2010年10月10日

調性のイメージ

Category : 楽典覚え書 | Comments (9)  

私の中の調性のイメージ、長調編。
前回の「和音の機能」の中の「Vはひきしまった男性的な感じで、IVはやさしい女性的な感じ」から発展して、それぞれの調のイメージを言葉と色に表してみました。自分で弾く時はともかくとして、聴く時にはあまり何調だというのを意識していないので(それってダメ?)、かなり限られたイメージとなってしまいうんですが… 調を意識するといえば、まずはバッハのインヴェンションやシンフォニア。そこに含まれてない調の場合、ちょっとイメージが掴みきれてないようなところがありますしね。(結局、バッハで育まれた部分が大きいらしいです・笑)
もちろん「これが絶対」というわけじゃないです。曲によっても、だいぶイメージが変わりますしね。そもそも、その作曲家がその調をどんな感じにとらえていたかというのに、印象は大きく左右されるはず。しかも1つの曲の中で全く転調しない方が珍しいんですものね。転調するたびに、また違った色合いになっていくわけで。

C dur … 明るい白 
  ニュートラルな感じ 
  あっけらかんとした明るさから、時には神々しさを感じさせることも

Cis dur(Des dur) … クリーム色 
  上品な華やかさ、ロマンティックさ

D dur … 黄色 
  輝かしさ、気高さ

Es dur … オレンジ 
  壮麗さ、雄大さ

E dur … 木々の緑 
  暖かさ、のびやかさ

F dur … 草原の緑 
  のどかさ、明るさ、喜ばしさ

Fis dur(Ges dur) … 水色 
  繊細なロマンティック、優美

G dur … 青 
  健康的な明るさ、若さ、日々の幸せ

As dur … 紫がかったピンク 
  しっとりとした大人っぽさ

A dur … 赤 
  明るさ、希望、華やかさ

B dur … 茶色 
  落ち着き、懐の深さ、安心感

H dur(Ces-dur) … ベージュ 
  成熟した優雅さ

んん~、面白いんだけど、やっぱり難しい~。本当は短調についても書こうと思っていたんですが、ここまでで力尽きました。(笑)

長調だけでも12あるわけですが、この中で一番受ける印象の範囲が広いかもしれないなと思ったのはC dur。小さな子が歌うような童謡は大抵C durで、とてもあっけらかんとした単純明快さを持ってることが多いですけど、でも考えてみれば、例えばバッハの平均律の1番のプレリュードも同じC dur。ショパンのエチュードのOp.10-1だってそう。ラヴェルの「ボレロ」も。…うーん、あんまり色んな例は出てきませんが、それぞれに受ける印象がまた全然違いますもんね。作曲家次第でそこに様々な色合いをつけることが可能だという意味でも、やっぱり白かなあって思います。もしかしたら、作曲する時に一番難しいのはC durなのではないかしら。
あとちょっと思ったのは、D durはキリスト教における天上の王(要するに神様ね)、Es durは地上の王の調なのかなあということ。あ、でもそれはとっても限られたイメージ(時代的に?)かもしれないですね。ヘンデルのメサイアのハレルヤコーラス(D dur)のイメージも相当強いかもしれないです。
一番迷ったのはG dur。「空の青」か「木の茶色」、どっちだろう? と未だに悩み続けてます。(笑)

こういう印象って、人によって全然違うんでしょうね。180度正反対!なんてこともあるのかも。という私が書いたこのイメージも、決して固定ではないですしね。新たに違う調の曲を、それと意識して弾くたびに聴くたびに、変わっていくんだろうと思います。(「変わる」というより「広がる」かも) それに、楽器によってもまた感じ方が全然違うのかも。私はピアノでのイメージしか持ってないけど、同じ鍵盤楽器でも平均律でなければ、それぞれの調にもっと強いイメージがありそうです。あと、その楽器の特性を生かした調というのもありますよね。ヴァイオリンならやっぱりD durの曲が多いでしょうし、それは宗教とはまた別の話なわけで。

今回はこんな風に調性のイメージを言葉にしてみましたが、私の中の本当のイメージとしては、音の1つ1つがそれぞれに1つずつの色の糸という感じかも。それらの様々な色合いの音が合わさって、1つの曲で1枚の大きな織物を作り上げてるというイメージの方が近いかもしれません。



2010年10月07日

和音の機能

Category : 楽典覚え書 | Comments (2)  

前回の続きです。前回は属七和音と減七和音と基本的な和音についてやったので、今回はそれ以外の和音について。なんで楽典を勉強するかといえば、結局のところ、アナリーゼができるようになりたいというのが一番大きいんですよね。なので、和声の基本となる和音に関する知識は欠かせません。

*****

 
和音の基本形…根音を最低音にした和音
 第1転回形…第3音を最低音にした和音
 第2転回形…第5音を最低音にした和音
 第3転回形…第7音を最低音にした和音

 転回形について書き表す時は、1や2、3といった数字をI~VIIの右上に小さく書く。
 基本形については何も記さない。

和音の重複…1つの和音の中で同じ音を2つ以上使用すること。
      根音を重複することが最も多い。
      同じ音度の音がいくつもあっても、それは1つとみなす。
和音の省略…和音の構成音の中のある音を省くこと。
      第5音を省略することが多い。

 和音の重複や省略によって、和音の性質や働きが変わることはない。
 導音は主音を支える重要な音であり、個性の強い音なので重複も省略もできない。

主要三和音の機能
 トニック…Tonic(英)
  I度和音(主和音)はあらゆる和音の中で最も安定した感じであるため
  曲の始めと終わりには必ずI度和音が使われる。
  どの和音にも進むことができる機能を、トニック機能という。
  副和音の中ではVI度もほぼ同じ機能を持つが、I度に比べると安定性は劣る。

 ドミナント…Dominant(英)
  V度和音(属和音)は不安定な状態なため、主和音(T)に進もうとする。
  属7の和音の場合は、さらにその性質が強くなる。
  この機能のことをドミナント機能という。
  I度和音がV度和音へ、そしてまたI度和音へというのが和声の基本的な原理。
  副和音の中では、VII度が属七の和音とほぼ同じ機能を持つ。

 サブドミナント…Subdominant(英)
  IV度和音(下属和音)も、V度同様不安定な状態であり
  主和音(T)、もしくは属和音(D)に進もうとする。
  この機能をサブドミナント機能という。
  副三和音の中ではII度がほぼ同じ機能を持つ。

 VもIVも不安定という意味では同じだが、その印象はだいぶ違う。
 Vは「ひきしまった男性的な感じ」、IVは「やさしい女性的な感じ」となる。

*****

 
この最後の、Vは「ひきしまった男性的な感じ」で、IVは「やさしい女性的な感じ」というのが面白いです。確かに、例えばC durの時のV(ソシレ)は明るくて健康的な外向きのイメージだし、IV(ファラド)は、もっと優しくて柔らかい感じがしますもんね。そういうのと関連して、調によって受けるイメージが違うとか、それぞれの調にイメージカラーがあるとか、そういう話も大好き。ちょっと前にどこかで面白いのを読んだんだけど… あれは何だったかしら。(うわーん、忘れちゃったよー)

次回は和声の進行についてやろうと思います。
でもね、この記事を書きながら、ふと面倒なことに気付いてしまいました… ブログでやろうとしても、きちんとした記号が書けないんですね。本当はローマ数字の右上とか右下とか上とかに数字やら何やら書かなくちゃいけないのに、それができません。右上はどの転回形なのか数字を書くだけなので省略するとして…(基本形の時は何も書かないわけだし) 右に数字を書く時は、全部右下の数字と思ってもらうことにして。(出てくる数字もあるんだけど、どうせ機種依存文字ですしねえ。それに右上・右下2つの数字を綺麗に入れるのはさすがに無理そう) 問題は上。確か借用和音の場合は、上にローマ数字を小さく書くんですよね。これはどうすれば? どんな風に表記すれば分かりやすいか考えておかなくちゃ。
というか、ブログではできないことが他にもいっぱいありそうですね… あらあらあら。



2010年10月01日

レッスン日記40

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。昨日は肌寒いぐらいだったのに、今日はいいお天気で暑いぐらい!

まずハノンは42番と43番の「減7の和音・属7の和音のアルペジオ」と、47番「4つの同音の連続」。アルペジオはともかくとして、「4つの同音の連続」は、家のアップライトピアノと先生のグランドとの違いがすごく心配だったんです。グランドの方が素早い連打はやりやすいけど、キーの重さが違いますしね。わずか10gの違いだし、普通に弾いてる分には全然分からないぐらいなのに、こういう細かい動きの時にその10gの違いを思い知らされちゃうから。
でも実際に弾いてみたら、心配したほどではなかったかな。普通に連打できました。先生がメトロノームで計ってらっしゃらなかったので、いくつぐらいだったのか分かりませんが、特に何も問題なく合格。そして42番と43番も合格。ということで、次の課題は48番の「手首の練習」と、早くもスケールとアルペジオが! 39番の「音階」と41番の「アルペジオ」、まずはハ長調とイ短調です。48番の弾き方と手首に関する注意をうけて、合わせて脱力のことについても一通り復習させていただきました。

バッハのシンフォニアは5番。こちらもグランドピアノではどうなるのかすごく心配だった曲。前回のレッスンの時は、家で練習してる時は装飾音符が綺麗に入ってたのに、あまりいい感じで弾けなかったんですよね。シンフォニアはインヴェンションに比べて装飾音符が少ないし(トリルが続くのなんて3番ぐらい?)、ここまでは無難にこなしてきたわけですが、ここまで派手に装飾音符が入ってたらごまかしはきかないですしね…。こういうキーの重さの違いには、どうやって備えればいいんだろう? よく分からないので、とりあえずトリルやターンの箇所をいつも以上に丁寧に繰り返して練習してみたんですが。…それが功を奏したのか、レッスンの時は心配したほどではなく比較的ちゃんと弾けました。

「でも、なんか真面目すぎる… うーん… そう、まるで風紀委員みたいな感じ!」ですってー。
確かに、なかなか「曲」にならないなあ、困ったなあと思ってはいたんですけど、風紀委員って!!(笑)

注意点としては… 付点八分音符とか長めの音は直線的な音ではなく、ぐるっと回ってから戻ってくるような音で弾くこと。そして小節の最後と次の小節の最初が同じ音の時に全く同じ弾き方になっていて、しかもどちらも下がっちゃってるからダメ。前の小節の最後の音はもっと上へ、次の小節の最初の音は下へ。最後の音でボールを投げ上げて、次の小節の最初の音でふわっと受け止めるという意識で。アウフタクトと同じことなんだから!とのことでした。
…そうか、そこが足りなかったのか。と思いつつ、その場でちゃんと直せるほど器用ではないので、5番はもう1回です。
あ、でも次回からはとうとう「イタリア協奏曲」も始まります。どのぐらいノンレガートにしたらいいのかイマイチ分からなかったので、その辺りを先にちょっぴり教えていただきました。そしたら、冒頭の部分を先生が弾いて下さって~。ああ、やっぱりいい曲! すんごい素敵! この曲が練習できるなんて、ほんと嬉しいなあ。

最後はドビュッシー。まず「雪は踊っている」。
今回から早くもペダルをつけることになったんですが、家で実際にペダルを踏んでみて、その美しさにうっとりしてたんです。あ、自分の演奏に「うっとり」なのではなくて、ドビュッシーの音の綺麗さに「うっとり」ですけどね。(当たり前か) なんかね、ペダルを踏んだ瞬間にぱあっと目の前に一面の銀世界が広がったような… もう、いきなり目の前に雪の女王のお城が立っていた! ぐらいの衝撃だったんですよー。(なんだソレは) それまでは静かに降りしきる雪しか見えてなかったのに、一瞬のうちに世界が変わったんです。ペダル1つでこんなに色彩感が変わるなんてー! なんだかもう感動しちゃいました。(と、2週間経ってもまだ弾くたびに感動している私・笑) 本を読んでて頭の中がその情景でいっぱいになることはよくあるんですけど、ピアノを弾いてる時にこんなに鮮やかに情景が広がるのは初めてかも。元々、目の前でどんどん物語が展開していく感じの曲ではあるんですが。
私が使ってるのは音楽之友社の安川加寿子校訂版の楽譜で、ペダルの踏み方はほぼその指示通り。先日、安川加寿子版はペダルの使い方がやや古いように思えるという記事を見かけたんです。そこには、今は「雪は踊っている」の冒頭からペダルを踏むピアニストが多いし、浅く踏んだ方がいいのではないかという意味合いのことが書かれていたんですが、個人的にはこの安川加寿子さんのペダリングが丁度いい感じ。冒頭のペダルがないからこそ、最初にペダルを踏む箇所で衝撃的な「うっとり」を体感したわけですしね。まあ、基本的にペダルを踏むのは下手だし、控えめな方が向いてるというのもありますが~。(気持ち的にも、あまりペダルに頼りすぎたくないのです… 指への意識が希薄になってしまいそうなので)

「雪は踊っている」の注意点は、右手が三連符の所は確かに連打してるうちに大きくなるんだけど、全体的にもっと静かに。その後の左手にメロディが出てくるところは、左手ははっきり、右手は鍵盤から指を離さずに、鍵盤が上がりきらないぐらいのところでソラソラソラ…と静かに弾くこと。ぐらいかな。あまり注意はされなかったんですけど、全体的な出来栄えとしてはあと一歩だそうで、もう1回。
「象の子守歌」の方は、前回は最初の1音で終わってしまったんですが(笑)、今回も5小節目までで終わっちゃいました。確かに拍としては今弾いてる通りなんだけど、縦線を感じさせすぎ! ここは象が鼻を揺らしてる感じで、もっと横の流れを大切に。pだけど、腕の重みを使ってゆったりとした音を出すこと。(特に2音目) 次回は1ページ目の最後まで進むでしょうか。(笑)

今日、レッスンの途中でいきなり「すごいねえ」と言われてびっくり。何のことかと思ったら、「色々大変なのに毎日コンスタントに練習してて偉いよねえ」ですって。「えっ、そんなの分かるんですか」「そりゃあ、音を聴いてれば分かるわよ~。最近しっかりしたいい音になってきたし」 …わあ、褒められちゃったよ! 実はちょっと前にも隣のおうちの方に「前とは音が変わってきたような気がする」って言われたところなんです。「私はピアノなんてやったことないし、娘もやらなかったから詳しいことはよく分からないけど、なんだかいい音になったなあって思うのよ」って。その時はそれほど気にせず「わあ、本当ですか? ありがとうございます♪」とお礼を言っただけだったんですけど、先生にも言われたということは、本当に音が変わった(しかもいい方に!)ってことなんですね。嬉しいなあ。(まあ、2年前に再開した頃は、先生に聴かれるのも恥ずかしいぐらいの細っこくてへにゃへにゃの酷い音でしたけどね・笑)

お隣のその方は、ご自分では楽器は何もされないんですけど、音楽は大好きなんだそう。うちのお向かいのおうちの方はまた違う楽器をされてるし、「どちらの音も聞こえてくるだけで楽しいのよ」なんて仰っていただけて、もう本当に感謝感謝。あと、うちの裏のおうちの方とは挨拶程度のお付き合いなんですが、おうちにグランドピアノがあって、以前教えてらしたこともあったらしいです。今はほとんど弾いてらっしゃらないんですが、たまに聞こえてくるんですよね。私が普段弾いたり聴いたりするようなのとはまた全然違う雰囲気の曲。あれは何なんだろう… 今度お会いしたら聞いてみようと思いつつそのままになってますが、とても素敵。もちろん音が聞こえるだけで嫌って方もいらっしゃるとは思うので十分気は使ってるつもりですが、音楽的にはなかなか恵まれた環境です♪



Page 2 of 212
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress