2010年09月17日

レッスン日記39

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : , ,

今週もレッスン。暑さもかなり和らいできて、徒歩30分がツラくなくなってきて嬉しいな~。日本は四季があるといいつつ、うちの辺りは夏と冬ばっかりで、春と秋はあんまりない感じなんですよね。毎年、涼しくなったと思ったらすぐ冬になっちゃう。春は春で、暖かくなってきたと思ったらすぐ暑くなっちゃう。
貴重な季節の到来です。

ハノンは42番と43番の「減7の和音・属7の和音のアルペジオ」と、46番「トリル」。アルペジオの方は家ではM.M.♩=108で練習してたんですけど、教室では不調…。ゆっくりめにしか弾けず、しかも属7でちょっと音が濁る箇所があったので、もう1回です。次回はもっとテンポを上げてくること。トリルの方は108で合格。そして次は47番「4つの同音の連続」を見てくることになりました。

バッハのシンフォニアは9番と5番。
9番を弾き始めた途端、またしても「もっと暗く!」と言われてしまいました。

「それじゃあ、人生、どうにかなるさ~♪ って感じ。もっとどーんと落ち込んで思い悩まないと!」

はああ、やっぱり明るかったか… 「暗く暗く」「もっと鬱々と」と思いながら練習してても、この曲の暗さは半端ないので、ついつい明るい方へと逃避してしまうんですよねえ。しかも私ってば元来「人生、どうにかなるさ♪」の性格で、滅多に思い悩むことがない底の浅さなので… それからは精一杯鬱々とした気持ちになって弾いたんですが… ええと、一応楽譜的には弾けてるとは思うんですが… やっぱりどうも取ってつけたような感がぬぐえない。(汗)

「そっかあ、暗い曲は好きじゃないのね。私なんてどーんと暗い曲の方が入り込めるんだけどなあ」
「じゃあ、ここでどれだけ暗く弾いてても、家に帰って練習したら、また明るくなっちゃうのね?!」

と、しばし悩む先生。結局オマケの合格になっちゃいました。すみません、先生。人生の深みを感じさせるような曲は、私にはまだまだ難しいですー。(私に難しいのは、もちろんそれだけではナイ)
前回と今回で指摘されたポイントを書いておくと、不安定さを表す半音階進行はもっと歌わせる。右手の出だしは「嘆き」「溜息」を表すモチーフ。これも出てくるたびに意識して。3つめに出てくる音符の細かなモチーフも訴えかけるように。終盤はそれぞれのモチーフが畳み掛けるように、音が重層的に厚くなっていくように弾くこと。
進行は、f moll → c moll → f moll → As dur → Es dur → c moll → Des dur → As dur → f moll …だったかな?

5番の方は、私の楽譜(園田高弘校訂版)には見開き2ページの普通の楽譜と、4ページにわたる装飾音符の解説付きのOrnamented versionがあるんですが、普通そうなのでしょうか。
この曲をCDで改めて聴いてみたのは、自分がある程度練習してからだったんですけど、ティル・フェルナーの演奏は比較的ゆっくりで(他の曲は速めの設定が多いのに)装飾音符がほとんど入ってなかったので、ちょっとびっくりでした。全然入ってないわけじゃないんですけど、長前打音とかモルデントとかターン(カダーンス)とか、ほとんど入ってないんです。基本的にあっさりしてるだけに、珍しく装飾音が入るところはとても優雅な雰囲気になります。コロリオフの演奏はフェルナーとは逆で、他の曲では比較的ゆっくりめのテンポ設定が多い気がするのに、この曲に関しては速め。そして装飾音は色々と入ってます。それでも私の楽譜に書かれてるのに比べると若干少なめかしら。装飾音の入れるタイミングが少し不思議な感じで、入ってるところは羽のように軽やか~。私のイメージに近かったのは、ウェーバージンケの演奏でした。でもこの方の演奏もまたちょっと微妙に違うような… 結局CDはあんまり参考にはしない方が良さそうです。
この曲で注意された点としては、表記は4分の3拍子だけど、音符が細かいので八分音符を1拍と数えること。左手は十六分休符を感じて、最初の音が強くならないように。そして右手がとても細かいので、もっともっと片手練習すること。

「シンフォニアもこれでおしまいね。(5番はまだ合格してないですが) これが終わったら、イタリアン・コンチェルトだったわよね? 楽譜はもう買ってた? じゃあ、そろそろ見始めておいてね」とのことでした。
わ~い、やっとです~! イタリアン・コンチェルト、あんまり待ち遠しくて、逆にCDを聴くのを封印してたほどなんです。ああ、嬉しいなあ。

そしてドビュッシーは、「雪は踊っている」。これは雪が降ってる時の、あの「しーん」と無音なイメージで。雪の音は、指先の一点に神経を集中させて、そこを少し硬くして鍵盤をタッチ… と、ここでシャーペンが登場しました。実際に指の先をつんつんと突いてみてから再度弾くことに。雪はぼたん雪ではなくて、もっと小さな粒。アラレほどではないんだけど、ちょっと凍ってる感じ。(ミシェル・ベロフのイメージかなあ) この音は真っ直ぐ弾かないで、上昇する音は微妙にクレッシェンドさせること。左手の伸ばす音は、揺れないように真っ直ぐ。38小節目のスフォルツァンドのところは、アルペジオの下のシドシドシド… がバタバタしてるので、もっと内側に入れて静かに。49小節目のスフォルツァンドの所は、いきなりな突風のイメージ。クレッシェンドの左にフォルテがついていても、クレッシェンドの始まり2音ぐらいは弱くしておかないと、クレッシェンドに聞こえないので注意すること。
そして、次回までにもう少し速く弾けるようにしてくること。それとウナコルダのペダルは最初から踏んでたんですけど(先週のレッスンの時に言われたので)、次の時までにダンパーペダルも踏んでくるようにとのこと。わ、早くないですか? もういいんですか! …いや、私があまりにペダルが下手だから、早めに踏み始めて慣れさせようという考えかもしれないな。(いや、マジで)

あともう少し時間があるから他の曲も聴きましょうかということになったんですけど、「象の子守歌」を弾き始めた途端、止められてしまいました。ここはライオンやピューマじゃなくて象なんだから、pだからってそんな様子見するような音じゃなくて、もっとゆったりとおおらかな音で歌うように! もっと指の腹を使って、むにゅっと! 弾く前から「最後まで聴けないかもしれないけど」とのことだったんだけど、まさか1音だけで終わってしまうとは思いませんでした。(笑)

次のレッスンは再来週です。



2010年09月15日

「子供の領分」コルトー

Category : CD(ドビュッシー) | コメントは受け付けていません。 

フランス人ピアニストの弾くドビュッシーを聴いて、フランスの香りを感じよう!企画・第3弾は、CDではなくてYou Tubeです。
というのも、古い映像を見つけちゃったんですよ~。コルトーの弾く「子供の領分」をサイレント映画風に演出してる映像。ミュージックビデオのハシリですか? と思ったら、これはヴァイオリニストのジャック・ティボーが発案して作られたシネフォニーというものだそうです。当時庶民の間で人気だった映画という媒体を利用して、クラシックの演奏を広く鑑賞してもらおうというもの。

Alfred Denis Cortot plays Debussy in Cinephonie.

コルトーが弾いてるのは「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」「人形へのセレナーデ」「ゴリウォーグのケークウォーク」の3曲で、それぞれに可愛らしい女の子の物語風映像がついてます。映像の状態がかなり悪いのがとても残念なんですけど、でも可愛い! これがシュウシュウと子供部屋の仲間たちというわけですね。「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」では、あの黒板での計算がいいなあ~♪ 「人形へのセレナーデ」は、人形たちの動きもいいし、2人が踊るところの可愛らしいことったら! コルトーが弾きながら彼らの方を見るのも芸が細かいし。(無表情だけど) 「ゴリウォーグのケークウォーク」では、トリスタンのテーマの後の「きゃっきゃっきゃっ」ってところと、元のテーマに戻ったところで手を裏打ちしてる赤ちゃん人形が好き♪ …と、すっかり演奏そっちのけになってますが、コルトーの演奏はさすがにとても美しいです。

コルトーのCDとなると、国内盤はショパンばっかりっぽいです…。やっぱり日本でクラシック、しかもピアノとなると、売れるのはまずショパンということなんでしょうね。下左はボックスセット7枚組。ドビュッシー以外のピアノ独奏はショパン、ラヴェル、リストですが、ジャック・ティボーやパブロ・カザルスと組んだ三重奏曲の演奏が多いですね。もう少し手軽に、となると下右の2枚組でしょうか。こちらは半分近くがショパンで、その他はシューベルト、メンデルスゾーン、シューマン… ブラームスやバッハのコルトー編曲なんていうのも入ってるようです。あ、肝心のドビュッシーの曲は、どちらも「子供の領分」と「前奏曲集第1巻」の全18曲。「子供の領分」はどちらも1947年録音と書いてあったし、同じものなんでしょうね。(ボックスセットの「前奏曲集」は、色んな年代のものを混ぜて入れてるみたいです)

 

*****

 
アルフレッド・コルトー(Alfred Denis Cortot 1877-1962)
  20世紀前半のフランスを代表する大ピアニストであり、指揮者、教育者、著述家でもある。
  ヴァイオリニストのジャック・ティボー、チェリストのパブロ・カザルスとカザルス三重奏団を結成。
  ミスも多いが、美しいタッチと個性的なテンポ・ルバートで、深い詩情と多彩な感情を描きだす。
  レパートリーは比較的狭く、ショパン、シューマンなどのロマン派や、フランス近代が中心。
  著名な門下生は、ディヌ・リパッティ、クララ・ハスキル、遠山慶子、エリック・ハイドシェックなど。



2010年09月14日

「子供の領分」ベロフ

Category : CD(ドビュッシー) | Comments (6)  

ミシェル・ベロフの「ドビュッシー:ピアノ作品集1」。「前奏曲集第1巻」全12曲、「スケッチ・ブックから」「コンクールの小品」「ハイドンを讃えて」「かわいい黒人の子供」、そして「子供の領分」全6曲の計22曲が収められたCDです。フランス人ピアニストの弾くドビュッシーを聴いて、フランスの香りを感じよう!企画・第2弾。(笑)

サンソン・フランソワの「子供の領分」は、どことなく哀愁が漂う演奏だったんですが、ミシェル・ベロフの「子供の領分」はまた全然違いました。こちらはもっと光を感じさせるドビュッシー。透明感があって、全体的にキラキラしてます。そして見えてくる情景は、私が元々持っていた曲のイメージに近いです。例えば「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」の最後は解放感たっぷりだし、「象の子守歌」はひっそりと親密で温かい雰囲気だし、「ゴリウォーグのケーク・ウォーク」は、滑稽で楽しい感じだし… あ、「雪は踊っている」で降ってる雪は、私がイメージしているよりももっと1つ1つの粒が小さくて、凍ってるようでしたけどね。ミシェル・ベロフの演奏だと、まるで雪の万華鏡の中にいるみたい。というよりこれは「雪の女王」の城に迷い込んだイメージかなあ。いずれにせよ、サンソン・フランソワの「子供の領分」よりも現代的なドビュッシーと言えそうです。もっとも、ドビュッシーの生きていた「世紀末」の雰囲気をよく表しているのは、サンソン・フランソワの方じゃないかなあと思うんですが。
実は以前にもミシェル・ベロフのCDを聴いてるんですが、その時はあんまり音が冴えすぎていて、私の中の「子供の領分」のイメージとは少し違うなあと思ってたんです。その時聴いていたCDは右のもの。ミシェル・ベロフという方は1950年生まれだから今60歳ぐらいなんですけど、30代半ば頃に右手を故障して一度第一線を退いてるんですね。結局10年後ぐらいに復活することになるんですが、以前聴いたのは故障前の若い頃の録音。今回聴いているのは復活後のもの。透明感のある音という意味では若い頃の録音と同じなんですが、鋭く尖っていたところがやや丸みを帯びて、音がまろやかに広がるようになったような気がします。どちらが上だと思うかは個人の好き好きでしょうし、故障前の煌めきにも捨てがたいものがあるんですけど、私としては復活後の演奏の方が好き。

このCDは、ベロフによるドビュッシー全作品集のボックスの1枚でもあります。全5枚のCDのうち4枚がレコード芸術特選盤、残り1枚がレコード芸術準特選盤に選ばれてるんですって。そして今回聴いた「1」はカンヌ・クラシカル・アウォードも受賞してるんだとか。すごいですね。若い頃のミシェル・ベロフは、正直あまり好みのタイプではないんですが~(見た目の話ね) 年を重ねて魅力を増すタイプみたいですね。今はなかなかカッコ良いおじさまかと♪(髪を切った方が好き) 現在パリのコンセルヴァトワールの教授だそうです。スーパーピアノレッスン、またやってくれないかしら。(もしくはDVDを発売してくれないかなあ)

*****

 
ミシェル・ベロフ(Michel Béroff 1950- )
  フランスのピアニスト。
  1967年、17歳で第1回オリヴィエ・メシアン国際コンクールに優勝。
  1970年、パリでメシアンの「幼な児イエズスに注ぐ20のまなざし」の全曲演奏を行い注目を集める。
  1980年代半ばに右手を故障して第一線から退くが、90年代に再びピアニストとして復帰。
  ドビュッシー、ラヴェル、メシアンなど、近代フランス音楽の演奏に定評がある。
  その他のレパートリーも、プロコフィエフ、バルトークなど比較的新しい音楽が多いが
  リスト、シューマン、ムソルグスキー、ブラームス、サン=サーンスなどのロマン派も。



2010年09月12日

「子供の領分」フランソワ

Category : CD(ドビュッシー) | Comments (2)  

サンソン・フランソワの「ドビュッシーピアノ集3」。「子供の領分」6曲と「版画」3曲、「ベルガマスク組曲」4曲、「ピアノのために」3曲、そして「英雄的な子守歌」の計17曲が収められているCDです。フランス人ピアニストの弾くドビュッシーを聴いて、フランスの香りを感じよう!企画第1弾。(笑)

以前、ネットのお友達と「子供の領分」の話をしていた時に、その方がサンソン・フランソワの「雪は踊っている」がとても独特な感じで好きだと仰ってたので聴いてみたら、おお確かに!(あれっ、ちゃんと楽譜通りに弾いてるんだ!?と、それもちょっとびっくりしたんですが) これはサンソン・フランソワならではの独特な世界でした。そうでなくても「雪は踊っている」は弾き手の個性が出やすい曲だと思うし、弾き手によって降ってくる雪の感じが全然違ってくると思うんですよね。サンソン・フランソワの雪は、1つ1つの雪片が大きくてふわふわしてて… そしてどこか色合いを感じます。まるで、様々な淡い色合いを持つコットン・キャンディーのような。って、そんな「コットンキャンディ」なんて言葉の持つ楽しげな響きは全然そぐわない、静かな虚無感が漂ってるんですが。でもこれがサンソン・フランソワの雪なんだな。どこがどうなったらこんな風になるんだろう? と、不思議になります。

どの曲もとても美しいと思うんだけど、「雪は踊っている」以外だと「小さな羊飼い」に漂う孤独感もとても好き。なんだか小さなサンソン・フランソワ少年が、誰にもつかまえられないところに行ってしまって、ひっそりと戻れないままでいるような感じ。そうでなくても、サンソン・フランソワの弾く「子供の領分」は、全体的にどこか寂しさを感じさせるような気がするんですが… 「ゴリウォーグのケークウォーク」も、滑稽ながらもなんだか物哀しい感じがするし。
…あれ、「子供の領分」って、もっと可愛らしい曲集だと思ってたのに。だって愛娘のシュウシュウのための曲ですよね。「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」は、つまらない練習曲に辟易しつつ頑張って「やったー、終わったよー!」だし、「象の子守歌」は、夜ベッドの中で女の子と象のぬいぐるみがおしゃべりしてるような可愛い曲ですよね? 「雪は踊っている」は、しんしんと降り続く雪を窓から眺めていて… まあ、この曲は途中で幻想怪奇が入り込んでくる感じはしますが、「ゴリウォーグのケークウォーク」だって、小さな黒人人形のひょうきんな顔とかぎくしゃくした動きが愉快な感じで。幸せな家族の情景が見えてくるような曲集かと思っていたのに。なんだかあと一歩入り込んでしまったみたい。

この「ドビュッシーピアノ集」は3なので、当然1と2もあるんですけど(下左2つ)、今年はサンソン・フランソワ没後40年だそうで、今度こんなボックスが出るんですね。「フランソワ/EMI録音全集」全36枚ですって。すごいなあ。私はそこまでのファンではないので、もしこのセットが手元にあったとしても全部聴ける自信はないんですけど(す、すみません)、サンソン・フランソワの弾くラヴェルのピアノ協奏曲ト長調は聴いてみたいな。だってものすごく似合いそうなんですもん♪(このボックスは2010年10月25日発売予定)
  

*関連記事*
「エチュード」フランソワ



2010年09月10日

レッスン日記38

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags :

次のレッスンは、本当は来週のはずだったんですけど!
ドビュッシーがねえ… 家で練習しててもよく分からなくて、うずうずしてきてしまって… 私の耳も悪いんでしょうけど、うちのピアノだと音がほんとよく分からないんです。グランドとアップライトの違いももちろんあるんですが、音が響きすぎちゃってるというのもあるのかも。先生のところで教えていただいたあの音はこんな感じのタッチだったっけ?と、ほとんどイメージトレーニング状態。しかも前回も前々回もドビュッシーは一応見て頂いてはいるものの、実はほとんど時間切れ状態だったんですね。さすがに消化不良気味…(のみ込みが悪い生徒で申し訳ない)
そこで、いきなりなんですが! 一度ドビュッシーに特化したレッスンをして頂いてもいいですか? とお願いして、今週もレッスンを入れていただくことになりました~。

そしてレッスン。
「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」、じっくり見ていただくと、またしてもダメ出しがいっぱいでした。
まず、最初の音。音を出すことに迷いがあって、そのせいで左右のタイミングがズレやすいので、自分なりにカウントを取ったら思い切って弾き始めること。左手から右手へ、そしてまた左手へと上がって下がる部分は、指だけで弾こうとせずに、もっと腕に体重を乗せて、波が打ち寄せるような感じで。2回目のテーマに入る「un peu retenu」のところは、ゆっくりになりすぎ。右手と左手の交差箇所では、左手の低い音はしっとりと、高い音はキラキラさせる。キラキラした音を出すには、指先に意識を集中してちょっと固めてその一点で素早く打鍵… 私の打鍵は遅すぎるんだそうです。音を置きにいっちゃってる感じ。もっと思い切って打鍵して、指をそのまま前に引っかく感じで。これは終盤の盛り上がる場面も同じ。曲の最後の方の左手のアクセント(VとかΛとか)は、もっと指の付け根の関節をしっかりと固めて(山を作って)打鍵すること。それと、これは全体的にだと思うんだけど、もっと肘を柔らかくして弾くこと。…そんな感じでしょうか。

「手取り足取り」ならぬ「手取り指取り(笑)」教えていただきつつ、何度も何度も弾いたんですが、やっぱりなかなかすぐには上手くいきません…。でもやっぱりグランドピアノだと音が分かる! 自分のいいところも悪いところもハッキリ分かるから弾きやすい!
そして最後に弾いたのが、ようやく先生に満足して頂けるレベルになったようで~。とうとうマルをもらっちゃいましたよ! でもこれは「来週もまた聴かせてね」という条件付きの合格。今回先生に注意された点を踏まえた上で、まだまだ練習しないといけません。でも、嬉しい~♪ …あ、今回はフランスの香りについては何も仰ってませんでしたが、その辺りも依然として課題ですね。

あとは、「子供の領分」の他の曲を1回ずつ弾いて譜読みの間違いがないかチェックしていただきました。音取りは大丈夫だと思っても、リズムの取り方がヤヤコシイのが多いんですよね。これはタイだけどこっちは弾くとか、ここはスタッカートだけど、こっちはノン・レガートとかレガートとか、そういうのも色々と。特に「ゴリウォーグのケークウォーク」は譜読みがちょっと甘かったなあ、と反省。通して弾いた感じでは、先生に見ていただけるレベルなのは「象の子守歌」と「雪は踊っている」かしら。どれもこれも似たり寄ったりの出来栄えですけどね。でも一度見ておいて頂けば、安心して練習できるので嬉しいな。この6曲が全部弾けるようになった頃には、少しはフランスの香りのするような演奏が身につきますように♪

それにしても、1時間のレッスン全てドビュッシー! なんだかものすごく贅沢な気分でした。時間切れになっちゃうのは、いつもレッスンで最後に見ていただくせいだし、それならたまには最初に見て頂けばいいようなものなんですけどね。どうしても気分的にバッハが先になっちゃって。実際、その方が弾きやすい気もするし。今やってるドビュッシーだとそうでもないんですが、指馴らしもなくいきなりショパンのエチュード(特にOp.10-4)だとさすがにツラかったので、その辺りで順番が定着してしまったんですね。あ、それと、実は前々回からハノンも少しずつ見ていただいてるのです。だから尚更時間切れになっちゃうのでした。(ハノンのことはレッスン日記に書き忘れてたので、36と37に簡単に追記しておきました)

ということで、次のレッスンはまた来週です。やっぱり毎週レッスン受けられるのっていいなあ!



Page 2 of 3123
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress