2010年03月01日

「エチュード」ペライア

Category : CD(ショパン) 

ショパンのエチュードも早いとこ何か決定盤を決めて打ち止めにしたいんだけど、どれもなあ… と思ってたら(サンソン・フランソワのは好きなんだけど、練習の参考にするにはちょっとね)いいのが見つかりました。マレイ・ペライア盤です。演奏としては相当ハイレベルだと思うんだけど、それでいてポリーニのように聴いてて追いつめられるというのがない(ここが肝心)というのは、一体どこが違うんでしょうー。音色もとても美しいし、どことなくふっくらと感じられる演奏です。演奏のちょっとしたクセやタメのようなものが好きじゃない人もいるだろうし、「決め手がない」と思う人もいそうな気はするんだけど。…それにしても、10-6がこの速さというのは珍しい。個人的には、この速さで演奏されるのを聴いて初めてこの曲に親しみを感じられたので(今まではこの曲1曲だけエチュード全体の中で異質な存在のような気がしていた)いいと思うんですけど、一般的にはどうなのかな?
この方、バッハも次々に録音してるようで、そちらもとても気になります。今出てるのはゴルトベルク変奏曲、ピアノ協奏曲、パルティータ、イギリス組曲… この辺りは既に全曲出てますね。あと、ブランデンブルク協奏曲も出始めてるみたい。聴いてみたいな。この音色からすると芳醇なバッハが聴けそうです。

*****

 
マレイ・ペライア(Murray Perahia 1947- )
  アメリカのピアニスト。指揮者でもある。
  1972年のリーズ国際ピアノ・コンクールにてアメリカ人初の優勝。
  9年の歳月をかけ、自身の弾き振りでモーツァルトのピアノ協奏曲全曲録音。
  1985年にベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲録音。
  主なレパートリーはウィーン古典派やドイツ・ロマン派音楽。
  特にベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームスなど。

Comments (2)

  1. アリアさん、こんばんは。

    本当に偶然の一致のごとく、ペライアのエチュードですね!
    昔ペライアのピアノをとても誉めている記事を読んで、録音をあれこれ集めていた頃にこれも買いました。
    大半はラックの中で眠ってましたが、ゴルトベルクをたまたま聴いてから開眼し、ペライアはよく聴くようになりました。エチュードもそろそろ聴く気になってます。

    ペライアのバッハは、自然でなめらかな流れが心地よいですね。
    ゴルトベルクは、陰影は薄くて、明るく喜びに溢れた感じです。
    ピアノ協奏曲は、モダン・オケ&ピアノの演奏のなかでは、かなり軽やかで聴きやすいと思います。
    イギリス組曲は自信に満ちたタッチで、ペライアにしてはちょっと圧迫感を私は感じるので、パルティータの方が、音もレガートなフレージングもとても綺麗で繊細に思えます。(好みの問題でしょうけど)

    ブランデンブルク協奏曲の録音も出ていたんですね。試聴してみたら、カップリングされているイタリア協奏曲の方がとても気に入ってしまって、このCD、欲しくなってきました。

  2. アリア

    yoshimiさん、こんにちは~。
    ほんと、びっくりです。まさかまさか!でした。(笑)

    ペライアのバッハもいいのですね。
    「陰影は薄くて、明るく喜びに溢れた感じ」というのが
    なんだかとっても分かるような気がします。
    ショパンを聴きながら、ふくよかなバッハなんだろうなあと思ってたんです。
    これはぜひとも聴いてみなくてはーー。
    まずはゴルトベルクかな。と言いつつ、次々に買ってしまいそうな予感…。(笑)
    お話を伺ってると、どれも聴きたくなってしまいます!
    でもyoshimiさん、ゴルトベルクもピアノ協奏曲もイギリス組曲も
    パルティータもとっくに聴いてらっしゃるのですね! さすがです。
    私はまだまだ知らないのがいっぱい…
    今まさに「録音をあれこれ集めている時期」なんです。
    クラシックは昔から好きなんですけど、ピアノ同様ブランクが長くて
    集中して聴き始めてから、まだ2年ぐらいなんですよね…。
    なのでyoshimiさんのブログには本当に気になる記事がいっぱい。
    色々教えてくださってありがとうございます。^^

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress