2010年09月29日

属七と減七の和音

Category : 楽典覚え書, 音楽的資料 | Comments (6)  

小学校の頃に習っていたピアノの先生のところは桐朋受験の生徒さんが多かったこともあって、ソルフェージュにも熱心だったんです。通常のピアノのレッスンとは別に、和音の聴音とか、先生が弾いた旋律を聴いて書きとるのとか、初見の楽譜で歌うのとか結構やりました。あまり覚えてないんですけど、楽典的なことも少しずつ教わっていたはず。あ、私の場合は、習い始めたその日に手をじーーっと観察された揚句「小指が短いからピアニストは無理。」と言われたんですけどね。(結構強烈ですね。うちの親は「近くの良い先生」を探しただけだったようだし、私自身も何も考えてなかったのでショックは受けなかったんですが、ものすごくびっくりしたので、今でもその時のことはよく覚えてます・笑) そして引っ越しのために中学から新たに習った先生(前の先生からの紹介)にも、しばらくの間は色々していただいてたんですけど… 音大受験という雰囲気がまるでない私のせいで、いつのまにかうやむやに… 結局、楽典をきちんと勉強したことがないまま、ここまで来てしまったんですねえ。
でも、「それじゃあいかーん!」ということで、ちょっと前から家で楽典やその手の本を読み始めてます。とは言っても、読んでるだけでは頭に入らない! どうしても間隔が開いてしまうので、前読んだところをすっかり忘れてしまーう。(年のせいだな)
なので、これからはここにメモしていこうと思います♪

私が今使っているのは、菊池有恒著「新版 楽典 音楽家を志す人のための」と島岡譲著「和声と楽式のアナリーゼ バイエルからソナタアルバムまで」の2冊。どちらもなかなか分かりやすい本です。それと辞典は「新音楽辞典」。あとはイタリア語やフランス語、ドイツ語の辞典も家に転がってるので、必要に応じて使ってみたりします。楽語としてよりも、普通の言葉として調べる方が好きなので♪ (イメージを掴みやすいので、頭にも入りやすいんです)

  

今回は、今ハノンでやっている属七和音と減七和音について。まずは辞典を引いてみました。

*****

 
属七の和音…dominant seventh chord(英)
属音上の七の和音。属三和音上に短3度を加えたもの。これと同形の和音は、音階固有和音としてはこれひとつしかない。そして同名の長・短調には共通する。その自然的解決といわれるのは主三和音に進むものである。

減七の和音…chord of the diminished seventh(英)
短調の第7度に立つ七の和音として普通に存在する和音だが、短3度の集積で、エンハーモニック転換によると、展開和音としての意義を生じない。したがって鍵盤上に3個の減七しか存在しない。

*****

 
んー、なんだかよく分かりません。(笑)
属七の方は、結局のところC7(シーセブン)とかG7(ジーセブン)のことでしょ? みたいな捉え方をしてたんですけど(これはクラシックではないけど)、それもちょっと違うみたいですね。長調も短調も共通? それに、減七なんて日本語の説明よりも英語表記の方が分かるような気がするし。(辞書には英語表記の他に独・伊・仏表記もあります) とりあえず、一番分からない「エンハーモニック」について調べてみると、これは「シのシャープ」と「ド」のような、平均律上の同音異名のことなんですね。そしてエンハーモニック転換(enharmonic charge・英)は、転調のもっとも重要な手段の1つとのこと。なるほど。…でも「エンハーモニック転換によると、展開和音としての意義を生じない」って一体ナニ?

よく分からないので、もっと基本に戻ってみることにしました。

*****

 
まずは音階構成音の名称から。
主音…tonic(英)(第I音)
   音階の基礎になる最も重要な音。(C dur の時の C)
属音…dominant(英)(第V音)
   主音の完全5度上にある音。主音を確定させ、調性を支配する重要な音。(C dur の時の G)
下属音…subdominant(英)(第IV音)
    主音の完全5度下にあり、属音と対照的な位置にある音。(C dur の時の F)
    主音と属音の機能を補助し、下行導音の機能も持つ。
導音…Leading tone(英)(第VII音)
   短2度上行して主音に進もうとする性質をもつ音。(C dur の時の H)
   属和音や属七の構成音である場合は、その作用が一層強くなる。

あとは中音(第III音)、下中音(第VI音)、上主音(第II音)があります。

そして和音。Chord(英)
和音とは…高さの異なる2つ以上の音が同時に響いた時に合成される音。
     重音、三和音、四和音、五和音など。

三和音…
 ある音(根音)の上に2つの音(第3音・第5音)を3度の間隔で重ねたもの。
 根音と第5音との間が5度となるため、五の和音とも呼ばれる。
 音階の各音は、それぞれに根音となってその上に三和音を組み立てることができる。
 音階の第1音(主音)を根音にする和音はI度和音、第2音以降は順にII和音~VII和音と呼ばれる。

 協和音…長三和音(長3度+短3度 CEG) 明るい感じ
     短三和音(短3度+長3度 CEsG) 暗い感じ
 不協和音…増三和音(長3度+長3度 CEGis) 膨張する感じ
      減三和音(短3度+短3度 CEsGes) 陰鬱な感じ

 主要三和音…I度和音、IV和音(下属和音)、V度和音(属和音)
 副三和音…II度和音、III度和音、VI度和音、VII度和音。

四和音(七の和音)…
 三和音の原形にもう1つ3度の間隔の音(第7音)を重ねたもの。
 根音と第7音との間が7度となるため、七の和音とも呼ばれる。
 属音上に形成された四和音は「属七の和音」と呼ばれる。
 属七の和音以外の四和音は「副七の和音」。
 副七の和音のうち「減三和音+短3度」の和音を「減七の和音」という。

 属七の和音…長・短調共に「長三和音+短3度」となる。
       調性音楽において重要な役割を果たす。
       属七の和音から主和音(V7→I)への進行を自然的解決という。       
       属七の和音以外の他の四和音を副七の和音という。
 減七の和音…副七の和音の中でも、特に短3度の積み重ねの和音を減七の和音という。
       何度回転させても、エンハーモニック転換によって再び減七の和音の原形となる。
       そのためエンハーモニック転調に利用される。
       「C+Es+Ges+A」「D+F+Gis+H」「E+G+Ais+Cis」の3種類。

五和音…
 七の和音の上にもう1つ3度(第9音)を重ねたもの。(九の和音)
 属音上に形成された五和音を属九の和音という。
 属九の和音は、長調の場合は長9度、短調の場合は短9度となる。
 4声体では第5音が省略される。

*****

 
短三度というのは半音3つ分だから、それが4つで完全八度(オクターブ)になっちゃう。だから結局3つしか存在できないというわけですね。ハノンの42番で7つのアルペジオ練習が載ってるけど、要するにこの3種類の使いまわし。ドビュッシーの全音音階が2通りしかないのと同じようなことですね。なるほど。

なんとなく分かったような気が~というレベルですが、とりあえず今回はこれでオシマイです。



2010年09月26日

最近はハノン

Category : 音楽的徒然, 音楽的資料 | Comments (4)  

ちょっと前にチェルニーがどうのこうの言ってたんですけど(ココとかココとかココ)、最近はちょっとお休み中。実は今の先生に習い始めた頃から「ハノンを全部通してM.M.♩=120で弾く練習をするといいわよ」と言われつつ放置してたんですが(おぃ)、ようやく重い腰を上げて! 7月に入った辺りから、本腰を入れてハノンを練習し始めてます。
でもでも、先生は簡単に120と言ってくれるけど、私の指はそんなに簡単には動いてくれなくて。右手はいいとして、問題は左手。左手ってほんとダメダメですねえ。特に4と5の指なんてほとんど仮死状態なんですもん。しかもユニゾンで弾いてると、どうしても右手が左手のカバーをしてしまうんですね。しっかり弾いたという充実感の割に、実は左手にとっては全然練習になってないというワナ。ハノンを始めてしばらくして、左手が実は全然弾けてないのに気付いた時は愕然としました…。(もちろんユニゾンだからこそ効果的という部分もあると思いますが~)

最近、先生にも第3部を中心にレッスンで見て頂くことになって、第3部が終わったら次はスケールとアルペジオかなという感じなんですが、今のところ家で頑張っているのは1~31番の準備運動系。ピアノを弾く上で「綺麗な音が出せるようになりたい」「歌えるようになりたい」というのももちろんあるんですが、そちらは日々のレッスンの課題で頑張っているので(一応)、こちらは純粋に「思うように動いてくれる指を作る」ためです。だって私が弾いてみたいと思う曲は、大抵超高速だったりバリバリ技巧派なんですもん。
日によって練習に取れる時間は違うので、毎日必ずできるというわけではないんですが、基本的にその日の練習の最初に1つ番号を選んでリズム練習とスタッカート練習をしてから、1番から31番までざっと通してます。30番までは左手だけの片手練習。31番だけ両手でやって終了。通すだけだったら、全部弾いても20分ぐらい。でも音の粒が揃ってない部分を取り出してリズム練習をしたりするので、大抵もうちょっと時間がかかります。(時間に余裕がある日の話ね)
で、びっくりしたんですが、リズム練習って効きますね! こんなに即効性があるものだとは思ってなかったです。音の粒も面白いように揃ってくれるし(次の日になったらまたダメになってたりするけど)、一段速く弾けるようになるし。時間がほとんど取れない時は、苦手な番号をリズム練習するだけでもいいぐらい。それだけでもやっておくと、1日2日のブランクを全然感じません。
そんなこんなで、今は基本的に毎日ハノンからスタート。7月にやり始めた頃はすごーくゆっくりだったんですが、この3ヶ月でとうとう左手だけで120で弾けるようになりましたよ! 為せば成る! …結局のところ、弾けるようになったのが嬉しくて、この記事を書いてるというわけなんですが。実際には、これでようやくスタートラインなんですけどね。(がはは)

改めてやってみて思ったんですけど、ハノンってやっぱりいいですねー!(もちろん、ただ機械的にガシガシ弾くだけでは逆効果になりかねないと思うけど)
なんでいきなりハノンを始めたかといえば、川上昌裕さんの「ちょっとピアノ本気でピアノ」という本を読んだから。(影響されやすい私) この本に、大学時代の一時期毎日ハノンを全部通して弾いていたら驚くほど上手くなった、と書かれていたんです。私にはまだまだ全部なんて弾き通せないんですが(3時間ぐらいかかりそう)、自分が実際にハノンを改めて練習するようになってみて、それは本当に十分あり得ることだと思いました。実際のところ、練習曲系よりもまずハノンじゃないですかね? 試しにハノンをやった後にツェルニーを弾いてみると、指の動きが全然違うのが自分でもよく分かります。
ツェルニーは、ハノンが一段落ついたら復活させるつもり。今はハノンが面白いので、しばらくこちらで頑張ります。ああ、子供の頃にこのハノンの面白さと効用に気付いていたらなあ。でも今だからこそ、この面白さが分かるんでしょうね。
今年もあと2ヶ月、難曲にも負けない指をハノンで鍛えよう!

そして、今レッスンでも減7と属7のアルペジオをやってるし、時間がある時は家で普通のアルペジオもさらってるので、その延長でショパンのエチュードのOp.10-1も練習し始めました。ドビュッシーが終わって今度ショパンのエチュードに戻った時は「木枯らし」をやるという話になってて、実際譜読みもしたんですが、これはまだ私には早すぎるということがよーーーく分かったので! やっぱり次はOp.10-1をやることにしようかと。「木枯らし」の話が出る前は、先生もOp.10-1かOp25-1かって仰ってましたしね。
今は身体に覚えこませようと、ゆっくりアルペジオさらってる段階。ミスタッチしないように気をつけつつ、1つ1つ脱力するようにも気をつけつつ、レッスンが始まったらきっと「もっと和声を感じて」と絶対言われると思うので(笑)、時々全部和音として押さえてみつつ。(ペンネさんのところにあった「コード化練習」ですね!)
ドビュッシーはまだ当分終わらないでしょうし… 今レッスン中の「子供の領分」はもちろんなんですが、中学の頃にやった2つのアラベスクが全然綺麗に弾けないことに気付いて、これも先生に一度見ていただこうかなあなんて考え中なので… それに、いい機会なので「レントより遅く」もやりたいんですよね。だから、まだまだたっぷり時間があるはず。のんびり練習中です。



2010年09月24日

「子供の領分」ロジェ

Category : CD(ドビュッシー) | Comments (7)  

パスカル・ロジェの「ドビュッシー:ピアノ作品全集 Vol.2」。収められているのは「版画」「子供の領分」「2つのアラベスク」「ベルガマスク組曲」「レントよりおそく」「バラード」「マズルカ」「小さな黒人」の全19曲。フランス人ピアニストの弾くドビュッシーを聴いて、フランスの香りを感じよう!企画・第5弾。ついこの間までは、それほど大好きというわけではなかったはずのドビュッシーなのに、なんだかだんだん面白くなってきて、こうなったらとことん付き合ってみようじゃないの!という勢いになってきてます。(笑)

パスカル・ロジェのドビュッシーのCDといえば右のものが有名だと思うんですけど、実はこれまでちゃんと聴いたことがなかったんですよね。気になりつつも、なんとなくそそられなくて。なので「正統派」というイメージだけ。
でも、今回改めて聴いてみて驚きました。なんて綺麗な音なんでしょう! 柔らかめの明るい音は、まるで夢の世界のようですね。そして繊細な表現。透明度の高い明るい色彩に、時には物憂げなため息をついているような影が差して… モニク・アース同様、あまりクセがない演奏とも言えるんですが、「これだけ綺麗な音だったら!」です。一体、どうやったらこんな音が出せるようになるんでしょうね。タッチがもう全然違うんだろうなあ… 鍵盤に触れる時も鍵盤から指が離れる時も、もちろん触れている最中も。

これはドビュッシーピアノ作品全集の第2巻で、第1巻と第3巻も既に出ています。そして近々第4巻も出るらしいです。第1巻に収められてるのは「前奏曲」2つ、第3巻に収められてるのは「映像」「喜びの島」「スケッチ帳より」「ピアノのために」「英雄の子守歌」「アルバムの1ページ」「舞曲(スティリー風のタランテラ)」「ハイドンを讃えて」「夢」。第4巻には、まだ入ってなかった12の練習曲と残りの小品が入るのかな。となると、全4巻でいけそうですね。今回の2枚目は主な人気曲を網羅するような選曲ですが、この音の美しさを堪能するためにだけでも、他のも全部聴きたくなってしまうなあ。あ、でも今回入っていた曲にはこの美しさがよく似合ってたけど、違う雰囲気の曲となるとまたちょっと印象が変わってくるかもしれないですね。それに基本的に輪郭が柔らかいふわっとした音なので、ロジェばかり聴いてたら、輪郭線のくっきりした演奏が恋しくなっちゃうかも。(笑)
   

*****

 
パスカル・ロジェ(Pascal Rogé 1951- )
  フランスのピアニスト。11歳の時にパリでデビュー。
  パリ音楽院を首席で卒業後(ピアノと室内楽)、ジュリアス・カッチェンに師事。
  1971年、ロン=ティボー国際コンクール優勝。
  磨き抜かれたテクニックと、明るい音色と透明感のあるタッチが魅力。
  レパートリーはフランス近代音楽が中心。
  サン=サーンス、フォーレ、サティ、ドビュッシー、ラヴェル、プーランクを全曲録音している。
  ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなどドイツ系のピアノ曲も。



2010年09月23日

バッハ大全集

Category : 音楽的催事 | Comments (2)  

3~4日前にブリリアントのバッハ大全集がリニューアルして再発売!とHMVに出てたのを見たところなんですが、今日はドイツのヘンスラーのバッハ大全集がリニューアルして再発売というお知らせが!!
なぜ、そんな立て続けに? メモリアルイヤーでも何でもないですよね? 次に何か出るのは週明け辺り?(笑)

 
左がブリリアントで、右がヘンスラーの全集。

ブリリアントのバッハ大全集は、CDが157枚、「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」を収めたDVDが2枚、英語のライナーノートと各演奏者のプロフィール、ドイツ語のカンタータのテキスト、そしてバッハの全作品の楽譜(ブライトコップ&ヘルテル社刊行の全集版)を収めたDVD-ROMが1枚という内容。新編集により、管弦楽組曲集、ヴァイオリン協奏曲集、フルート・ソナタ集、平均律クラヴィーア曲集、ロ短調ミサとクリスマス・オラトリオでのCD13枚分の内容が一部変更になり、マルコ受難曲が新たに加えられることになったのだそうです。ボックスの幅は40cm、重量は3.8kg。2000年の初登場時には40,000円ほどだったセット価格が、今回はHMVのマルチバイ価格で14,840円。

ヘンスラーのバッハ大全集は、CD172枚+CD-ROM1枚。新装丁でコンパクト化。(高さ30cm×奥行き33cm×幅56cm → 高さ13.5cm×奥行き14.1cm×幅39.3cm、重量も20kg → 3.9kgに!) ベーレンライター社刊行の新バッハ全集の楽譜によって、バッハ作品のすべてを網羅した唯一の大全集だということがウリ。膨大なセットの中から目的の作品をすぐに探し出すことができるように、ディスクのトラックリスト等のデータがまとめられているブックレットだけでなく、作品番号から検索できるブックレットがついているのだそうです。CD-ROMには、声楽曲の歌詞(ドイツ語・ 英語・フランス語・スペイン語)とライナーノート(英語・フランス語・ドイツ語)のオリジナルPDF、J.S.バッハのバイオグラフィなどのデジタル・ブックレットが収められているのだそう。HMVのマルチバイ価格で22,558円。

私ね、「全集」という言葉に弱いんです。CDを1枚ずつ買うよりも、ボックス買いをしてしまうタイプ。なのでこのバッハ全集にもゆらゆら~としかけたんですが… だってね、バッハの解説本を読んでる時とかに全集が手元にあったら、逐一実際の演奏を確かめることができるじゃないですか。これまでにも「ああ、ここでCDがあったら!」と思ったことが何度かあったんです。
でもよくよく考えてみたら、バッハの全集となるときっとピアノじゃないですよね。チェンバロ! で、確かめてみたら、やっぱりチェンバロ! ブリリアントの鍵盤楽器曲の辺りは全部チェンバロになってるし、ヘンスラーの方もエフゲニー・コロリオフの名前はあるけど、他はチェンバロ奏者ばかり? うーん、チェンバロもいいんですけど、私はやっぱりピアノの音が好きなので~。(今のところ古楽にはあまり興味がない) エフゲニー・コロリオフのバッハ曲の録音なら、既にほとんど持ってますしね。それに、室内楽曲や協奏曲は好きだけど、半分以上を占めることになる声楽曲には、基本的にあまり興味がないのでした…。そんな私にとっては、結局のところ、資料的価値という面ばかりが大きいのかも。と、一気に冷静に戻りましたよ。(笑)
もちろんこれから先、古楽や声楽曲にハマることもあるかもしれないですけどね。その時は、「ああ、あの時買っておけば…」と思いながら地団太踏むことにします。…というのは嘘です。本当に欲しくなったら、またしても再発売されるのを気長に待つことにします。(笑)

見てたらこんなのも見つけました。ヘンスラーの大全集(旧)のデジタル・エディション「デジタル・バッハ・エディション+iPod classic 160GB=バッハポッド」です。

 

こちらは通常価格が83,150円。いろいろあるものなんですねえ。(笑)



2010年09月20日

「子供の領分」アース

Category : CD(ドビュッシー) | Comments (2)  

これはフランスの女流ピアニスト、モニク・アースの「月の光 ~ドビュッシー / ピアノ名曲集」。「ベルガマスク組曲」「ピアノのために」「夢」「夜想曲」「ロマンティックなワルツ」「映像第1集」「映像第2集」「2つのアラベスク」「レントより遅く」「喜びの島」「亜麻色の髪の乙女(前奏曲集第1巻)」「沈める寺(前奏曲集第1巻)」「ミンストレル(前奏曲集第1巻)」「水の精(前奏曲集第2巻)」「花火(前奏曲集第2巻)」「版画」「子供の領分」の全34曲が収められた2枚組です。フランス人ピアニストの弾くドビュッシーを聴いて、フランスの香りを感じよう!企画・第4弾。

このCDは、実は私が一番最初に購入したドビュッシー盤なんです。随分前のことになりますが、何かの関係でドビュッシーのCDを聴こうとした時にお店で選んだのがコレ。ドビュッシーの主要曲が網羅されてます。そして後で知ったのですが、このCD、amazonでの評判がすごくいいんですね。柔らかく暖かな音色、スタンダードであまりクセのない、ドビュッシーらしさの感じられる演奏、というのが主な評価のよう。他のピアニストのドビュッシー盤に比べてレビューがダントツで多いんですけど、モニク・アースって、もしかして日本で一番広く愛されているドビュッシー弾きさんなのでしょうか。実際聴いてみても、暖かみのある音色で親しみやすい演奏だと思います。テンポ的にも速すぎることがないし。あまりクセがない分、強い個性というのも感じられないんですが、「ドビュッシー」と聞いて想像する演奏がここにあるぞという感じ。もっとも現実のドビュッシーという人は、綺麗な曲を書く割に相当アクのある人だったようなので、もう少し何かがあってもいいかなという気はしますが… 悪くはないんだけど、今の私には正直どこか物足りない部分も残るかな。とは言え、入門編には適したCDだったと思います。
今回モニク・アースについて調べていて初めて知ったんですが、第一次大戦後に教育を受けたフランス人ピアニストは、基本的にロマン派は学んでいないんだそうですね。自国の音楽を大切にしようという風潮もあるでしょうし、感覚的なフランス音楽と論理的なドイツ音楽の気質の違いもあるでしょうけど、敵性音楽だったというのが一番大きかったみたい。ちょっと驚きました。

上のCDは抜粋盤でしたが、「ピアノ作品全集」もあります。2枚組が2つで、4枚で全曲。この2つはフランスADFディスク大賞を受賞したCDなんだそうです。(下左2つ) でもこの2つをセットで買うんだったら、下右のボックスセットの方がいいかも。こちらは似たような値段でラヴェルの全曲演奏集(2枚)もついてきますしね。モニク・アースのラヴェルピアノ作品全集がまたamazonで評判いいんですよねえ。やっぱり愛されてるんだなあ。(ボックスセットは全6枚組)

  

*****

 
モニク・アース(Monique Haas 1909-1987)
  生粋のパリジェンヌ。
  パリ音楽院でラザール・レヴィに師事、さらにルドルフ・ゼルキン、ロベール・カサドシュにも学ぶ。
  世界中で演奏活動を行い、特にドビュッシー以降の20世紀音楽の演奏で名声を得る。
  主なレパートリーはフランス・バロック音楽のフランソワ・クープランやジャン=フィリップ・ラモー
  ドビュッシーやラヴェルといった近代フランス音楽、あとはバルトーク・ベーラなど。



Page 1 of 3123
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress