2009年01月30日

レッスン日記5

Category : レッスン日記 
Tags : ,

まずはシューマンの「子供の情景」。譜読みしていったのは、以下の5曲。
「見知らぬ国々と人々について」「珍しいお話」「鬼ごっこ」「ねだる子供」「満足」

本当は「重大な出来事」も練習してたんですけど(13曲の中でこれが一番好き♪) 上の5曲の完成度の低さに、思わず言うのを躊躇ってしまいました。
前回の時に「全部見てきてくれてもいいわよ~♪」 と言われてびっくりしたんですが、これはどうやら「子供の情景」を全曲通して弾けるようになると楽しいからという理由だったようです。そうだったのか。なるほど。確かに練習しなくなった曲ってあっという間に弾けなくなりますもんね。1曲が1ヶ月で仕上がったとしても、終わるまでに13ヶ月かかっちゃう。そりゃ、通して弾くなんて到底無理ですものね。

「見知らぬ国々と人々について」…右手の旋律と左手の副旋律、和音で音を確かめるように
「珍しいお話」…アウフタクトを意識する、リズムの楽しさを出す
「鬼ごっこ」…アクセントを強く、後は追いかけるように、スタッカートは指で引っ掛けるように
「ねだる子供」…メロディラインが流れるように
「満足」…アウフタクトを意識

バッハの平均律は、1番のプレリュードとフーガ。プレリュードはなんとか合格しました。でも、うっかりするとすぐパキパキした音になっちゃう。もっと柔らか~く滑らか~な音で弾けるようになりたいものです。

そしてフーガ。この曲、いくら練習しても上手くなる気がしません…。メロディを際立たせるのが難しい時は、最初の音だけでも強く弾くといいそうです。
それでもやっぱり平均律って私にはちょっとハードルが高すぎる気がする…。ブランク長いし、3声のシンフォニアからやり直した方がいいような。今は、そんなに根つめて練習できる状態でもないし。とりあえず、2番の譜読みも始めておくことにはなりましたが。

先生によると、バッハを弾くのが好きな人って数学好きが多いんだそうです。あー確かに好きでしたよ。特に数I。あ、それよりもアレだアレ。小学校の時の「つるかめ算」とか「流水算」「時計算」「植木算」… そういうのが大好きでした。私の場合は暗記物が大の苦手だから、最低限のことを覚えるだけでなんとかなる算数が好きになっただけという線が濃厚ですが。

次回予告…シューマン「子供の情景」の今やってる曲+バッハ「平均律」1番フーガ、2番プレリュード

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress