2010年09月14日

「子供の領分」ベロフ

Category : CD(ドビュッシー) 

ミシェル・ベロフの「ドビュッシー:ピアノ作品集1」。「前奏曲集第1巻」全12曲、「スケッチ・ブックから」「コンクールの小品」「ハイドンを讃えて」「かわいい黒人の子供」、そして「子供の領分」全6曲の計22曲が収められたCDです。フランス人ピアニストの弾くドビュッシーを聴いて、フランスの香りを感じよう!企画・第2弾。(笑)

サンソン・フランソワの「子供の領分」は、どことなく哀愁が漂う演奏だったんですが、ミシェル・ベロフの「子供の領分」はまた全然違いました。こちらはもっと光を感じさせるドビュッシー。透明感があって、全体的にキラキラしてます。そして見えてくる情景は、私が元々持っていた曲のイメージに近いです。例えば「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」の最後は解放感たっぷりだし、「象の子守歌」はひっそりと親密で温かい雰囲気だし、「ゴリウォーグのケーク・ウォーク」は、滑稽で楽しい感じだし… あ、「雪は踊っている」で降ってる雪は、私がイメージしているよりももっと1つ1つの粒が小さくて、凍ってるようでしたけどね。ミシェル・ベロフの演奏だと、まるで雪の万華鏡の中にいるみたい。というよりこれは「雪の女王」の城に迷い込んだイメージかなあ。いずれにせよ、サンソン・フランソワの「子供の領分」よりも現代的なドビュッシーと言えそうです。もっとも、ドビュッシーの生きていた「世紀末」の雰囲気をよく表しているのは、サンソン・フランソワの方じゃないかなあと思うんですが。
実は以前にもミシェル・ベロフのCDを聴いてるんですが、その時はあんまり音が冴えすぎていて、私の中の「子供の領分」のイメージとは少し違うなあと思ってたんです。その時聴いていたCDは右のもの。ミシェル・ベロフという方は1950年生まれだから今60歳ぐらいなんですけど、30代半ば頃に右手を故障して一度第一線を退いてるんですね。結局10年後ぐらいに復活することになるんですが、以前聴いたのは故障前の若い頃の録音。今回聴いているのは復活後のもの。透明感のある音という意味では若い頃の録音と同じなんですが、鋭く尖っていたところがやや丸みを帯びて、音がまろやかに広がるようになったような気がします。どちらが上だと思うかは個人の好き好きでしょうし、故障前の煌めきにも捨てがたいものがあるんですけど、私としては復活後の演奏の方が好き。

このCDは、ベロフによるドビュッシー全作品集のボックスの1枚でもあります。全5枚のCDのうち4枚がレコード芸術特選盤、残り1枚がレコード芸術準特選盤に選ばれてるんですって。そして今回聴いた「1」はカンヌ・クラシカル・アウォードも受賞してるんだとか。すごいですね。若い頃のミシェル・ベロフは、正直あまり好みのタイプではないんですが~(見た目の話ね) 年を重ねて魅力を増すタイプみたいですね。今はなかなかカッコ良いおじさまかと♪(髪を切った方が好き) 現在パリのコンセルヴァトワールの教授だそうです。スーパーピアノレッスン、またやってくれないかしら。(もしくはDVDを発売してくれないかなあ)

*****

 
ミシェル・ベロフ(Michel Béroff 1950- )
  フランスのピアニスト。
  1967年、17歳で第1回オリヴィエ・メシアン国際コンクールに優勝。
  1970年、パリでメシアンの「幼な児イエズスに注ぐ20のまなざし」の全曲演奏を行い注目を集める。
  1980年代半ばに右手を故障して第一線から退くが、90年代に再びピアニストとして復帰。
  ドビュッシー、ラヴェル、メシアンなど、近代フランス音楽の演奏に定評がある。
  その他のレパートリーも、プロコフィエフ、バルトークなど比較的新しい音楽が多いが
  リスト、シューマン、ムソルグスキー、ブラームス、サン=サーンスなどのロマン派も。

Comments (6)

  1. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    ベロフ、とっても懐かしいですね~。
    若かりしときに録音したプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番で、旋律を丁寧に弾き込んでいるところが気に入ってました。

    ベロフのドビュッシーは、あいにく好みとは違っているのですが、響きを短く切っていくところや、アーティキュレーションが独特で、面白くはあります。
    旧盤の方がタッチが強くシャープですね。それに少し騒々しい気もしないではないですが…。
    新盤は試聴しただけですが、旧盤が冷たく輝く宝石みたいに怜悧だったのと比べると、おっしゃるとおり新盤は響きも表現もまろやかさがあるような感じがしますね。

    ベロフといえば、メシアンの印象がとても強いので(この演奏は凄いと評判です)、旧盤のドビュッシーはメシアンの演奏を連想させるところがあります。
    鋭利な刃物のようにシャープで明晰なところが似ているのかも。

    フランス人が弾くドビュッシーなら、以前はロジェをたまに聴いていたのですが、今は、チッコリーニがソノリティも解釈も一番ぴったり合うのがわかりました。

  2. yoshimiさん、こんにちは。

    ベロフは、以前聴いた時は合わないと思っていたのに
    今はそうでもなくて… だんだん自分の好みがよく分からなくなってきました。
    もしや何でもアリ?! ってほどではないと思うんですけど(笑)
    それぞれの良さに気付いてみると、それぞれに面白くなってしまいます。

    ベロフの旧盤は、確かに「冷たく輝く宝石みたいに怜悧」ですね。
    少し騒々しい、というのも本当にそう。(そこもマイナスポイントだったので)
    ドビュッシーといえば、もっともやもやした印象派的な演奏が主流だったはずだし
    ベロフの旧盤が出た時は、このシャープさが相当センセーショナルだったんだろうなあ
    というのは容易に想像できますね。
    私としては、やっぱり新盤の方がいいですが~。

    ベロフのメシアン演奏は、以前You Tubeで少しだけ見ました。
    メシアンの曲自体、よく分からないのですが(現代曲には疎いので)
    力強さと切れ味鋭いシャープさには驚きましたよ。
    だから旧盤の演奏がメシアンを連想させるとお聞きして、それも納得です。

    ロジェのドビュッシーは正統派という印象がありますが
    チッコリーニの演奏は全然聴いたことがないです!
    イタリア人なんですね。でもフランス近代音楽で特に著名な方のようだし
    こうなったら、ぜひ聴いてみようと思います♪
    ドビュッシー、それほど大好きというわけではなかったはずなのに
    妙に詳しくなっちゃうかも~。(笑)

  3. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    チッコリーニ、イタリア人だったんですね。
    サティ弾きで有名だし、ドビュッシーも上手いので、てっきりフランス人かと思い込んでました。
    でも、よく考えれば名前はイタリア人。フランス在住で帰化した人なので、なぜかフランスの薫りがしたのかも。

    チッコリーニのドビュッシーは結構評判が良いですね。
    響きに少し厚みがあって柔らかいし、明晰さもあるので曲の骨格がわかりやすくて、私にはちょうど良い感じです。
    BOXセットはデジタル録音のわりに安いので、好みに合えばとってもお薦めです。

    チッコリーニのGolliwogg’s cake walkはYoutubeにあります。
    http://www.youtube.com/watch?v=WuG1-xr3FzQ
    他にベルガマスク組曲もあって、私は最初それを聴いてピタっとくるものがありました。

    全集の試聴ファイルはこっちです。
    http://www.amazon.fr/gp/product/B000FOTHDM/ref=s9_simh_gw_p15_d10_i1?pf_rd_m=A1X6FK5RDHNB96&pf_rd_s=center-2&pf_rd_r=1KQTCQACZG021QDPX65B&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463375533&pf_rd_i=405320

  4. yoshimiさん、こんにちは。

    チッコリーニ、もう帰化して40年以上経つようだし
    パリのコンセルヴァトワールでも教えていたようだし
    もうすっかりフランスに馴染んでしまっているんでしょうね。
    そもそも世に出たのがロン・ティボー国際コンクールだったようだし!
    演奏にフランスの薫りがしても全然おかしくないですね。^^

    そして、You Tube の Golliwogg’s Cake Walk、ありがとうございます。
    早速聴いてきました!
    これはいい感じですねえ。私も何かピピッとくるものを感じましたよ。
    yoshimiさんみたいにきちんと言葉にできるものではないですが
    でもこれは他のピアニストのドビュッシーとはまた違う!

    フランスアマゾンの試聴ファイルもありがとうございます。
    一応、もう少し色々聴いてみてから決めようと思います。
    …とは言っても、ゴリウォーグがとてもいい感じだったので
    買ってしまいそうな気配が濃厚ですが~(笑)

  5. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    やっとベロフのBOXセットが届きました!
    「版画」とか何曲か聴いてみると、試聴ファイルで聴くよりずっと音が綺麗で、演奏の中身もよくわかったせいか、私好みのドビュッシーでした。
    第一印象で、好みと違っている…なんて言っていたので、すっかり直観が外れましたが、たまにはそういうこともありますね。

    アラウの80年頃の録音は、残響の響き方が独特で(エコー処理でもしているんじゃないかと思うくらい)、面白い感じはするんですが、もっとクリアに聴こえる方が好きなので。
    ベロフの音響はちょうど良い感じです。音色も明るいですし、和声がとても綺麗に聴こえます。
    演奏も明晰で、アーティキュレーションもだいたいしっくりとくるので、やはり旧盤よりも聴きやすいです。

    音の綺麗なミケランジェリとツィメルメンは合わなかったし、ベロフの新盤が私の定番の一つになるのは確実。
    これもアリアさんがこの記事で紹介されていたおかげです。
    どうもありがとうございました!

  6. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。

    ベロフの全集、届きましたか!
    わあ、yoshimiさん好みのドビュッシーだったようで良かったです~。
    私も第一印象はあまり良くなかったので、お仲間ですね♪
    なあんて、私はまだまだ場数が足りないので、直感もあまり当てにならないし
    yoshimiさんを無理矢理「お仲間」に引き入れちゃあダメなんですが(笑)
    でも新盤と旧盤だと演奏がまた違うから!
    長い期間をあけての再録の場合は、印象が変わることも結構ありそうですね?
    それに試聴ファイル。
    私は最近ようやく慣れてきたところなんですけど
    最初の頃はパソコンを通して聴いても全然分からなくて困りました…
    あ、未だにそうやって困ってる時はありますが。(笑)
    ベロフの音は、確かに試聴ファイルよりCDで聴く方が綺麗かもしれないですね。
    私の記事が素敵な出会いのきっかけになったなんて、ほんと嬉しいです♪

    私の方もエゴロフが届いたんですよ。ほんと速くてびっくりです~。
    早速聴き始めてます。謝肉祭もトッカータもやっぱり素敵♪
    まだドビュッシーやショパンにまで手がまわってませんが
    そちらを聴くのも楽しみです。あ、もちろん「皇帝」も~。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress