2010年08月28日

佐渡裕さんの本

Category : 音楽的資料 | Comments (2)  

 

「僕はいかにして指揮者になったのか」は、先日「佐渡裕ヤング・ピープルズ・コンサートVol.12」に行ったことを記事にした時に、yoshimiさんに教えて頂いた本。この本では佐渡裕さんの半生、京都に生まれ育ち、いつしかクラシックが大好きになり、京都市立芸大のフルート科へ。そしてどんな経緯で指揮者への道を歩むようになったのか、さらには小澤征爾さんやレナード・バーンスタインとの出会いは… といったことが語られていきます。いやあ、面白かったです。先日のコンサートでもすごくエネルギッシュでカッコ良くてびっくりだったんだけど、これを読んだらますますファンになってしまう~~。

全編から佐渡裕さんが音楽が本当に大好きなことがびしびし伝わってくるし、色々と印象的なエピソードがあったんですが、一番印象に残ったのはやっぱりブザンソンでのコンクールでしょうか。小澤征爾さんも優勝した、フランスのブザンソンの指揮者コンクール。小澤征爾さんの「ボクの音楽武者修行」でのブザンソンの場面もとても面白かったんですよねえ。「僕はいかにして指揮者になったのか」でも、やっぱり面白かったです。コンクールの課題そのものの話も面白かったし、コンクールに参加することによって徐々に変化していく佐渡裕さんの気持ちの部分も面白かった。課題の間違い探しでは、小澤征爾さんは正攻法で全問正解だったと思いますが、佐渡裕さんは間違いを指摘しながらもオケを味方につけてしまうところがスゴイ。
あとは、大学2年の時に出会った「朽木さん」の話。音楽関係でも何でもない、ただの普通のおじさんに見える朽木さんに、佐渡さんは初対面で「君は指揮者か?」と聞かれたというんですね。その頃の佐渡さんはフルート科の学生。なぜ指揮者かという言葉が出たのかといえば、それは佐渡さんの後ろにいる「指導霊」が指揮者姿だったから。指導霊とは、努力したら努力しただけ、その人間に示唆を与えようとしてくれる存在で、この指導霊に恵まれていたら努力しただけ成長し、向上すればレベルの高い霊に変わっていくのだそうです。(反対に怠けている人間は無視されるのだそう) 私自身はそういう方面を全面的に信じる方ではないんですけど… ほっほう、そうか、頑張れば頑張るほどいずれは報われるのか、とそっちの思考でなんだか前向き度が増してみたり。(笑)
登場するほかの指揮者としては、レナード・バーンスタイン、世界のオザワ、そして岩城宏之さん。彼らと出会い学ぶことによって、佐渡裕さんがどんどん大きくなっていくのが分かります。(もちろん人間的成長のきっかけとなるのは指揮者との交流だけではないんだけど) 指揮者の才能というのは私にはよく分からない部分ですが、それでも佐渡裕さんの人間的な魅力は十分分かるし、巡ってきたチャンスを確実に自分の方に引き寄せる力も半端じゃないですね。
地の文章は標準語なんですけど、佐渡裕さんの言葉は京都弁。これがまたいい味を出してるんですよー。バーンスタインとの会話まで京都弁なんですもん! 「ライフ・キャン・ビ・ビューティフルや!」…いいなあ。
とってもパワーをもらえる本なので、この本、欲しい!と思ったんですけど、今は入手不可状態。中古で探すか… と思っていたら、新潮文庫から復刊したところみたい。(最初見た時は9月に刊行予定になってたんだけど、もう買えるようです) なんてナイスタイミング!

それにしても、佐渡裕さんが指揮科出身じゃないのにいきなり世界的な指揮者の弟子になったことこととか、指揮者コンクールの時の話とか… 特にオーボエとクラリネットが入れ替わるエピソード。「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」が課題曲。そしてデビューはベートーヴェンの交響曲第7番。プライヴェートジェットで移動するバーンスタインの後を夜行列車などで追いかける辺りも? 「のだめ」の千秋に重なる部分が結構あるような。(他の本を読んでいてもそう思ったことは何度かあったので、作者の二ノ宮知子さんは相当勉強してらっしゃるんだろうと思いますが)

指揮者の書いた本といえば、さっきちらっと触れた小澤征爾さんの「ボクの音楽武者修行」も面白かったし… 日記や手紙が中心なので淡々と書かれているんですが、着々と出していく結果がものすごくてびっくりなんですよね。才能に溢れてる人って素晴らしいです。あと岩城宏之さんの本も面白くて「指揮のおけいこ」「オーケストラの職人たち」「音の影」「フィルハーモニーの風景」「岩城音楽教室」…と何冊も読みました。指揮者本、面白いです。時には100人以上になる個性的な集団を棒1本でまとめ上げる人たちだけあって、やっぱりすごく頭がいいし、人間的にも魅力的なんですね。こういうのを読んでると、もう少しオーケストラにも目を向けたいなという気になります。(今はどうしてもピアノ独奏が興味の中心だから)

「感じて動く」の方は、スポーツドクターの辻秀一さんという方が聞き手となって佐渡裕さんの話が引き出されていく本。2人とも1961年生まれ、辻秀一さんのお母様の実家が京都の太秦で、これは佐渡裕さんの生まれ育った土地。2人とも自分でプレイする人間ではなく、チームの能力を最大限に引き出して観客に感動を創出するのが仕事。それ以外にも様々な共通項があり、さらに初めて出会った時に話したことに対する共感が大きくて、本を書くというところに至ったのだそう。
こちらは佐渡裕さんの音楽の話ももちろん色々とあるし、興味深い話もあるのだけど… まず辻秀一さんが話を振って、それに対して佐渡裕さんの話があり、そして辻秀一さんの解説のような文章があるという構成。辻秀一さんはスポーツドクターという肩書ではあるけど、もっとビジネス寄りの方なんでしょうね。音楽書というよりもむしろビジネス書のような印象でした。ビジネスマンではない私としては(同じ自己啓発するにしても、方向性が違うんだもの)、音楽の部分だけ読みたかったな。「僕はいかにして指揮者になったか」の柔らかい京都弁がなくなってしまっていたのも残念でした。



2010年08月22日

ヴァイオリン体験

Category : 音楽的催事 | Comments (6)  

地元の弦楽アンサンブルのミニコンサートに行ってきました。何曲か演奏されて、それもとても素敵で楽しかったのですが~。なんとその後、実際にヴァイオリンを弾かせてもらうことに! ヴァイオリンには以前一度ちょっとだけ触らせてもらったことがあるのですが、その程度。あ、そういえば、先日音大の博物館でも古いヴァイオリンに触らせてもらいましたが… 本当にその程度です。

やってみたい人は他にもいたし、私がヴァイオリンに触れていたのは5分ほどだったのかな? 10分まではいかないはず。でもそのわずかな時間の間に、簡単な曲のワンフレーズが弾けるようになっちゃいましたよ!…使ったのは弦2つだけだし、音はわずか6つの使いまわしという簡単さなのですが…

うわあ、なんて楽しいの~。

本当のことを言えば、ヴァイオリンって今まであんまり興味がなかったのです。例えば「ツィゴイネルワイゼン」は子供の頃から好きだったし、数こそ少ないけど他にも好きなヴァイオリン曲だってあります。でも音としてはヴァイオリンよりもヴィオラやチェロの方が好きだし、あんまり積極的に聴くことはなかったんですよね。それに押せば音が出るピアノと違って、弦楽器の場合は一定レベルの音を作り上げるのが難しい… 素人耳にも、音の良し悪しが分かってしまうようなとこ、ありますよね? それがどうも。でも実際にヴァイオリンを弾いてみると、実際には「拙い」以前の音しか出してないはずなんですけど、ものすごく楽しくて! 音の良し悪しなんてまるで関係ナシ!(笑)

それと、実際にヴァイオリンに触れてみて、平均律の楽器にはない良さというのがようやく分かりました。あの時、本に書かれていたのは、ピアニストがヴァイオリニスト相手に羨ましがっていたのは、このことだったのかーーーという感じで。私が今までやったことのある楽器って、どれもこれもドレミファソラシドが固定してる楽器ばかりだったんですよね。ドレミファソラシドから外れた音なんて、結局のところ外れた音でしかないでしょ? なんて思っていたわけなんですが… それは違いますね。微妙なニュアンス、素敵~。

だからって、じゃあ今度はヴァイオリンを習いたい! とかそういうのではないんですが…(笑)
ヴァイオリン
色んな楽器に触れるのっていいですね。こういうちょっとした経験も、ピアノを弾く上での肥やしのようなものになるかも? なんて思った私。結局のところ、やっぱりピアノが一番なのです♪

なんてことはともかく。
やっぱり楽しかったわ~。えへっ。



2010年08月17日

ピアノ黄金時代

Category : 音楽的資料 | Comments (8)  

ちょっと前に入手していた「アート・オブ・ピアノ」というDVD、ようやく観られました。
これは「20世紀の偉大なピアニストたち」という副題で、総勢18名のピアニストを、実際に演奏している映像や本人へのインタビュー、音楽関係者たちのコメント、20世紀のピアノ音楽を俯瞰するナレーションによって紹介していくというもの。その18名とは、パデレフスキ、ホフマン、ラフマニノフ、モイセイヴィチ、ホロヴィッツ、シフラ、ヘス、ルービンシュタイン、プランテ、コルトー、バックハウス、E・フィッシャー、ギレリス、リヒテル、ミケランジェリ、グールド、アラウ、A・フィッシャー。

なんでケンプが入ってないのー!という文句はあるんですが(笑)、すんごい貴重な映像がてんこ盛り。(ラフマニノフだけは写真と音源のみですが) 特にパデレフスキの映像が残っていたのには驚きましたよー。…と思ったら、これは「月光ソナタ」というハリウッド映画の一場面だったんですね。このDVDに収められているのは、リストの「ハンガリー狂詩曲第2番」を弾いて社交界の紳士淑女を脳殺するパデレフスキ。パデレフスキ神話というのは、私には今一つ分からないんですが… 他のピアニストたちは手の動きからしてすごく綺麗だなと思うんですけど、パデレフスキの演奏はあまり美しいとは思えないですしね。ハンガリー狂詩曲の2番は、実は私も高校生の頃にやったことがあるんですが(玉砕しました)、最初の部分を手をグーの形にして弾くっていうのはどうなんだろう?(しかも「波打つ赤毛のハンサム」と言われても)

モイセイヴィチとラフマニノフのエピソードも印象に残るものだし、ホロヴィッツのオクターブ奏法もすごかったし(それ以外の手の動きも本当に美しくて、ヴァーシャリが競走馬の筋肉の動きに擬えるのも納得)、すっかり年老いてしまったコルトーが限りなく澄んだまなざしで語りつつ弾くシューマンの「詩人のお話」は、本当に印象的。また一段深く曲を理解できるような気がします。あとギレリスが第二次世界大戦中のロシアの前線で弾くラフマニノフの前奏曲第五番も、また全然違う意味で強烈。野外にどーんと置かれたグランドピアノを取り囲むのは兵士たち。戦闘機に乗ったまま聴いてる兵士もいるし、演奏中に飛来した戦闘機をギレリスが見上げる場面も。この時、音楽は彼らに「なぜ戦うのか」思い出させるために存在してるんですよー!
グレン・グールドの弾くバッハのクラヴィーア協奏曲第一番のバックには、バーンスタイン指揮のニューヨーク・フィルハーモニックだし… アラウのインタビューも良かった。「体はつねにリラックスさせます。肉体は魂の奥深くとつながっています。とても大事なことです。関節がこわばっているとその流れが妨げられます。感情や体の流れは音楽が命じるものです。体がこわばっていたら鍵盤にまで伝わりません。」と語るアラウ。要するに脱力のことでもあるんだけど… それだけではないですよね。

でも演奏を観ていて一番強烈だったのは、ジョルジュ・シフラの弾くリストの「半音階的大ギャロップ」。もう、すっごいですねえ! 手の動きが捉えきれないぐらい速くてびっくり。(残像が…!) シフラがリストの再来と言われていたというのもよく分かります。リストもこんな演奏をして観客を熱狂させたんでしょうね。DVDを観てるだけの私ですら、もうドキドキしちゃいましたもん。そういえば、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」はドライブ中の事故を招きやすい危険な曲だと聞いたことがありますが(60BPMを超えるテンポの楽曲を聴くと心拍数と血圧が上がるせいらしい)、シフラの「半音階的大ギャロップ」もそれに通じるものがあるかも、なんて思ってみたり。

そしてそれら18名のピアニストたちについてコメントするのは、現役のピアニストや指揮者、興行主やレコードプロデューサーたち。ピアニストとしては、アンデルジェフスキ、バレンボイム、グラフマン、キーシン、コチシュ、コヴァセヴィチ、シャーンドル、ヴァーシャリ。コメントで演奏が中断されることになるのですが、こちらもとても楽しめました。色々と印象に残るコメントがありましたしね。たとえばアンデルジェフスキの語る、ホフマンとピアノの「まれにみる幸福な関係」とか…(ピアノと格闘してるイメージなのはリヒテル!←全く個人的なイメージです)「ホフマンにとってたやすく弾けたことが悲劇です」「しがみつくものがなくて自滅したのです」「才能がありすぎると危険です」という言葉。そしてシフラの演奏に関連して、失敗の可能性を減らすために日々練習しているけれど、安全な演奏なんて退屈だし、危険に惹かれると語るアンデルジェフスキ。ううむ…。(まあ、一般のピアノ練習者とは全く次元が違う言葉なんですが)

今活躍してるピアニストたちの演奏にも素晴らしいものが沢山あるのだけど、やっぱりこの時代のピアニストたちって特別の存在かも。本当に輝いていたと思いますね。そしてこのDVD、演奏してる手が映っている映像が多いのもGoodです。彼らの手の形や弾き方をじっくり観れば、得られるものが多そう。
今までDVDといえば映画ぐらいしか観たことなかったんですけど、こういうのもいいものですねえ。色々観てみたくなっちゃいました。(You Tubeでもある程度観られると思いますが)



2010年08月15日

バーンスタイン物語

Category : 音楽的催事 | Comments (2)  

誘われて「佐渡裕ヤング・ピープルズ・コンサートVol.12」に行ってきました。
佐渡裕さんは「題名のない音楽会」でもお馴染みの指揮者。今回は佐渡裕さんの師でもあるバーンスタインの没後20年ということで、「レナード・バーンスタイン物語」と題して、佐渡裕さんのお話とゲストの上海太郎さんの紙芝居付きのコントでバーンスタインを紹介していくというもの。

佐渡裕ヤング・ピープルズ・コンサートVol.12 レナード・バーンスタイン物語

主な曲目は
 コープランド:「市民のためのファンファーレ」
 ガーシュウィン:「パリのアメリカ人」より
 コープランド:「エル・サロン・メヒコ」
 L.バーンスタイン:「オン・ザ・タウン」より「タイムズ・スクウェア」
 L.バーンスタイン:「キャンディード序曲」
 L.バーンスタイン:「ディベルティメント終楽章」より
 L.バーンスタイン:交響曲第1番「エレミヤ」第2楽章より
 G.マーラー:交響曲第6番第4楽章より
 G.マーラー:交響曲第5番第5楽章より
 L.バーンスタイン:「ウェストサイド物語」より「マンボ」(アンコール)
 (これ以外にも、お話やコントの途中でさわりだけ、というのがいくつかありました)

金管楽器が大活躍するような賑やかな曲が多かったので、その辺りは本来の私の好みからはちょっぴり外れていたのですが、すごく溌剌とした雰囲気の楽しいコンサートでした~。佐渡裕さんの指揮もかっこいい! 特にジャズ系の曲をやる時の動きは、まるっきり踊ってるようで~。あのリズム感が素敵。指揮者ってそれぞれの楽器に指示を出して全体をまとめ上げるだけじゃなくて、曲を体現する人でもあるんですね。

佐渡裕さんご自身がバーンスタインの教えを受けてるということで、秘蔵写真なんかも交えてエピソードが次々に披露されたんですが、その中で特に面白かったのは、ユダヤ人のバーンスタインがユダヤ教の祈りのリズムを取り入れて作曲していたという話。それが例えば「3拍子3拍子3拍子2拍子」みたいな変拍子なんですね。ユダヤ教のお祈り、どんな感じなんでしょう。聞いてみたいなあ。あと、ボストン交響楽団の100周年記念のために作曲したという「ディベルティメント」なんですが、終楽章では、オケのメンバーが全員立ち上がって歩きだしちゃうんです! もちろん演奏は続いたまま。なんと「のだめ」のSオケの元祖がここに?! って感じで、すごく楽しかったです。すごいエンターテイメント。

行く前に曲目だけ見ていて、コープランドもガーシュウィンもアメリカの作曲家だからバーンスタインとの繋がりは分かるような気がするど、なぜマーラー?なんて思っていたんですが、その理由も分かりました。今でこそ全世界で演奏されるようになったマーラーですが、当時やむしろ敬遠されていて、バーンスタインがその良さを一早く見抜いて演奏したことによって全世界に広まったんだとか。うーん、知らなかった。でもって、コープランドもガーシュウィンもバーンスタインもロシア系移民のユダヤ人、マーラーも活動こそウィーンが拠点ですが、やっぱりユダヤ人。中村紘子さんの本に、音楽家として成功するための必要条件は、スラブ系であること、ユダヤ系であること、神童と言われてきた人、みたいなことが書かれてたと思うんですが、やっぱりユダヤ系の音楽家って多いですねえ。

We ♥ L Bこの「ヤング・ピープルズ・コンサート」は、もっと子どもたちにもクラシック音楽に親しんでもらおうと色々工夫されてるコンサートで、客席は子供連れがいっぱい。(でも大人もいっぱい) 客席の子供が実際にステージに上がって実際に楽器を弾いて(吹いて)みたりなんてこともあったらしいです。今回のコンサートは、それに比べると今までで一番大人向けだったみたいですが… 確かに「レナード・バーンスタイン」という題材自体、子供には分かりづらいものがありますよね。だからこそ、元気な曲が中心に選曲されたってことなんでしょうね、きっと。楽しかったです。来年も行けたら行きたいな。そして右は会場でもらった缶バッチ。バーンスタインの似顔絵ですね。「y.s.」のサインがあるから、やっぱり佐渡裕さんが描かれたのでしょうか~。可愛い~。



2010年08月01日

音大初体験

Category : 音楽的催事 | Comments (2)  

家からほど近い某音大のオープンキャンパスに行ってきました。
オープンキャンパス自体は朝からやってたのに、私は午後からしか行けなかったので、面白そうなイベント(特にコンサート系)を色々と逃してしまいましたが… それでもいろんな所から楽しそうな音がしてるし~。図書館ではやっぱり音楽関係の書籍が充実してるし~。博物館では実際に古い楽器に触れることができたし~。という私が吸い寄せられてしまったのはもちろん鍵盤系なんですが…(笑) クラヴィコードで弾くバッハはやっぱり格別ですね♪
あと、作曲科系の公開授業も受けてみました。内容は、バッハとベートーヴェンの曲を例に取って、その中の動機とその変化について見ていくというもの。バッハはともかく、ベートーヴェンがこんなに1つの動機を大切に大切に使いまわししてたとは知らなかったよー。しかもこんな風に3つの楽章が密接に繋がっていたなんて。実際弾いたことのある曲でも、全然気がついてませんでした。そうだったのかー。だから「この音は大切にしなくちゃいけない」とかそういうのが出てくるんですね。一般人向けに噛み砕かれていたので、もっと突っ込んでやってほしい部分もありましたが、基本的には今の私の興味のど真ん中。そうそう、こういうのが知りたかったんですよぅ。教室にピアノがあって実際に弾きながらの説明だったので(CDも使ってたけど)、家で1人で本を読んでるよりも数段分かりやすいし。わー、楽しいー!
そして。

あー、音大かー。いいなあ、行きたいなあ。

なんて気持ちがむくむくと…
ピアノのレッスン自体は今の先生で十分満足してるし、まだまだいろんなことを教わりたいと思ってるのだけど、レッスン時間には限りがありますしね。理論的なことを勉強するなら、やっぱり大学の授業が充実してるんだろうな。もちろん今の先生に作曲の先生を紹介していただくという手もあるし(以前そんな話もあったんですけど、ここには書いてなかったかも)、その方が効率良く自分の学びたいことが学べそうな気もするんだけど… 大学だと、もっと可能性が広がりそう。それも、これまで思ってもいなかった方向に広がっていきそうな気がします。それにアンサンブルなんかもできるんですよねえ。いいなあ。しかも私は既に他の大学を卒業してるので、いわゆる一般教養は取らなくてもいいはずだし!

そしてもしここの音大を受験するとなると。(そこまで考えるのか、私)
ピアノ科を受験の場合、課題曲はバッハの平均律の任意の1曲(プレリュードとフーガ)とかショパンのエチュードの中から1曲とかって書かれてたはず。それって今の私でも受験できるってことだ! 平均律はまだちょこっとしかやってないので選ぶ余地がほとんどないですが、その「ちょこっと」の中から選ぶなら9番! いや、以前弾いたことがあるってだけで、音大受験をするような人と比べると技術的にはボロボロでしょうし、それ以上に問題なのは暗譜ですが…。(オルガンとか管弦打楽器は暗譜しなくていいんですよねえ、いいなあ)
あと、私が勉強したい事柄自体は作曲科の範疇みたいなんですが、作曲科受験となると実際に自分で作った曲を提出しなくちゃいけないらしく… そそそそれはどうだろう。(無理)
しかもどこの科を受けるにせよ、筆記試験だってあるし。その辺りをクリアしたとしても、時間と学費の捻出の問題があるのだけどー。(今の仕事は続けられないもんね) …そうだ、音大って学費が高いんですよね、確か。しかも半端じゃなく。学費だけでなく、他にも色々お金がかかるのかもしれないなー。うーん。もしその同じだけのお金がもしあったとしたら、勉強は個人の先生につくことにして、余った分をグランドピアノ資金として貯める方がいいでは? なんてことも思ってみたり。

いずれにせよ、勉強したい気持ちがむくむくと育ち中です。いや、勉強したい気持ち自体は、以前からあったんですけどね。1人で本を読んで勉強するのには限界を感じてる今日この頃。さて、どうしたものやら~。
(このまましばらく育ててみよう!)



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress