2011年02月25日

レッスン日記50

Category : レッスン日記 
Tags : , ,

3週間ぶりのレッスン。普段なら3週間あくとちょっとダレてしまうんですけど、今週は仕事の内容がいつもと少し違っていて、それが思いのほかハードだったので、ダレてるヒマがなかったというか練習時間も減ってしまったというか… でも先週先々週としっかり練習していたので、内容的にはなんとか大丈夫でした♪

ハノンはロ長調(H dur)と嬰ト短調(gis moll)のスケールとアルペジオ。降りてきた最後にドスンと落としてしまわないようにという注意を久々に受けつつも合格。次はホ長調(E dur)と嬰ハ短調(cis moll)。
51番「オクターブで音階をひくための準備」は、ずーーっと全然ダメだったんですけど、先々週のある日突然なんとなく弾けるようになって! それでも弾いてる途中でだんだん力が入ってくるんですけど、前とは段違いに楽に弾けるようになりました。やーっとコツを掴みつつある? 指も前よりもう少し開くようになった? 前みたいに弾いてるとすぐに腕がガチガチになることはなくなって、弾き続けてだんだん力が入ってきた時に脱力に専念すればいいという状態にまでなりましたよー。バンザイ。ということで合格。まだあまり速くは弾けないんですけど「スピードは、次にやる時にね」と言われました。そうか、スケールとアルペジオだけでなく、第3部も繰り返しやることになるんだな、きっと。ということで、次は52番「3度の音階練習」です。

バッハのイタリア協奏曲は第3楽章。
1回目に弾いた時はイマイチだったんですが、2回目はまずまず。とは言っても家で弾く時に比べるとやや不満だったんですが… なんだか指が滑るような感じだったんですよね。もっと直前にゆっくり弾く練習を沢山すれば良かった。昨日今日と普通の速さで弾いただけで満足しちゃったからなあ。ということで自分の満足度としてはやや低めだったんですが、結局クレッシェンドとディミヌエンドの記号をいくつか楽譜に書きこまれたぐらいの注意で終わりました。合格! ああ、とうとう終わってしまいましたよー。嬉しいけど寂しーい。レッスンはこれで終わりだけど、イタリア協奏曲は定期的に復習してレパートリーになるように頑張ろうっと。
ということで、次はフランス組曲です。第3番。

ドビュッシーは「子供の領分」の最終曲「ゴリウォーグのケーク・ウォーク」。
これは滑稽な雰囲気を出すために、あまり澄ました感じで弾かないこと。特に最初の部分はもっとカラッと乾いた感じで。6小節目や8小節目のフォルテの16分音符はカスタネットやタンバリンを叩くようなイメージ。26小節目からは可愛らしく。右手のB♭のオクターブは鈴が鳴るような感じで。転調した辺りからは少しゆったりしたテンポ。…転調してからの、ゆったりテンポもなぜか取りづらいんですけど、それよりもさらにゆったりとした「cédez」の部分と「a tempo」の対比も難しい~。
音符的には大体弾けてるので「次はペダルも入れて仕上げてきてね」ということになりましたが、これは先生、実はかなり言いたいことを我慢してるのでは… と不安になってみたりもします。「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」や「雪は踊っている」の時とは厳しさが全然違うものー。私も多少は前進してるはずだけど、まだまだ先生に満足してもらえるレベルには程遠いはずだし。うーん、やっぱりドビュッシーはまだダメね、と諦められてしまったのかしらん。ま、私に出来る範囲で頑張るしかないんですけどね。

次回のレッスンは、2週間後です。

Comments (4)

  1. ペンネ

    アリアさん、こんばんは♪

    もしかして、今年初のコメントかもしれません・・・スミマセン。

    「イタリア協奏曲」、仕上がりですね♪
    おめでとうございます!
    是非ともレパートリー維持してください!
    そしていつか、聴かせて下さい!お願いします!
    大好きな曲なのです!(ゴリさんもだけど)

    お次は「フランス組曲」第3番なのですね。
    これもいい曲ですよね〜。
    いろんな要素が詰まっているので、それぞれへの
    理解実行は難儀な部分もあるかもしれませんが、
    イタコンのような各楽章の長さはないので
    取り組みやすいかと思います。

    「ゴリさん」ですけど。
    今までと先生の厳しさが全然違うって・・・
    お察しするに・・この「ゴリさん」って、異種でしょ?
    このノリを出せるか否かって、かなり人によって
    違うんですよ。
    多分ね、アリアさんは、それを掴んでいらっしゃるんじゃないかしら?
    だから先生の厳しさがそれまでの曲とは違って、きっと
    先生の求める物にかなり近いという事じゃないかしら?と思いますよ。
    でなければ「次はペダルを入れて仕上げて来てね」とは
    仰らないように思います!

  2. アリア

    ペンネさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます♪

    イタリア協奏曲、とうとう仕上がりました~。
    私も大好きな曲なので、ほんと嬉しいです!
    そうですね、いつか機会があったらぜひ聴いてやって下さい。
    …緊張しすぎて頭が真っ白になっちゃうような気もしますけど…(笑)
    愛がいっぱい感じられる演奏ができるといいなあ。

    そしてそうなんです、次はフランス組曲。
    今まで5番6番ばかり聴いてたんですけど、3番もとてもいい曲ですね。
    でも舞曲には舞曲の難しさがあって、それがとても大変そう。
    実際に踊ってるところを見る機会ってまずないですし…
    (檀さんが教えて下さった「王は踊る」を観てみなくちゃ!)
    先生は「全曲する必要はないし」って仰ってたんですけど
    先を急いでるわけではないし、じっくり取り組んでみたいです♪
    いろいろな要素が詰まってるとあれば、尚更!

    そして「ゴリさん」(笑)ですが、確かに異種ですね。
    これとか「小さな黒人」って、クラシックの曲というよりはジャズテイスト…
    こういう曲ってセンスの良し悪しがはっきり出やすいから難しい!

    >先生の求める物にかなり近いという事じゃないかしら?と思いますよ。

    そうなのでしょうか。そうだったら嬉しいんですけど!
    普段「アリアさんの弾き方は真面目すぎる」的なことをよく言われるので
    あのノリを出せてる自信はあまりないんですよねえ…
    もっと思い切ってはじけちゃうようなユーモアが必要だなーって。
    でも、まだまだこれからなのにペダルと仰るような甘い先生とも思えないし。
    どうなんでしょう!
    結構近いか、それとも、うーーーんと遠いか、だったりして!(笑)

    あ、でも私の場合、クラシックも好きですが、ロックやジャズもよく聴くので
    クラシック一本やりの人よりも、もしかしたら入りやすいかも?
    年の功もありますし~。…ということにしておきます。(笑)

  3. どもm(__)m

    「王は踊る」は一応背後に気をつけてみてくださいねww
    結構エグいというか、どん引きするところがあるから。

    でも、バロック音楽とダンスっていう部分はとっても見ごたえありましたよ。

  4. アリア

    檀さん、こんにちは~。

    うふふ、ありがとうございます。
    バロック音楽とダンス、すごく楽しみです。

    それでね、その後もう1つ面白そうなのを教えてもらったんです。
    「時空の旅 バロック・ダンス・ファンタジー」
    映画じゃないんですけど、バロックダンスに特化してるDVD。
    現代の創作も入ってるようですが…
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00467RP42/
    これも観てみたいです~。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress