2011年06月03日

レッスン日記57

Category : レッスン日記 
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。今回、練習は結構きちんとできたと思うんですけど、今朝はなんだかとっても疲れていて、ふらふら~と先生のおうちへ。「ふらふら」とは言っても徒歩30分しっかり歩いてるんですけどね。なんで今日はこんなに疲れてるんだろう。寝不足というわけでもないのに。暑いからかなあ。到着して前の生徒さんのショパンのバラードのレッスンを見てるうちに、少し目が覚めましたが。

まずはハノン。スケールとアルペジオは As dur と f moll 。f moll を弾こうとしてはっと気づいたら F dur を弾き始めてしまった、なんて大ボケもあり… あと、今日は指の形が悪かったようで注意されてしまいました。弾いてる指が寝ていて、第一関節が凹んでしまっているらしいです。そんなの言われたの初めてなんですけど、前からそうだったのかなあ。普段自分の指を見てないからなあ。指を少し立て気味にするとそうはならないようなんですが、これから要注意ですね。それでもなんとか合格。
53番「オクターブの音階練習」は、2巡目に入った時はもう少し速く弾けるようにしましょう、との言葉がありつつ合格。54番「3度の4重トリル」は、「もう練習してる?」「最後の方で左手がもつれるんですけど…」「まあ、とりあえず弾いてみて」と弾いてみたんですが、やっぱりもつれます。2・4と3・5が交互になるところ。こういうのをやると左手の弱さを実感します。まずはスタッカート練習をしてみてね、とのことでもう1回。あと次回は55番「三重トリル」も見てくること。これはソプラノをよく聴きながら弾くこと。

そしてドビュッシーの「レントより遅く」。これは、結論から言うと、今日で終わってしまいました…! 合格です。でもこれが「素敵に弾けるようになってすっきり」合格ではなくて、「まだまだ突っ込みどころは満載なんだけど、まあこんな感じかしらね」という合格。いや、実際そんなことを言われたわけじゃないんですけど! まだ全然ダメなのは自分でもよく分かってるんですよぅ。最初の音からしてなんだかすっきり決まらなくて、全体的にもわもわーんなんですもん。指は一応楽譜通りに動くんですけどね。このニュアンスの足りなさっぷりに先生も愛想を尽かしてしまわれたのでしょうか。でも
「じゃあ、次は幻想即興曲いきましょう!」
と、明るく仰る先生。(ショパンがお好きなんですよね)
まあ、ドビュッシーに関しては、ちょっとやそっと足掻いたぐらいじゃあ変わり映えはしなさそうだし、あとは時間をかけて自分で練ることにしますわ…。もしかしたら、ある日突然光が見えてくるかもしれないですし。

最後はバッハ。フランス組曲3番は、メヌエットとトリオとジーグを弾いて、メヌエットとトリオは合格、ジーグがもう1回。ジーグは1度普通に弾いた後で「んんー、16分音符をノンレガート気味にしてみましょうか」ということになって、でもそんないきなり言われてもーーー。右手はまだノンレガートにも対応できるんですが、左手は無理無理。速い曲ですしね。ということでジーグはまた練習し直さなくちゃいけません。でもでも、ジーグをどんな雰囲気で弾けばいいのか、ちょっと掴めたような気がする!
そして今日は5番のアルマンドとクーラントも見ていただきました。アルマンドは特に何もなく… というわけではないでしょうけど、今日はとりあえず弾いただけ。クーラントは、16分音符をもっと軽快に。テーマが登場するたびに意識して。…まだそれほどテンポ良く弾けないですからね。これからです。サラバンドとガヴォットも見ていただけると良かったんだけど、ここで時間切れでした。ブーレとルールとジーグも次回までにしっかり練習しておこうっと。

*****

 
ハノンのところでも書きましたが、やっぱり左手が弱いんですよね、私。まあ、そう思う人は多そうだし、特に珍しいことでもないんでしょうけど…。両手で練習するのもいいけど、やっぱり左手だけの練習をもっとするべきなのかなーと思う今日この頃です。だって右手と一緒に弾いてると(ハノンの話ね)、どうしても右手の音ばかり聴いてしまうんですもん。左手だけ弾いてみて初めて、恐ろしいほど凸凹なのに気がついてびっくりしてみたりするんですもん。バッハを弾く分には、左手にはそれほど困ってないし、それほど凸凹せずに弾けてるんじゃないかと思うんですけどね…

「そんなに左手が動くようになって何を弾きたいの? ショパンの革命?」

という趣旨の文章をどこかで読んだことがあるし、実際左手に関してはそれほど考え込む必要もないのかもしれないんですけど。「革命」も一応弾けるし。バッハの曲の左手を綺麗に弾けるよう、弾きながらきちんと聴くよう心がけていれば、それが結果に繋がっていくような気もするんですけど。
でもね。どうなんでしょうね。いざずっと念願だった曲を練習し始めた時、左手の動きが思いのほか重要だと気が付いたら? その時に練習し始めるのはやっぱり間に合わないような気がするし。やっぱり右手の足を引っ張る(?)心配がない程度には動いて欲しいし。

やっぱりハノンで少しずつやろうかなあ、左手特化練習。まずはゆっくり綺麗に弾けるように。
って言うのは簡単です。きちんと継続するのが大変なんですよね。(笑)

Comments (4)

  1. アリアさん、こんばんはー

    あたしも左手は瀕死です・・・
    あまりコントロールがきかないんですよ><
    革命を弾く予定は今のところ全然ないんですけど
    やっぱり左手は強化したいなって思います。
    まぁ右手のスケールもデコボコなんですけど(汗)
    左手強化党を立ち上げますか?(笑)

  2. アリア

    のんさん、おはようございますー

    左手強化党、いいですね!(笑)
    コントロールがきかないの、すごーーくよく分かります。私もですよ…
    お互いバッハを弾いていくからには、左手は無視できないですよね。
    私も今のところはまだ左手すごすぎーって曲とは出会ってないんですけど
    今弾いてる曲でも、もし左手がもっと綺麗に弾けたら
    もしかしたら曲全体がレベルアップするかもしれないですよね!

    まずはスケールからでしょうか? 指の形に気をつけながらゆっくり滑らかに?
    自分の音を注意深く聴くいい練習にもなりそうです♪

  3. アリアさん、こんにちは。はじめまして。monetと申します。10年以上のブランクを経て、ピアノ再開後、約1年です。
    以前から、何度かこちらのブログにお邪魔していたのですが、お話の内容が濃く?、(特に私のようにバッハ苦手な者にとって)、コメント出来ずにおりましたが、今日は思い切って…。
    左手は、とても大事だと、最近つくづく思っております。左手練したら、曲が流れるようになったり。先生にも、ハノンなどで、左手を余計に練習してみて、と言われたりしています。左手は、多くの曲で、例えていうならば土台。土台から釘の抜けた所に、家を建てるのは、絶対ゴメンですよね~。私の場合、バッハが苦手なのは、左手の弱さと、左右分離が出来ていない為だと思います。
    また、ブログにお邪魔させてください。よろしければ、今後ともよろしくお願いいたします。

  4. アリア

    monetさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
    以前から見て下さってたとは嬉しいです。

    monetさんも大人になってからの再開組なんですね! と思ったら。
    ブログをちらりと拝見させて頂いたんですが、すごいですねー。
    バッハが苦手とは言っても、もうレベルが全然違うような…(笑)
    あ、左手が土台というお話、とても納得です。
    本当ですね、土台がしっかりしていないところに家を建てようと思っても
    それじゃあ、ただの砂上の楼閣になってしまいますね。

    こちらこそ、これからどうぞよろしくお願いいたします。
    色々と教えていただきたいです。
    またそちらのブログにもご挨拶にお伺いいたしますね。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress