2009年03月27日

レッスン日記8

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

今週はバタバタしてたので、今回はとっても練習不足です。

まずは、シューマンの「子供の情景」。5番の「満足」からなんですが、この曲で弾き始めるのってツラい! 家ではいつも1番から順番に弾いてたから、うっかりしてました。1回目に弾いた時は10回以上つっかえた気がする… それに家ではメロディラインがちゃんと出せたと思っていたのに、先生のとこで弾いたらすっかり埋もれちゃっててダメダメ。今回も上がらず、もう1回。
6番「重大な出来事」は一番好きな曲。堂々と弾けるとかっこいい曲。「A」「B」「A」の構成で、「B」が本題だから特に堂々と。でもどうも腕の使い方が上手くいかなくて、固い音になっちゃう… もっとうまく脱力できるといいんだけど。難しい。
7番「トロイメライ」は、有名な曲。これは知ってる人も多いはず。これを弾く時は、ピアノの鍵盤がガラスでできてるようなイメージで弾くべし。
8番「炉辺で」、9番「木馬の騎士」、10番「むきになって」は、一応見ていったという程度。練習不足がてきめんに現れてます。すみません、次までにはがんばりまーす。

バッハの平均律は、2番のプレリュードとフーガ。プレリュードは合格でも良かったみたいなんだけど、もう1回やらせてもらうことにしました。本当はドラマティックな曲なのに、そのメリハリがイマイチ上手くいってないんだもの。もっと超特急でかっこよく弾けるようになりたいし! そしてフーガの方は、次回までに仕上げてくることに。
で、「2番が終わったら、次は9番ね、余裕があったら譜読みを始めておいてね」と言われたんですが…  あれれ、シンフォニアは? わざわざ9番に飛ぶということは、比較的難しくないからなのかな…?

次回予告…「子供の情景」の今やってる曲+バッハ「平均律」2番プレリュード・フーガ



2009年03月14日

「子供の情景」アシュケナージ

Category : CD(シューマン) | コメントは受け付けていません。 

ウラジミール・アシュケナージ「子供の情景/シューマン : ピアノ名曲集」。
「子供の情景」「謝肉祭」「アラベスク」「幻想小曲集」から「夕べに」「飛翔」「なぜに」の3曲、「花の曲」が収められています。アシュケナージらしい華やかでエレガントな演奏で、「子供の情景」も他の曲もとても素敵。ただ、録音レベルが低いのか、なぜか音が小さいのが気になりますが。

アシュケナージの弾くシューマンは大好き。↓これもお勧めです。7枚組の輸入版のボックス。全曲ではありませんが、かなりの曲が録音されています。私が特に好きなのは、アシュケナージが弾く「ウィーン謝肉祭の道化」。幸せな気分になれます♪ それが入ってる日本語盤は右のものです。

 

*****

 
ウラジミール・アシュケナージ(Vladimir Davidovich Ashkenazy 1937- )
  ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。(後に亡命)
  6歳でピアノを始め、2年後にはモスクワでデビュー。
  1955年、ショパン国際ピアノコンクールで2位。
  1956年、エリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝。
  1962年、チャイコフスキー国際コンクールで優勝。(同1位 ジョン・オグドン)
  レパートリーは、有名クラシックピアノ曲のほとんどを網羅するほど非常に幅広い。

*関連記事*
「エチュード」アシュケナージ



2009年03月07日

レッスン日記7

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

まずはシューマンの「子供の情景」から。
今回「見知らぬ国々」「珍しいお話」「鬼ごっこ」「ねだる子供」は合格。5曲目の「満足」はもう一回。(「鬼ごっこ」はオマケの合格だな!) そして次回までに「重大事件」「トロイメライ」「炉ばたにて」「木馬の騎士」を見ていくことになりました。

今の先生は、弾き方や表現をとても重視してる方なので、指のいろんな使い方とか、出した音の方向性を考えるのとか、その曲の解釈とか、楽譜に書かれてない部分についてのことが、すごく勉強になります。もちろん、すぐに言われた通りに弾けるようになるわけではないんだけど、やってみると曲がどんどん生き生きしてくるような気がするー。目に見えて変わっていくのが感じられて、嬉しくなっちゃう。

バッハの平均律は、2番のプレリュードとフーガ。プレリュードはちょっと難しいけど、フーガは1番よりかーなり楽。このレベルだったら、私にもなんとか弾けるよ! 1番のフーガの時は、何度練習しても弾けてる気がしなかったですしね。練習する時も、毎回まず片手ずつさらわないと両手で弾けない感じだったし。

でも、前回のレッスンで1番のフーガが合格した時に「えっ、もう?」と思ったんですけど、家に帰って改めて弾いてみたら、かなり気持ちよく弾けるようになってることに改めて気がつきました。ちゃんと練習の成果は出てたのねー。ふふふ、なんか嬉しい。

次回予告…シューマン「子供の情景」の「満足」と新たに4曲+バッハ「平均律」2番プレリュード・フーガ



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress