2010年06月22日

「シンフォニア」フェルナー

Category : CD(バッハ) 

インヴェンションとシンフォニアに関してはあまり色々と聴き比べるつもりはなかったのに、またしてもお気に入りのCDが増えてしまいました。ティル・フェルナーの「バッハ:インヴェンションとシンフォニア、フランス組曲第5番」。

エフゲニー・コロリオフのシンフォニアも大好きなのですが、こちらは輪郭のくっきりとした鮮やかな音で隅々までかっちりと構築されているといった印象の演奏なので、時にはもう少し当たりの柔らかいものが欲しくなることがあるんですよね。その点、このティル・フェルナーの演奏はとてもまろやか。明るくて柔らかい綺麗な音が、さらさらと滑らかに流れていくという印象。テンポは全体的に少し速めですね。これだけを聴いているとあまりそんな風に感じないのだけど。そして、インヴェンションとシンフォニアと一緒に入っているフランス組曲の5番にも、このフェルナーの音はよく似合ってる気がします。というか、私が元々持っているこの曲のイメージにぴったりです。
フェルナーが尊敬しているピアニストは、師でもあるアルフレッド・ブレンデル、ブレンデルの師であったエドウィン・フィッシャー、ウィルヘルム・ケンプの3人で、最近のピアニストではピエール=ロラン・エマールに憧れているとのこと。ケンプを尊敬しているという時点で、私の中での点数が多少上がってしまうというのは正直あるんですが(笑)、まだまだ若いし、今後の活躍がとても楽しみになってしまうピアニスト。そしてフェルナーは平均律の第一巻も録音しているので、そちらもただ今注文中です。届くのが楽しみ。

*****

 
ティル・フェルナー(Till Fellner 1972年- )
 ウィーン生まれのピアニスト。
 1993年にクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝。
 1998年にウィーン・モーツァルト協会からモーツァルト解釈賞を授与される。
 2シーズン全7回に渡るベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏会を行い高い評価を得る。

Comments (10)

  1. アリアさん、こんにちは。

    早速フェルナーのインベンションとシンフォニアが登場しましたね~。音は柔らかく演奏も微温的な感じですが、テンポは速めなので、緩いだけではなく、穏やかですが若々しさも感じます。
    この曲の録音はコロリオフとフェルナーがあれば、私にはもう充分かなと思うくらい。

    弱音の美しさとレガートの滑らかさは、やっぱりケンプを尊敬しているだけのことはありますね。ベートーヴェンを聴いていても音が綺麗で表現に洗練されたものを感じるので、ウィーン出身らしい優美さと品の良さがあるように思います。

    フランス組曲第5番は速めテンポでリズム感のある弾き方が好みなのですが、これはアンデルジェフスキの演奏が頭に刷り込まれているせいでしょう。
    それと比べると、フェルナーの第1楽章はとても優雅な感じがします。そういえば、この曲を初めて聴いたのがR.ゼルキンのライブ録音だったのですが、第1楽章はとっても優雅に弾いてました。
    こういう弾き方の方がオーソドックスなのかもしれませんね。

    平均律、もうオーダーされたんですね!いつもながら素早いですね~。
    音がまろやかで綺麗なので、全体的に音としては似たようなトーンですらすらと流れていくのですが、微温的な雰囲気のなかにも意外とメリハリとリズム感があるし、旋律の歌わせ方が上手いと思います。
    音に微妙な明暗がついていて、叙情豊かなのですが、さりげなく自然な趣きがとても素敵です。

    平均律をこれだけ自然に美しく聴かせるのは、微妙で繊細なタッチのコントロールとか、かなりのテクニックが必要だと思うのですが、そうとは感じさせないところが一番凄いところかな。
    第2巻の録音も早く出してほしいものです。

  2. yoshimiさん、こんにちは。

    フェルナー、早速登場させてみました!
    そうですね、私もインヴェンションとシンフォニアに関しては
    この2人のがあればもう十分かなって思ってます。
    それぞれに全然違う味わいですけど、どちらの演奏も素敵ですよね♪
    どこか哲学的なコロリオフと、フェルナーの上品で優美な演奏と。
    今やってる曲とか1曲ずつ聴き比べてみると
    本当に全く違う演奏なので、改めてびっくりしてしまいますが。(笑)

    フェルナーはベートーベンでも洗練された演奏をするんですね。
    来日公演、行ってみたかったな…
    というか、日本の7回目はまだでしたっけ。あ、でも完売なんだ。人気ですねえ。
    この調子だと、次は平均律第2巻じゃなくてベートーベンの全曲録音が出そうですね。
    私、ベートーベンのソナタで聴いてるのって、ケンプのボックスぐらいなんですよ。
    バックハウスの3大ソナタのCDも持ってはいるんですが、ほんとケンプばっかり。
    さて、フェルナーはそこに食い込むことができるのか?!

    アンデルジェフスキのフランス組曲も素敵ですね。
    テンポの良いリズム感のある演奏で、コロコロと入る装飾音符が可愛くて。
    それに比べるとフェルナーの演奏はかなりゆったりとしてますね。
    インヴェンションやシンフォニアの速いテンポからは一転して、ゆったりと優雅に。
    そしてこの優雅さが、私の中ではこの曲のイメージにぴったりなんですよー。
    という私が最初に聞いたフランス組曲はアンドラーシュ・シフの演奏で、
    テンポとしては、シフはアンデルジェフスキの演奏に近いと思うんですが…
    どうやらこの時は初聴きが刷り込まれることはなかったようです。(笑)
    あ、ゼルキンも優雅に弾いてたんですね。ということは、一般的にもそうなのかしら。
    うーん、もしかしたら、私の中では「フランス」という言葉のイメージも大きいのかも。
    当時のドイツにとってのフランスのイメージはやっぱり「優雅」かな、と。

    平均律も試聴してみたらいい感じだったので、早速ぽちっとしちゃいました。
    やっぱりかなり期待できそうですね。楽しみです♪

  3. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    >どこか哲学的なコロリオフと、フェルナーの上品で優美な演奏と。
    コロリオフのライブ映像を見ると、学者さんみたい。フェルナーは気品のある貴公子風だし、演奏にその人のキャラクターが現れているような気がします。

    フェルナーのリサイタル、完売とは人気がありますね。平均律の録音で有名になったからかな?
    私はローカル都市に住んでいるので、もっぱらウェブラジオで海外公演を聴いてます。最近のリサイタルならベートーヴェンの31番ソナタはとてもよかったですね。あの演奏ならCDでも聴きたいと思いました。

    ケンプは、ステレオ録音の全集を持ってます。フレージングやディナーミクに独特のものがありますが、曲の構造がわかるような弾き方で面白いですね。弱音とレガートの美しさは格別です。
    ケンプは一見穏やかそうに見えて、実はテンペラメントの激しい人だったんじゃないかと感じます。

    バックハウスはすごく好きというわけではないですが、ステレオ録音ではなくて(ちょっと枯れすぎ?)、モノラル録音の全集かライブ録音の方が好きですね。
    ベートーヴェンは昔から好きなので、他にもポリーニ、グルダ、ゼルキン、ギレリス、リヒテルなどの全集や分売盤をかなり集めましたが、個人的にはアラウが一番。青柳さんもアラウがお好きなので、珍しいことに好みが合いました。
    フェルナーのお師匠さんのブレンデルの最後の全集録音も、響きが綺麗で知的な演奏です。
    結局、今はアラウ、ケンプ、ブレンデルの3つの全集に落ち着きました。

  4. yoshimiさん、こんにちは。
    内面が外見にもあらわれ、演奏にもあらわれるんでしょうね。
    フェルナーは人当たりが良くて、コロリオフは理屈っぽい人かも…
    あ、そういえば、そんなことを今のピアノの先生に言われたことがあります。
    良くも悪くも、演奏に私らしさが出てしまうようで…
    私程度のレベルでも、内面は十分あらわれるみたいです。(笑)

    国内の演奏家や他のジャンル(ロックやポップス)ならまだしも
    クラシックの海外の演奏家に関しては、やはり東京じゃないと、ですね。
    それ以外の国内は総ローカル。大阪も名古屋も福岡もダメでしょう。
    日頃、それほど沢山聴きに行きたいのがあるわけではないのだけど
    何かあった時に悔しいです。ダヴィッド・フレイくんも見たかったー。

    あ、私もケンプはステレオ録音の8枚組です。
    テンペラメント… ああ、本当にそうなのかもしれないですね。
    特に若い頃は相当激しかったのかもしれないなって気がします。
    年をとってからの演奏は、すっかり角が取れた感じですけど。(笑)
    ケンプのベートーベンを聴いてると、自分もベートーベンをやりたくなります。

    それにしても、ベートーベンは本当に激戦区ですね。
    ケンプ自身も3回録音してるそうだし、全集に挑む人の多いこと。
    yoshimiさんは、そんなに集めてらっしゃるのですか! すごい。
    でもyoshimiさんがアラウを好きなのは知ってましたが
    青柳さんがアラウを選ばれたのはちょっぴり意外でした。
    異聴盤を欲しくなったら、まずアラウとブレンデルを試してみますね!
    響きが綺麗で知的な演奏、聴いてみたくなってきました。

  5. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    もし、ベートーヴェンのソナタのCDを探したくなったら、ケンプとフェルナーがお好きなので、やはり響きが美しく優美さもあるブレンデルの方がずっとオススメ。分売盤もいろいろ出ていて、入手しやすいです。
    違う演奏スタイルなら、明るく躍動感のあるフランス人のポミエも良いですね。全集の価格も安いし、廉価盤で人気のスポーティなグルダの演奏よりも、ずっと内容が良いと個人的には思います。(好みの問題でしょうが)

    アラウの演奏は、あまり今風ではないように思いますし(まあ、それでも私は大好きですが)、それにCDがあらかた廃盤なのでなかなか入手できません。
    アラウのベートーヴェンが好きという人は、それなりのお年の方(少なくとも中年)が結構多いですね。
    アラウは晩年になって人気が出て、ライブや新譜を聴いた人たちが、その世代に多いはずです。
    青柳さんのお年を調べると、私より(随分)年上なので、アラウを推薦盤に上げたのも、それで理解できました。

  6. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。
    あれからアラウのベートーヴェンのCDを調べてたんですけど
    思いのほか廃盤が多いので、びっくりしてたところです。
    それと、アラウの演奏で作曲家別ボックスが多いのにも驚きました。
    モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームス
    ショパン、リスト、ドビュッシー …バッハまで!
    もしアラウのファンになったら、あの上面が白っぽいボックスを
    揃えたくなっちゃうんでしょうかねえ。(笑)
    どれもこれも結構なお値段がついてますが…

    アラウのシューマンのCDは1枚持っていて、それは結構好きなんですよ。
    「子供の情景」「クライスレリアーナ」「森の情景」の入った廉価版です。
    これを聴く限りでは、今風ではないとかは特に思わなかったですね。
    決して派手ではないけれど、正統派の、好感度が高い演奏という感じ。
    でも以前You Tubeで聴いたショパンのエチュードは古かったかも…
    これはびっくりでした。やっぱり1つ前の世代のピアニストなんですね。
    速さを競うような曲だったから、今どきの演奏に慣らされた耳で聴くのは
    ある意味酷だとも言えますが。

    ベートーヴェンなら、まずはブレンデルかポミエですね。φ(.. )メモメモ
    これはぜひとも参考にさせて頂きますね!
    ああ、ベートーヴェンもやりたいなあ…
    ソナチネやソナタアルバム入ってる曲はやってるはずなんですけど
    ベートーヴェンってきちんと意識して弾いたのって「月光」ぐらいなんですよ。
    ポピュラーなところですけど「悲愴」なんかもやってみたいな…
    と言いつつ、今の進度ではいつになることやら、ですが~。(^^ゞ

  7. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    アラウのシューマン、アリアさんが良かったと言われていたので、ちょっと聴いてみました。
    私は、子供の情景、アラベスク、幻想小曲集のカップリング盤を持ってます。シューマンはピアノ協奏曲以外はほとんど聴かないので、このCDは1度聴いたくらい。

    他のピアニストとの違いはよくわかりませんが、「子供の情景」はほのぼのとしてますね。晩年のアラウらしい落ち着きがあって、子供が遊ぶのを見守っているおじいちゃんの視点かな?
    特に、トロイメライとかの緩い長調の曲が私に良かったです。

    「幻想小曲集」は、一音一音しっかり弾くので旋律が良く歌っていますが、「飛翔」や「気まぐれ」は、そんなに力強いフォルテで弾いていいんだろうか…。低音もゴ~ンと響いて、なかなか豪快でベートーヴェンを聴いているみたい。
    最後の曲も元気が良くて、ファンタジーよりはリアリティを感じます。
    緩徐系の曲は変にくねくねしていないので、自然な趣きがあってアラウらしい弾き方ですね。
    たしか「謝肉祭」は昔からアラウの得意のレパートリーだったと思います。

  8. yoshimiさん、こんにちは。
    アラウのシューマンもお持ちだったのですね!
    私のアラウのCDは「子供の情景」「クライスレリアーナ」「森の情景」なので
    「子供の情景」が重なるだけなのですが、これいいですよね。
    ほのぼのとして… そうそう、おじいちゃんの視点。
    これは「子供の」という題名でも、別に子供のための練習曲ではないので
    見守る感じで正解のはず。(もしくは子供時代の追想とか)
    ケンプの「子供の情景」も、おじいちゃんが孫を見守ってる感じです。
    ただ、ケンプの場合は本当に晩年の演奏だったので、一緒に入ってる
    「クライスレリアーナ」がちょっぴり情熱不足になっちゃってるんですが~。
    アラウの録音はいつのか調べてないですが「クライスレリアーナ」もとても素敵です。

    「幻想小曲集」は中級者向けで、ピアノの発表会でも人気らしいですね。
    でもシューマン大好きの私なんですが、どうもあまり思い入れのない曲集で…
    うーん、どうもまとまりが感じられないというか…
    最初に1曲ずつバラで聴いてしまったのがダメだったのかもしれません。
    たとえば「飛翔」って、かなり唐突な感じのする曲ですよね。
    1つ前の「夕べに」からの続きといえば、そう言えないこともないんですが
    たとえ単独で弾く時でも、いきなりフォルテで始まるし。(誰が弾いても)
    アラウの演奏は聴いたことがないのですが、やっぱりそんな感じでしょうか。
    あ、「気まぐれ」がベートーベンみたいに聞こえるって分かる気がします。
    和音の連打の部分とか元々ちょっとそんな雰囲気ですよね。

    …でも、改めて通して聴くと、そんなに悪くもないかも。>幻想小曲集
    いずれにせよ、それほど「幻想的」という感じはしないですが…
    最後の曲なんて、輝かしい儀式の始まりを告げるような曲ですよね。
    むしろキーワードは「気まぐれ」?(聴きこんでないのでよく分かりませんが)

    わあ、アラウの「謝肉祭」は聴いたことがないんですよー。
    得意のレパートリーでしたか。それはぜひ聴いてみたいです!!

  9. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    アラウの《謝肉祭》、ライブ映像がありました。
    http://www.youtube.com/watch?v=dC0JAWQsZwM

    1961年録音なので、技巧の切れが良くて勢いがあるので、結構パワフルかも…。でも、とってもロマンティックに感じました。
    しかし、あの鍵盤に吸い付くようなタッチは面白いですね。久しぶりに謝肉祭を聴きましたが、結構楽しめました。

    シューマンの録音は、ほとんどが晩年の1970年代のものだったと思うので、CDの演奏とは趣きが違うかもしれませんね。
    それに、アラウはライブだと、性格がコロッと変わるというか、気合が入った熱気のある演奏になるので、これもかなり力が入ってますね。(その分ミスタッチが増えてしまうのですが)

    CDの試聴ファイルも聴いてみましたが、こちらの方がタッチが丁寧な感じで、ちょっと穏やかそう。どちらが良いのかはわかりませんが、私にはこちらの方が聴きやすい感じです。

    http://www.amazon.com/Carnaval-Kinderszenen-Waldszenen-Schumann/dp/B0000040ZB/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1278035156&sr=8-1

  10. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。
    アラウの謝肉祭、ライブ映像があるんですね!
    早速見てきましたー。ありがとうございます♪
    とは言っても、まだ4回のうちの1回目と4回目しか見てないんですが
    (2回目と3回目は、また後でのお楽しみ~♪)
    全曲の映像がYouTubuで見れちゃうんだから、今ってやっぱりすごいですね。

    それにしてもパワフルな演奏。その分ミスタッチも結構ありますが
    アラウはライブではこんな風に熱い演奏をしてたのかーとちょっぴり意外です。
    若干高めな手首から力強い音がどんどん繰り出されてくるし
    そうかと思えば、あのごつい手から繊細でロマンティックな音も…

    それにしても、やっぱり難易度の高そうな曲ですね。
    いつかはやりたい大好きな曲なんですが、今の私にはやっぱりまだちょっと早そうー。
    先生が渋ってたのも納得です。確かにショパンのエチュードの方がまだ手頃かも。
    って、思いっきりワタクシごとですみません。(^^ゞ

    CDの試聴もしてみました。ライブならパワフルで切れの良い演奏もいいですが
    家で繰り返して聴くとなると、やっぱり私もCDの方が安心して聴けそうです。^^

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress