2009年08月28日

レッスン日記17

Category : レッスン日記 
Tags : ,

相変わらずのショパンの「革命」ですよー。
少しずつ速く弾けるようにはなってきてるんだけど、そうなればそうなったで、それを維持するのがすごく難しくて、一歩間違えると曲を叩き壊してしまいそうです。でも、一応ある程度のレベルには達したみたいで。「どうする? これで仕上げということでいいと思うんだけど、もっと磨き上げたかったら、気が済むまでつきあうわよー。」とのこと。

うーん。今のこの状態でもう少し踏ん張れば、すこんと楽になりそうな気もするのだけど…
でもレッスンの間隔が2週間ぐらいならともかく、それ以上になると、レッスンの日に合わせていい状態に持っていくのがすごく大変な曲なんですよね。今回もそれだけで結構気疲れしてしまったし。
結局、一応合格ということにしてもらっちゃいました。で、家では練習を続けておいて(練習をやめるとすぐ弾けなくなっちゃうので)、また聞いてもらおうという気になった時に聞いてもらうことに。ああ、根性なしの私ってば。

ということで、次は10-4! 小学生ののだめが弾き、そしてコンクールで弾いてたあの曲です。これまた難しいけど、長年の憧れの曲だし頑張るぞー。

バッハの方は、シンフォニアの2番がもう一度で、次は3番も一緒に。実は2番はあんまり好きじゃなくて、練習にも全然身が入ってないので、なかなか合格レベルまで到達しません。わはは。
でもバッハは、弾きこめばちゃんと弾けるようになるから好き。ショパンのエチュードは、ただ弾くだけじゃどうにもならないからなー。バッハを弾くと安心します。
(単に、ショパンのエチュードが私のレベルでは背伸びすぎるだけなんでしょうけど!)

次回予告…ショパン「エチュード」10-4+バッハ「シンフォニア」2番、3番

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress