2011年03月11日

レッスン日記51

Category : レッスン日記 
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。
私が着いた時、前の方は今回はショパンの英雄ポロネーズを弾いてらして、その華やかさにもうクラクラ。ああ、輝かしく弾くというのはこういうことなのね!と、しみじみ聴き入ってしまいました。まだ仕上がってはいなかったけど、時間の問題でしょうね。いいなあ。素敵だなあ。前の方もあんまり聞かれたくないだろうと、いつも時間ぴったりに行くようにしてるし、先生もその方がいいと思ってらっしゃるようなんですが、本当はもう少し早く行って見学したいです。他の方のレッスンを見るのもすごく勉強になるし。

そして私のレッスンですが。
ハノンはホ長調(E dur)と嬰ハ短調(cis moll)のスケールとアルペジオ。なぜか弾くたびに嬰へ短調のカデンツの和音を間違えてしまったし、アルペジオはもっと鍵盤の上を拭き掃除をするようなイメージで、という注意がありつつ、なんとか合格。次はイ長調(A dur)と嬰へ短調(fis moll)。
52番「3度の音階練習」は、ハ長調(C dur)とト長調(G dur)。こちらも左右とも上の音をもっと意識して出して!という注意がありつつ、合格。こちらはまだまだ他の調が残ってるから、やってるうちに徐々によくなっていくだろうという感じでしょうか。次は二長調(D dur)とイ長調(A dur)です。

ドビュッシーの「子供の領分」は、最後の「ゴリウォーグのケーク・ウォーク」。
最初の部分はもっと指を固くしてカラッと。16分休符の入る「んたたたたー」のところは流れてしまわないように、きっちり数えてメリハリをつけて。「たたたた」の4つの音も同じ大きさではなく、きちんとクレッシェンドする。8分音符のスタッカートと4分音符のスタッカートは、音価が違うのだからきちんと弾き分けて。(8分音符でも良さそうなところをわざわざ4分音符にしているのだから、そこにはきちんと意味がある!) 転調した後は「cédez」と「a tempo」の対比をもっと意識して。「retenez」で遅くして、「toujours retenu」ではさらにゆっくり…

…という注意がありつつも、合格です!
先生が「そうねえ、大体そんな感じでいいと思います」と微妙に歯切れが悪かったのが気になりますが… 気にしないっ。(笑)
次は待望の「レントより遅く」ですしね。これはレパートリーにしたい曲だし、気合いを入れて頑張ります。そしてそこまででドビュッシーはとりあえずオシマイ。その後はショパンのエチュードに戻ります。こちらもそろそろ練習を始めておこうっと。

バッハは今日からフランス組曲の3番。まずは「Allemande」。ヘンレ版の楽譜のトリルやモルデントの前に頻繁に書かれているひょろっとした丸っこい線が何なのかよく分からなくて、私が持ってるフランス組曲のCDを色々聴いてみても分からなくて、結局無視してたんですが、これは前打音だったんですね。拍の頭で前打音を弾いて、次にトリル。(ひょろっとしたその線の位置で前打音が何なのか分かる) だから私が練習してたのよりもトリルが一拍遅れるわけで… うーむ。
でも前打音が入るだけでものすごくカッコよくなる気がするし~。練習し直しますっ。「Couranteも弾ける?」って聴かれたんですが、こちらはまだゆっくりとしか弾けないし、前打音のこともあるし、時間もそれほど残ってなかったので辞退しました。また次回にぜひ!

次のレッスンは2週間後。
でもこの記事をアップするばかりの状態にしていたら、地震が。私が住んでるのは大阪なので全然大丈夫だったのですが、それでも震度3の揺れでした。北海道から九州まで揺れるとは、その範囲の広さにびっくり。そして最初の揺れがあまりに長く続いたので、まるで船酔いのように気持ちが悪くなりました… 震源地に近いところに住んでらっしゃる方はどれほど怖い思いをされたことかと思うと涙が出そうです。それなのに、まだまだ余震が続いてるだなんて。阪神大震災の時の恐怖は今も生々しく残ってるので、気持ちはよく分かります… まずは一刻でも早く余震がおさまってくれますように。今現在助けを求めてる方に、助けの手が届きますように。どうかどうか、みなさんご無事で。

Comments (2)

  1. アリアさん、こんばんは

    イタリアン協奏曲に続き、着々と合格させれてますね(*´∇`*)
    いいなーいいなー

    >モルデントの前に頻繁に書かれているひょろっとした丸っこい線
    あたしもこれ不明だったんですよー
    例えば冒頭のシのモルデントの前についているのは
    ラシラシ?になるのでしょうか?

    以前に1番のSARABANDEのソの前についている丸っこいのに
    ファソって読み仮名を自分で振ったみたいなんですけど
    これで正解ってことかな(´ヘ`;)ウーム…

    ヘンレ版の前にページに例が載ってるけど
    これは載ってないんですよね><;

  2. アリア

    のんさん、こんにちは!
    ようやく「子供の領分」が終わって、嬉しいやらほっとしたやら…
    先生もきっと、こんなに長くかかるとは思ってらっしゃらなかったと思うんですよ。
    だからちょっとオマケが入ってるんじゃないでしょうか。(笑)

    で、あの丸っこい線。やっぱり分からないですよねえ。
    ええと、これには丸っこいCみたいのと2重フックとあるみたいで(私が知る限り)
    ヘンレ版は2重フックのがほとんどなんです。
    その線が右上がりか右下がりか、それとも平行になってるかで前打音の音が違うの。
    シの前の記号が右上がりになってたら、1つ下の音から始めるのでラシラシとなるんですね。
    それも一気に弾いてしまうのではなくて、ラーシラシーって感じに。
    Cの形の場合は、その形が書かれてる高さの音が前打音になるみたい。
    この場合なら、五線譜上のラの位置にCが書かれてるはず。

    私のヘンレ版は前のページの説明が英語だし、詳細度も全然なんですけど
    全音の市田儀一郎編のがいいですよ! すごく詳しいの。(またこの方です!)
    実際には、1人でそれを読んでてもイマイチ分からなかったんですが(笑)
    先生に説明されてからもう一度読み返すと、意味がよく分かりました。
    (ただ、市田編は肝心の楽譜に結構手が入ってるようなので要注意です)

    >1番のSARABANDEのソの前についている丸っこいの

    同じとこを見てるのかちょっと分からないですが(楽譜によってかなり違うようだし)
    16小節目のとこのソだったら、ファソになりますね。
    音の長さは多分「ファーソー」… 8分音符1つずつかな?
    その辺りはまだ全然確かじゃないので、先生に聞く必要アリアリですけど。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress