2010年10月10日

調性のイメージ

Category : 楽典覚え書 

私の中の調性のイメージ、長調編。
前回の「和音の機能」の中の「Vはひきしまった男性的な感じで、IVはやさしい女性的な感じ」から発展して、それぞれの調のイメージを言葉と色に表してみました。自分で弾く時はともかくとして、聴く時にはあまり何調だというのを意識していないので(それってダメ?)、かなり限られたイメージとなってしまいうんですが… 調を意識するといえば、まずはバッハのインヴェンションやシンフォニア。そこに含まれてない調の場合、ちょっとイメージが掴みきれてないようなところがありますしね。(結局、バッハで育まれた部分が大きいらしいです・笑)
もちろん「これが絶対」というわけじゃないです。曲によっても、だいぶイメージが変わりますしね。そもそも、その作曲家がその調をどんな感じにとらえていたかというのに、印象は大きく左右されるはず。しかも1つの曲の中で全く転調しない方が珍しいんですものね。転調するたびに、また違った色合いになっていくわけで。

C dur … 明るい白 
  ニュートラルな感じ 
  あっけらかんとした明るさから、時には神々しさを感じさせることも

Cis dur(Des dur) … クリーム色 
  上品な華やかさ、ロマンティックさ

D dur … 黄色 
  輝かしさ、気高さ

Es dur … オレンジ 
  壮麗さ、雄大さ

E dur … 木々の緑 
  暖かさ、のびやかさ

F dur … 草原の緑 
  のどかさ、明るさ、喜ばしさ

Fis dur(Ges dur) … 水色 
  繊細なロマンティック、優美

G dur … 青 
  健康的な明るさ、若さ、日々の幸せ

As dur … 紫がかったピンク 
  しっとりとした大人っぽさ

A dur … 赤 
  明るさ、希望、華やかさ

B dur … 茶色 
  落ち着き、懐の深さ、安心感

H dur(Ces-dur) … ベージュ 
  成熟した優雅さ

んん~、面白いんだけど、やっぱり難しい~。本当は短調についても書こうと思っていたんですが、ここまでで力尽きました。(笑)

長調だけでも12あるわけですが、この中で一番受ける印象の範囲が広いかもしれないなと思ったのはC dur。小さな子が歌うような童謡は大抵C durで、とてもあっけらかんとした単純明快さを持ってることが多いですけど、でも考えてみれば、例えばバッハの平均律の1番のプレリュードも同じC dur。ショパンのエチュードのOp.10-1だってそう。ラヴェルの「ボレロ」も。…うーん、あんまり色んな例は出てきませんが、それぞれに受ける印象がまた全然違いますもんね。作曲家次第でそこに様々な色合いをつけることが可能だという意味でも、やっぱり白かなあって思います。もしかしたら、作曲する時に一番難しいのはC durなのではないかしら。
あとちょっと思ったのは、D durはキリスト教における天上の王(要するに神様ね)、Es durは地上の王の調なのかなあということ。あ、でもそれはとっても限られたイメージ(時代的に?)かもしれないですね。ヘンデルのメサイアのハレルヤコーラス(D dur)のイメージも相当強いかもしれないです。
一番迷ったのはG dur。「空の青」か「木の茶色」、どっちだろう? と未だに悩み続けてます。(笑)

こういう印象って、人によって全然違うんでしょうね。180度正反対!なんてこともあるのかも。という私が書いたこのイメージも、決して固定ではないですしね。新たに違う調の曲を、それと意識して弾くたびに聴くたびに、変わっていくんだろうと思います。(「変わる」というより「広がる」かも) それに、楽器によってもまた感じ方が全然違うのかも。私はピアノでのイメージしか持ってないけど、同じ鍵盤楽器でも平均律でなければ、それぞれの調にもっと強いイメージがありそうです。あと、その楽器の特性を生かした調というのもありますよね。ヴァイオリンならやっぱりD durの曲が多いでしょうし、それは宗教とはまた別の話なわけで。

今回はこんな風に調性のイメージを言葉にしてみましたが、私の中の本当のイメージとしては、音の1つ1つがそれぞれに1つずつの色の糸という感じかも。それらの様々な色合いの音が合わさって、1つの曲で1枚の大きな織物を作り上げてるというイメージの方が近いかもしれません。

Comments (9)

  1. 色音符の影響もあるのかもしれないですよ。

    と、思いました。
    ま、それだとドは赤なんですけどね。
    ともあれ、意外と無意識に見てるものなので、知らないうちにプリンティングされてるのものなのかもしれないです。

    私は、フラット系は女系の親戚、シャープ系は男系の親戚、みたいに感じてます。
    フラット系は、うだうだいってきてもとりあえず聞き流しておけ、
    シャープ系は、理詰めでくるから足元をすくわれないように、って。

    ま、音楽の構築というのは、建築や庭と似てるなと。
    バッハのフランス組曲は、フランスのシンメトリーな庭園で、
    イギリス組曲はイギリス風の庭園っぽいと思って、
    弾いてるんだけど、上手くいかないもんですよ。うむ。

  2. アリア

    色音符? って何なんでしょう??
    子供用の教材とか? そういうのは使ったことないですが…
    あ、もしかして壁に貼ってあるポスターみたいなのとか?
    先生のとこには、コンクールやコンサートのちらしはあるんですけど
    教材ポスターっぽいのはなかったような気がしますー。
    子供の頃に習ってた先生のとこは、普通の応接間な感じだったし…
    すごく一般的なものなのでしょうか。
    無意識のうちに見てるものとなると、やっぱりあったりするのかな?
    ミステリで、制服姿の人間が目撃されないような感じですね。(笑)

    その色音符では、ドが赤なんですね。
    もしかして、他の音符(音階?)の色がほとんど一致してるのでしょうか。
    だとしたら、それもちょっとすごいですねー。

    >フラット系は女系の親戚、シャープ系は男系の親戚

    わー、これ面白いですね。
    私はシャープ系は直線的で、フラット系は婉曲なイメージなんです。
    女系の親戚・男系の親戚とちょっと通じるようなとこもありますね。
    でね、何かあった時にシャープ系は励ましてくれるけど
    フラット系は慰めてくれるような、そんな感じ。
    檀さんのイメージだと、シャープ系は無視すると後が面倒?(笑)
    色んなイメージがあって面白いですね。

    フランス庭園とイギリス庭園も、ほんとそんな感じですね。
    自分で構築するとなると、フランス庭園の方が作りやすいかもですね。
    イギリスのお庭ってもっと曖昧だからなあ。
    センス一つでどうにでも左右されそうなとこが難しそうですね。

  3. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    ご存知かもしれませんが、鎌倉スイス日記さんのブログで、”音楽作品分析 -01. ブラームスの2つのラプソディー Op.79 (1879) 第1番”という記事が出てました。
    http://suisse.exblog.jp/15304252/#15304252_1

    作曲家の方なので内容は正確ですし、調性の変化とかわかりやすく書かれてます。
    時々こういう作品分析が記事になってますし、普通の記事でもちょっとした分析が載っていたりします。
    専門家のこういう解説があると、聴く/弾く時にも参考になって良いですね。
    シリーズものとして連載してくれないかなあ..なんて期待してしまいます。

  4. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。

    鎌倉スイス日記さんのブログ、全然知りませんでしたー。
    本職の作曲家の方による楽曲分析とは、なんとありがたい…!

    ブラームスの分析、まだざっと読んだ程度なんですけど
    まさにこういう勉強がしたいと思ってるので、興味津々です。
    やっぱり作曲の方向から楽曲を勉強するのっていいなあ…
    そのためにも、まずは基礎的なことをきちんと勉強しなくては、ですが。

    教えて下さってありがとうございます。
    ブラームスも、他の記事も、遡りつつ拝見していきたいと思います。
    ほんと弾く時にも聴く時にも勉強になりますね!
    ぜひシリーズ化していただきたいです。

  5. yoshimi

    アリサさん、こんにちは。

    鎌倉スイス日記さんは、記事数が膨大なのに、検索BOXを設定されていないので、目的の過去記事を探すにはちょっと不便ですね。

    以前読んだことがある記事を思い出しました。
    それもドビュッシーの作品分析となかなかタイムリー。
    ご参考にどうぞ。

    「沈める寺」の主観的分析
    http://suisse.exblog.jp/2141876/

    亜麻色の髪の乙女の主観的分析
    http://suisse.exblog.jp/2148710/

  6. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。

    わあ、またまたありがとうございます。
    検索ボックスもないし、カテゴリ分けもされてないようなので
    これは1つずつ辿るしかないなあと思っていたんです。
    頻繁に更新されているようなので、過去記事はきっと膨大ですよね…。(笑)
    ドビュッシーの分析、嬉しいです。早速見てみますね♪

    そうそう、今度アンデルジェフスキのシューマンが出るそうですね。
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/3931255/
    肝心な内容は全然書かれてないので分からないのですが…
    (Piano Worksというタイトルだし、独奏だとは思うんですけど)
    今CDになってるのは、カーネギーホールの「ウィーン謝肉祭の道化」だけですよね。
    となると、You Tubeにあったフモレスケとか…
    もしかしたら以前yoshimiさんに教えて頂いたカノンかも?!
    楽しみです。^^

  7. アリア

    追記です。
    アンデルジェフスキには、公式サイトがあったんですね。
    そこに情報が載ってました。
    http://www.anderszewski.net/news/index.cfm
    フモレスケと、ペダルピアノのための練習曲(6つのカノン風小品)と暁の歌ですって。
    11月22日発売です♪

  8. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    鎌倉スイス日記さんのブログを検索するときは、”鎌倉スイス日記×目的のキーワード”を掛け合わせて、インターネット検索で探してます。
    モバイル用の検索BOXはあるのですが、主に過去1年くらいの記事がヒットしているようです。たまに古い記事もヒットします(なぜだだろう?)
    あまり役に立ちそうにないですね。
    http://mblog.excite.co.jp/user/suisse/?_s=1b00b2259e09d6ef87bda99eef989777

    アンデルジェフスキの新譜、HMVの情報で知っていたのですが、曲目がわからないなあと思ってました。
    どうもありがとうございます。
    「ペダルピアノのための練習曲」と「暁の歌」はライブ放送を録音しているので、持っていないのは「フモレスケ」だけになりますね。「フモレスケ」は誰の演奏でも聴いたことがないはず。
    予約するときはたいていamazonで買うんですが、まだ新譜情報が載っていなくて、HMVはいつも情報は速いですね。

  9. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。

    へええ、モバイル用のサイトもあるんですねえ。
    あ、今は大抵のブログはモバイル対応なのかしら。
    でもその検索ボックスが役に立たないようでは仕方ないですね。
    きっとエキサイトブログの方で何かバグがあるんでしょう。
    ブログ名とキーワードで普通の検索するの、いい考えですね!
    私も今度からそうしてみます。

    アンデルジェフスキの、やっぱりyoshimiさんはご存じでしたね。
    ほんとHMVは情報が速いですねー。
    アマゾンは日本もアメリカもイギリスも他の所もダメでしたよ。
    もっとも、どうせ載せるなら詳細なデータも欲しいところですが~。(笑)

    「ペダルピアノの練習曲」は、ウェブラジオでも十分綺麗な音でしたが
    CDに収録となると、やっぱり嬉しいですね。
    これをピアノで弾いて録音してる人、ほとんどいないし…
    あまり多くないといえば「暁の歌」もそうですね。
    全然ないわけではないけれど。(ポリーニ盤もあるし)
    「フモレスケ」の方は、そんなに珍しいことはないんですが
    You Tubeでアンデルジェフスキの演奏を聴いたことがなかったので
    こちらもとても楽しみです~。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress