片手ずつばっかり練習して、なんとか両手を合わせるところまできたけれど、もー、ワケ分かりません。手が4本欲しい! 目も8つぐらい欲しい!
たしか「のだめ」では旋律のうちの2つを取り出して弾いてあとの1つを自分で歌ってみる、という練習をしてましたっけ。そんなのまだまだとんでもないので、まずは1つずつ旋律を取り出して練習してるところです。もう少し慣れたら2つ取り出してみようかと。
そんな状態ですが、試しに両手を合わせるとちゃんとバッハの音がして「おお~っ」と感動。まだ弾いてるだけで、テーマも何もあったもんじゃありませんが、とりあえず譜読み段階ということで。

「月光」の次は、シューマンをやることに決定しました。シューマンの「子供の情景」。シューマンって1曲も弾いたことがないんですが、「子供の情景」は可愛い曲集で大好きです。でも「じゃあ、とりあえず順番通りにやるってことで… 次までに4曲ぐらい見てきてね」
と言われたのには参りました。
「えっ、4曲?!」「全部でもいいわよ~♪」
せ、先生、そんなに練習する時間ありませんってば。

次回予告…シューマン「子供の情景」4曲程度+バッハ「平均律」1番プレリュード・フーガ

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress