2012年02月24日

レッスン日記70

Category : レッスン日記 
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。今日は日差しも暖かくて、マフラーも手袋もいらない感じ。気持ちいい!(それでもレッスンに備えて手袋はしていきました☆)
前の生徒さんがお休みだったそうで、教室に着いたら先生がピアノを弾いてらっしゃいました。あ、ラヴェル! と思ったんですけど、今から考えると本当にラヴェルだったのかどうか。ドビュッシーだったりして…(なんてイイカゲンなんだ) いずれにしてもフランス物のはず。すごく素敵でした♪

レッスンはまずはハノンのスケールとアルペジオ、 As dur から。最初メトロノームの 110 で弾き始めたんですけど、まだまだ指がウォーミングアップできてない感じで、なんだか変になっちゃいました。途中で一旦弾くのをやめてやり直そうとしたら、「まずはゆっくり弾いてみて」と言われてしまいましたよ。その「ゆっくり」が丁度 100 ぐらいだったので、結局そのまま最後の e moll まで16の調(うわあ)のスケールとアルペジオを弾くことに。注意点としては、アルペジオの最初と最後の音でドスンとなることがあるので、手首が上下しないように気をつけること。
そして次回からは3グループに分けてやることになりました。

 1. C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll
 2. F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll
 3. G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll

家では3パターンとも練習しておいて、レッスンでは先生が仰った1つを弾くということになります。
第3部のやり直しの方は、42の減7のアルペジオ。110~120でと言われてて、家では120でも練習してたのですが(100、112、120で練習するという三段構え!) 120だとまだちょっとツラかったんですよねえ。先生のところで弾いた時の速さが110だったので、そのまま110で弾くことになって、それでオシマイ。次回こそは120で!

次はシューマンの「花の曲」。
これはもうなんていうか自分の下手さを思い知らされるというかなんというか… ソプラノの音がメロディとなっていて、合間の内声(?)はそのソプラノと合わせて和音になるので、もっとソプラノの音の中に含ませるように弾かなくちゃいけないんですけど、これが全然できてません… 私が弾いてもソプラノの音が出てはいるんですけど、先生が弾いて下さるお手本と比べると、まるで幼稚園児な感じです。(はああ) 指が立ち気味なのでもっと寝かせて、むにゅっと深くタッチすること。最初のページは左手をもう少し前に出すこと。あと2ページ目以降のスタッカートのところは、柔らかく切るようにはしてたんですけど、スタッカートと同時にスラーでもあるので、ほとんどスタッカートとは分からない程度で弾くこと。(要するにポルタートってことですね) V の直前のところはもっと盛り上げて。楽譜にあるよりもクレッシェンドを早く始めた方がいいそうです。
私が使ってるブライトコップの楽譜はヴィルヘルム・ケンプが編集していて、この「花の曲」には「このシューマンの霊感が最もよく現れている曲では、あたかも羽のようにデリケートな打鍵で、やわらかく演奏しなくてはならない。この曲ではフォルテも強すぎないようにしながら、右手を十分に歌わせ、左手は柔らかに演奏すること」というケンプの言葉が載ってるんです。それがすごく好きなんですけど… うむむ、なかなかうまくいかないものですねえ。

バッハのフランス組曲は1番のクーラントから。
すっかりシューマンに没頭していたので、楽譜を見ても頭の転換ができなくて参りました。「えーとこれは何調だっけ?」「一体どんな曲だったかしら」状態。3回通して弾いて、ようやくちゃんとバッハになったような気が… 前回シューマンが途中までになったので今回はシューマンを先にしたのですが、やっぱりシューマンよりもバッハを先に見ていただいた方がいいのかも。バッハ→シューマンでは、そういうので困ったことがないので。
クーラントは合格。これもシューマンと同じように深いタッチで弾くこと。
サラバンドも深いタッチで、思いっきりレガートで。(結局これが私の課題なんですね) どうしても縦のラインの方が強くなってしまっているので、バッハだから縦も出さなくてはならないのだけど、横のラインをもう少し意識して出すこと。ソプラノをレガートでよく歌わせて。繰り返し記号の直前はもっと盛り上げて。これは95点の出来栄えだそうで、マルはいただけませんでした。続きはまた次回。
メヌエットも大体できてきてるけど、もう1回。最後の2小節のところでガラッと場面を変えてコーダっぽく弾くこと。
そんなところかなー?(ジーグは時間切れ)
フランス組曲、1番の次は2番をやることになりました。

次のレッスンは2週間後! それまでに表情豊かに歌えるタッチをみっちり練習することにします~。

Comments (2)

  1. monet

    アリアさん、こんにちは。じゅ、16のスケールとアルペジオですか。私、絶対出来ません!でも、そうやって、ピアノを弾く手を作っていかなければいけないのは、頭では分かっているのですが。アリアさん、バッハだけでなく、古典派楽勝ではないですか?モーツァルトなんて聴いてみたい気がします。
    表現豊かに歌えるタッチ、って本当に難しいのですよね。特に速度があがると…。私もフォーレで次回までの課題の一つなんです。がんばりましょう☆

  2. アリア

    monetさん、こんにちは。
    そうなんですよ、まさか16も一気に弾くの…!? でした。
    fis moll とか苦手なので、弾きながらドキドキ… なんとか無事に弾けて良かったです。
    古典派が楽勝なんてことは全然ないですが!(きゃあ) モーツァルトは弾きたいですね。
    子供の頃にソナタアルバムに入ってるようなのを弾いたっきりですし。
    とは言っても、いざやり始めたらやっぱり難しいんだろうなとは思いますが~。
    フォーレでもそういう表情豊かに歌うタッチがとても大切なのでしょうね。分かります。
    去年私がドビュッシーで撃沈したのは、その辺りが一番の原因だったのかも。
    あ、でもシューマンでも必須なので頑張ります。monetさんの後を追っかけますね~。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress