2011年10月30日

ヤン・リシエツキ

Category : 音楽的催事 

Jan Lisieckiシンフォニーホールで行われたヤン・リシエツキくんのコンサートに行ってきました。
…とは言っても、ご存知ない方が多いのではないでしょうか。という私もつい最近まで知らなかったんですけど、You Tubeでバッハの演奏を見たら素敵だったので、値段が安かったこともあって行ってきてしまいました。まだ16歳の可愛い青年です。詳しい紹介はコチラ

曲目は
  J.S.バッハ:平均律クラヴィア曲集第2巻第14番 前奏曲とフーガ嬰へ短調
  ベートーヴェン: ピアノソナタ第24番 嬰ヘ長調 Op.78
  リスト: 3つの演奏会用練習曲 S144
  メンデルスゾーン: 厳格な変奏曲 ニ短調 Op.54
  (休憩)
  J.S.バッハ:平均律クラヴィア曲集第2巻第12番 前奏曲とフーガへ短調
  ショパン: 12の練習曲 Op.25

アンコールは
  ショパン: ワルツ第7番 Op.64-2
  モーツァルト: トルコ行進曲

前半も後半もバッハから始まるのが印象的なプログラム。そしてこのバッハがとても良かったです! 純粋で静謐で、少し悲しくて、祈りがこめられているようなバッハ。リシエツキくんの透明感のある音がすごく曲に合っていて、曲の良さが生かされてるなあという感じ。すごく素敵でした~。プログラムに載ってるインタビューによると、彼はバッハがとても好きで、クラシック音楽の原点に戻るという意味からも、バッハから始めるプログラムが好きなのだそうです。前半はバッハからベートーヴェンのソナタへ。嬰へ短調から嬰ヘ長調という流れもとても自然で良かったですねえ。
後半のバッハの後はショパンのエチュードOp.25の12曲。これがまた個性的なショパンで! テンポの取りかたとか表情付けとか、今まで聴いたショパンのエチュードのどれともまた違っていました。特に10番のロ短調から11番木枯らし、12番の大洋という流れはもうすごい迫力!
そしてアンコールのショパンのワルツもすごく良かったです。特に転調する辺りがものすごく素敵でした。ええと、私にはショパンのエチュードよりもこっちの方が響いてきたかも。エチュードの演奏を聴いても「やっぱり私もショパンが弾きたい!」にはならなかったんですけど、こっちのワルツはちょっとその気になりそうなぐらいだったし。(どういう基準だ)

このリサイタルは、東京の音楽事務所アマティによる「プロジェクト3×3」という企画。コンクールではなく一般の聴衆に聴いてもらって若手を育てようと今年から始まった企画で、同じ奏者が東京と大阪と名古屋で3年続けて演奏するのだそうです。そして今年、韓国のヴァイオリニスト・パク・ヘユン、フランスのピアニスト・リーズ・ドゥ・ラ・サール、日本のヴァイオリニスト・三浦文彰の3人が既に演奏を終え、今日のヤン・リシエツキくんが4人目。東京ならまだしも、大阪で若手の音楽家でお客さんを呼ぶのは相当大変だろうと思うのですが、こういう企画っていいですね。応援したくなっちゃいます。

ええと、先日東京のオペラシティで行われたリサイタルはかなりがらがらだったと聞いて、それじゃあ大阪は尚更なんじゃ…?と心配してたんですけど、実際にはそれほどでもなかったです。2階席はあまり人がいませんでしたが、1階席は思ったより埋まっていて、ガヴリリュクくんの時と同じぐらいだったような。いや、やっぱりもう少し少なかったかしら。来年は9月30日にシンフォニーホールでリサイタルともう決まっているようなので、都合さえ合えば、また聴きに行こうかなと思ってます♪

Comments (2)

  1. アリアさん、こんばんは

    またずいぶんカワイコちゃんをみつけてきましたね(笑)
    しかもバッハから始まるなんてステキ♪

    私も来年行ってこようかなー
    そのときもバッハをやるといいですね。

  2. アリア

    のんさん、こんにちは

    ねーっ、可愛いでしょーっ。
    既に背も高くて、すっかり青年という感じなんですけど
    長い手足を持て余してるような動きがまた可愛かったです。
    でもでも、「可愛い」よりもポイントなのは、バッハが好きだということ!
    平均律、もう本当にとても良かったですよ。
    先行きが楽しみです。バッハのCD、出して欲しいです~。

    既に来年・再来年と来日が決定してるので、のんさんもぜひ♪
    来年の東京は10/6の予定だそうです。^^

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress