2010年11月19日

レッスン日記44

Category : レッスン日記 | Comments (8)  
Tags : , ,

最近めっきり寒くなってきて、ピアノの練習が滞り中… 部屋は暖めてるんですけど、ピアノの蓋も開けてストーブつけてるんですけど、なかなか暖まってくれません。ピアノって冷たい… 弾いてるとだんだんピアノの鍵盤の冷たさが指先から入り込んできて、体中が寒くなっちゃう。指も全然回ってくれない! 去年の冬はどうしてたのかなあ。こんなに寒くなってたっけ。まだ11月の寒さだから、そんなに大したことないはずなのに。この分じゃあ1月2月が思いやられるな。
というのはともかく。
最近のレッスンは1つの曲の特化レッスンになりがちでしたが、今日は全部の曲を見ていただけました。久しぶりです♪

まずハノン。
48の「手首の練習」。上の音を出そうと心がけるあまり(?)全体にちょっとボケた音になってしまってたので(これは自覚してたんだけど、丁度いい頃合いがよく分からなかった)、「もっとクッキリした音で弾いていいのよ」と言われてしまいました。3度では右手の薬指、6度では右手の小指で鍵盤を引っかくようにすること。手首がまだちょっと硬いので、ピアノのところに立って手をだらんと下ろして、手の甲でピアノをコンコンする練習(前回教わった)をもっとすること。とはいえ一応合格。3度よりも6度の方があっさりオッケーになったし、自分でもいい出来だと思ったんだけど、どこが違うんだろう?(使う指は当然違うんだけど)
49の「1-4、2-5間を広げる練習」は48よりもずっといい感じで力を抜いて弾けて、こっちはあっさり合格。
あと39のスケールと41のアルペジオは、ヘ長調(F dur)と二短調(d moll)。スケールの拍子の頭がアクセントのようになってしまっているので、それをもっと控えめにして滑らかに弾くこと。最後の2分音符を不必要に延ばさずに、きちんと2分音符で切ること。という注意がありつつ合格。
本当は、先日ペンネさんのメルマガにあった「出だし(前半)は左手に重心を置き、山を登るにつれて徐々に重心を右に移し、峠を越したら、山を下るにつれてまた徐々に重心を左手に移していく」というのを家でずっと練習してたんですけど! 先生の所ではあんまり上手くいきませんでした。残念ー。ピアノが変わるとできなくなっちゃうというのは、まだまだ練習不足というわけですね。次回こそ!
次は50の「3度をレガートに弾く練習」、スケールとアルペジオは変ロ長調(B dur)とト短調(g moll)です。

ドビュッシーは、まず「象の子守歌」。
これはいつペダルと言われてもいいように家でも時々ペダルの練習をしてたんですけど(ペダルすごく苦手なので)、今日教室で実際踏んでみると、自分の家のピアノと音が違いすぎて戸惑ってしまいました。なんか変!と思っても、あれあれあれと思う間に曲はどんどん進んでいっちゃうし。もう弾くだけで必死必死。
でも出来はそれほど酷くなかったようで、それほど注意はありませんでした。(それとも諦められてしまったなんてこともある?) 中間部の動きが大きくなってから両手が重なる辺り(47小節目から)の練習がちょっと足りないと言われたけど、そのぐらい。あと、そうだ、出だしのところの指の使い方もやりました。同じ「指のはらで弾く」でも、音が平らになってしまわないように、きちんと音が立ち上がって歌ってくれる使い方。でも「ファ~レ~」の所はたっぷり歌わせても、続く「ファソドレファ」の所まで同じようにたっぷり歌わせるとしつこくなってしまうので、「ファソドレ」はあっさり目に。
「中間部は家で復習してね!」とは言われましたが、この曲は合格です。

そして「人形へのセレナード」も1回聴いていただきました。この曲はこの組曲で一番難しいと仰ってたので、またものすごーく時間がかかっちゃうのかもー。今日の注意点としては、「人形」なのでもっと可愛らしく、アルペジオになるところはギターを意識して、というその2点。

最後は「イタリア協奏曲」。
実際に弾き始めてから、ああ、もっとドビュッシーからの切り替えをちゃんとするんだったー。失敗したーっ!と思ってしまったんですが、その最初の1回で「良かったわよ~」褒められちゃいました! 「バッハ、合ってるよね。バッハが好き!って音がする」というのは実際どういう音なのかよく分かりませんが(笑)、でもめっちゃ嬉しい♪
家では、テーマの部分と右手のトリルが続く部分を重点的に練習したんです。テーマはもっと輝かしく、そして縦だけでなく横のラインも感じられるように。右手のトリルが続く部分は、左手のメロディがちょっとでこぼこしてるように感じてたので、もっとチェロっぽく滑らかに艶やかに弾けるように。(そして右手のトリルもバタバタしないように!) それもなんとか上手くいきました。先生が横で乗って下さってると、とっても弾きやすい~。最後の1回は、先生の取るテンポが相当速かったので、ついていくのが大変だったんですけどね。この曲、家でメトロノームをかける時はいつも66にしてたんですけど、というか、ほとんどずーーーっと66で練習し続けてたんですけど、この間気が付いたら84で弾けるようになってたんです。でも今日の最後の1回はそれよりも速かったはず。なんとか弾き切ることができてよかったわー。ということで、これも合格。次回は第2楽章です。

なんと、今日弾いたのは全部合格! すごい! 明日は大雪決定?!
って感じですが。嬉しい嬉しい、まるで誕生日とクリスマスとお正月が一緒に来たみたい!(大げさ)
(追記:すみません、全部って書きましたが、「人形へのセレナード」はまだでした…)
次のレッスンは2週間後です。



2010年11月09日

アラベスクの情景

Category : 音楽的徒然 | Comments (2)  

日頃ドビュッシーの「子供の領分」を練習する時、時間と気持ちに余裕があればアラベスクの1番と2番も弾くようにしています。理由は単純、同じ本に入ってるから。私は安川加寿子さん校註の楽譜を使ってるんですが、「ドビュッシーピアノ曲集」の第1巻は「子供の領分」と「アラベスク」2曲なのです。
アラベスクは2曲とも中学の頃のレッスンでやったことがあるので、その復習でもあるんですが、これがなかなか綺麗に弾けないんですよねえ。1番の方は友達が好きで何度も弾いてあげてたので、かなり覚えてたんですが、指が滑りやすい… ドビュッシーの曲ってどうしてこう滑りやすいのかな。最近ほとんど分からない程度になってきたんですが、まだまだ油断大敵。そして2番。私自身は中学の頃1番よりも2番の方が好きだったんですが、2番は本当にレッスンの間しか弾かなかったので、あっという間に弾けなくなってしまい… 今もまだまだぎこちないです。(悲)

アラベスク(arabesque)といえば、「アラビアの」「アラビア風の」という意味のフランス語。そしてもっと一般的には、アラビア風の装飾文様のことですね。イスラム教において偶像崇拝が禁止されていたことから、具象的な模様を描くことも禁止され、そのためにあのような抽象的な模様が生み出されて盛んに使われるようになったのだそう。(キリスト教だって同じように偶像崇拝禁止のはずなのにねえ)
模様には、大別して幾何学文様、植物文様、組み紐文様、文字文様があるようなのですが、やっぱり一番印象に残るのは植物を元にした文様でしょうか。例えばこんなの。そもそも「アラベスク」の日本語訳だって「唐草模様」ですものね。

 

ドビュッシーの「アラベスク」という曲に対して、中学の頃の私は多分、あの装飾的なメロディに由来する題名だと理解してたと思うんです。そして無意識にでもイメージしていたのは、やっぱり植物文様だったんじゃないかと…。当時はあんまりそういうのは考えてなくて、ただ音符通り弾いてただけだと思うんですけどね。でも例えば葡萄を図案化したものなんかは小さい頃から大好きだったので、多分その辺りのイメージに繋がっていたのではないかと思います。

でもね、先日アラベスクの1番を練習していて、はたと気づきました。これって植物じゃないじゃん! そうそう、違う! 植物というより、むしろ水。この曲のイメージって水じゃないですか? 右手はともかくとして、左手はずっと水だと思うんです。水の中の深いところから水面まで深さは色々だけど、とにかく水、水、水。右手は左手をうけて水になることもあるし… でも風になったり光になったり、影をさしかけてみたり。

冒頭の有名なメロディ。あの2小節は水だと思うんですね。右手も左手もゆらゆらと煌めく水。この時の水面はとても滑らか。続く3小節もまだ水。水面はまだ静かですが、最初の2小節に比べるともう少し動きがあって… その動きの余韻を感じたりします。そして左手の八分音符2つごとに右手が三連符はいるところは風。爽やかな風がさあっと吹いてきて水面が乱されるんです。右手が三連符になるところは基本的に全部風のような気がしますね。風は少しずつ強くなって、それと共に少しずつクレッシェンド。そして少しゆっくりになり、17小節目で冒頭と同じメロディに戻って、元の静かな水面に戻ります。ここの右手の「ラーソーファーミー」は水面に差し込む光かなあ。その後も木漏れ日がちらちらして、時々木の葉が水面に落ちて水紋が広がってみたり…? そして26小節目、元のテンポに戻るところではすこし影がさすんです。その影の下で、水は深いところから揺り動かされて水面にはさざ波が… そんなこんなで、第1部終了。
39小節目からの第2部では… うーん、ここは何でしょうね。ここのイメージがまだちゃんと確立してないんですが(私が一番好きなのはこの部分なのに!) 少し曲調が暗くなって、本格的に影が差してる感じがします。太陽がかげったのでしょう。そうなると吹いてくる風もどことなく冷たく感じられるもので。でも47小節目辺り、まだまだもやっとした中にまたほんの少しずつ光がさしはじめます。…でも、63小節目から70小節目までの転調する辺り、ここはよく分からないんですよね。ここは何なんだろう?
そして71小節目で第3部に入り、また元の情景へと戻ります。空も明るくなり、風もそよやか。第1部の何もなかった時と完全に一緒ってわけにはいかないんですけどね。そして最後は水紋が広がりつつ曲が終わります。

色々想像してた割に実際に文字にしてみるとまだまだ穴だらけでしたが(汗)、こんな感じでしょうか。穴があいてる部分とか、何かいいイメージがありますかね? あ、もちろん「水」以外でも、コレというイメージをお持ちの方がいらしたら、ぜひ教えてくださーい。
この「水」のイメージ、弾きながら色々考えていた時は小さな泉のようなイメージだったんですが、流れていく川でもいいかもしれないですね。というか、そっちの方がイメージに合うかしら? いずれにせよ、そんなことをイメージしながら弾いてると、今までの表現方法とはまた色々と変わってくるような気がします。もっともそのイメージが実際に出す音に結びついてるかどうかはまた別問題なんですが。(あらら)

同じアラベスクでも、2番の方はオーケストラですよね。というのは私が自分で気がついたのではなくて、青柳いづみこさんの「指先から感じるドビュッシー」にあってなるほどと納得したのですが。そう思って弾いてると、とっても楽しい!(元々好きな曲なので尚更ですね)

あとね、「子供の領分」の「象の子守歌」は、弾くたびに「ぐるんぱのようちえん」の絵が頭に浮かぶんです。私が曲の中に感じるストーリーはまたちょっと違うので、「ぐるんぱ」は絵だけなんですけどね。気が向いたら、そちらもいずれ記事にするかも。

堀内誠一さんのあったかい絵が大好き。子供の頃の本、まだ持ってます→



2010年11月05日

レッスン日記43

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags :

先週もレッスン、今週もレッスン。週半ばで体調を崩していたので、少し練習不足。せっかく間を置かないでレッスンなのに、あまり進歩がないなあ… とちょっと心配になりつつ。でも考えてみたら、毎週来る生徒さんの方が多いんだから、先生は慣れてるんですよね。練習が全くのゼロだったわけじゃないんだから、心配無用だ!(と、自分に言い聞かせてみる)

さて、先週のレッスンはドビュッシーがメインだったんですが… なんだか私にはハードルが高すぎて心がほとんど折れてしまっていたので(家で練習してたら本当に涙が出てきたよ)、今週はバッハから始めてみました。結果的には見事にバッハだけのレッスンに! 「イタリア協奏曲」を1時間強弾いただけで終わってしまいました。でもドビュッシーと違うのは、バッハならどんなにいろんなことを言われても(そして言われたことがなかなか上手くできなくても)私の心は簡単には折れないよ!というところ。(まあ、ドビュッシーの時に比べたら、言われたことは遥かに分かりやすかったんですが)

最初のフレーズからして突っ込みが入りまくってたのは、ドビュッシー同様なんですけどね。
右手は1音目からそりゃもう細かく注意されました。音の微妙な長さや明るさ。和音は一番上の音をきちんと出すこと。縦のラインの方が強くなってしまっているので、もっと横のラインを感じてフレーズ全体が1まとまりになるように弾くこと。テーマのところが終わって音量を微妙に下げるのはいいけれど、オケ全体の演奏からソロへと移ったような感じなので、音量は下げてもテンションまでは下げない。15小節目から24小節目まではもっと右手は柔らかく、左手はクリアなしっかりした音で。その後は右手をしっかり、28小節目ではたっぷり、30小節の最初まで一気に弾くこと。
52小節目から再びテーマに入るところは、左手もしっかり弾くんだけど、メインはあくまでも右手で。61小節目からの右手はゼクエンツ。「f」「mf」「mp」、そして「p」へ。69小節目の最初の音で一度終わって、新たに始める。75小節目からは左手がゼクエンツで、「mf」「f」「ff」。85小節目からクレッシェンドして87・88小節目でたっぷり、89小節目の左手はカデンツなのでしっかり弾くこと。99小節辺りの左手はチェロのイメージ、右手はヴァイオリンのイメージ。
3回目のテーマは「f」なんだけど、音がキーンとしないように。続く和音の部分は一番上の音をしっかり出して、左手は控えめに。左手が前に出るのは右がトリルに入ってから。この辺りの左手はチェロ。157小節目からも、右手がヴァイオリンで左手がチェロ。最後の和音もバランスに気をつけて。「ジャーン!」と終わると子供っぽくなるので、もう少ししっとりと収める。

和音の一番上の音を出す、というのは、先生も仰ってたけど、私が子供の頃には言われたことがなかったこと。今の子は普通に言われてるんでしょうけどね。そういうのが他にも色々とありますね。そもそも「脱力」なんて言葉も私が子供の頃にはなかったわけだし。もちろん今も昔もピアノの先生はいろいろだと思いますが、現在常識とされてることでも、当時は全然というのが本当に沢山あって、しかも今は当然知ってるものだと思われてスルーされてる部分も多くて、大人の再開組って不利だなあと思ってしまいます。まあ、1つずつ知って勉強していくしかないんだけど。
ええと、ゼグエンツは他にもいっぱいあると思うんだけど、言われた箇所以外は一応できてるということでいいのかな。それにしても、似たような注意が何度も何度もー。先生、同じことばかり言わせてしまってごめんなさい。ああ、もっと1つ1つのフレーズを取り出して丁寧に練習しなきゃ。でも今回のレッスンで何か掴めた気がします!

で、そんなに沢山注意点があるというのに、先生ったら
「ちゃんと弾けてるし、もう○をあげてもいいぐらいなんだけど」

せせせせせんせい、ドビュッシーの時のあの厳しさはどこに!? このレベルで○はあり得ないですよ…
ということで、まだまだもっとしっかりと突っ込みを入れていただくことになりました。
私としては、ドビュッシーよりもバッハで厳しくして頂くほうがありがたいんですが、先生は学生時代バッハが嫌いだったそうなんですよね。そういうのも関係あるのかしら。私がバッハ好きってよくご存じなのになー。今は先生もバッハはお好きだそうだし、他の生徒さんもバッハは必ずやってるようだし、私もきちんとレッスンして頂いてますが!

でもやっぱりレッスンで大好きな曲をやるのって重要ですね。大好きな曲なら普段の練習にも力が入るし、多少のハードルは乗り越えられますもん。(無謀な挑戦は除いて) いえ、ドビュッシーも好きなんですけどね… 先生、ドビュッシーには格別の思い入れがあるのかな。そういえばショパンのエチュードをレッスンで初めてやった日も「先生、力が入ってるなあ!」と思ったんですけど、ドビュッシーだと本気モード。怖いですっ。(やはり私のレベルが低すぎるせいなのでしょう)

1時間のレッスンの中でバッハもドビュッシーもハノンもというのは、やっぱりなかなか難しいですね。ほとんど仕上がっていて通して聞いていただくだけならともかく、突っ込みどころがありすぎて時間が全然足りませんー。でもそうか、こうやって毎週違う本からスタートすればいいんだな。と、やっと分かりました、私。次回はハノンからスタートすることにしよう。

次回のレッスンは2週間後です。



2010年11月01日

「イタリア協奏曲」コロリオフ

Category : CD(バッハ) | Comments (2)  

エフゲニー・コロリオフの「French Overture & Italian Concerto」。収められているのは「半音階的幻想曲とフーガ ニ短調」「フランス風序曲」「イタリア協奏曲」「4つのデュエット」「幻想曲とフーガ」。

「イタリア協奏曲」は大好きな曲なので、グールド、シフ、ブレンデル、グルダ、リヒテル、ラローチャ、ヒューイット、ペライアなどいろんなピアニストの演奏を聴きましたが、一番好きなのがエフゲニー・コロリオフのこのCD。(次点はペライア) コロリオフの、溌剌としていながら、縦と横がきっちりしたこの端正な演奏がすごく好き。それにこの方のしっかりとした歯切れの良いタッチがまた「イタリア協奏曲」の躍動感あふれる曲想にとても良く似合うと思うんですよね。ああ、いつかこんな風にバッハが弾けるようになりたいな~。(というのはさすがに無理だろうけど)
それにこのCD、音がすごく綺麗なのです! 録音がいいので、コロリオフの色彩感溢れる音がその響きまで十分楽しめるという感じ。ということで、私にとっては本当に得難いCDとなっております。(他の収録曲もそれぞれに好きです♪)

でも実際にイタリア協奏曲を練習し始めてる今は、実は全然聴いてません…。練習し始める前にはたっぷり聴くし、そのうちに自分なりの曲になってきたらまた聴くようになるんだけど、今聴くと何かと引きずられちゃいますしね。そもそも今の時点でCDみたいに速いペースで弾けるわけがないし! しばらくの間はオアズケです。

ちなみに最近聴きまくってるのは、久しぶりの「フランス組曲」の5番。…ということは「イタリア協奏曲」の後は「フランス組曲」になるのかなあ。って、「イタリア協奏曲」をやり始めたところだし、当分先の話になるのでまだ分からないですが。今の先生のバッハの進み方としては、「シンフォニア」の次は「フランス組曲」というコースが定番のような気配なので(ちゃんと確かめてないので詳細は不明)、私さえやりたければいつでも大丈夫そう。「フランス組曲」全曲となると結構大変そうですが… やるとしたら、やっぱりまずは5番が希望かな。いい曲ですよね。軽やかな優しさが気持ち良くて、ささくれだってる心が癒されるような気がします♪

*関連記事*
「シンフォニア」コロリオフ
「フランス組曲」コロリオフ



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress