2009年07月17日

レッスン日記15

Category : レッスン日記 
Tags : ,

「革命」は、先週左手ばっかり練習した甲斐あって、苦手な部分がかなり弾けるようになったんですが、逆に両手で合わせるのがダメダメになってしまって… というか、むしろ右手が意外な落とし穴だったのに気付いて、うわーん。ミスしない速さまでテンポを落として、丁寧に練習しなくっちゃいけません。
そして、この曲の最初の音。こういう劇的な音を出すのって苦手なんですよね…。指は鍵盤を掴むようにおさえて、特に小指はしっかり鍵盤をつかんで、背中や肩の筋肉、腹筋も使って、瞬発的な力を出さなくちゃいけないんですが…  ああ、できない。
でも先生の「何回もやってたらできるようになるから!」という言葉を信じる!

そして今回からのバッハのシンフォニアの1番。こちらは一回で上がりそうになって、ちょっとビビったんですが、やっぱりもう一度。「今度は暗譜してきてね! それと2番もみてきてね」ですって。
ひえー、私、暗譜って全然ダメなんですけど… これはもうひたすら弾くしかないのかな。 まあ、バッハなら何度弾いても飽きることがないのでいいのですが、そんなにそんなに練習時間が取れないからなあ。

このシンフォニアの1番はハ長調の曲なんですが、これが途中でト長調になり、ト短調になり、ホ長調となり、最後にハ長調に戻る… のですね。そういうのを教えてもらえるのも楽しい♪ 臨時記号として♯や♭がつく場所は、転調する場所だから重要。そして一番弾きにくい部分が、大抵曲の一番のクライマックス。…そうだったのか。面白いなあ。
でもシンフォニア、期待したほど難易度が低くないような… 平均律とそれほど変わらない? 四声、五声がないだけって気もするぞー。

先日、新しく入った大人の生徒さんの初めてののレッスンを垣間見る機会があったんですが、その方が弾いてらしたのがベートーヴェンの「月光」の第三楽章。先生によると、大人の生徒がピアノを再開する時、最初に持って来る曲って「月光」「革命」「別れの曲」が多いのだそうです。という私も「別れの曲」だった! そんなつもりは全然なかったのに、すっかりパターンにハマってたんですね。(笑)

次回予告…ショパン「エチュード」革命+バッハ「シンフォニア」1番、2番

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress