2010年12月03日

レッスン日記45

Category : レッスン日記 
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。ブログの更新もまるまる2週間あいてしまいました。それほど自覚はないんだけど、年末が近づいて何かと慌ただしくなってきたようです。
さて、今日のレッスンも先週同様、ちゃんと全部見ていただけました♪

まずハノン。
50の「3度をレガートにひく練習」は、1回弾いた後で「音をパキパキさせないで」「じゃあ今度はもう少し速く」「もっと速く」「今度はスタッカートで」「もっと速く」と立て続けに何度も弾くことになりました。今までレッスンでハノンをスタッカートで弾いたことなんてなかったと思うんですけど、何があるのかな? 3度の練習は大切だから? それとも合格ラインすれすれだった? はたまた何か他に深い意味があるのかな?(その場でちゃんと聞いておけば良かったよ) 最初「音をパキパキさせないで」って注意されたんですけど、それ以降はどれも一通り弾けて合格。
39のスケールと41のアルペジオは変ロ長調(B dur)とト短調(g moll)。変ロ長調って実は全部のスケールの中で一番苦手だったりします… 普通苦手といえば短調でしょーって思うんですけど、私が苦手なのは変ロ長調。変ロ短調も得意とは言えないですけど、変ロ長調はそれよりも遥かにダメ。レッスンでも案の定、というか「苦手」という自己暗示にかかってしまってるのか、家では一応間違えずに弾けてたのに、先生の前では「あらら」な状態でした。で、間違えると、また焦るんですよねえ… 仕方ないので、楽譜を見るのは諦めて手元に集中してなんとか乗り切りましたが! 一応どちらも合格。(ト短調の方は変ロ長調に比べれば楽勝)
このスケールとアルペジオ、今はまだあんまり速く弾いてないんです。メトロノームで80ぐらい。一通りやったらまたハ長調に戻って少しずつ速く弾けるようにして、最終的には120までもっていくのだそう。うーん、スケールはまだしも、アルペジオが120で弾けるようになるのかしら。なんて思いつつ。いや、これで弾けなかったら、ショパンのエチュードのOp.10-1なんて絶対無理ですものね。今のうちにゆっくりのペースで念入りに練習しておかなくちゃ。
次回は51「オクターブで音階を弾くための準備」と、スケールとアルペジオは変ホ長調とハ短調です。51のオクターブの練習は、腕に余計な力が入りやすそうだ~。これもゆっくりゆっくりから始めないと。

次はバッハ「イタリア協奏曲」の第2楽章。
大好きなイタリア協奏曲なんですけど、短調は元々あまり好きではない私、第2楽章はCDでもあまりちゃんと聴いてなかったんですよね… でもそういう曲でも、実際に自分が弾くとなると、だんだんその良さが分かってくるもので。最初は「うー、拍数がよく分からーん」状態だったんですが、弾いてるうちにだんだん面白くなってきました。弾けるようになってみると、なかなかいい曲じゃないですか~。結局、ちゃんと弾けるようになったのは、ようやく一昨日ぐらいからなんですけど。(笑)
注意点としては、音が真っ直ぐになりすぎてるので、もっと音符の上がり下がりで細かくニュアンスをつけていくこと。全体的に涙目(笑)になってるような曲なので、もう少しそういう気持ちで弾く、というところ。(やっぱり短調を短調として弾けてないのか、私は!)
「大体そんな感じでいいんだけどね…」と困った感じで言われつつも、何度も弾いてるうちにだんだん良くなってきたらしくて、続きはまた来週。来週は第3楽章も見てくることになりました。わー、終わりが見えてきたよ! 早く通して弾けるようになりたいな。

最後はドビュッシー。「象の子守歌」ももう一度聴いて頂いたんですけど、メインは「人形へのセレナード」。
これは全体に音が粒立ちすぎてるので、もっと鍵盤をタッチするスピードを遅くして、鍵盤をなでるように柔らかいタッチで弾くこと。パキッとした音で弾いていいのは「sf」のところぐらい。この曲、家ではもう少しマシな感じで弾けてたと思うのにレッスンでは全然ダメで… まだまだ先は長そうです。

今日のレッスンはそんなとこだったんですが、今日はドビュッシーの「レントより遅く」の楽譜をお借りしてきてしまいました。この曲大好きなんです。ドビュッシーは今の私の力ではもうどうにもならないみたいだし(どうあがいても、先生に満足して頂けるレベルに到達できないらしい… もっとタッチとかペダルの踏み方とかで微妙な陰影を自由自在につけられるようにならなくちゃ、全然お話にならないのね) 今の「子供の領分」が終わったら当分もういいやーって感じなんですけど、それでも「レントより遅く」だけはやりたいんです。いい機会ですしね。で、先生に「どうでしょう?」って伺ったら、「あ、いいですよ~。あれは大人の曲だしね。やりますか? 楽譜持って帰ってみますか?」ですって。良かった。まあ、これも表現には苦労するでしょうけど、頑張ります♪

次のレッスンは2週間後。ということはきっと今年最後ですね。1年が終わるのってほんと早いなあー。

Comments (4)

  1. もう2週間経ったんですか?
    ホント月日が経つのって早いですね~
    もう今年も終わりですよ(シミジミ)

    アリアさんは、バッハの次にシューマンがお好きだったんですね?
    あたし2番目なんだろう?って考えて
    ロマン派ならショパンも好きだけど
    シベリウスもブラームスも好きとか
    すぐでてこないので、年内までに決めようかな
    まぁ決める必要もないんだけど(笑)

    まだまだ聴いていない曲がたくさんあります。。。

  2. アリア

    そうなんですよー。もう2週間。
    月日が経つのってほんと早くて困っちゃいます。
    …これって、年々早くなりますよね。
    今年もあと1ヶ月切ったし!
    ついこの間、今年も半分終わったーと言ってたのになー。(笑)

    で、そうなんです。バッハの次は、実はシューマンが好きなんです♪
    子供の頃習ってた時は、シューマンの曲なんてやったことなかったし
    ピアノを再開してからも「子供の情景」をやったぐらいなんですけど
    やりたい曲はいっぱいあるんですよー。
    でも、結構難しいんですよね、シューマンって。
    しかも実際に弾くと地味に難しい割に、それほど難しく聞こえないというワナ。
    効率が悪い曲が多いです…。(涙)

    のんさんの2番目は誰でしょうね?
    私、シベリウスはあんまり知らないんですよねえ。
    以前フィンランドの国民的叙事詩「カレワラ」を読んだ時に
    その関連の交響詩を一通り聴いた程度なんです。
    そういえば、シベリウスのピアノ曲って1つも知らないかも!!
    あ、でもブラームスは好きですよー。秋冬になると聴きたくなります。
    確かに2番目を確定する必要はないんですけど(笑)
    でも決定した時は、ぜひお聞きしたいです♪

  3. 全部みていただけて、よかったですね。
    こっそり心配してました。

    レッスンの最初に、今日はこれこれやってきました、って
    自己申告するといいですよ。
    先生の方で時間配分してくれるから。
    私は毎度、楽譜広げて重ねておいて、最初に1P目が
    見えるようにしておいて申告してます。
    …結構、何やってるのか忘れられてるのだ…<汗

    シベリウス、つか北欧ものっていいですよ。
    舘野さんのおかげで、楽譜も随分手に入りやすくなったし。
    ロシアものから土臭さをちょっととった感じ。
    で、結構ロマンチック。
    カスキの「激流」が格好よいです。

  4. アリア

    わ、ご心配下さってたんですね。ありがとうございます。
    先生、やってる曲はちゃんと分かってると思うんですけどね…
    レッスンの時は、まず最初にハノンとバッハとドビュッシーの楽譜を
    譜面台に並べて置いてるので… それが丁度自己申告になってるかも?

    特化レッスンになってしまう時は、その曲が相当酷い状態なのかと思います。
    あ、全然練習をしてない「酷い」じゃなくて
    音は取れてるし指も動いてるんだけど、音楽的にお話にならないって感じでしょうか…
    …ま、ここだけの話、時間配分はあまりお得意ではないのかもとは思いますが…(笑)

    そういえば、舘野泉さんは北欧物を沢山弾いてらっしゃいますね。
    カスキの「激流」は全然知らなかったので、You tubeで聴いてきました!
    左右の手の動きがショパンの「革命」的ですね。
    でも、動きは激しいけど「革命」よりずっと抒情的な感じ。
    舞台映えしそうなカッコいい曲ですねー。でも難しそうですー。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress