2012年05月23日

アレクサンダー・ロマノフスキー

Category : 音楽的催事 | Comments (4)  

アレクサンダー・ロマノフスキー去年のチャイコンで私が応援してたロマノフスキーさんが来日。でもこちらにまではいらっしゃらないのねーーー。(悲)
ということで、なんと!東京まで遠征してしまいました、私。
アレクサンダー・ロマノフスキーさんは1984年ウクライナ出身、イタリアで育ち、イギリスでもピアノの勉強をされたというピアニストさん。ブラームスの「パガニーニの主題による変奏曲」のいい演奏を探していた時に教えてもらって聴き始めたのが、私にとっての出会いです。今回は全部で3回の公演があり、19日に読響とのコンチェルト、21日と22日にリサイタルという日程。
 
 
5月19日(土) 「第144回オペラシティ・マチネーシリーズ」
 指揮:篠崎靖男 読売日本交響楽団
 ピアノ:アレクサンダー・ロマノフスキー

 曲目は
   ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番ハ短調 op.18
   (休憩)
   ブラームス: 交響曲第2番ニ長調 op.73

 ピアノ協奏曲の後のアンコールは
   ショパン: ノクターン第20番嬰ハ短調 遺作
   スクリャービン: エチュードop.8-12「悲愴」

ラフマニノフのピアノ協奏曲は、出だしのあのピアノの音からとても期待させてくれたんですけど、ちょっとオケの音が大きすぎました… 1階の後ろの方という座席の関係も大きかったのだろうと思うのですが、ピアノの音がかなりかき消されてしまって残念。オケの演奏自体も、もう少ししなやかな感じを期待してたんですが、私のイメージよりも太いというか何というか。オケの合間に聴こえてくるピアノの音はとても綺麗だったし、ロマノフスキーさんの演奏自体はとても良かったと思うだけに残念。指揮者の思う「ラフマニノフのピアノ協奏曲2番」と、ピアニストの思う「ラフマニノフのピアノ協奏曲2番」が、若干乖離していたのかもしれないですね。
アンコールはショパンとスクリャービン。アンコールはあまり弾いてくれない方なんだろうな、せいぜい1曲だろうな、なんて勝手に思っていたら2曲も弾いてくれてびっくり。嬉しい!
 
 
5月21日(月) 武蔵野市民文化会館小ホール
曲目は
  ベートーヴェン:ディアベリのワルツの主題による33の変奏曲ハ長調 Op.120
  (休憩)
  ブラームス: パガニーニの主題による変奏曲 Op.35 第1巻・第2巻

アンコールは
  ショパン ノクターン第20番嬰ハ短調 遺作
  スクリャービン エチュード op.8-12 「悲愴」
  バッハ/ユシュケヴィチ 管弦楽組曲第2番より「バディネリ」
  ラフマニノフ 前奏曲第5番ト短調 Op.23-5

この日は前半にベートーヴェンの「ディアベリ変奏曲」を、後半にブラームスの「パガニーニの主題による変奏曲」をそれぞれ全曲というなんとも斬新なプログラム。変奏曲好きのロマノフスキーさんらしいプログラムです。私としてはディアベリが聴けるのがすごく嬉しかったんですが、この曲って、基本的にそれほどリサイタルで弾かれる機会がない曲ですよね? 確かアンデルシェフスキさんも弾いてらっしゃったと思うのですが、その時はどんなプログラムだったんでしょう? こういう実験的なプログラムを組めるのも、この会場ならではという感じがします。ここの会場はそれほど大きくはないのですが、コレという音楽家の方を連れてきて、しかもチケットを完売させるというスゴ腕のスタッフさんがいらっしゃるみたい。地元の方にもとても親しまれているようで(外れがないのだろうと予想)「アレクサンダー・ロマノフスキーって、わたし知らないんだけど」なんて声も会場で聞こえてきました。ディアベリを聴くのもこれが初めて、なんて方も結構多かったのではないかと。

私としては初めての生音(協奏曲はオケがあるからまた別という意味で)にワクワクしていたのですが、最初なかなか音が立ち上がらなかったように思えたし、ご本人もじれてらしたように見えました。客席も指もまだまだあったまってない状態で、この1時間もかかる曲をいきなりぶつけるのってやっぱり難しいものなんだ… と、聴きながらやきもき。でも演奏は途中から尻あがりに調子が良くなっていって、ほっと一息。
いつもディアベリのCDを聴く時は最初から最後まで流して聴いてしまうんですけど、この日はプログラムにせっかく全33曲の発想記号(?)が書かれていたので、それを参考に1曲ずつちゃんとチェックして聴いてみました。こういう聴き方も楽しいですね~。細かい感想は色々とあったんですけど、ほとんど忘れてしまったので1つだけ。フゲッタとフーガの「追いかけて追いかけて」がすごく楽しかったんですよね。バッハの「バディネリ」のピアノ編曲はご本人のサイトにも動画がアップされてるし、ご自分の猫がバッハ好きだとインタビューで仰ってたし、15歳の時にバッハの「ゴルトベルク変奏曲」の演奏によってボローニャのフィルハーモニー・アカデミーの会員に任ぜられるという栄誉に浴してらっしゃるようなので、バッハに親しんでらっしゃるのはもちろんなんですけど、これは絶対バッハがとーっても好きな方に違いないです。もっといろんなバッハを弾いていただきたいなあ。(…あ、バッハ好きだと変奏曲好きになりやすいのでしょうか? 私を含めて、私の周りでバッハが好きなピアノ弾きさんって大体変奏曲好きな気がします… わ、新発見! ←大袈裟)

後半のブラームスでは、前半序盤の不調もどこへやら、もうすっかり音もガンガン鳴っていて、チャイコンで聴いたあのブラームス。かっちりと組み立てられているCDの演奏とは少し違って、ちょっと流されちゃってる印象もあるんですけど、きっと生ではこういう弾き方で、と決めてらっしゃるんでしょうね。ディアベリとの対比も際立ってたように思います。こちらの曲は迫力もあるし派手だし、観客を否応なく巻きこんで魅了していたように思いました。一旦始まったら、もうあっという間だった~。
アンコールは鳴りやまない拍手に応えてなんと4曲。大サービスでびっくり。ショパンのノクターンは19日のよりもずっと良かったです。ものすごく情景が広がっていく演奏。この日はバッハのバディネリも弾いてくれて大興奮だったし、ラフマニノフの前奏曲の第5番もすごかったです。(でも私が自分で弾くのは諦めた方が良さそうと思いました 笑)
 
 
5月22日(火) 紀尾井ホール
曲目は
  ハイドン: ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob XVI-52 
  ブラームス: パガニーニの主題による変奏曲 Op.35 第1巻・第2巻
  (休憩)
  ラフマニノフ: 練習曲「音の絵」Op.39 より
          第1曲ハ短調、第2曲イ短調、第3曲嬰へ短調、第5曲変ホ短調「アパッショナート」
  ラフマニノフ: ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.36(1931年改訂版)

アンコールは
  ショパン: ノクターン第20番遺作
  スクリャービン: エチュードop.8-12「悲愴」
  バッハ/ユシュケヴィチ: 管弦楽組曲第2番より「バディネリ」

この日のプログラムは「来た来た来た…!」というプログラム。前半はハイドンとブラームス、後半はラフマニノフ尽くし。
ハイドンは粒の揃った綺麗な音がコロコロと転がり、あくまでも古典派ハイドンでありながら、現代的に感じられる部分もそこここにあって、とても素敵。第3楽章で左手がすっごく可愛くて好きなところがあるんですけど、そこが生で聴いても本当に可愛かったのがすごく嬉しい♪ ブラームスはいつものブラームス。超・超・超絶技巧だし、気位の高い狂気の伯爵夫人のように(誰)いつでも十分トリを取れる曲だと思うんですが、大トリではなく中トリだというところがロマノフスキーさんならではでしょうか。
というのはこの方のラフマニノフを聴けば、誰でも納得するのではないかと。チャイコフスキーの国際コンクールで受賞した「クライネフ賞」も、後で聞けば「ラフマニノフの最も優れた演奏に贈られる」賞だったそうですし、いやもう本当にすごかったです。ラフマニノフの気持ちがよく分かる、1つ1つの音までそれぞれの意味が分かる、と仰っていたのは全然大袈裟じゃないと思う… というかむしろちょっとヤバいぐらいだと思う… この方の弾くラフマニノフは、他人の曲を弾いてる感じがしなくて、まるでその場で音楽を創り出しているみたい。すっかり魂が乗り移ったラフマニノフ。演奏後は、さすがのロマノフスキーさんも燃え尽きていたように見えました。

今回のお土産アンコールのショパンのノクターンとスクリャービンのエチュードは、これで3回目。そして前日に引き続きのバッハのバディネリ。この日の演奏は、前日の若干急いてる感じがなくて良かった~。
でも本当はアンコールなんかなくてもいいぐらいだったかな。あのラフマニノフで終わっても良かったかも。まあ、バディネリはいつでも大歓迎ですけどね。満ち足りて幸せな気分になれるから♪

ということで、大変濃密な3日間(滞在は4日間)でございました。左の写真は今回のロマノフスキーさん関連のモノたち。なんとコンサート会場で6枚入りのブロマイドセット(?!)が売られていてびっくりですよー。そんなことをされるピアニストさん、他にいるでしょうか! 別に私、顔目当てのファンってわけじゃないんですけど! つい買ってしまいました。だってサイン用の CD 持ってきてなかったんですもの…

これが終わってしまったら、後は何を楽しみに生きていけばいいの? という状態で帰ってきたんですが、やっぱりこの余韻でまだしばらくは生き延びていけそうです。ふふ。



2012年05月18日

レッスン日記77

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : , ,

先週に引き続きのレッスン。来週は来られないかもしれないので、今週にしていただきました。

ハノンはスケールとアルペジオから。今日は2つ目の「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」。カデンツがちょっと短くなりすぎているという注意がありました。次の音に飛ぶのに気もそぞろになってしまってたんですね。ダメじゃん。そして小指の音をもっと響かせること。小指で鍵盤を掴もうとすると腕に力が入りやすいので要注意。
第3部の方は45番「2音続く音のひき方」。これ、指定速度が108になってたんですけど、私にはそこまで速く弾けないし、レッスンで弾いたのも実際95ぐらい。でも合格でした。これはあまり速くなくてもいいのかなー? まあ、第3部で合格になったのは引き続き練習していくつもりなので、先生が構わないならいいんですけどね。実際、42「減七のアルペジオ」、43「属七のアルペジオ」、44「3つの同音の連続」… と、ずっとゆっくりの練習を続けてますし、これから先もやっていくつもり。毎日少しずつでも、何度もゆっくり弾いてるうちにきっと身に着くでしょう。(希望的観測)
ええと45の注意点といえば、2音の最初の音にアクセントがあるけれど、これはアクセントというよりも腕の重みをかけるつもりで。実際の曲の中に登場する時もアクセントではなく重みを乗せるように弾くから、とのこと。
次回は46番の「トリル」。これはできる限り速く弾いてくること。前回合格した時は確か指定の108で弾いたはずなので、もっと速くですね。見開き2ページはまあいいんですけど、ページをめくったところにある2段(「モーツァルトは、トリルの練習にこの練習曲を用いたということです」と書かれてるところ)がクセモノ。4と5の指の小節がこんがらがっちゃうのです。でも頑張りまーす。

バッハ「フランス組曲」は2番のクーラントからジーグまでを見ていただきました。
クーラントとエールは合格。サラバンドは、今回新たにノンレガートにすることになったところがなかなか上手くいかず… 左手の2声の弾き分けもイマイチだったので(これに関しては注意はされなかったんですけど、明らかにイマイチ) 次回に持ち越し。メヌエットも同様にノンレガートで苦戦。「ヘンレ版はアーティキュレーションについてほとんど何も書かれてないから自由度が高いんだけど、逆に楽譜に書かれていることはきっちり厳守よ!」…要するに私がスラーの位置を見間違えてたというか、アバウトにしか見てなかったのがダメダメだったのでした。もっときちんと楽譜を見ないとですね。そしてメヌエットは3拍子なので、最初の拍をアクセントを置いて、あとの2拍は上向きの音で軽やかに弾く。(うーん、そう弾いてたつもりだったんだけど、全然ダメだったか) 最後にジーグも弾いたんですけど、私の弾き方があまりにもっさりしてるので、ノンレガートにする部分が増えました。(笑) こちらは左手の片手練習をもっとすること。そのぐらいかな? いや、何かもっと大事なことがあった気がする… 練習してるうちに思いだせるといいのですが。

最後にシューマン「花の曲」。
先週のレッスンの後、それぞれの和音の色を考えましたよ~。結局最初からコードを取っていって… 転調やら何やらの関係があるので、私の場合はいきなりクラシック的に和声分析しようとするよりも、ジャズやロックのような感じでコードを取る方が確実かもしれないと思ったんですが(「和音」も「コード」も実際は同じものですが、便宜上の区別です… C dur の第五音の減七の和音を「Gdim7」とするような感じ)、これが正解。コードの変化から逆に転調がすごく分かりやすくなるではないですか。そして調が分かれば I とか V とか IV とかの和音記号も分かりやすいですしね。我ながらナイスアイディア♪ ええと、コードを取るのは絶対音階で、 I とか V とか IV といった和音記号で考えるのは相対音階だと思うんですが、絶対音階の方が私には向いてるみたいです。とは言ってもコードに関してもそれほど知識があるわけではないので、ところどころ名称が分からないのもあったのですが。(いやん)
でもそんなこんなで考えすぎたらしく、レッスンで実際に弾こうとしたら流れが… バッハからこの曲に行くのが苦手というのもあるのですが、先生に「もっと横のラインで音が流れるようにしてみて」と言われてしまいました。すぐ縦の線でぶちぶちと千切ってしまう私です。(汗)
今日も結局1ページしか進まなかったのですが、なんとなく(あくまでもなんとなく)ちょっと先が見えてきたかも! 次回はシューマンから見て下さるそうです。

次回のレッスンは2週間後。先生もそろそろコンペでお忙しくなる頃だし、今のうちに気合いを入れておかないと~。
…あ、そういえば、先日別のコンペの際、私が中学・高校の頃に習っていた先生とお話する機会があったそうです…(その先生は元々存在感抜群の方の上、今や関西ではちょっと有名な方となっているらしい) 「これからの季節たびたびお会いすることになるし、今度聞いてみるわね~」なんて仰っていたけれど、何がどう間違えても、私の話題なんかで盛り上がるなんてことになりませんように。(祈)



2012年05月11日

レッスン日記76

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。前回の時は初夏のようだったのに、今日は打って変わって肌寒い日となりました。5月とは思えないー。ぶるぶる。

ハノンはスケールとアルペジオから。G dur から始まる「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コースをメトロノーム110で。これは途中カデンツでミスタッチがあったものの、無事に終了。
第3部の方は44番の「3つの同音の連続」をメトロノーム120で。以前これをやった時、なるべく鍵盤の内側で、鍵盤が戻りきらないようにタッチするようにと言われたのを思い出して、鍵盤に鉛筆を置きつつ練習してみました。こうすると鍵盤が戻りきってしまうと鉛筆が跳ね上がっちゃうから、すぐ分かるんですね。まあ今回も「なるべく鍵盤の近くからタッチして」と注意があったので、まだまだなんですが、前回44番をやった時「うーん、そうねえ… もう1回弾いてみて」が何度もあったのを考えれば、今日は前回よりはすんなり合格です。
来週は45番「2音続く音のひき方」なんですが、これ、苦手… というかこれをやると自分の4と5の指が弱いことがすごーくよく分かります。以前の時にメトロノーム96が限界だったのが、今は100で弾けるようになってるんですけど、それ以上だとやっぱりバタバタになっちゃう。指定速度の108ではまだ難しいかもー。

バッハは2番のアルマンドから。これはアウフタクトなので、最初の音は上向きに、そして次の音(小節の頭の音)は下向きに。ソ・ソーラシドーレーミーレーの最後の「ミーレー」は強く弾くのではなく、もっと腕の力を乗せた音で。クーラントのアウフタクトは3音。小さく上がり、下がり、上がり、そして小節の頭で下がる。もっと小節の頭の音を大切に3拍子を意識して。サラバンドは2拍子目にアクセントが来ることをもっと意識する。
見ていただいたのはエールまでの4曲ですが、どの曲も一番上の声部の音はフルートやヴァイオリン、真ん中はファゴットやオーボエ、一番下はチェロというように違う楽器を弾いているような意識で音色を変えて弾くこと。一番下の音はあまりスリムになりすぎず、もっと太く柔らかい輪郭の感じで、というのを注意されました。…はい、片手練習ですね。でも同じ左手の上をファゴット、下をチェロ? うわーん、めっちゃ難しい。まず色んな楽器の音を聴くところから始めた方がいいかもしれないな。
あ、アルマンドだけは合格です。クーラントとサラバンドは「大体そんな感じなんだけど」と言われつつ次回に持ち越し。

最後はシューマンの「花の曲」。
この曲、いつになったら満足に弾けるようになるんでしょうね… 突っ込みどころが多すぎるらしくて、毎回最初の1ページからなかなか先に進みませーん。今日は「ペダル、つけてみたら?」と言われたので、ある一定レベルには達してると思う… というか思いたいんですけど。(笑) もちろん、さらっと無難に弾けるだけで合格にしてほしいわけじゃないし、これを機にシューマンをきちんと掴みたいと思ってるので、なかなか先に進めなくても構わないんですけど。それにしても少しは前進できてるのか不安~。
今回は音の方向ではなくて色合いについて。内声がどうしてもバタバタして聞こえるというところから(これでも必死に溶け込ませようとしてるんですけど…!) 全部和音で弾いてみる練習の話になって、そこからそれぞれの和音の色合いについて考えてくることになりました。「面倒だけど、これができないとシューマンはシューマンにならなくて、ただの下手な曲になっちゃうから」というお言葉。ごもっともです。ま、「花の曲」なんだから、花の色合いから考え始めればいいハズですよね。そこから情景やら何やらに広げていければ。

声部による音色の違いを違う楽器で考えてみるというのは今までもあったけど、実際はまだあまりできてないし、それぞれの和音の色合いの違いを出すような部分も今の私に決定的欠けている部分。でもこれまでは、弾くことに精一杯でその段階まで全然来てなかったんだと思う… ようやく一歩足を踏み入れられる状態になったのかも!? ということで、じっくり時間をかけて頑張ります☆

次のレッスンは1週間後~。



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress