2010年02月26日

レッスン日記28

Category : レッスン日記 
Tags : ,

レッスンの時間丁度に着いたら、私の1つ前の大人の生徒さんのブラームスを聞き逃しちゃったよ!
と、軽くショックを受けつつ…
いつも時間を少しオーバーしてるのに、なぜ今日に限ってきっちり終わるんだーー。(なぜ教わりに来てるのか不思議になってしまうほど上手い方なので、いつも数分間の耳の保養なのです)

ショパンのエチュード10-4は、まずまずの出来。速さもそこそこ出てるし、これが私にできる最善のような気もする。途中で「あ!」と思っても、指は動いて弾き続けていくのが我ながらすごいと思う。(笑)
気をつけるのは、和音の時にもっと素早く鍵盤をがしっと掴むこと。pのところをきっちり小さくして、fとのメリハリをつけること。
そして25-2は、なるべく指を鍵盤から離さないように気をつけつつ、このままテンポアップ。

バッハのシンフォニアは10番。もっと勢いに乗ってどんどん弾くこと、最後の方は音量が落ちないように… という注意がありつつ、1回で合格。やっぱり長調の方が合格が早い気がするー。先日買った本で勉強していったのが効いたのか、頑張ってるじゃないの~と言われてしまいました。ということで、次は15番。これは32分音符で苦労しそうな予感。

そして、先日お借りしたドビュッシーの譜読みをしてたら、何箇所か弾き方がよく分からない部分が出てきて、結局先生に少し見ていただくことになっちゃいました。
となると。今既にショパンのエチュード2曲とバッハをやってるのに、そこに1曲まるっと増えてしまうと、時間的な問題が! 家での練習時間の捻出というのはもちろんなんだけど、レッスンの時に1曲ずつの時間が短くなっちゃうのが一番の問題。今だって25-2はほとんど時間をかけてないし、きっちり見てもらおうと思ったら2曲がベストだもの。ということで、既に一応仕上がってる10-4が、これでオシマイということになっちゃいましたよー。先生は「いつでも聞かせてもらうから!」って仰って下さるんだけど、やっぱり毎回のレッスンでやるという緊張感がないと、どんどん弾けなくなっていくんだろうなあ。寂しいなあ。

ということで、次回はショパンのエチュード25-2とバッハのシンフォニア15番、ドビュッシーの「子供の領分」の「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」の3曲。ショパンのエチュードはまだまだやるつもりだけど、とりあえず25-2が上がった時にでも幻想即興曲を見てもらおうと画策してます。

Comments (4)

  1. こんばんは。「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」の曲名で、大学時代に「ピアノ部」というサークルに入っていたのを思い出しました。定期演奏会で弾いた曲なので、急に記憶が蘇りました。

    難しい曲ではないのですが、メカニカルに粒を揃えてかなり速いテンポで弾かないと、聴いていて面白くない曲ですね。何度も練習すると、指が良く回りすぎて、逆にこんがらがったりしました。
    この曲と「ゴリウォーグのケークウォーク」を練習したおかげで、私はドビュッシーとは全く合わないのを確信したのは良く覚えてます(笑)

  2. アリア

    yoshimiさん、こんにちは~。
    わあ、弾かれたことがあるんですね!>グラドゥス・アド・パルナッスム博士
    そっかあ、ピアノ部。
    確かに技術的にはそれほどの難しさを感じないんですけど
    聴かせる演奏をしようと思ったら大変そうです。
    それでもって、ドビュッシーにはそういう曲が多そうです…

    今のところは、まだ1曲目しか譜読みしてないんですが
    どうせやるなら5曲とも弾いてみたいなと思ってるので
    「ゴリウォーグのケークウォーク」も、いずれ… のつもり。
    遊び心たっぷりに弾けるといいんですが、それもなかなか難しそうですよね。
    さて、どうなることやら。
    yoshimiさん同様、合わないと確信してしまうことも十分あり得るかも…
    …あ、やる前からそんなこと言ってたらダメですよね。
    頑張ります。(笑)

  3. north pole

    アリアさん、こちらでははじめましてー。
    夢中になって全部の記事を一気読みしてしまいました。

    ショパンの10-4、一時はまってよく聞いてました。すごいですー!すごいですー!! アリアさんきっと難しい曲を弾かれるんだろうなと予想はしてたのですが、かっこいいです。
    ドビュッシーの練習記も楽しみ…。
    いやあ、好きな曲を選べるのは大人の特権ですよね。
    素敵な先生にも巡り会われたのですね。その曲の音楽性を豊かに表現するためのわかりやすいアドバイス、すごくいいなあって思いました。
    それに、さすがアリアさんというか、こうやって記録につけておくのっていいですねー。

    あ、バッハ、私もインヴェンションを弾くの好きでしたー。
    教わったのが遅かったんですよ。高校生のころ、やっと自分の好みを自覚し始めて、チャイコフスキーの「四季」なんかを弾いてた時、先生が急に思い出したように「そういえばバッハ全然やってないね、インヴェンションやりましょうか」って。2声や3声の旋律がゆるりと絡み合って流れていく優雅さが良かったし、1つの曲を1つの建築のように立体的に知覚できて、目からウロコでした。でもたぶん、入り口のそのまた入り口、くらいを覗いたにすぎなかったと思うんですが。
    今、趣味でフルートやバイオリンを習っている友人が周囲に数人いますが、みんな、バッハとモーツァルトを弾いてると幸せっていう人ばかりです。。。類友かしら。インヴェンション、バイオリンで合奏するのも素敵なんですよね。

    これから、ひそやかに通わせていただきますー。

  4. アリア

    north poleさん、こんにちは。
    いやん、一気読みだなんて! ありがとうございます。嬉しいです。(照)

    ショパンのエチュードは、私にはまだ少し早い気もするんですが
    長年の憧れの10-4がなんとか弾けるようになって、すごく嬉しくて~。
    やっぱりこれも大人の生徒だからこそ、なんですよね、きっと。
    先生もショパンはお好きなようで、心なしかレッスンに力が入ってます。(笑)
    でもこの曲、練習しないと見る見るうちに弾けなくなってしまいそうなんですよね…
    コルトーは、毎朝6時からショパンのエチュードとバッハの平均律を
    全曲弾くのが日課だったそうで、それにものすごーく憧れてるんですが
    (一体何時間かかるんでしょう… 3時間ぐらい?)
    私の場合、あと20年ぐらい練習し続けても無理かもー。(笑)
    そもそも10-4でこれだけ苦労してたら、ブラームスのあのパガニーニ変奏曲は
    一体どれだけ難しいんでしょうね… 考えるだけでも恐ろしいです。

    うふふ、バッハはいいですよね♪
    では、私とも類友ということでよろしくお願いします!(勝手に言っててスミマセン)
    インヴェンションをバイオリンやフルートと合奏だなんて素敵~。
    合奏ってほんと楽しいですよね。いいなあ。お仲間がいて羨ましいです。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress