2009年04月17日

「子供の情景」ハイドシェック

Category : CD(シューマン) 

エリック・ハイドシェックの「ハイドシェック:シューマン「子供の情景 Op.15」、ドビュッシー「子供の領分」 他」です。
シューマン「子供の情景」、ドビュッシー「子供の領分」、クープラン「フランス人気質またはドミノ」、サティ「ジムノペディ」、ラヴェル「マ・メール・ロワ」が収められたCD。どの曲も、さりげなさと優しさに満ちているようで、1つ1つの音の響きが美しいです。ハイドシェックといえば、私の中ではベートーヴェンのイメージが強かったのですが、フランス物もいいですね。この曲は本来こういう風に演奏されるべきなんだろうな、なんてことを思わせる演奏。これは1つの頂点を極めた人の、いい意味で肩の力の抜けた演奏と言えるのかも。
でも本当は「子供の情景」目当てだったのに、「子供の領分」の方が気に入ってるのは内緒です。(笑)

*****

 
エリック・ハイドシェック(Éric Heidsieck 1936- )
  フランスのピアニスト。
  アルフレッド・コルトーの勧めで6歳で本格的にピアノを始めたコルトーの愛弟子の1人。
  ベートーヴェンとモーツァルトの個性的だがスタイリッシュな解釈に定評がある。
  その他のレパートリーはショパン、ブラームス、シューベルト、ドビュッシー、フォーレ、
  ヘンデル、シューマン、ラヴェルなど。

*関連記事*
「子供の領分」ハイドシェック

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress