2009年02月20日

レッスン日記6

Category : レッスン日記 
Tags : ,

私の1つ前の大人の生徒さんがめちゃめちゃ上手いので、その華麗な演奏(今回はベートーヴェン「ワルトシュタイン」)の後で弾くのはつらい… と思いつつ、シューマンの「子供の情景」(最初の5曲)を弾く私。
ああ、相変わらず音がすかすか…。次の時はペダルもねって言われたので、少しマシになるかもしれないんですが、あまりの弾けなさにちょっと凹みます。

バッハの平均律(1番フーガ)の方は合格してしまってびっくり。あと2~3回はかかかると思ってたのに。思わず「いいんですか、これで!」って言ったら、「やろうと思えばいくらでも突き詰められるけど、今から音大受験でもないしね」ですって。そ、それはそうなんですけど。
あと、「バッハが好きっていうの分かるわ。向いてるんだなーって思った」と言われました。
ええ、繊細な感情表現とか苦手ですから。優雅な曲とか華麗な曲よりも、こういうタイプの方がまだ。(笑)

それでもやっぱり平均律は私にはちょっと荷が重すぎるので、じゃあ2番までやったらシンフォニアに戻りましょうか、ってことになりました。急がばまわれ、ですね。いや、急いでないけど。ま、のんびりいきます。

次回予告…シューマン「子供の情景」の今やってる曲+バッハ「平均律」2番プレリュード・フーガ

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress