2010年05月29日

レッスン日記33

Category : レッスン日記 
Tags : ,

3週間ぶりのレッスン。少し肌寒いけど、よく晴れてていいお天気。でも3週間あくと、やっぱりちょっとダレちゃう。2週間おきのレッスンがベストだなあ。

まずバッハのシンフォニアの14番。前回のレッスン以降、テーマがきちんと聞こえてくることをまず第一に練習してて(まあ、これが一番の基本だから当たり前なんだけど)、それに関しては前回よりは少しマシになったと思うんですけど… やっぱりまだダメ。後半どんどんテーマが重なって出てくるところがほんと難しい! 先生にも、上と中の声部の音色をもっと変えて、ミルフィーユのようにどんどん積み重ねて分厚くしていかなくちゃダメって言われちゃいました。あとは、最初の部分ですね。左手は右手のテーマよりも一段抑えて弾くんだけど、右手が音を伸ばしてる間は、間延びしないように曲を進めていくように弾くこと。そういえば、右手の最初の1音をふくらませるようにして弾くというのは、今回注意されなかったんだけど… どうだったんだろう。家ではかなり練習したんだけど、アップライトだとイマイチよく分からなくてどうも、だったんですよねえ。努力は認めてもらえたのか、それともこれ以上言っても仕方ないと思われたのか…?(きゃーそんなのいやー)
でもまあ14番は次回までに仕上げ。次は11番の譜読み開始です。

そしてドビュッシーの「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」は、前回に引き続き細かいところをいっぱい直されちゃいました。
まだまだ右手の音が粒立ってしまってるので、もっと薄く薄く引き延ばすように弾くこと。丁度ショパンのエチュードの25-2みたいな感じなんでしょうね。アルペジオになって上って降りる部分は、もっとハーモニーとその色合いの変化を感じながら、煙のようにもやもやとした弾き方で。左手1音に右手が3音続く部分はリズムが微妙に狂って転びかけてるので、ゆっくりと弾いて練習をすること。4つで1かたまりなので、音に合わせて、例えば「フジワラ・フジワラ・フジワラ・フジワラ…」みたいな感じで4文字の言葉を言いながら片手練習をすると効果が高いそうです。それを1つのフレーズごとに集中的に練習していって、最後に繋げて仕上げること。真ん中の右手と左手が交差する辺りは、思いのほか忙しいけれど、左手が移動してすぐに鍵盤を押すのではなく、直前に鍵盤のところに着いて用意した上で、余裕を持って丁寧に弾くこと。左手の音をしっとりと歌わせて、なおかつ右手と左手の音を溶け合わせること。そして曲の間奏部分は少し健康的になりすぎてるので、それまでとは全く違う色合いで、ミステリアスなイメージで弾くこと。ppの部分では一段と深く。次のページで元のテーマに戻るところでは、テーマが戻ることを聞き手に知らせるように、右手の最初の3つの音をもっと大切に弾くこと。57小節目の最初のアルペジオはメロディへの導入で、2つ目からが左手のメロディ。左手の1音目は星のようにキラキラさせつつ、メロディに表情をつけつつ歌わせること。
そんな感じかな。やっぱりもっと細かく練習しないとダメですね。曲全体を通すよりも、部分練習を重点的にしないと。でも気を抜くとついつい通して弾いちゃうからなあ。

ドビュッシーの「雪は踊っている」の譜読みを始めてるので、それについて質問があったんですけど、聞くの忘れちゃいました。14小節目からの左手が和音混じりになるところでは、左手側の高い音は右手で取ってもいいのかな? それともペダルの指示がある部分だから、左と右と正確に分けておいた方がいいのかな? ペダルがないと、かなりヒサンな感じになっちゃうんだけど。右手で取ると格段に簡単になるから、構わないならそうしたいなあ。楽譜についてる指使いを見る限りでは、あくまでも左手で取るのが基本なんだろうけど。

それにしても、ピアノが変わると慣れるのに時間がかかります。先生によく言われるんだけど、一番最初に弾いたのはほんと悲惨で、テーマも何もあったものじゃなかったみたいです。何度も繰り返して弾いてると、そのたびに上手くなって「ああ、家ではもっとちゃんと弾けてるのね」って思ってもらえるようなんですが。やっぱりアップライトとグランドの差は大きいな。譜面の位置からして全然違うもんね。

Comments (2)

  1. アップライトとグランドだと、別の楽器ぐらい違うもんですものねww
    音大だと、グランドじゃないとだめ、っていう先生がいます。
    が、私の先生はそういうことを言う先生じゃなかったので、
    その時は、面倒な先生じゃなくてよかったって思ったんだけど、
    今は、あの頃からグランドにしてたら、もっとまともに弾けてたのになぁと
    ちょっと後悔してますよ。
    やたら<音が綺麗>といわれるピアニスト辻井氏なんて、
    幼少期からスタンウェイのグランドを使ってからだと思いますよ。

    なんで、宝くじあててグランドをぜひww

    と、左手に書いてる音を右で弾くのは普通にOKですよ。
    特にドビュッシーは、練習曲にあえて指番号を書いてないぐらいだから、
    弾きやすいので大丈夫ですよ。
    指使いは、あくまで目安ってことでいいと思いますよ。
    編纂した人の弾きやすい指であって、自分が弾ける、弾きやすい指じゃないもの。
    つか、だいたい編纂する人は男性で、こんなの届くわけないだろうって
    むきっとするものばっかりですよ。

  2. ほんと別の楽器ですよねえ。>アップライトとグランド
    外国のプロのピアニストなんかでも時々
    デビューするまではアップライトで練習してた、なんて人はいるけど
    それはやっぱりそれだけの才能があったからなんでしょうねーー。
    譜面台の位置が違うとか、グランドの方が打鍵がいっぱいできるとか
    そういう物理的な違いももちろんあるんだけど
    音が綺麗というのは、耳の違いも大きいと思うし。
    耳を育てるという意味でも、やっぱりグランドは必要だなーって最近実感してます。
    (耳、全然ダメなんですよー)

    あーーー宝くじーーー。
    でもね、たとえ宝くじが当たらなくても
    このままピアノを弾き続けるなら、いつかきっと買おうと思います!
    そして老後は毎日好きなだけグランドピアノを弾いて過ごすのです!(笑)

    おお、左で取っても普通にOKなんですねっ。良かった。ありがとうございます。
    分からないまま右手で取って練習してたんですけど
    あやふやなままだと、どうしてもモチベーションが下がるので…(^^ゞ

    私の前のレッスンの大人の生徒さんが難曲を次々に弾いてるのが羨ましくて
    でも私の場合は、まともに弾けるようになるまで相当時間がかかるので
    早め早めに用意していかないと、と最近決意を新たにしたところです。
    ドビュッシーはまだしも、「木枯らし」なんて譜読みに何ヶ月(え。)かかるか。
    でも、まともに弾けない状態で先生に見てもらうのも勿体ない話だし。
    頑張りますーー。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress