2011年11月25日

レッスン日記65

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : , ,

今日はいいお天気! 朝は寒くって、レッスンに行く前に家で少し練習しようと思っていたのに、手がかじかんでて結局全然弾けなかったんですが、レッスンに行くのに30分歩いたら体が温まったらしくて、レッスンでは割と調子良かったかも。いえ、家での練習が調子良かったとしても、先生のところで調子いいとは限らないというか、逆に要注意な感じもあるんですが… もしかして練習しない時の方が結果がいいとか?(いやん)

ハノンはスケールとアルペジオから。Es dur と c moll、As dur、f moll の4つ。今日はすんなり合格。次はDes dur、b moll、 Ges dur、es moll です。そして59番「6度の4重トリル」は、右手のトップの「ドレドレドレドレ」の「レ」の音がどうも強くなりがちだったようで何度も弾き直しになり、「ドレレミミファファソ」も「もっとレガートに」と注意されたのですが、とりあえず合格。次は60番のトレモロ! とうとう最後まで来ましたよー。とは言っても、60番が終わったらまた3部をもう1巡するんですけどね。それが終わったら、1番から38番までのも見ていただくことになるのかなあ。ツェルニーはあんまりやりたくないし、やるならハノンがいいなあ。

ハノンの次はバッハ「フランス組曲」。4番のサラバンドから。
サラバンドは「もっと思い切り歌って」と先週と同じことを注意され、あとは2拍目にリズムが来るという確認。右手のトリルが一回左手よりも前に出てしまったようで、それも注意されました。ガヴォットは快活な感じで。メヌエットは可愛らしく。エールは… ええと、エールは特に注意されなかったかも。ということで、サラバンドからエールまでは合格です。ジーグはまだ弾きこみが足りないので、もう1回。
そして4番の次は1番か2番か好きな方を見てくることになりました。歌わせるのがとても下手なので、そろそろまた短調をやりたいなと思ってたところなんですよね。どちらかといえば1番かなー。(フランス組曲はこのまま全曲やるという認識でいいのかしら…?)

最後はシューマンの「アラベスク」。
主旋律は可憐に。転調したところでは短調を感じて少し物悲しく。Minore I の部分は右手のトップの音がメロディになるんですけど、ここの音と音の繋がりが直線になってしまっているので、もっと曲線で柔らかく繋げるように。もっとレガーティッシモで。poco ritの後の3つの和音はもっとハーモニーを感じて。注意点としてはそのぐらいだったかなー? 「次の時までにはペダルもつけて仕上げてきてね」とのことでした。おお、もう仕上げ! でも確かにこの曲はもっぱら主旋律の繰り返しで、合間合間に独立したパターンが入ってくるだけなので、あまり難しくないですしね。初見でも弾けるぐらい。でもとても素敵な曲なので、次のレッスンまでにもっともっと弾きこんでレパートリーにしてしまいたいな。

今日はいっぱい上がって嬉しいです☆ 次のレッスンは2週間後~。



2011年11月24日

パーヴォ・ヤルヴィ&パリ管弦楽団

Category : 音楽的催事 | コメントは受け付けていません。 

Paavo Järvi & Orchestre de Paris昨日は京都コンサートホールに、パーヴォ・ヤルヴィとパリ管弦楽団のコンサートに行ってきました。京都コンサートホールに行ったのは初めて。大ホールまで上っていく通路が、螺旋階段のようにぐるぐると大きな坂になっていて、壁にはこれまで京都コンサートホールで演奏した人たちのサイン入りの写真があるんですね。楽しくてきょろきょろしちゃいました。(笑)

今回パーヴォ・ヤルヴィとパリ管弦楽団は全国6箇所でコンサートを行うんですけど、ヴァイオリンの諏訪内晶子、ピアノのダヴィッド・フレイ、クラリネットのパスカル・モラゲス、同じくクラリネットのフィリップ・ベローと、日によってゲストが違うんです。そして京都は今回の私のお目当てのダヴィッド・フレイ♪ あの中でフレイくん目当ての人はどのぐらいいたのかしら。パーヴォ・ヤルヴィとパリ管弦楽団ということでチケットが結構な値段だったんですけど、客席はほぼ満席でした。どこかでお見かけしたことのあるような方もちらほらと。

曲目は
  メシアン: 忘れられた捧げ物
  ラヴェル: ピアノ協奏曲と長調
  ベルリオーズ: 幻想交響曲作品14

今回の私の席はサイドの2階の席。正面のパイプオルガンにかなり近いところで、オケを上から見下ろす位置。チューバやトロンボーンの人たちがすぐそこにいる感じ。いやあ、この席は面白いですねえ。オケのそれぞれの楽器の動きがすごくよく見えて楽しかったです。音のバランスも正面ほどではないかもしれないですけど悪くないし。金管楽器や打楽器ですごく楽しめちゃったし、何より指揮がよく見えるのが嬉しい!
パーヴォ・ヤルヴィはまるで魔法使いのようでしたよ。指揮棒でいろんな楽器からいろんな色の音の糸を引っぱり出してきて、指揮棒に巻き取っていくのが目に見えるみたい。音の糸の太さや流れも自由自在に操っちゃうんです。すごいです。そして要求される音をどんどん紡ぎだしていくオケもすごい。特にメシアン「忘れられた捧げ物」の最後のヴァイオリン。本当にドキドキさせられてしまいました。この曲は全然知らないままコンサートに行ったのに、ものすごく面白かったです。知らない曲をこんなに楽しく聴けるというのは、やっぱり指揮者とオケの腕ですよねえ。

そして肝心のラヴェルのト長調のピアノ協奏曲なんですけど。
実はオケには楽しい席でも、ピアノを聴くにはあまり良くなかったみたいで… ピアノの音が蓋に当たって正面の方に飛んでしまうのかな。ちょっと篭った感じの音になってしまって、オケの音に埋もれてしまいました。演奏してる時のフレイくんの顔はよく見えたんですけどねえ。正面の席から聴いてたらどうだったんだろう… オケは素晴らしかったんですよ。聴きながら、途中で思わず足でリズム取り始めちゃったぐらいですから。でもピアノに関しては残念ながらよく分かりませんでした。第2楽章の最初とかソロ状態のところではもちろん素敵でしたが… ピアノ目当てで行ってるというのに何やってるんでしょうね、私ったら。でもアンコールで弾いてくれたバッハのパルティータは素晴らしかったです。6番のアルマンド。すんごく美しくてもう溜息物でした。あんな風にバッハが弾けるなんて!

そしてベルリオーズの「幻想交響曲」。
メシアン同様、ベルリオーズともあまり縁がなくてほとんど聴いたことがなかったんですけど(要するに私の幅が狭いだけ)、意外と古い時代の人だったのですね。この曲がベートーヴェン没後6~7年に書かれたと知ってびっくり。5つの楽章のタイトルは「夢・情熱」「舞踏会」「野の風景」「断頭台への行進」「ワルプルギスの夜の夢」とあるんですけど、これを見ても例えばゲーテの「ファウスト」時代ではなく、もっとラヴェルの時代ぐらいの人なのかと勝手に思っていました。当時はとても斬新な曲だったのでしょうね。今聴いても、逆に復古主義の人が作ったのかと思ってしまう… というのは言いすぎでしょうか。(笑)
この「幻想交響曲」が本当に素晴らしかったです。特に第5楽章。第4楽章までもとても良かったんですけど、この第5楽章には興奮しました。うわああっと思ってるうちに飲み込まれちゃいましたよ。曲が終わって一瞬の静寂。そして拍手。もう全然鳴り止まないし! ブラボーの嵐!

オケのアンコールは、ビゼーの「アルルの女」より「ファランドール」、そしてシベリウスの「悲しきワルツ」。どちらも良かったですが、特にファランドール。ちょっと走りすぎでしょーと思いつつも、躍動感たっぷりでかっこよかったです。あと、何度もあるカーテンコールの最後の方で、パーヴォ・ヤルヴィの合図でオケのメンバーがくるっと後ろに向いてご挨拶してくれたんです。これがまたとてもチャーミングで~♪

いやあ、やっぱりすごいですね、パーヴォ・ヤルヴィもパリ管弦楽団も。スケールが違う! 完全にフレイくん目当てで行ったコンサートでしたけど、もうすっかりパーヴォ・ヤルヴィ&パリ管弦楽団のファンになってしまいました。
じゃあ、フレイくんはどうなのよ?ってとこなんですけど、今度はリサイタルでお会いしたいですね。今回は埼玉と鹿児島だけでリサイタルなんですよねえ。羨ましいな。次回は関西でもリサイタルをぜひ!



2011年11月18日

トランペット協奏曲

Category : 音楽的催事 | Comments (4)  

日本センチュリー交響楽団定期公演チケットをいただいて、シンフォニーホールで行われたコンサートに行ってきました。日本センチュリー交響楽団の定期演奏会です。ソリストはトランペットのオーレ・エドワルド・アントンセン。ざっと見渡したところ、1階席は満席。2階席は半分ぐらいかな。トランペットって人気あるんですねえ。(もちろん日本センチュリー交響楽団のファンも多いんでしょうけど)

曲目は
  モーツァルト: 交響曲第39番 変ホ長調 K.543
  ハイドン: トランペット協奏曲 変ホ長調 Hob.Vlle-1
  (休憩)
  オネゲル: 交響曲第3番「典礼風」

トランペット協奏曲の後のアンコールは
  フリードマン: ファンファーレ

トランペットには今まで興味がなかったのでオーレ・エドワルド・アントンセンの名前も初耳だったのですが、1962年ノルウェー生まれの方で、世界でもトップレベルでも有名なトランペット奏者なのだそうです。1987年ジュネーヴ国際コンクールで審査員全員一致で優勝、1989年ブラティスラヴァのユネスコ国際コンクールでも優勝。…と言われても、トランペットのコンクールはよく分かりませんが… 1992年のアルベールビルオリンピック、1994年のリレハンメルオリンピックでのファンファーレ演奏で世界中の喝采を浴びたそうで、これなら見てらした方もいらっしゃるかもしれませんね。(残念ながら私は見てません…)
でも本当にすごいなと思ったのは、彼のために40以上もの作品が作られているということ。ある演奏家のために作曲家が曲を作るというのは、なによりも素晴らしいことですよねえ。

3つの大曲が演奏されたんですが、やっぱり一番楽しめたのはハイドン。トランペット、素晴らしかったです! 今までトランペットといえば吹奏楽なイメージが強かったのですが、本当のトランペットの音って全然違うんですねえ。オーケストラに溶け込んでしまうような自然な音から、暖かくて深い音、朗々とした豊かな音、輝かしい高らかな音まで、音色の幅もとても広かったですし、実はすごい描写力がある楽器だったんだなあとびっくり。ハイドンのこの曲がどんな曲なのか全然知らずに行ったんですけど、聴いてるともうまるで違う情景が目の前に広がるようでした。

会場からのブラボーと鳴り止まない拍手に応えてのアンコールは、フリードマンの「ファンファーレ」という曲。これは現代曲なんですね。出だしこそファンファーレらしく高らかなんですけど、どんどん変わっていく不思議な曲。でもきっとトランペットの能力を最大限に生かしてるんだろうな。トランペットって、実は様々な音が出る楽器なんだなと本当にびっくりでした。押さえるところは3つしかないはずなのに、どうやってこんな風に音を切り替えてるの? どこかから空気を抜いたりしてるの? 息の調節だけじゃあ無理でしょ? などと不思議になってしまうぐらいの音の操り方。会場からはため息が漏れてましたよ。



2011年11月16日

「音楽の正体」その8

Category : 楽典覚え書 | Comments (4)  

第15章「プリンセスプリンセスの見つけたダイアモンド -転回形と半音階的進行-」

「プリンセスプリンセス」の「ダイアモンド」の中で使われているのは「半音階進行」。半音階進行とは、かつてモーツァルトも愛用した技法で、「いわばピザにふりかける赤唐辛子のように定番のスパイスとして」使われるものなのだそう。そしてこの技法を使いまくり「表面真っ赤っ赤になってしまうほど赤唐辛子をかけた」のは、ワーグナー。それによって西洋音楽が破壊されたとまで言われたそうですが…。

半音階のことを理解するためには、まず和音の転回形を。
「ドミソ」の和音は「ミソド」「ソドミ」と鳴らすこともできます。音楽理論上では、「ドミソ」の基本形に対して「ミソド」が第1転回、「ソドミ」が第2転回。そしてこの3つの形、同じもののように見えて、実はその効果はそれぞれに違うのだそうです。ひっくりかえるほどに、安定性や信頼性が失われていくのだとか。だから曲に安定感を与えなければならないところ、例えば曲の始まりや終わりの I 度の和音、 V → I と進行する時の和音は、常にきちんと響く基本形を使うのですね。それ以外のところは比較的自由なようなんですが。
初心者がピアノでポップスを弾くと一本調子になりがちなのは、この辺りの兼ね合いのようです。譜面のコード進行を見ながら、その通りに鍵盤を押さえると、基本形ばかりになってしまいがち。適当に転回形を混ぜながら弾かないと、いつも肩に力が入ったような状態になってしまうのだそうです。基本はベースラインがなだらかなメロディになるように転回形を織り込んでいく、だそうなんですが… 咄嗟には難しいよー。

そして、比較的自由な時の和音の進行で定番なのは、音階の音通りに1つずつ下がっていく順次進行と、半音ずつ下がっていく半音階的進行なのだそうです。(もちろん上にあがっていく進行もあり得ますが、実際にはそれほど多くないらしい) どちらもベースラインに現れた時に「音楽に大変な流麗さをもたらし、楽曲をグッと豊かにする」のだとか。

その進行が使われている曲で有名なのは、山下達郎「クリスマス・イブ」や松任谷由美「守ってあげたい」、プリンセスプリンセス「ダイヤモンド」など。特に「ダイヤモンド」は、基本形に始まり、第2転回形→第1転回形→第1転回形→第1転回形→第2転回形→第1転回形と不安定な状態が続き、メロディの区切りの8小節目でドミナントの基本形に戻る、そして上向きの半音階進行も巧みに組み合わせられているという構成の上手さなのだそうです。(へええ)

第16章「竹内まりやの「告白」に鼓動を聞く -内声と外声-」

音楽を聴いていて、普通一番最初に耳に入ってくるのは一番高いところで鳴っているメロディ。でも一番低いところで鳴っているベースも聞き取れるようになると、俄然音楽の楽しみが広がるそうで…
例えば、竹内まりやの「告白」。これは冒頭部分で電話の音が鳴り、続いて緊張感のあるキーボードの和音が鳴り、そして入ってくるベースの音はまさに心臓の鼓動。そこにバスドラムが重なってその音を強調。聴く側が実際にはそれと意識していなくても、ある種の雰囲気は伝わる、演出的意図を持ったベース。音画的手法を用いたベースの好例なのだそうです。そして中間音域ではピアノの半音階進行が。

ポピュラーでもロックでも、名曲と言われる曲は内声にも綺麗な旋律が入っているものなのだそう。メロディを楽しみ、歌詞を楽しみ、和音の流れを楽しみ、ベースを楽しみ、そして内声を楽しむ。芝居にたとえれば、主役だけが頑張っているのではなく、台詞もないようなその他大勢まで、みんなが素晴らしい演技をしてこそ、よくできた舞台になるというようなものなのだそうです。竹内まりやの「告白」は、この内声まですごく上手くできている良い例だそうなのですが…

まあ、この辺りは普段からバッハを聴いていれば、改めて言われなくても分かりますよね。



2011年11月11日

レッスン日記64

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags : , ,

金曜日はなんでこんなに雨が多いんだ?
と思いつつ、レッスンへ。傘ささなくても大丈夫な程度のパラパラッとした雨だったのですが。

「次回はバッハから聴かせてね」と言われていたので、今日は「フランス組曲」から。アルマンドからジーグまで、全部聴いていただけましたよー。そしてアルマンドとクーラントが合格です。以下注意されたところ。
サラバンドはもっと歌わせることと、音が切れてしまう部分では隠しペダルを使う。ガヴォットは冒頭の「ミシ、ドラ」の弾き方。ミは腕から重みをかけて、シにはあらかじめ指を置いておいて軽く持ち上げる感じ。全編この繰り返しなので、この弾き方を右手も左手も練習してくること。メヌエットはもっと3拍子を感じて。エールは「これはあともうちょっとってところね」。ジーグは「シラソラソファ」の音型のところを1音ずつ切って弾く。下向きのところだけでなく、上向きの「ソラシシドレ」みたいなところも全部。
次回、1つでも多く上がれるように頑張ります!

次はショパン「幻想即興曲」。
最初弾き始めたらなんだか変になってしまって、途中でストップが。でもまた最初から弾きなおしたら、今度はなんとかいい感じで最後までいきました~。「どこかで弾くんならもう少し弾きこんだ方がいいけど、レッスンだったらこれで十分よ~」ということで合格です。やったー、嬉しい!
でもやっぱり舞台に乗せるかどうかで仕上がりの完成度が全然違ってくるんだなあ、とこんな時に実感しますね。私としては今のこの状態でもう精一杯な感じなんですけど、それでも見過ごしてる細かいところを丹念に仕上げていったら、まだもう少しは完成度が高まるんでしょうし。安定感も出てくるでしょうし。
まあ、とりあえず合格ですが、こんなに片手練習をしたのは初めてってぐらい片手練習をいっぱいした曲なので、もうしばらく自主練習を続けてみようと思います。ある程度まで仕上がった曲って、ここからは一体どうすれば?と行き先を見失ってしまうことが多いんですけどね… よく分からなくて、結局また片手練習してみたりするんだな。(笑)

ということで、次回からはシューマンです。まずは「アラベスク」から♪
シューマンの楽譜はブライトコップ社のW・ケンプ版全3巻を持ってるので、この3冊に載ってる曲は全部やるのが目標。3巻になると「謝肉祭」「ウィーン謝肉祭の道化」「クライスレリアーナ」「交響的練習曲」「ピアノソナタ2番」と難曲が並んでいるので、当分は無理だと思うんですけどね。とりあえずは1・2巻を制覇した後、大好きな「ウィーン謝肉祭の道化」を目指します♪(少なくとも3巻ではこの曲が一番取っつきやすそうです)

そして最後にハノン。
時間がもうほとんどなくて、スケールとアルペジオの変ロ長調とト短調しか聞いていただけなかったのですが、「幻想即興曲」の後だけあって指がまわるまわる。ようやくエンジンがかかってきて絶好調でしたよ。おかげで左手まで元気になってしまって、「ちょっと左が大きすぎるわね。もっと右手を聴いて」と、今まで言われたことのない注意をされることに…(いや、今までもその気はあったのかもしれないですね)

次のレッスンは2週間後です。



Page 1 of 3123
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress