2010年04月16日

レッスン日記31

Category : レッスン日記 
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスンは雨。寒い! でも八重桜が咲き始めてるし、まだ桜が綺麗な場所も時々残ってるしで、目の保養をしつつ先生のおうちへ。

まずショパンのエチュードの25-2、今日は合格しました! ここ2~3日、家でいいペースで弾けてたので、もしかしたら!?って思ってたんです。嬉しいな。ちょっと気を抜くと音がすぐ粒立ちしてしまうので、要注意なんですが。
そしてこの曲が終わったら、次こそはドビュッシー。「せっかく本を買ったんだから、何曲かやりたいわよね」と先生の方から仰って下さって、内心「やった!」と快哉をあげていたワタシ。私としては「子供の領分」は6曲ともやりたいんですけど、先生はどう思ってらっしゃるのかなあ、とちょっとドキドキしてたのです。
「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」、今日は少しだけ見てもらえました。ちゃんと練習してなかったので、イマイチでしたが。16分音符はもっと柔らかい音色で内声的に抑えて、メロディーをもっと浮き立たせるように、とのこと。

そしてドビュッシーの後はショパンのエチュードにまた戻るんですけど、その時に何をするかという話にもなりました。最初は10-1か25-1(エオリアンハープ)かって言ってたんですけど、いつの間にか「木枯らし」が候補に! 「木枯らしでもいいわよ~。ちょっと譜読みが大変かもしれないけど。木枯らし、やってみる?」と言われて、最初は「そりゃあ、いずれはやりたいですけど…」と口を濁してた私ですが、結局「じゃあ、ドビュッシーを何曲かやってる間に譜読みしますー」ということで、本決まりになっちゃいました。
わあ、木枯らし! すごい! 10-4と並ぶ憧れの曲だったんですようー。嬉しいなあ。背伸びな挑戦なのは重々分かった上で頑張ります。と言いつつ「もし途中で挫けたらエオリアンハープにします…」と逃げ道を作ってしまった私ってば、小心者。

そしてバッハのシンフォニアの15番は、副旋律がちょっと元気になりすぎてしまっているので、もう少し遠くから響いてくるような感じで弾くこと。5音(6音)の中で、クレッシェンドしてディミヌエンド。そして、この曲の一番高い音は16分音符のシなので、それをきちんと意識すること。…曲の一番高い音のところがクライマックスになることが多いので、練習する時にどの音が一番高いかきちんと把握しておくといいんだそうです。そして一般的に音が下る時はディミヌエンドになることが多いけど、この曲の最後は収めてしまわないで、最後の2小節はフォルテで「何も言わずにオレについて来い!」的な強気のまま弾き終わること。という注意がありつつ、15番は合格です♪ 
14番は最初pで始まるけど、それほど小さな音ではなく、明るく暖かい音色で。…ぐらいだったかな。1回しか弾かなかったし。この14番、すごく好き。深みがあって。シンフォニア15曲の中で一番好きかも。でも難しいな。市田儀一郎著「バッハ インヴェンションとシンフォニーア 解釈と演奏法」には、「曲集中最も困難な課題をもつ1つとして、芸術的円熟さえも要求されうる曲」とありました。確かにそうなのかもしれないな。

そして今日はイタリア協奏曲の楽譜をいただきました。先生が選んで下さったのは、ウィーン原典版! 真っ赤な表紙が派手だなあと思ってたんですけど、実際手にしてみるとカッコよく見えてくるのはなぜだらう。なんか妙に嬉しくなっちゃうな~。
これは原典版だけど指使いもある程度載ってて(ヘンレ版になるとぐっと少なくなるらしい)、日本語の解説も載ってるから使いやすいと思います、とのことでした。ああ、嬉しい。新しい楽譜って、ほんとワクワクします。ちょっとずつ譜読みしようっと♪

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress