2009年11月13日

レッスン日記22

Category : レッスン日記 
Tags : ,

ショパンのエチュードの10-4。
この曲、今まで全然速く弾ける気がしなかったんですけど、今週になっていきなり少し速く弾けるようになってきました。(あくまでも「少し」ですが) やっぱり信じる者は救われる!(???)
指定の速さの半分(はああーー)の壁をようやく突破したし、きっと今なら、あの曲ね!と分かってもらえるかと。ただ、速くなるとどうしても弾き方が荒くなってしまうので、そこが今後の課題です。そういうの、みんなどうやって克服してるんだろう? ひたすら練習?

で、先生に「この曲で発表会、どう? 楽譜見てもいいわよ」って言われたんだけど!
それは無理ーー。絶対無理ーーー。

バッハのシンフォニアは、12番が上がって、4番も少し見てもらいました。4番の方が12番より弾きやすいな。でも12番の方が好きーー。もちろん練習してた曲が合格になるのは、すごく嬉しいんだけど、ピアノって、練習しなくなるとあっという間に弾けなくなるのがカナシイ。シューマンの「子供の情景」だって、あれだけ弾きこんだのに、きっともう全然弾けなくなってるんだろうな。12番、もうしばらく自分で練習しようっと。

次回予告…ショパン「エチュード」10-4+バッハ「シンフォニア」4番

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress