2012年01月24日

ギオルギ・バブアゼ

Category : 音楽的催事 | コメントは受け付けていません。 

Itami City Philharmonic Orchestra先日チケットをいただいて、伊丹シティフィルハーモニー管弦楽団の名曲コンサートに行ってきました。これは伊丹市の全面的な支援のもと、伊丹アイフォニックホールを拠点にして活動するオーケストラ。プロとアマの混合編成です。今回は関西フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターであるギオルギ・バブアゼ氏を指揮者に迎えての公演です。

曲目は
  ベートーヴェン: 交響曲第6番「田園」
  (休憩)
  チャイコフスキー: なつかしい土地の思い出 Op.42より No.1, No.3
   (Vnソロ:ギオルギ・バブアゼ)
  チャイコフスキー: 幻想序曲「ロミオとジュリエット」

実は私、このオケのコンサートには去年も行ってるんです。今回で2回目。1回目の時の曲目は、サン=サーンスの歌劇「サムソンとデリラ」より「バッカナール」、シューベルトの交響曲第5番、シューマンの交響曲第3番「ライン」というラインナップでした。(どういう繋がりでこの3人?と思ったら、S繋がりだったようです) サムソンとデリラがとても良くて、意外といいオケなんだなあという印象だったんですが、その後のシューベルトとシューマンはそれほどでもなかったんですよねえ。賑やかな曲の方が得意なオケなのかな? それとも賑やかな曲の方が様になりやすいものなのかな? なんて考えつつ保留していたオケ。
会場は前回も今回も満席。お値段もとても手頃だし、伊丹在住の方々を中心に固定ファンがいるようですね。

結論から言えば、今回はチャイコフスキーがとても良かったです。ベートーヴェンはあまり… フルートやピッコロ、クラリネット、オーボエはとても美しかったのですが、弦楽器の音がイマイチ揃ってないような気がして気になって仕方なかったし… プロアマ混合ということで腕の格差もあるのかもしれないけど、もしかしたら使ってる楽器の格差も結構大きいのかもしれないなあと思ってしまったほど。あと金管楽器の細かいミスも耳についてしまったし。それよりなにより、よく知ってる曲のはずなのにすっかり眠くなってしまったというのはやっぱりマズイでしょ…

うーん、やっぱりイマイチかなあと思いつつ、第2部へ。
こちらはチャイコフスキーの「なつかしい土地の思い出」から。この曲では指揮のバブアゼさんが弾き振りされたんですが、これがイイ! バブアゼさんのヴァイオリン、いいですねえ。私、ヴァイオリンって基本的にそれほど好きじゃないんです。だからものすごく好き嫌いが分かれるんですけど、バブアゼさんの音はなかなかいいなあ、好きだなあ~と思いつつ聴き入ってしまいました。オケの編成が小さくなったせいか、音のまとまりもすごく良かったし。ヴァイオリンの弾き振りというのは初めて見ましたが、これもなかなかいいものですねえ。

そしてラストはチャイコフスキーの幻想序曲「ロミオとジュリエット」。また大人数の編成に戻ったんですが、こちらもすごく良かったです。元々はそれほど好きな曲というわけではないのに、すごく楽しかった。さっきのベートーヴェンは一体何だったの? ただの練習不足? と思ってしまうほど弦楽器の音のまとまりもとても良くなっていて、もう本当に第1部とは雲泥の差でしたよ。弦楽器だけでなく、どの楽器も第1部よりも良かった。(あ、木管楽器は第1部もとても良かったので、それ以外ね) シンバルのタイミングがとても難しそうで、見ながらドキドキしてしまいましたが。(笑)
パンフレットに、「(バブアゼ)氏は関西フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めてらっしゃることから、特に弦楽器に関して熱のこもったご指導をいただいただけでなく、本日、自らヴァイオリン独奏を受け持ちながらの”弾き振り”を披露くださいます」とあったんですが、この「熱のこもったご指導」は、もっぱらチャイコフスキーに対する指導だったのね!

ということで、最後は気持ちよく会場を出ることができて良かったです。^^
バブアゼさんの演奏は関フィルに行けば聴けるんだろうし、リサイタルもしてるようだし、また聴いてみたいな。
うふふ、楽しみがまた1つ増えました。



2012年01月20日

レッスン日記68

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : , ,

今日は小雨がぱらぱらのお天気。やっぱり金曜日は雨が多いですー。でも雨のせいか今日の寒さはそれほどでもなくて、家でストーブをつけなくてもピアノの練習ができたぐらい。冬になるといっつも鍵盤が冷え切ってるので、部屋を暖めても弾いてるうちにどんどん指先から凍えていくんですが、それがないのってほんと嬉しい♪ 冬はやっぱりやだなー。寒いから体が縮こまって、それだけで無駄な力が入ってる感じがしますしね。

まずはハノンのスケールとアルペジオ。今日は Ges dur、E dur、cis moll、A dur、fis moll だったんですけど、その5つを弾いた後で「D dur も弾ける?」ということで、結局 D dur 、h moll、G dur、e moll も弾くことになりました。全部合格。これでスケールとアルペジオの3巡目が終了し、4巡目に突入です。次回はメトロノームの110で、C dur、a moll、F dur、d moll、B dur、g moll、Es dur、c moll の8つ。多いけど大丈夫でしょうかねえ。スケールはともかく、110でアルペジオって結構キツい。私の指はそんなに回らないんですよぅ。
60番のトレモロの方はメトロノームの53か54ぐらいでと言われていて、54で無事に弾けたのですが、次回は60ぐらいでということになりました。こっちもかなり厳しい気がします… うむむ。

シューマンの方は、まず前回マルをいただいた「アラベスク」をもう一度聴いていただきました。テーマのところは前回よりも多少良くなったみたいです♪ あとは中間部をもっとドラマティックに盛り上げられるといいんですけど、そっちはイマイチだったかなあ。「もっと太い音で!」「もっと体重を乗せて!」と言われつつ頑張ったんですけど、どうも上手くいってる気がしません… こういうのってもっと音色の研究をしないといけないんでしょうね。音の引き出しが少なすぎです、私。あとは、もっともっと弾きこまないとダメですねえ。テンポももう少しアップしたいし。ということで、この曲はレッスンとしては今回でおしまいなんですが、もう少し継続して自主練習する予定。

そして今日は「花の曲」を聴いていただきました。これはフラット5つ→フラット4つ→シャープ4つ→フラット4つ→フラット5つ→フラット4つ→フラット5つ→フラット6つ→フラット5つ と7ページの中でめまぐるしく転調する曲。そっくりなのに微妙に違うってところが結構あって、すごくややこしいんです。音を間違えたまま練習してるんじゃないかってすごく不安だったんですよね。結果的にはほとんど大丈夫だったんですけど、一度見て頂いてほっとしました。でもこれですっかり時間を取ってしまったので、フランス組曲は次回に持ち越し~。というか、「花の曲」を見ていただく前に、時間的にどっちかしか見られなさそうだけどどっちがいい? と聞かれて「花の曲」を選んだのでした。

先週は時間がなかったので、今日こそは!と、先生に「もしかしてフランス組曲の1番は特に難しいのではないですか」とお聞きしてみました。やっぱり難しいんですって! 「しっかりと3声だしね。これは丹念に見ていかないとね」とのこと。フランス組曲の他の曲も3声ではあると思うんですけど、今までやってきた曲はどれももっとゆるい感じなんですよね。でも1番の3声はシンフォニアみたい。そんな匂いがします。もう少しきめ細かく丁寧に練習することを心がけようっと。

次回のレッスンは2週間後です。



2012年01月06日

レッスン日記67

Category : レッスン日記 | Comments (10)  
Tags : , ,

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
年末年始って何やかやとあって練習不足になりやすいんですけど、今年は、元旦以外はなんとか毎日練習時間を確保しましたよ! だからといってレッスンの結果が良かったわけではないのですが~。1日弾かないとぐんと後退しちゃいますしね。それがあまりなかっただけでも大きいです。

ハノンのスケールとアルペジオは b moll、Ges dur、es moll、H dur、gis moll 。Ges dur はアルペジオがあまり上手くいかなくてもう一回。その他は合格。次回はGes dur、E dur、cis moll、A dur、fis moll です。
60番のトレモロの方はメトロノームの52か53ぐらいでと言われていたのですが、52で弾けるようになったのがやっとレッスン前日の昨日なんですよー。速く弾こうとするとどうしても腕に力が入ってしまうので、ずっとメトロノーム40で弾いてたんです。で、今週にになってこれじゃマズいぞと少し速度をあげてみて一応52でも弾けるようにはなってたんですけど、先生にはまたしても48で見ていただきました。で、48ならOK。この速さなら腕も全然痛くならないです。ということで次回こそは52~54で弾いてくることになりました。ただ、次までにもう少し手首(腕)をローリング? 横に回転させるように弾く練習をしてくること、そうでないと速く弾けるようにならないから、とのことです。

この60番のトレモロがクリアできればハノン第3部をもう一巡です。それが終わったら、1番からかな? 先生が私のハノンの本の始めの方を見てびっくりなさってました。年季は十分入ってるんですけど、子供の頃に習ってた先生がハノンにはほとんど書き込みしない方で、次にやる曲のチェックとか合格のマルとかそういうのも書いてないんです。時々思い出したように「左」とか「2の指 突っ張らない」とか書いてあるだけ。あ、あと最後の和音に(注意の)マルされてるのとか。なので、本当にここやってるの?って感じです。当時、次の曲はどれだったっけ? とか、やっていく曲を間違えることはなかったのかなー?(笑)

フランス組曲は4番のジーグから。どうもハノンからの切り替えが上手くいかなかくてかなりつっかえてしまったんですけど、これは「よく弾きこんであるわね」ということで合格。つっかえまくってても、先生には練習の跡がちゃんと見えるんですね!
そして1番。アルマンド、クーラント、サラバンドを見ていただきました。アルマンドの注意点は、もっと各声部を綺麗に出すこと。自分では一生懸命弾き分けてるつもりで、実は全然できてなかったみたいです。あと、鍵盤の底まで深く打鍵して、しっかりとした音で弾くこと。クーラントはもっと太めの音で。それとアレグロで弾くこと。サラバンドはもう少し片手練習をすること。
フランス組曲は今まで3~5番をやりましたが、1番はその3曲よりも難しい気がしますー。トリルが多いせいもあると思うんですけど、それだけじゃないような。でも全体的にすごくかっこいい曲ですよね! アルマンドも好きだけど、ジーグもすごく好き。でもこのジーグは苦労しそう。5番のジーグとどっちが大変かなー?(これもかなり苦労しました)

最後はシューマン「アラベスク」。家で練習していて、一応弾けるんだけどなんだかすっきりしないなあ、なんでかなあ、と思ってたんですが、どうやら内声のせいだったようです! 右手でトップのメロディを弾きながら、左から右へとアルペジオっぽい内声が入るんですけど、この時に右手の親指の音が強すぎるみたい。4つの音が滑らかにいかなくちゃいけないのに、右手の親指のところでがっくんと階段のようになっているのだそうです。「内声だけ取り出して弾いてみて」と言われて弾いてみたら「やっぱり! 右手の親指よ!」。自分で聴いても「言われてみるとそうかな」程度でよく分からないのが、実は一番の問題なんですが…(あらら) あとの注意点としては、中間部で弾き方をがらっと変えること。最初の中間部はパキッとした音ではっきり。次の中間部はもっと体重を乗せた音で。
一応マルはいただけたんですけど、次の時にもう1回聴いていただくことになってるので、それまではメインの部分は当分内声だけ抜き出した練習を頑張ります。耳をダンボにしてよーく聴かないと! 耳ももっともっと訓練しなくちゃダメダメですね。

次回のレッスンは2週間後。

そして去年のまとめにも今年の抱負を書いてるんですけど、年が明けてから抱負が少し増えました。

 ・ツェルニー30番を復習すること
 ・チャイコフスキー「四季」を毎月1曲ずつ見ていくこと

ツェルニー30番は以前もやろうとして記事も色々書いたんですけど、結局ハノンを始めてからは中断してたんですよね。ハノンも一応トレモロまできたので、そろそろ再開しようかと。ハノンはまだ当分やりますけど、それが終わった時に胸を張って1つ上の練習曲に取り組めるように頑張ります。…ええと、ツェルニー30番は子供の時に一応完了してるんです。で、ツェルニー40番が途中になってるので、「その続きをやる?」と先生はおっしゃって下さってたんですが、やっぱり30番を自分なりに仕上げてからにしようかと。でも本当にレッスンで見ていただくなら、ツェルニー40番じゃなくて何か別のがいいな~というのが本音。(笑)
チャイコフスキーの「四季」の方は、以前から弾いてみたいなと思ってたんですよー。1曲1ヵ月じゃあ、それほどちゃんと弾けるようにならないと思うんですけど、とりあえず譜読み程度はできるでしょうし。これはまあ自分のお楽しみということで。いつか先生に見ていただくことになるかもしれませんが、その時はゼロからのスタートじゃない分、少し楽なはずですよね。^^



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress