2011年03月15日

「レントより遅く」青柳いづみこ

Category : CD(ドビュッシー) 

青柳いづみこさんの「浮遊するワルツ」。収められているのはショパンのワルツ6曲、シューベルトの「高雅なワルツ」(ドホナーニ編)、ラヴェルの「高雅で感傷的なワルツ」、サティの「嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ」、リストの「メフィスト・ワルツ第1番」、そしてドビュッシーの「ロマンティックなワルツ」と「レントより遅く」。

6人の作曲家によるこれらの曲に共通するのは、ワルツだということなんですが、シューベルトの「高雅なワルツ」、ラヴェルの「高雅で感傷的なワルツ」、サティの「嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ」が並ぶという構成も面白いですね。ラヴェルのこの曲はシューベルトの曲からきてるわけだし、サティの言う「嫌らしい気取り屋」というのはラヴェルのことだし!
その後にリストが来ると、聴いてる分にはちょっとびっくりしてしまうのですが、でもこれもきっときちんと考えられた配列なのでしょう。ショパンの(踊るためのものではないにせよ)ワルツらしいワルツに始まり、シューベルト・ラヴェル・サティ。そしてリストのメフィストワルツで、美しく華麗なものだというワルツの表向きのイメージが決定的にひっくり返されているのかなと思います。そして世紀末のデカダンを感じさせるドビュッシーへ。

私はショパンはあまり好きではないので… それなのに6曲中5曲をやったことがあるというのもなんだかフクザツで、正直「なぜショパンを6曲も?」という気持ちがあるのですが(演奏は素晴らしいんですが!)、シューベルトの(いつも通り冗長ながらも・笑)素朴で可愛らしいワルツからラヴェル・サティと続けて聴けるというのも面白いし、青柳さんの弾かれるリストのメフィストワルツもとても素敵。
それに何といっても最後のドビュッシーの2曲がいいのです。ドビュッシー弾きとして有名な青柳いづみこさんですが、やはりそれだけのことがありますね! パスカル・ロジェ、ミシェル・ベロフ(新旧)、アルド・チッコリーニ、ヴェルナー・ハース、モニク・アースと聴き比べた中でも、青柳さんの「レントより遅く」が、テンポといい音色といい歌い方といい、気持ちに一番しっくりきてとても好き。そしてこのCDを通して聴き終えてみると、アルバムタイトルの「浮遊するワルツ」がとても分かるような気がしてきます。

*****

 
青柳いづみこ(Werner Haas 1950 – )
  東京都出身のピアニスト、エッセイスト、大阪音楽大学教授。ドビュッシー研究家。
  東京芸術大学音楽学部卒業。フランス国立マルセイユ音楽院首席卒業。
  安川加壽子とピエール・バルビゼに師事する。
  演奏活動だけでなく、執筆業も積極的にこなす。

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress