2012年02月07日

ピアノマニア

Category : 音楽的催事 

Pianomania色々あってレッスンが一週間延びてしまい、がっかりしてるアリアです…(完全に私の側の理由です) が、その間に「ピアノマニア」という映画を観に行ってきました。ピアノの話なんですけど、メインとなるのはピアニストではなくて、ピアニストたちを影で支える調律師。演奏会の華やかな舞台とその裏を調律師の視点から伝えてくれるドキュメンタリーです。

主人公は、スタンウェイ社の技術主任であるドイツ人調律師・シュテファン・クニュップファー。彼の仕事は、使い慣れた自分の楽器を持ち運べないピアニストが演奏会や録音に万全の状態で臨めるようにバックアップすること。そして今回この映画の中心の流れとなっているのは、バッハの「フーガの技法」を録音しようとしているピエール=ロラン・エマール。

エマールは「フーガの技法」を録音するに当たって、「今回要るのは広がる音? それとも密な音?」と聞かれれば「両方ともだ」と答えるし、1台のピアノに「クラヴィコードのビブラートの音」や、「チェンバロ、オルガン、室内楽、アンサンブルの4つのシチュエーションの音」が欲しいとシュテファンに言うんですね。ウィーンのコンツェルトハウスのピアノになかなか満足しないエマールのために、シュテファンはハンブルグのスタインウェイの本社にまで出向いてピアノを探すし(その時のアドバイザーがティル・フェルナー!)、今回必要となる古楽器の音を研究するためにホーフブルク宮殿の楽器博物館へ。実際に学芸員にスピネットを弾いてもらい、じっと聴き入るのです。
エマールの口癖は「質問がある」。「いい音だね。…質問があるんだが」 それを聞くたびにヒヤリとするというシュテファン。でも決して逃げたりせずに、ピアニストが追求する音、そしてピアニストの出す無理難題を1つずつ真正面からきちんとこなしていきます。

題名そのままの、ピアノ「マニア」な映画。ピアノが大好きな人にとってはとても興味深いと思います。私にとってもものすごく面白かったし、発見が色々とありました。自宅のピアノはもちろん調律師さんに調律してもらいますけど、CDでも実際の演奏でも「このピアニストの音は素敵だな」なんて思うことはあっても、「そうか、これがベーゼンドルファーの音なのね」なんて思うことはあっても、調律師の存在を考えたことって今までほとんどなかったですしね。
「良い音」というのは、ピアノの演奏のプロとピアノの調律のプロの真剣勝負から生まれてくるものなんですねえ。ピアニストが理想の音を思い描き、調律師がそれを現実に作り出す。もちろん腕のいい調律師がいるだけでも、良いピアノがあるだけでもダメですけど、ピアニスト1人だけでも決して生み出せないもの。逆に言えば、素晴らしい調律師という大きな味方がいさえすれば、自分の楽器を持ち運ぶことができない、演奏場所によって楽器が変わる、というのは、あまり大きなマイナス要因ではなくなるのではないでしょうか。(そうでもないのかな…)
あ、そうそう、CD録音の時のプロデューサーさんのプロっぷりにもびっくりでした。

ピエール=ロラン・エマールだけでなく、登場するピアニストたちの顔ぶれも多彩。ラン・ラン、アルフレート・ブレンデル、ティル・フェルナー、人気(クラシック音楽)コメディアンのイグデスマン&ジョーなどなど。ピアニストたちのリラックスした素顔やリハーサル風景も垣間見られるのも嬉しいところ。ドイツでは既にDVDが発売されているようですが、ドイツ語はやっぱりちょっとツラいな… 日本でも早くDVDが出るといいな。その時は未公開映像満載のボーナス盤付きのが希望です。(監督インタビューによると、エマールさんとの話を中心に据えるために切り捨てたシーンが多いそうなので)

ピアノ好きさん必見の映画です!^^
公式サイトはこちら

Comments (15)

  1. ペンネ

    アリアさん、こんばんは。
    今話題の映画をご覧になられてのレポ、ありがとうございます!
    これは観たいわ!でも絶対香港じゃ上映しないわ。
    DVDになるのを待ちます!

    そうそう。普段ね、プロのピアニストのCDを聴いて思うのは、
    (ピアノのメーカーがわかれば)
    やっぱり、○○のピアノはいい音するわね〜、とか、
    ライブ録音なら、良いホールだと響きがいいわね〜とか、
    そんな事。

    でも、同じピアノでも、調律師さんの姿勢と腕で、全く
    違うピアノになってしまうんですよね。
    それは、我らが日常使っている家のピアノでも同じ事なんですよ。

    日本は割と、調律師さん達のレベルが良いと思うのです。
    (飛び抜けて悪いとか、良いとかではなく、
     総じて、「不満がない」レベルとでも言いますか。)

    香港はもう、酷いですよ。
    泣きを通り越して、頭から火を噴きそうなこの頃です。

  2. アリア

    ペンネさん、こんにちは!
    香港では上映しなさそうですか。それは残念です~。
    あ、でも日本語版DVDの発売はまだまだ先でしょうけど
    ドイツ語で英語字幕のアメリカ版は2月14日に発売だそうです。
    http://www.amazon.co.jp/Pianomania-DVD/dp/B006A9XTOE/
    香港でも再生できるのかどうかは分からないのですが…
    ちなみにドイツ語版はこちら。
    http://www.amazon.de/PianoMania-Robert-Cibis/dp/B004AWOSAC/

    そうなんですよねえ、まずピアノとかホールとかそっちですよね。
    ピアニストお気に入りの調律師の話は聞いたことがありますが
    どちらかといえば「その人に任せておけば心配ない」という信頼であって
    鍵盤のタッチとか、音の傾向とか、ペダルの重さとかであって
    調律師さんがここまで細かい要求に応じてるとは全然知りませんでした。
    本当にチームワークなんですねえ。
    ここまでくると、職人というよりアーティストに近いなと思いました。

    あ、日本の調律師さんのレベルは一定してそうですね。
    総じて「不満がない」、というのがすごーく分かる気がします。
    日本製のピアノもそんな感じなのかも…(きっと一部を除いてでしょうけど)
    日本にいると、そのことを当たり前に思ってしまいがちですが
    国民性も大きく響きそうな分野ですね~。
    インドネシアだったかマレーシアだったかフィリピンだったか
    その辺りも大変だと聞いたことがあります…

  3. monet

    アリアさん、こんにちは♪
    いつもながらの美しい文章で、映画記事ありがとうございます!気になっていた映画なんです☆やはり、面白そう…と、上映館を見たら、東京は新宿しかない…。新宿って、ニガテなのですよ。DVD化したら、借りてみてみます。

  4. アリア

    monetさん、こんにちは。
    ううう美しい文章だなんてありがとうございます。
    あ、やっぱり気になってらっしゃいましたか~。
    ほんと良かったです。天気が悪い中わざわざ出て行った甲斐がありました☆
    でも確かに新宿は… 苦手だと仰るのよく分かります。
    早くDVDで観られるといいですね。
    ご覧になったら、また感想をお聞かせくださいませ♪

  5. yoshimi

    アリアさん、こんにちは。

    最近忙しくて、どうも映画を見に行く時間がなさそうです。
    この分だと、DVD鑑賞になる可能性大です。
    日本では、劇場公開後の映画は半年後くらいにDVDが発売されるので、しばらく待たないといけませんね。(最近は4ヶ月後に発売されることもあるようですが)

    DVDのドイツ語版のデモみましたが、欧州で販売する前提なので英語字幕がついているようです。
    大体内容はわかりますが、英語で話している時は英語字幕が出ませんから、ちょっと厄介です。
    ランラン(やエマール)は英語で話しているようなので、ここは英語の聴き取り訓練の時間ですね~。
    そんなに難しい英語ではないようですが、スピードが速くて専門用語とか微妙な表現の形容詞が多いとよくわからないかも。
    そこは、日本語版の吹き替えDVDをレンタルして、後から確認すれば良さそうです。

    このDVDは、英国amazonで1100円少々。こんなに安かったら、映像や音楽だけ視聴しても、結構楽しめそうで、買ってしまいそうです。
    英語のリスニング得意な人なら、リージョンコードが同じなので、この輸入版でも良いですね。

    調律関係の本なら、ミケランジェリの専属調律師もしていたヤマハの有名な調律師村上輝久さんの「いい音ってなんだろう」が面白かったです。
    ミケランジェリ、ポリーニ、リヒテルが登場しますが、ピアニストが要求する調律のレベルやコンサート会場の調律の様子がわかります。微妙な調律をするのはミリ単位の世界で、もう職人芸ですね。
    ホロヴィッツの調律を長年していた調律師さんの回想録も有名です。

    専用ピアノを運び歩く人の方が珍しいので、調律師の腕は大事ですね。
    調律にこだわりの強かったミケランジェリは自分で調律できますし、ツィメルマンもそうだったと思います。
    自分のピアノに拘らなかったアラウは、ホールでピアノを少し弾けば状態がわかるので、すぐにタッチとか弾き方をピアノに合うように調整できると言ってました。
    でも、アラウくらい有名なピアニストだと、若い頃とは違って、ホールのピアノが自分の好みどおりの状態に調律されていることが多かったそうです。

  6. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。

    映画館には行けなさそうですかー。それは残念。
    でも上映期間が短いし場所は1つだけ、予定を合わせるのも大変ですよね。
    最近はDVDが出るのも早いし、待っててもそれほど待たされる感じもないかも。

    あ、ドイツ語版にも英語字幕がついてましたか! それならいいですねえ。
    そもそも英語の会話の部分って、すごーく少なかったと思うんですよ。
    ランランは英語でしたけど、エマールは最初はフランス語でしたよ、確か。
    そういえば途中で英語も話してたかなあ… 程度。
    基本的にドイツ語会話で、その中にちょろっと英語が紛れ込む程度だったはずなので
    あまり問題なさそうな気もします。
    専門用語とか難しい部分は、それこそ日本語版で確認すればいいことですしね。
    うわー、英国アマゾンでぽちってしまおうかしら。(笑)
    …あれれ? 1100円ほどでしたか?
    今見たら6.39ポンドで、これだと日本円に換算すると780円ほどになるんですけど
    見てる商品が違うのかな… それとも手数料込みの話でしょうか。
    私が見てるのはコレなんですが。
    http://www.amazon.co.uk/Piano-Mania-DVD/dp/B005VCO2XI/

    そういえば青柳いづみこさんの本に、村上輝久さんのことも出てましたね。
    「いい音ってなんだろう」ですね。φ(.. )メモメモ 今度本を探してみます!
    ホロヴィッツの調律師はフランツ・モアという人ですね。(調べました)
    回想録は… あ、これですね。「ピアノの巨匠たちとともに」。
    こちらも読んでみたいです。
    でもほんと、調律ができるといいなあって思いますよ。
    私も調律ができるようになりたいぐらい。
    というのは、そういう巨匠たちの調律に対するこだわりとはまた少し違っていて
    音のことを色々知りたいっていう方ですけど。(笑)

  7. yoshimi

    アリアさん、こんばんは。

    そうです、その6.39ポンドのDVDです!
    1100円というのは送料込みです。紛らわしくてすみません。
    でも、信じられないくらい安いですね~。

    このDVDの視聴ビデオがこちらにあります。
    http://www.crabtreefilms.com/2011/09/pianomania/
    ちゃんと英語字幕がついてますよね!
    ユーロ圏でもドイツ語を理解できない人が多いでしょうから。
    米国amazonで売っているDVDも英語字幕がついてますが、こちらは価格が高いし、リージョン1なので、リージョンフリーのDVDプレーヤーでないと見れない可能性が高いです。

    大学時代の同級生は、20歳代で信託銀行を辞めて、ヤマハかどこかの専門学校で調律勉強したそうです。
    彼女はピアノも弾けますが、一体今どうしているのでしょうかね~。
    最近は、アコースティックよりも、電子ピアノの方がよく売れてますから、調律が必要な人が段々減っていきそうです。

    「いい音ってなんだろう」はとってもお勧めです。
    そういえば、NHKのプロジェクトXで「リヒテルが愛した執念のピアノ」という話がありました。
    DVDは見てませんが、電子ブックが安かったので、以前ダウンロードしました。
    この2つの話は、内容が一部重なってますが、村上さんの本は調律の話がたくさん載ってます。

    「リヒテルが愛した執念のピアノ」で検索すると、中国サイトで番組映像がネットにアップロードされてます。
    今見てますが、これは面白いですよ~。
    http://www.tudou.com/programs/view/hDOkydnOhJ0/

  8. yoshimi

    追伸です。

    PianomaniaのDVDを探すと、何種類か出ています。
    発売元が違うので、内容と価格が違うようです。

    元々のドイツ語版にはボーナス映像が入っているのですが、どうも、英語字幕がないようです。
    http://www.amazon.co.uk/PianoMania-tlw-OmU-DVD-germany/dp/B004AWOSAC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1328972449&sr=8-1

    このブルーレイ版の方は、英語字幕つきです。
    http://www.amazon.co.uk/Pianomania/dp/B004AWOS9S/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1328972735&sr=8-1

    米国amazonのDVDは英字字幕付きで、映像特典は不明。

    英国amazonの安いDVDは、いわゆる廉価盤なのではないかと思うので、特典映像はついてないのではないかと。
    スペックがよくわからないのは、ちょっと不安ですけど。

    amazonサイトによって、DVDの取り扱いが違います。
    内容と価格を比較したほうが良いですね。
    それに、映像特典を期待するなら、日本語版を待ってみても良いような気がしてきました。

  9. yoshimi

    アリアさん、何度もすみません。

    いろいろ調べていて、輸入版DVDを見るには、いろいろ問題があるのがわかりました。

    英国amazonのDVDは欧州向けなので、リージョンコードが日本と同じでも、映像規格が異なる(日本はNTSCと、欧州はPAL)ため、日本のDVDプレーヤーで再生できない場合が多いそうです。

    パソコンや日本版のXbox/Xbox360では再生できるらしいです。
    また、DVDプレーヤーにPAL⇒NTSC変換機能が付いていれば、欧州のDVDも見られるようです。
    実際に確認したことはありませんので、本当に見れるかどうかはわかりませんが。
    輸入版を買うときは、いつもリージョンallのDVDを買ってましたが、これは問題なく見れました。

    なので、リージョンフリーのDVDプレーヤーで、映像規格が同じリージョン1の米国版を見るという方法はありえるように思いますが、日本語版が出るのを待つのが一番確実だと思います。

  10. yoshimi

    以下のサイトに、DVDとブルーレイの再生方法の違いがまとまってました。画面下の方です。ご参考まで。

    PAL方式のDVDでも、パソコンのDVDプレーヤーなら見れるそうです。他の質問サイトを調べても、同じ答えでした。
    ブルーレイは、日本と欧州は別リージョンになっているので、リージョンに対応したプレーヤーが必要です。

    http://www.fantasium.com/pal.phtml
    http://www.fantasium.com/hi_def.phtml?gclid=CJWDrPiwlq4CFelKpgod-2uMIA#c4

    ご存知だったかもしれませんが、私はよくわかっていなかったので、勉強になりました。
    PAL方式でもパソコンでも見れるので、どのDVDを買うかちょっと悩ましいです。特典映像も見たいですしね~。
    しばらく考えることにします。

  11. アリア

    わあ、yoshimiさん、色々ありがとうございます。
    やっぱり英アマゾンのはこの商品だったのですね! 良かった。
    ほんと送料込みでこの値段って信じられない安さですよね。
    でも、ということは、やっぱり特典映像はないんでしょうかねえ。
    アメリカのは2月14日に発売予定ですよね。で2000円以上しちゃう。
    この値段の差がボーナス映像の差?とも考えられるところですが
    会社が違うとなると… うむむ。しかもどっちも1枚だし。
    同じ映画なのにDVDの発売元が違うだなんて、ややこしいなー。
    せめて分かりやすくボーナス映像付きのは2枚組とかにしてくれたらいいのに。(笑)
    映画のパンフレットの監督インタビューによると
    エマールとの話を中心にするために切り捨てたシーンが沢山あるそうなんです。
    2枚組のDVDで発売できるといいですねえって言ってるんですよー。

    リージョンコードについてもありがとうございます。
    私はここ↓のページでざっと見た知識しかなくて
    http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=174752
    英国はリージョン2だし、それなら大丈夫なのかなーとそれだけ…
    その後の部分はすっかり読み飛ばしてたんですけど(ダメダメ)
    実は映像規格も気にしなくちゃいけなかったんですね。
    なんてややこしい。
    でもパソコンで観るなら大丈夫だと伺ってほっとしました。ありがとうございます。

    どれにするかは、もうちょっと考えた方が良さそうですね。
    きっと米アマゾンのを購入する人もいるでしょうから
    その方がネットに書きこんでくださるのを待ちましょう☆

    大学の時のお友達は、今頃調律師さんとして活躍してらっしゃるのかしら。
    うちに来る調律師さんが女性なんです。
    調律師学校の同期は女性が多かったそうですよ。
    ピアノが好きで、でもそちらを職業にすることはできないんだけど
    やっぱり音楽にかかわっていたかったからって仰ってました。
    うーん、確かにアコースティックピアノは減ってるから、厳しいかもしれないですね。
    腕のいい一部の人だけが引っ張りだこになりそうです。

    リヒテルのはきちんと番組全部がアップされてるんですね! すごいなあ。
    あとでまたゆっくり観てみようと思います。ありがとうございます。^^

  12. アリアさん、こんにちは。

    いつも拝見させていただいてます。

    素敵な映画のご紹介、ありがとうございます。
    わぁ、この映画、見に行きたいです!

    しかし3月頭に発表会があって、練習が追いつかなくて。。。
    行けるかな?

    先日、わたしのピアノも調子が悪くて
    調律師さんに先月は2度足を運んで頂き、2度目は3時間オーバー
    でしたが、おかげでだいぶ、調子が良くなりました。

    調律師さんがいなければ、自分ではどうしようもないので
    ピアノがある限り、一生のおつきあいです。(^o^)

    おそばせながら、ようやくピアノの日常ブログ開設しましたので
    お時間のあるときにでも、お立ち寄りくださいね。

    (まだクラシックのレッスンは一度も書いてないですが^^;;)

  13. アリア

    さりさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    いつも見て下さってるだなんて嬉しいです。^^

    映画、ぜひぜひ~。とても良かったです。
    それほど長くやらないと思うので、行かれるならぜひお早目に。
    あ、でも元々は17日までの予定が、好評につき24日まで延びたようです。
    発表会が3月に控えてるとなると、お忙しいとは思いますが~
    お仕事がお休みの日は少しでも練習したいですよね。

    エマールさんほどのピアニストとなると
    我々一般人とは要求のレベルが全然違いますが
    そんな私たちでも、調律師さんとは本当に一生のお付き合いですね。
    うちは今のところは年に1度来ていただいてるだけですが…

    わあ、ピアノのブログを開設なさったのですね!
    それは楽しみ。早速拝見しに伺います。^^

  14. yoshimi

    アリアさん、こんばんは。

    ロマノフスキーのディアベリの件、どうもありがとうございました。
    コメントのお返事は、向うのブログの方に書いておきましたが、とても素敵なディアベリなので、CD欲しくなってます。

    プロジェクトX、お楽しみいただけて何よりです。
    TV録画の方が、電子ブックよりもリアリティがひしひしと伝わってくるので、面白いですよね~。
    日本サイトだと、録画はさっさと削除されているでしょうが、なにせ中国サイトですからね。

  15. アリア

    yoshimiさん、こんにちは。

    ロマノフスキー、いいでしょう~。気に入られたようで嬉しいです!
    去年チャイコフスキーコンクールをずっと視聴してたのは、彼が出てたから…♪
    (結果は4位でした)
    シューマンとブラームスのCDが大のお気に入りなんですけど(これがきっかけ)
    ディアベリも大好き。ハイドンやラフマニノフもすごく素敵なんですよ。
    今年の5月に来日するんですけど、東京でしかやらないので
    東京まで行くつもりにしています☆(いつの間にそんなファンに… 笑)

    プロジェクトX、ほんと面白かったです。
    中国サイトだからこそ残ってたんでしょうねえ。ありがたいです。^^

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress