2009年12月11日

レッスン日記24

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

雨だけど綺麗な紅葉が続く道をてくてく歩いてレッスンへ。

ショパンのエチュードは、なんだか崩壊寸前…。細かい部分が荒っぽいし、指も腕もガチガチになってしまって全然ダメ。速く弾く練習ばっかりしてたのが祟ってます。やっぱり多少時間がかかっても、速度に無理矢理自分を合わせるよりも、自然に速く弾けるようになるのを待つ方が向いてるよ、私は。
そしてもっと徹底的に脱力できるようにしなくちゃいけません。ワンフレーズ弾いて脱力して、次のフレーズを弾いてまた脱力して。1曲弾き終えたら必ず全身の力を抜いてリラックスする。そんな練習をして腕や身体に脱力を覚えこませるのがいいらしいです。

それでも10-4は仕上がりつつあるとのことで、平行してショパンのエチュードの他の曲をすることになりました。先生が挙げた候補は10-1、 25-1、25-2の3曲。どれでもいいし、他にやりたい曲があったらそれでもいいそうなんですが、だからっていきなり「木枯らし」(25-11)は無理でしょうし! エチュードのCDを聴きつつ、何にするか考え中。

10-1と25-1はアルペジオ。10-1は本当に大好きなんですが! CDのように綺麗に弾けるようになるとは到底思えない。その点、 25-2は右手がこまこまとした動きで10-4とちょっと似通っていて、今やるには一番いいかも。あと「蝶々」(25-9)なんかどうかしら… と思ったんですが。楽譜を見たら♭が6つもついてるよ… しかもダブル♭が多発… 却下。(おぃ)
10-4に取り組めただけで満足な私なので、もうこうなったら何でもいいんですけどね。

そしてバッハのシンフォニアは、6番があがって次は8番。バッハはそれほど速さを求められないので、気分的にすごく楽です。ショパンとはまたちょっと違う頭の使い方をしなくちゃいけなくて、それはそれで大変なんだけど、やっぱり楽しい♪
のだめがやってた対位法の勉強、私もしたくなってきたな。

次回予告…ショパン「エチュード」10-4ともう1曲+バッハ「シンフォニア」8番



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress