2011年04月28日

チェロコンサート

Category : 音楽的催事 

チェロのコンサートに行ってきました。

アムネスティ・インターナショナル設立50周年記念の「ヴラダン・コチ チェロコンサート」

曲目は
  バッハ: 無伴奏チェロ組曲第1番ト長調
  フランク: ソナタイ長調」
  (休憩)
  コチ: 深き淵より
  カサド: 無伴奏チェロ組曲二長調
  ドヴォルザーク: わが母の教えたまいし歌
  ドヴォルザーク: ロンドト長調 Op.94
  ポッパー: ハンガリアン・ラプソディ Op.68
  ポッパー: コンサート・ポロネーズ

ヴラダン・コチ(Vladan Kočí )は1963年生まれのチェリストで、プラハ音楽院のチェロと室内楽の教授。でもかつて「プラハ室内オペラ」の首席チェリストとして活躍していた時に「いかなる敵も殺すことはできない」と兵役を拒否し、チェコ・スロバキア国家に忠誠を誓う書類へのサインを拒否したため投獄。89年のチェコ民主化運動「ビロード革命」の際に釈放された時、「自分の音楽の半分は生活の糧として、あとの半分は世の中のために使うと心に決めた」のだそう。

生のチェロの音、ものすごく素敵でした。チェロの音が会場いっぱいに柔らかく広がっていくのが感じられて、やっぱり生の音はいいなあと実感しましたよ。やっぱりチェロは大好き。ピアノ以外の楽器ではチェロの音が一番好き。しかもバッハの無伴奏が生で聴けるなんて、ものすごく幸せ!
でもチェロの音にすっかり夢中になってしまったので、次のフランクのソナタが始まるとピアノの音が邪魔に感じられてしまって… このフランクのソナタは「独奏楽器とピアノが対等に扱われる」曲だそうなので、誰が演奏してもそんな感じになるのかもしれませんが(フランクのソナタを聴くのは初めてなのでよく分からない)、でもでもあれじゃあチェロの音が…! いえ、ピアノの音も綺麗だったんですけどね。ただ、室内楽としては微妙にピアノが主張しすぎているように感じられてしまって、むしろソロに向いてる演奏なんじゃないかしら、なんて思ってしまいました。とはいえ、ピアニストさんは室内楽を中心に演奏活動の傍ら音大で教えてらっしゃる方だし、留学時代はほかならぬコチ自身に室内楽を教わったそうなので、やっぱりああいうものなのかも…?

ロビーでコチのCDも売ってたんですけど、残念ながらお財布の中身がとってもさびしかったので素通り。コンサートの後にサイン会もあったようなんですけどね。まあ、曲目は確かめなかったので、バッハが入ってたかどうか分からないし… また機会があればということで♪

Comments (10)

  1. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    ちょうど、チェロ&ピアノの「G線上のアリア」の記事を書いていたところです。
    チェロは実はとても苦手な楽器で、普段はほとんど聴かないのですが、Youtubeで「G線上のアリア」を聴いていたら、意外とすんなり耳に入ってきました。
    チェロの音って素敵ですね~。すっかり好みが変わったようです。
    これも年のせい?持っているCDを聴き直したくなってきました。
    http://www.youtube.com/watch?v=dKb0SO-Fc_8&feature=related

    バッハの無伴奏は、まだちゃんと聴いたことがないんです。
    ヴラダン・コチも初めて名前を聞いたチェリストです。メジャーな人なら、たいてい何か聴いたことはあるんですけど。
    フランクのソナタは、ヴァイオリン版をよく聴きましたが、ピアノパートが華麗なので、誰が弾いても目立つと思います。
    高音域のヴァイオリンならまだしも対等な感じはしますが、低音域のチェロだと、ピアノが強すぎるかもしれませんね。

    苦手なわりに、チェロが入ったCDはソロも含めて数十枚は持ってます。
    好きな曲は、ブラームスの二重協奏曲。ピアノトリオの方も大好きで、これはカッチェン/シュタルケル/スークが愛聴盤。
    チェリストで特に好きな人はいないのですが、わりと感情移入の激しい演奏をする人が多い気がします。そこがちょっと苦手だった理由かも。でも、シュタルケルはわりと渋めです。

    最近買ったチェロ曲で気に入っているのは、ウィスペルウェイのベートーヴェンのチェロソナタ・変奏曲集。
    古楽奏法を身につけている人なので、音に透明感があってとても軽やか。すっと空中に消えていくような感じでしょうか。
    清々しい叙情感が好みに合ってました。
    この曲集はピアノパートもかなり充実してますね。それも楽しみの一つです。
    http://www.youtube.com/watch?v=1Vhbj2Wumko

  2. アリア

    Yoshimiさん、こんにちは。
    なんとYoshimiさんはチェロが苦手でいらっしゃいましたか。
    確かにチェロは感情移入が激しい楽器かもしれないですね。
    私としては、ヴァイオリンの方が更に感情移入が激しいイメージなのですが
    チェロも相当だと思います。

    今回のコンサートで、以前ピアノの先生が仰ってたことを思い出したんですけど
    室内楽をすると「ピアノは無造作に音を出しすぎる」と言われることが多いんだそうです。
    私のピアノの先生も大学時代に相当言われたそうだし、周囲もそうだったみたい。
    他の楽器は、もっと一音一音を真剣に、必死になって出してるのにって。
    今回チェロとピアノの演奏を聴いていて、それがよく分かった気がしました。
    今回ピアノを弾いていた方も確かに上手かったんですけど
    チェロの感情の豊かさには完全に負けてるなあって。
    そういうのも、ピアノの音が邪魔に感じられてしまった一因かも。

    あ、フランクのソナタの場合は、ヴァイオリンとチェロの違いも大きいんでしょうね。
    音域の差というのは、なんとしても埋めがたいものがありそうです。

    でも苦手と仰いながら数十枚もCDを持ってらっしゃるのが、さすがYoshimiさん!
    まあ、チェロの場合ピアノ伴奏が入ることが多いし(チェロに限りませんが)
    その伴奏を好きなピアニストがしていれば、CDも自然に集まってくるでしょうね。
    (でも、あれれ、「ソロも含め」なんですね 笑)
    私はチェロの音が好きな割にCDをあまり持ってないし、曲もあまり知らないんです。
    バッハの無伴奏ぐらいですかねえ。
    …この曲で超有名なカザルスは少し苦手だったりするんですが…(笑)

    ヴラダン・コチはほとんどCDを出してないようなので、ご存じなくても無理ないかも。
    YouTubeではいくつか動画がありました。
    http://www.youtube.com/watch?v=hA6DWk-xzwM
    ヴァイオリンとピアノとのトリオなので、チェロは少し分かりにくいですが
    1分45秒辺りからチェロのソロが入ります。
    (やっぱり会場で生の音を聴くのとは少し違うなあと思ってしまいますが)

    ベートーヴェンのチェロソナタ、実は初めて聴きました…
    この曲だと、チェロはピアノに全然負けてないですね!
    やっぱり最初からチェロを想定して書かれてるからかしら。(笑)
    ベートーヴェンらしい曲ですねえ。ウィスペルウェイの音も綺麗。
    ブラームスの二重協奏曲もぜひ聴いてみたいです。
    あとG線上アリアはとても好きな曲なんですけど、CDとしては持ってないんです。
    教えて頂いたYouTubeの演奏もすごく素敵ですねえ。
    Yoshimiさんの記事を拝見するのが楽しみです!

  3. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    たしかに、ピアノは無造作に弾いても、鍵盤を叩けばすぐにきちんとした音程で音が出ますからね。
    ピアノは音が格段に多いですから、トータルのエネルギーは一緒だとしても、一音一音にかけるエネルギーは違いますね。
    それに、弦楽器は腕の延長のように体に密接して、音も顔の近くで鳴りますが、ピアノは発音機構が体と離れていて、楽器と対峙して弾くという感じがするので、感情の伝わり方が違うようには思います。
    ピアノで一番感情移入が激しい演奏をするのは、内田光子さんだと思ってますが、私はこの人が大の苦手で…。肩が凝りまくってしまいます。

    チェロのソロのCDも持っているのは、チェロ(それにヴァイオリン)の小品集がなぜか好きで、昔は店頭で試聴してよく衝動買いしてました。マイスキー、イッサーリス、ヨーヨー・マの小品集とか持ってます。
    チェロの名曲といえば、チェロ&ピアノ版のサン=サーンス《白鳥》は、いつ聴いても良いですね~。
    オケ、ピアノ・ソロよりも、チェロで聴くべき曲ではなかろうかと思ってます。
    http://www.youtube.com/watch?v=m531VMoKKmw&feature=related

    ヴラダン・コチのライブは、スメタナのピアノ・トリオですね。
    この曲は、最近初めて聴きました。ブラームス的で好みのタイプの曲です。
    このライブは、チェロの音が少し聴きづらいですね。他の音との分離が悪いというか、マイクのセッティングのせいでしょうか。
    それとも、スタジオ録音に慣れてしまった私の耳のせいかも。
    生演奏で聴くのとは、やっぱり違うでしょうね。一度はホールで聴いてみないといけませんね。
    そういえば、練木繁夫さんの『Aをください ― ピアニストと室内楽の幸福な関係』に書いてましたが、室内楽で大事なのは各奏者の位置決めだそうです。
    ピアノの湾(右側のくぼんだ部分)に奏者が入ってしまうと、ピアノの音が巻き起こす音の乱気流に巻き込まれてしまって、音が聞こえないのだそうです。
    まるで”バミューダ・トライアングル”。

    ベートーヴェンのチェロソナタは、第1番・第2番はチェロ独奏付きピアノ・ソナタの趣きはありますが、第3番からチェロとピアノが対等になっていきます。
    変奏曲集も面白いですよ。スポーツのメダル授与式で流れる有名なメロディが出てきて、ちょっとびっくりしました。

    「G線上アリア」はあまりに名曲すぎて、記事は大したことは書いていないのですが、古楽器バージョンの演奏も載せてます。
    普通のオケ版とは違って、古楽器だとかなり透明感がありますね。

  4. アリア

    Yoshimiさん、こんにちは。

    そうなんですよ。ピアノなら誰が鍵盤を押してもとりあえず音が出ますしね。
    きちんとした音程を出すところからして大変な弦楽器の人からしたら
    きっとものすごく甘っちょろく見えてしまうんでしょう。
    でもそうなの、ピアノは格段に音の数が多いから!
    ピアノの先生も「弾くのに必死で、そんなこと言ってられないのよ!」
    と、笑ってらっしゃいました。
    あ、ほんとですね。確かに弦楽器は身体と密接してるし、顔の近くで音が鳴る楽器ですね。
    その分、自分の声が自分には違って聞こえるのと同様の現象もあるのかもしれないですが
    音が身体の中を直接通るから、一音一音に敏感になりそう…。
    ピアノは対峙してますものねえ。
    なかなか自分の音を「聴く」ことができないの、そのせいにしてもいいですか。(笑)
    もっとしっかり聴かなくちゃダメなのは、よーーーく分かってるんですけど!
    「聴いてる」じゃなくて「聞こえてくる」にしか過ぎない感じ…
    ピアノに耳をくっつけて聴きながら弾きたいです。(笑)

    ヴァイオリンやチェロの小品集もいいですね。ピアノよりもなんとなく気軽だし。
    ピアノだと、収録曲がバラバラだとなんだか気になってしまうんですが
    (どうしても「イギリス組曲」全曲、とかその手を求めてしまって)
    ヴァイオリンやチェロだと、あまりそういう拘りが少ないみたいです、私。
    あ、私もヨーヨー・マのチェロ小品集を持ってますよ。
    クライスラーとかパガニーニの24の奇想曲の抜粋とか、シューマンとか入ってるの。
    ヴァイオリンの音は私には少し高すぎるので、チェロの音程がとても心地いいです。
    「白鳥」は、確かにチェロとピアノのイメージ!
    教えて頂いたYouTubeの演奏もしみじみと素敵でした~。いいですね~。

    で、ごめんなさい、スメタナのピアノトリオ。この曲自体は好きなんですけど!
    やっぱりヴァイオリンとチェロの音の区別がつきにくいですよね。
    これはきっとセッティングの問題なんじゃないかしら、と思います。
    ピアノの湾のバミューダ・トライアングルなんて話を伺ってしまうと尚更。
    …ピアノって図体も大きいし、音も派手だし、なんだか協調性の足りない楽器みたい…
    なんて一瞬思ってしまいました。
    いや、そんなことはないはずですが。やっぱりあるかなあ。(笑)
    なんだか弦楽器に比べてデリカシーに欠けるような気もする。(笑)

    ベートーヴェンのチェロソナタもきちんと聴いてみたいです。
    変奏曲も面白いでしょうね。元々変奏曲系って好きなので!
    これから「G線上のアリア」の記事を拝見しに伺いますね~。

  5. yoshimi

    アリアさん、こんばんは。

    CDラックからチェロの名曲集を探し出して、マイスキーとイッサーリスを聴いてみました。
    マイスキーは音がとても深く豊饒。この音はやはり魅力的です。
    でも、あの頭までどっぷり情感につかったようなアゴーギグとルバートたっぷりの演奏がどうにも合わなくて、やはりマイスキーは苦手です。
    コンチェルトだと、まだしも聴けないことはないんですけどね。

    イッサーリスはあまり人気がないかなと(勝手に)思ってましたが、プロフィールを見るとなかなか凄い人でした。
    彼は金属弦ではなく、ガット弦を使っているので(それも今まで知らなかった..)、音がウィスペルウェイにちょっと似てます。
    芯が硬いですがまわりが柔らかくて、やや軽めの音ですが、軽やかさと透明感はウィスペルウェイの方が上だと思います。
    やっぱりこういうタイプの音、好きでした。

    彼のチェロ小品集はとっても良かったですよ。
    一体、何年ぶりに聴いたことやら。知らない曲が多いので、新しい発見があって楽しいですね。
    あと何枚か彼のCDを持っているので、それも聴き直してみようと思います。あのスティーヴン・ハフやムストネンとも録音しています。
    イッサーリスはシューマンには大変こだわりがあって、得意としているそうなので、シューマンの作品集のCDも出してます。
    シューマンのチェロ曲は有名な曲が多いですからね。
    このCDは持ってますが、ピアノ伴奏がエッシェンバッハととても珍しいです。

    youtubeにイッサーリスの弾くシューマンのAbendlied(編曲版)があったので、お時間のあるときにでもどうぞ。
    http://www.youtube.com/watch?v=W0SWEDCcB0w

  6. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。
    チェロの音が好きだと言った割に、実は全然詳しくないので
    マイスキーもイッサーリスもあまりよく知らないのですが…
    マイスキーは、見た目だけでもかなりインパクトのある方ですよね。(笑)
    確かアルゲリッチと共演してたはずなので、その辺りからも

    >どっぷり情感につかったようなアゴーギグとルバートたっぷりの演奏

    これがなんだか想像できるような気がしました。(笑)
    でも音が深くて豊饒というのは、とても魅力的~。
    一度きちんと聴いてみようと思います。楽しみ楽しみ。

    あとイッサーリスがシューマンを得意にしているとは全く知りませんでした。
    エッシェンバッハと共演してるとは、それはぜひ聴いてみたいですねえ。
    あ、このCDですね!
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/457034
    これも、今度ぜひ聴いてみますね。教えていただいたyoutubeの映像も早く見たい♪
    イッサーリスがムストネンと組んでるのは、プロコイエフやショスターコヴィッチですね。
    スティーヴン・ハフと一緒にやってるのはラフマニノフとフランク、ブラームス…
    あら、結構沢山組んでるようですね。

    大好きなピアニストから派生してCDを買っておくと
    何かの機会にそんな風に改めて聴くことができたりして楽しいですね。
    世界がどんどん広がっていく感じがします!

  7. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    イッサーリスのシューマン作品集、そのCDです。選曲がなかなか良いそうです。
    CDは、欲しいと思った時に買っておくと、いつか波長がピタッと合うときが来るものですね。無駄にならなくて良かったです^^。

    ブラームスのチェロソナタは、ロストロポーヴィッチ&ゼルキン、シュタルケル&カッチェンなどいくつか持ってますが、もう一つピンと来ないものがあって、ヴァイオリンソナタほどには好きではないのです。
    イッサーリス&ハフのCDは買った覚えがなかったので、今日検索してみるとamazonUKで新品が送料込みで945円。
    異常に安くて、ついポチっとしてしまいました。
    衝動買いに近い気もしますが、ハイペリオンは、どのサイトでも結構高いですからね。
    レビューを読むと、ハフのピアノが素晴らしいです。ハフのファンとしてはとても楽しみです。

  8. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。

    教えて頂いたyoutubeのイッサーリスの映像見てきましたよ。
    叙情的な、しみじみと沁み込んでくるようなチェロの音ですね。
    重みはあまりないけど、この軽やかさがガット弦ならではの音なのでしょうか。

    そしてエッシェンバッハとの共演は、やっぱりこのCDだったのですね~。
    エッシェンバッハがピアノ伴奏なんてほんと貴重だし
    その上、シューマンだし! これはぜひとも聴かなくちゃいけませんね。
    シューマンは、これまでピアノ独奏曲が中心だったんですけど
    これからもっと広げて聴いていこうと思ってたところなので、いいタイミングです♪

    イッサーリス&ハフのCD、安い!
    amazon.uk だと届くのも速いから嬉しいですね。
    ハフのピアノが高評価だなんてますます楽しみじゃないですか~。
    聴かれたら、また感想を聞かせて下さいね。

  9. yoshimi

    アリアさん、こんばんは。

    フランクのチェロ(ヴァイオリン)ソナタ、イッサーリスとハフの録音がYoutubeにありました。
    ピアノがとても奥ゆかしくて、チェロの邪魔をしてません。
    イッサーリスがガット弦で弾いているので、チェロの音量があまり出ないですね。それにわりとさらっとした感じの表現です。

    スチール弦のチェロでも、ピアノがかき消してしまいかねないところを、ハフはガット弦の音量にあわせて、やわらかいタッチと軽めの音で抑えて弾いてます。(録音方法も多少影響しているのかもしれませんが)
    イッサーリスは伴奏ピアニスト泣かせですね~。
    それでも、ハフは白熱するところではちゃんと盛り上がってます。
    全体的には、憂いをおびたヒンヤリした叙情感が綺麗で、暑苦しくなくて私好み。

    youtubeでは全曲聴けますので(30分近くと長いです)、お時間があるときにどうぞ。
    http://www.youtube.com/watch?v=3Sa04sSg4RY

    2人で弾いていたブラームスのチェロソナタのCDも、1週間で英国amazonから届きました。これも良かったですよ!
    フランクのソナタと同じく、イッサーリスのチェロに上手く合わせてます。
    レビューどおり、ハフのピアノがほんとに素晴らしくて、こんなに綺麗な音とニュアンスで弾く人だったかしら..と改めて尊敬してしまいました。
    カッチェンのブラームスに慣れているせいか、ブラームスにしてはかなり流麗な感じがします。
    イッサーリスのチェロに合わせているので、力感がやや弱い気がするところもありますけど、やたらバンバンと力を込めて弾く人が多いなかで、ハフはやっぱりクール&パッショネイトな人でした。

    チェロの音がとても素敵に思えてきたので、今はバッハの無伴奏チェロ組曲のCDをいろいろと試聴中です。
    結局、イッサーリスとウィスペルウェイ(バロック・チェロ)のどちらにしようかで、とても悩ましいんですよね~。
    それぞれ個性があるので、やっぱり両方買ってしまいそうです。

  10. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。

    イッサーリスとハフの録音、ありがとうございます。
    今、早速 youtube を聴きながらこのお返事を書いてるんですけど
    ほんとピアノが全然チェロの邪魔をしてないですね! しっくりと溶け合っていて素敵。
    確かに録音方法にも何かありそうな感じがしますが
    (ピアノが微妙に遠くから聞こえる感じもするような…?)
    ガット弦の音量に合わせて柔らかい音で弾くというのはなかなか大変そうなのに
    柔らかいところはあくまでも柔らかく、盛り上がる時はしっかり盛り上がって
    それでいてピアノが盛り上がる時でも、決してチェロの音をかき消したりすることはなく…
    さすがハフですね。
    やっぱり先日のピアニストさんの音は、ピアノが勝ち過ぎてたんだなあって思います。
    音質からして、他の楽器と合わせるには華やかすぎたというか。
    やっぱり独奏向きの音質だったと思いますねえ。
    日頃からピアノみたいな独奏楽器を弾いてると、色々難しいんだろうなとは思いますが。
    合わせ物への向き不向きなんて、根本的な性格的な問題もありそうですし。(笑)
    フランクのソナタも、きっと合わせるのがとても難しい曲なんだろうと思いますが…
    でもこういうのを聴くと、やっぱりこうあるべきだなって思っちゃいますね。

    イッサーリスとハフのブラームスも良かったんですね~。
    そんなに素敵だったのなら、私も買ってしまおうかな。(あ、また! 笑)
    クール&パッショネイトで、しかも相手に合わせられる(相手を引き立てられる)
    ハフのピアノ、ぜひ聴いてみたいです♪
    バッハの無伴奏チェロ組曲も楽しみですね。それはぜひ両方を!(笑)

    という私は、昨日アンデルジェフスキのコンサートに行ってきましたよ♪
    これから早速その記事を書こうと思います~。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress