2011年01月24日

「子供の領分」ハース

Category : CD(ドビュッシー) | コメントは受け付けていません。 

ヴェルナー・ハースのドビュッシー全集の1巻です。「前奏曲」1・2巻と「喜びの島」「映像」1・2巻、「版画」「子供の領分」「ピアノのために」「アラベスク」2曲、マズルカといった全46曲が収められた2枚組。

ドビュッシーのCDの記事は久しぶり。もっとフランスのエスプリを感じるためにと、これまでフランス人ピアニストの演奏を中心に聴いてきてたんですが、ヴェルナー・ハースはドイツ人。モニク・アースと同じ「Haas」という名字でも、フランス人の「アース」に対してこちらは「ハース」です。まだまだこれからという若さで亡くなったようですが、ドビュッシーやラヴェルの録音では高い評価を得ていて、ドビュッシーのピアノ曲全集の録音ではグランプリ・デュ・ディスク賞、ラヴェルのピアノ曲全集ではアムステルダム・エジソン賞を授与を受賞されているのだそう。

このCDの「子供の領分」を聴いてまず思ったのは、「私… 似てる?」ということ。プロのピアニストの演奏に似てるだなんて、しかも先生にあれだけこてんぱんにやられてるドビュッシーで! なんておこがましいことを! というのはあるんですが、なぜだかとても近しいものを感じたんですよね。以前私がちらっとだけ公開したドビュッシーの録音、あれを聴いた時の感覚に近いというか… もちろん表現力もテクニックも月とすっぽん、雲泥の差、言語道断なのはよく分かってるのですが。
あの時の「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」だけじゃなくて「人形へのセレナード」も。ほら、「小さな羊飼」も! 演奏を聴いてると、私が弾こうとしてる(正確には、先生と一緒に作り上げようとしてる)ドビュッシーのイメージにとても近いような気がしてなりません。先生のレッスン室にはミッシェル・ベロフのCDがあったし(旧盤の方ね)、先生がテンポを取る時は結構速いし、レッスンの時に仰る注意点からも、てっきりベロフがお好きなんだろうとばかり思っていたんですが。ああ、でも先生の好みがどうであれ、私にはベロフのようには弾けないですしね。ベロフの演奏は好きだけど。私のいいところをふくらませようとしたら、ハースのタイプに少し近づいたというのが本当のとこなのかも。

ハースの演奏は、すっきりとしてて余計なものがないという感じ。他のピアニストならもっともっと歌わせるだろうってところでも、比較的あっさり。もちろんテンポを揺らすこともありますけど、それも比較的控えめ。なんだかものすごく楽譜に書かれている通り弾いてるって印象です。でもそのあっさり加減が好き。音もとても綺麗だと思うし、すごく素敵な演奏だと思います。演奏としてはあまり速くないんですけどね。このテンポがまた何ともしっくりきてすごく好きです。

*****

 
ヴェルナー・ハース(Werner Haas 1931 – 1976)
  ドイツのピアニスト。
  20世紀音楽の専門家であり、とりわけフランス印象主義音楽の演奏を得意とする。
  シュトゥットガルト音楽院を卒業後、ワルター・ギーゼキングの個人指導を受ける。
  1950年代にヨーロッパ中でリサイタルを開き、大きな成功を収める。
  ベートーヴェンやショパン、プロコフィエフ、カバレフスキーなどもレパートリー。
  自動車事故により急逝。



2011年01月21日

レッスン日記48

Category : レッスン日記 | Comments (6)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。今日はいつもより1時間早い時間にスタート。レッスンのお部屋がまだ温まってなくて、鍵盤も冷たい! でもホッカイロで指先をあっためつつ来たからきっと大丈夫!

まずハノンは変ロ短調(b moll)、変ト長調(Ges dur)、変ホ短調(es moll)のスケールとアルペジオ。黒鍵だけのアルペジオ、ほんと苦手! 鍵盤が掴み切れなくてすぐ滑っちゃいます。でもとりあえず合格。次はロ長調(H dur)と嬰ト短調(gis moll)。
51番「オクターブで音階をひくための準備」は、相変わらず苦手でダメダメ。でも「コンスタントに毎日やってれば指も開くようになるし、オクターブが綺麗に弾けるようになるから!」ということでもう1回。次回はメトロノーム60ぐらいを目標に。小指の音をなるべく綺麗なレガートにすること。

そしてドビュッシー、「小さな羊飼」。
これは注意点がいっぱいありました! まず、この曲は空間を意識すること。最初は何もない空間に音が1つ漂い出てくるような意識で弾き始める。最初のメロディが終わったところは小節線の上にフェルマータがついているので、もっと「間」を十分意識すること。そして始まる次のパートは、最初に出す3つの音が不協和音。不思議な響きとなるので、右手の1音を際立たせつつも左手とのハーモニーを感じて。右手の付点のメロディはきっちりした感じではなく、もっと揺らめくように。「cédez」の所はきちんとリタルダンド。次の和音(ラミ・ドミ)の中にその後の左と右の音をそれぞれ響かせるように。そして空間。ここはその前の和音のところからの緊張感を持続させたまま次の右手のメロディに入ること。そしてこのメロディは、もっと小さくクレッシェンドやディミヌエンドしながら弾く。左手の和音が続くところは一番上の音を響かせて。(同様の注意が続いて) 24小節目の「mf」と「p」のところはもっとさっと色合いを変えて。最後の和音のところも、前のところと同様に、でももっと右手の和音の入り方に勿体をつけて。そして右手が消えてもなお左手の音が2拍持続するのだけど、その2拍分でさっと終わってしまうのではなく、十分に余韻を感じること。
このぐらいでしょうか。やっぱりこの曲、ものすごーく難しいです。まず綺麗な p の音が出ないんですよね。すぐにすかっと音が抜けちゃう。音量調節もなかなか上手くいかないし、気をつけてるつもりでも、すぐに無神経な音が出ちゃう。もっと確実に欲しい音が出せるようになりたいな。でもドビュッシーは苦手な分、毎回ものすごく沢山のことを学んでるような気がします。実践できているかどうかは別として、「子供の領分」からはものすごく得るところが多いです。次回はペダルを踏んできてねってことなので、まとまりつつあるということでしょうかー。

そして次はバッハだったんですが、これを弾きはじめる頃には次の方がいらしてしまって… いつものレッスンなら私の後は誰もいないんですが、今日は1時間早いので! もうドキドキ。私、先生だけでも十分緊張するのに! 時々自分が何弾いてるのか分かんなくなるぐらいなのに! 鍵盤の位置が分からなくなったり、楽譜が全然読めなくなることすらあるのに!(楽譜が読めなくなるのは、丁度、見慣れた漢字がどことなく妙な形に見えてくるような感じです) 鍵盤の冷たさで手が冷え始めてたこともあって、ぐだぐだになっちゃいました。ということで、半分ぐらい弾いたところで終了。続きはまた次回~。

やっぱり他の人に聴かれるのって苦手です~。基本的に誰かに聴いてもらいたいと思ったこともないし、ステージに立ちたいと思ったこともないし、演奏家には全然向いてないです。他の方の演奏を聴くのは大好きなので、聴くばっかりの自分がなんだかずっこいような気もしてしまうんですけどね… これはもう性格の問題としか言いようがないかも。そういう人間もいるということでひとつお許し願えれば、です。



2011年01月21日

「イタリア協奏曲」ペライア

Category : CD(バッハ) | Comments (4)  

マレイ・ペライアの「バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番」。収められているのは「フルート、ヴァイオリンとチェンバロのための協奏曲イ短調」「ブランデンブルク協奏曲第5番」、そして「イタリア協奏曲」。

「イタリア協奏曲」も最後の仕上げにかかったという感じだし、このCDのことも書いておかないといけないでしょうね。既に記事にしたコロリオフ、グルダのCDもよく聴きましたが、自分の練習が最後の段階にかかってとよく聴くようになったのはペライアの演奏。実際に自分が練習し始めるようになってからは実はあまり聴いてなかったのですが、最近とても出番が多いです。というのは、私の出す音が先生に「真っ直ぐすぎる」と言われるから。もっと歌わせるためのイメージトレーニングみたいな感じもあるでしょうか… コロリオフやグルダの演奏も好きですが、どちらかといえば真っ直ぐ系(というか構築系?)の演奏だと思うんですよね。ペライアはもっと1音1音が豊かにふくらんで歌ってるという感じ。聴いてると、ああ、私に足りないものはこれなのかなあって思います。

そしてこのCD、「フルート、ヴァイオリンとチェンバロのための協奏曲イ短調」「ブランデンブルク協奏曲第5番」も素敵です。この2つの曲に関してはあまり色々聴いてないので他と比べらないのですが、自分が自分がと前に出すぎるピアノではないのに、しっかりと存在感があって、フルートやヴァイオリンといった他の楽器と対話をしつつ曲を奏でているという印象です。

*関連記事*
「エチュード」ペライア



2011年01月07日

レッスン日記47

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : , ,

新年最初のレッスン。雪がちらちらと舞う中を行ってきましたよー。寒かった! でも今日はちゃんとカイロを持っていったよ!

ハノンは、まずは51番「オクターブで音階をひくための準備」。
これ、実は全然できないんですけど…! どうしても腕に力が入っちゃってダメダメです。でも弾いてる間に腕に力が入ってきたらマメに腕を休めて力を抜きつつ、以前教えて頂いた「親指と小指でボールペンを挟んで手首からブラブラさせる」を補助練習としてやりつつ、あとは弾きこんで慣れるしかないそうで… うーん、やっぱりまだまだ弾きこみ不足というわけですね。
それとこの曲、1つずつ音が切れていいのかと思いこんでたんですけど、違ってました。同音連打の部分はともかくとして、それ以外の部分はなるべくレガートで弾くようにとのこと。あららー、そうだったんだ。失敗失敗。しかもこの曲は右手も左手も小指の音を際立たせなければならないというのに、私は右手の小指しかしてませんでした。左手の小指でも1音ずつ微妙にひっかいてレガートにする練習をしなくちゃいけません。ということで、もう1回。

スケールとアルペジオは、変イ長調(As dur)、へ短調(f moll)、変二長調(Des dur)、変ロ短調(b moll)の4つ。
スケールの注意点としては、カデンツの一番上の音をそれぞれきちんと出して、最後の和音できちんと収めるように弾くこと。(ついついジャーン!と終わってしまうので) アルペジオの方は、指をパキッと伸ばしきってしまわないで、指は確かに伸ばすんだけど、もっと柔らかく使うこと。上昇の最後の方で、微妙にディミヌエンドして一番高い音がアクセントになってしまうことがあるので要注意。上昇の時はきちんと最後までなだらかにクレッシェンドして、それから下降すること。
変ロ短調(b moll)がもう1回です。追加で変ト長調(Ges dur)と変ホ短調(es moll)。

ドビュッシーは「人形へのセレナード」。この曲は人間ではなくて人形の曲。可愛かったりアンニュイだったりミステリアスだったりコケティッシュだったりと、人形が表情をくるくる変えるように、場面場面で音色をもっと変えるように意識すること、という注意がありつつ。
30小節目から2ページ目終わりまでの8小節は右の一番上の音をもっと出して。53小節目から60小節までのd mollの部分はしっとりと水が滴るような感じだけど、61小節目のc mollになる所からはカラッと乾いた感じで、雰囲気をガラッと変える。107小節目からの右手の「p」と「mf」は、音量だけでなく、もっと音色を変える。「p」は大人しいこもったような音で、「mf」はカラッと明るいおきゃんな音で。
前回注意された所は、今日はもう注意されなかったので良かったんですが…(ちゃんと直っていたのだと思いたい) 右手の一番上の音を出すようにというところは、自分でも気をつけて練習してたつもりなのに、先生にはそうは聞こえなかったということで、ちょっとカナシイ。とは言っても、それは自分でも分かってた部分だし、もっと小指に意識を集中すればできるはず。それよりも、やっぱり今回も音色の注意がメインでした…。やっぱりそこが私の一番ダメなところなんだなあ。1音1音への配慮が足りないところ。すぐに真っ直ぐすぎる音を出してしまって、表情が足りないところ。今年こそはこの「真っ直ぐすぎる音色」をもっと表情豊かに歌わせるべく、頑張ってみようと思いますー。(今年の目標!)
あ、この「人形へのセレナード」は今日で合格です♪

「子供の領分」、次は「小さな羊飼」。楽譜的にはそれほどでもないと思うんですけど、私にとってはとっても難しい曲です… 音色が全てなんですもん。他の曲以上に1音1音大切に弾かないと台無しになっちゃう。まあ、誤魔化しが全然効かない分、今書いたばかりの今年の目標にぴったりな曲ではありますが! 先生も「これは大人の曲よね」と仰ってたし、なんとか表情豊かに弾けるようになりたいな。
楽譜には「箱から出されたばかりの真新しい玩具の羊飼人形を眺めている子供の静かな幻想的な詩情」とありましたが、私のイメージとしてはスコットランドのハイランド地方の高原に1人たたずむ羊飼いの少年… 羊たちの姿は見えなくて、少年が1人きり。少年の手には1本の笛。少年は笛を吹くんだけど、時々風がびょうと吹いてきて…。そんなイメージです。寂寥感が漂う情景。うーん、そんな音が出せるといいのですが。
(でもこの曲、静かすぎて、自宅で練習すると部屋の掛時計の秒針の音が気になって仕方ないのでした… つ、つらい。いや、負けないぞ)

最後はバッハ「イタリア協奏曲」。第3楽章なんですけど、年末年始に留守してた分、弾きこみが足りなくてまだまだ全然ダメでした。しかも右手が2声になるところが全然綺麗に2声になっていないようです… いやん。もう一回最初の片手練習からやり直さなきゃ。あとはやっぱり音ですね、これも。もっと伸びのある音を出せるようになりたいなあ。腕の使い方ができてないんだなあ。
ということで、これももう1回。

そして「イタリア協奏曲」の後にするバッハは、「フランス組曲」の3番になりました! 以前先生が「フランス組曲は3番がいいのよ~」と仰ってたことがあるので、反応としては「おー、やっぱりくるのか!」でした。内心ではちょっぴり「イギリス組曲」に傾いてた私なんですが、実はCDを聴いても自分で弾けるような気が全然しなかったので(笑) …だからといって「フランス組曲」なら大丈夫ってわけでもないんですが…(汗) 先生の選んで下さった曲を頑張りたいと思いますー。楽しみ楽しみ。

そして楽譜は、全音の市田儀一郎編集版とヘンレ版の2冊が候補として登場。
あら、今度はウィーン原典版じゃないんだ。

 

市田儀一郎編の全音の楽譜は、運指がとても参考になるし日本語の解説が載っているのでいいのだけれど、微妙に違う音が含まれてるのだそう。「ソ・シーソミレ」のところが「ソ・シーソファミレ」のような感じで。(本来「ソ」1音のところに「ソファ」と2音入って装飾音みたいになる) 実際にそうやって弾くピアニストもいるのでしょうけれど、勉強するのなら、基本はやっぱりヘンレ版にしておいた方がいいように思う、と先生が仰るので、ヘンレ版を購入して、市田版は先生の楽譜を少しお借りすることにしました。一度に2冊購入というのはちょっとキツイですしね。と言いつつ、結局買ってしまいそうな気もしますが~。



2011年01月01日

「イタリア協奏曲」グルダ

Category : CD(バッハ) | Comments (12)  

フリードリヒ・グルダの「Gulda Plays Bach」。「イタリア協奏曲」の他に収められているのは「イギリス組曲」第2番・第3番、「トッカータハ短調」、「カプリッチョ 最愛の兄の旅立ちに寄せて」、グルダ自身がジャズ風にアレンジしたという「前奏曲とフーガ」。それほど注意深く聴かなければ普通のリサイタルの録音という感じなのですが、実際は1955年から69年にかけて行われたリサイタルの音源を集めたCDとのこと。

普段「イタリア協奏曲」といえばコロリオフやペライアの演奏を聴くことが多かったのですが、ふと購入してみて以来、出番がとても多くなったのがこのCD。グルダといえば「鬼才グルダ」というように「鬼才」という形容詞がつくことが多いし、それは相当個性的、というよりもむしろ奇をてらった演奏が多いという意味ではないかと思うのですが、このCDのバッハはとても聴きやすくて大好き。
まずお目当ての「イタリア協奏曲」。第1楽章と第3楽章も端正な演奏でとてもいいと思うのですが~、今回特筆すべきなのは第2楽章。基本的に長調好きの私のこと、実はどのピアニストの「イタリア協奏曲」の演奏を聴いても、第2楽章だけはあまりピンとこなかったのです。でもグルダの演奏はとても素敵。第2楽章って、基本的にゆったりしたテンポの方が曲全体のメリハリとしてもいいでしょうし、第3楽章の速さを際立たせるだろうとも思います。実際、第2楽章を相当ゆったりと弾くピアニストが多いです。でも、グルダの演奏はやや速め。そしてこのあっさり速めの第2楽章が私は妙に好き。やっと心に触れてくる第2楽章に出会えた!という感じ。私が練習する時も元々グルダと同じぐらいのテンポだったので、尚更なのかもしれませんが。

そしてこのCDで良かったのが「イギリス組曲」。実はこのCDを聴いて初めて「イギリス組曲」の良さが分かったような気がするほど! 今までもある程度は聴いてるはずなんですけど、これまたあまりピンと来てなかったんですよね。でもグルダの「イギリス組曲」は2番も3番もとても素敵です。うーん、いい曲だったんだなあ。先生が次選んで下さるのが2番か3番のどっちかだといいなあと思ってしまうほど。あ、この「イギリス組曲」に関しても、グルダの演奏は「鬼才」という感じではないです。とてもニュートラル。ライブではありますが、とても丁寧に大切に弾いてるという印象だし、とても清冽な演奏だと思います。

*****

 
フリードリヒ・グルダ(Friedrich Gulda 1930 – 2000)
  オーストリアのピアニスト・作曲家。
  イェルク・デームス、パウル・バドゥラ=スコダとともにウィーンの3羽ガラスと呼ばれる。
  シュトゥットガルト音楽院を卒業後、ワルター・ギーゼキングの個人指導を受ける。
  1950年代にヨーロッパ中でリサイタルを開き、大きな成功を収める。
  1955年頃には、マルタ・アルゲリッチを指導する。
  バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンを特に得意とするが、レパートリーは非常に広い。
  ジャズ演奏でも知られる。
 
 
ということで(?)、あけましておめでとうございます。
昨年12月は何かとバタバタして慌ただしくて、ブログの更新もあまりできなかったんですけど、年が明けてみれば元旦早々から更新です…! 実は今ピアノがないところに来てるので、若干ヒマで。(笑)
1月3日に帰宅予定なので、今年のピアノの弾き初めは3日か4日になる予定。あー、3日は無理かな… 4日の可能性が高いです。でもね、今年初のレッスンは1月7日なんですよー。年末年始のことを考えに入れるの忘れてて大失敗。帰ってから猛練習をしなくてはー。あんまり寒くないといいな。



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress