2012年03月09日

レッスン日記71

Category : レッスン日記 
Tags : , ,

またしても雨の金曜日~。なんでこんなに金曜日は雨が多いんだろ! 先生に雨女と思われてるに違いないです。(違うのにーー)

レッスンはまずはハノンのスケールとアルペジオ。3つにグループ分けしたうちの1番目「C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll」です。家のメトロノームはアナログで 110丁度の目盛りがないので、いつも112で練習してたんですが、そのせいか100だと少し余裕が感じられるような♪ とりあえず今日のは無事終了。( Ges dur で指が黒鍵から落っこちなくて良かったーー) 次回は F dur で始まる2番目か G dur で始まる3番目のグループの予定。予め決めてしまうとその番号しか練習しない生徒さんもいるようで(いるよね、やっぱり。笑) どちらをやるのかは次回のお楽しみ。
第3部のやり直しの方は、42の減7のアルペジオをメトロノーム120で。これも無難に合格。次はの属7のアルペジオをメトロノーム120で。余裕があればそれ以降も見てくることに。

バッハはフランス組曲の1番サラバンドから。
しかしまたしても明るめに弾いてしまった私。「今日みたいなどんよりした天気の気分で」と言われてしまいました。気分は暗く暗くできるだけ暗く、じっとりじめじめに… なんとか合格です。「家で復習しておいてね!」と条件付きですが。
そしてメヌエットの I 番の方は、同じ d moll でもサラバンドよりも少し明るく華やかめに。メロディラインをもっと出して。…でも明るめに弾くのはいいんですけど、これは後半の右手と左手の配分がちょっとヤヤコシイところで間違えまくってしまい、先生は迷われたあげく「じゃあ、やっぱりもう一度やってきてね!」でした。
メヌエットの II 番の方は I 番よりもしっとりと弾くこと。こちらはフランス組曲1番の中では一番弾きやすい曲かも。レッスンでもちゃんと思ったように弾けて合格です。
最後のジーグは、本当はもっとパリッとメリハリをつけて弾きたいんですけど、まだまだ弾き込み不足。ジーグなのである程度の速さも欲しいし、もうちょっと片手練習をした方が良さそうです。ということでもう一度。(いや、次回もまだ上がれないかも)
「2番ももうやってる?」と聞かれたのですが、こちらはまだ片手練習しかしてないので、また次回。

そしてシューマンの「花の曲」。
今回は1ページ目に特化して練習していたので、1ページ目だけは前回に比べてかなり良くなったようです! 先生に「前に比べるとすごく良くなった」と仰って頂けてとっても嬉しい☆ 自分では違いがよく分からなくても、練習した成果がちゃんと出てたんですねえ。練習の仕方は間違ってなかったんだ! でも2ページ目以降はまだダメダメ。ということで、また少しずつブロックを区切って特化した練習をすることにします。1ページ目のメロディはここにしか出てこないけど、2ページ目以降はいくつかのパターンの繰り返し(もしくはバリエーション)なので、1ページ弾けるようになれば3ページ分の効果が見込めるかもしれません。(希望的観測?)
注意点としては、物理的に音を繋げられない箇所でも、鍵盤へのタッチの仕方によって聴き手にブツ切れを感じさせずに済むはずなんだから、そういう音を出すように心掛けること。具体的には指にもっと腕の重みをかけて弾くこと。私の場合、どうしても自分で手首~上腕をあげてしまいがちらしく、そのせいで上手く指に重さが乗っていかないんだそうです。気分は「腕立て伏せ」ならぬ「指立て伏せ」! 前回の「むにゅっと深くタッチする」と同じですかね? でも1ページ目はかなり前進したようなので、こっちも大丈夫なはず。もっと意識を高めて頑張ります。

次のレッスンは2週間後… といきたいところですが、3月後半の金曜日は先生がお忙しいようで、どうやらもうちょっと間があきそうです。フランス組曲の2番も、そろそろちゃんと練習し始めようっと。

Comments (2)

  1. アリアさん、おはようございます。

    短調なのに明るく弾いてしまうのは
    アリアさんが長調好きだからですね^^
    でも着々とフランス組曲が進んでいて素晴らしいです♪

    >3月後半の金曜日は先生がお忙しいようで、どうやらもうちょっと間があきそうです。

    アリアさんの先生もお忙しいのですね。
    この時期はみなさんお忙しいのでしょうか?
    私も次回は3月の最後の週です。

    最近間があくことが多かったせいか
    ちょっと間があいてもそれだけ練習できるし
    3週間ごとでもいいかな?って思ってたけど

    でもどうしていいかわからないこととかあるから
    やっぱり2週間ぐらいが丁度いいのかも・・・
    次のレッスンが今月にあるといいですね^^

  2. アリア

    のんさん、こんにちは。

    本当になんでいつも短調を明るく弾いてしまうんでしょうかねえ。
    長調好きというのもすごく大きいと思うんですけど
    以前ペンネさんが、すごく暗い曲でも明るく弾く生徒さんのことを
    お話されてたことがあるでしょう?
    そんな感じで実は何かあるんじゃないかしらって気がしてきました…(笑)
    あんまり屈折した育ちではないですけども。(笑)
    あ、でもフランス組曲は短調もいいですね!
    1番、大好きになってしまいました。^^

    で、そうなんです、私の先生も3月後半はお忙しいんです。
    コンペに出る生徒さんもいるようだし
    あとは勉強会とか公開レッスンとか、そういうのが色々あるみたい。
    ピアノの先生というお仕事もなかなか大変そうです。

    うん、3週間あくとちょっと長いんですよね。
    これでいいのかなって迷ってしまう部分もあるし…
    間違った方向に3週間邁進してしまうのは困りますよね。(笑)
    次のレッスンに一番いい状態になるように持っていきたいんですけど
    モチベーションを維持するのが難しくて、ダレてきてしまったり。
    でも1週間だと、前回言われたことをある程度形にするには短すぎ…
    毎週レッスンにも憧れますが、2週間が丁度いいみたいです。

    多分、月末には見ていただけると思うんですけど、どうだろう。
    間があいちゃうと自分との戦いって感じですね。大袈裟?(笑)
    お互い、月末に向けてがんばりましょー。

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress