2011年03月23日

レッスン日記52

Category : レッスン日記 
Tags : , ,

今回のレッスンは、先生のご都合でいつもとは違う曜日になりました。

ハノンはイ長調(A dur)と嬰へ短調(fis moll)のスケールとアルペジオ。合格はしたんですけど、カデンツの音があまりに真っ直ぐすぎるので、もっと前腕をたっぷり使ってしっとりと弾くこと、という注意付き。ああ、また真っ直ぐ… どんだけ硬い音を出してるんでしょうね、私ってば。何度も同じことばかり言われて(言われる箇所はその都度違うんだけど) 情けなくなっちゃう。
そして52番「3度の音階練習」は、二長調(D dur)とイ長調(A dur)。上の音はなるべく途切れさせずに弾くこと。指使いの関係などでやむを得ず上が途切れる時は、下の音をきちんと残すこと。という注意がありつつ合格。次はホ長調(E dur)とヘ長調(F dur)です。

そしてバッハのフランス組曲3番。
アルマンドは、最初ピアノで始まるけれど(楽譜には何も書かれてません)、これは音を小さくするのではなく内に秘めた情熱といった感じで、深いタッチで歌わせること。繰り返しの後はメゾフォルテでさらにしっかりと歌う。フォルテのところは強い音で弾くのではなく、たっぷりと豊かな音で。次のクーラントは速い曲。4分の6拍子だけど、8分音符6つ×2の2拍子に感じられるぐらいの速さで弾く。後半は右手が3拍子で左手が2拍子となる箇所が沢山あるので注意。そしてサラバンドはゆったりと。最後の部分は、フェルマータがついているのは終止線なので、リタルダンドにしないでインテンポのまま弾き終える。
まだ音符通りに弾くので精一杯で、全体的に平坦になってしまってたので、先生がピアノやフォルテといった強弱記号や、クレッシェンドやディミヌエンドを書き込んで下さいました。す、すみません。もうちょっとちゃんと自分で考えておかなければいけなかったのに。
それとアルマンドとクーラントは練習してたんですけど、サラバンドは軽く見てた程度だったのに、アングレーズはそれよりさらに軽くしか見てなかったのに、どんどん次へと進むので焦りました…。一応全部片手練習はやってて、指使いを書き込んだりはしてるんですけどね。仕方ないので「アングレーズはまだ弾けません!」「あら、そうなの? でも弾けそうよね?」「先生、それよりドビュッシーを…」
だってもう時間も残り少なかったし。すみません、次回までにはジーグまでちゃんと通しておきます…。

ということでドビュッシー「レントより遅く」。
憧れの曲だったし、もっとちゃんと練習していきたかったのですが… もーほんとなんてヤヤコシイ曲なんだろ! ♭が6つっていうのも相当だと思うんですけど、それはまだオッケー。(Fだけが何もナシと覚えれば簡単だから) でもこのGes durがどんどん転調していくので、音を取りながらだんだんワケ分かんなくなっちゃうんですね。それに途中で調号が変わって♯が3つ(A dur)になるところも頭の切り替えがうまくいかなくて、結局、楽譜の♯のつく音に全部薄い丸印をつけてしまったし。そしてレッスンでは音やリズムに間違いがないのをチェックしてもらっただけに… ああ、もったいない。
ええとこの曲の注意点としては、内声をメロディーの一部にしてしまうのではなく、もっと外声の音に溶け込ませるように弾くこと。ですね。まだまだこれからです。

ということで次のレッスンは2週間後です。

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress