2009年07月03日

レッスン日記14

Category : レッスン日記 
Tags : ,

「革命」は、まずまず順調。
平均律の9番のフーガは合格で、次はシンフォニアの1番へ。

先生がシンフォニアのCDを貸してくださったんですが、「じゃ、まずはこれね」と貸して下さったのがアンドラーシュ・シフのもの。シフのインベンションとシンフォニア、初めて聴きましたが、なんかすごいですね… 私が知ってる曲とは、全然違ーう! 装飾音がものすごく沢山はいってて、これはこれで美しい演奏だと思うのだけど、慣れないとなんだかとっても気持ちが悪いです。これって果たして練習の参考になるのでしょうか…?
「バッハは色んな弾き方があるから」とおっしゃってたんですけど、まさに!
ええと、「まずはこれ」ということは、また違うのを貸していただけるのでしょうか。いろいろ聞き比べしてみるのも楽しそうではありますが~。

ふとした拍子に私が高校の時まで習ってた先生の話になったんですが、なんと今の先生もその方をご存知でした。コンクール会場で見かけて気になって、そばにいた人に思わず名前を聞いてしまったとのこと。
「ものすごくお洒落で、ものすごく存在感のある方よね!」
その通りでございます。とても綺麗な方なんですけど、目力がありすぎて怖いぐらいです。今は自分のピアノ教室をしつつ、学校でも教えつつ、時にリサイタルもしつつ、コンクールに出場する生徒さんもいて、多忙な生活を送ってらっしゃる様子。すっかりご無沙汰で申し訳ないです…

という今の私の先生も、今はコンクールの時期で大変そうです。
コンクールかー。私が子供の頃は、そんなの誰が出るんだろう?って思ってたんですが、今はすごく多いんですね。別世界の話ではないんだなあ。なんだかびっくりです。

次回予告…ショパン「エチュード」革命+バッハ「シンフォニア」1番

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress