2012年05月18日

レッスン日記77

Category : レッスン日記 
Tags : , ,

先週に引き続きのレッスン。来週は来られないかもしれないので、今週にしていただきました。

ハノンはスケールとアルペジオから。今日は2つ目の「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」。カデンツがちょっと短くなりすぎているという注意がありました。次の音に飛ぶのに気もそぞろになってしまってたんですね。ダメじゃん。そして小指の音をもっと響かせること。小指で鍵盤を掴もうとすると腕に力が入りやすいので要注意。
第3部の方は45番「2音続く音のひき方」。これ、指定速度が108になってたんですけど、私にはそこまで速く弾けないし、レッスンで弾いたのも実際95ぐらい。でも合格でした。これはあまり速くなくてもいいのかなー? まあ、第3部で合格になったのは引き続き練習していくつもりなので、先生が構わないならいいんですけどね。実際、42「減七のアルペジオ」、43「属七のアルペジオ」、44「3つの同音の連続」… と、ずっとゆっくりの練習を続けてますし、これから先もやっていくつもり。毎日少しずつでも、何度もゆっくり弾いてるうちにきっと身に着くでしょう。(希望的観測)
ええと45の注意点といえば、2音の最初の音にアクセントがあるけれど、これはアクセントというよりも腕の重みをかけるつもりで。実際の曲の中に登場する時もアクセントではなく重みを乗せるように弾くから、とのこと。
次回は46番の「トリル」。これはできる限り速く弾いてくること。前回合格した時は確か指定の108で弾いたはずなので、もっと速くですね。見開き2ページはまあいいんですけど、ページをめくったところにある2段(「モーツァルトは、トリルの練習にこの練習曲を用いたということです」と書かれてるところ)がクセモノ。4と5の指の小節がこんがらがっちゃうのです。でも頑張りまーす。

バッハ「フランス組曲」は2番のクーラントからジーグまでを見ていただきました。
クーラントとエールは合格。サラバンドは、今回新たにノンレガートにすることになったところがなかなか上手くいかず… 左手の2声の弾き分けもイマイチだったので(これに関しては注意はされなかったんですけど、明らかにイマイチ) 次回に持ち越し。メヌエットも同様にノンレガートで苦戦。「ヘンレ版はアーティキュレーションについてほとんど何も書かれてないから自由度が高いんだけど、逆に楽譜に書かれていることはきっちり厳守よ!」…要するに私がスラーの位置を見間違えてたというか、アバウトにしか見てなかったのがダメダメだったのでした。もっときちんと楽譜を見ないとですね。そしてメヌエットは3拍子なので、最初の拍をアクセントを置いて、あとの2拍は上向きの音で軽やかに弾く。(うーん、そう弾いてたつもりだったんだけど、全然ダメだったか) 最後にジーグも弾いたんですけど、私の弾き方があまりにもっさりしてるので、ノンレガートにする部分が増えました。(笑) こちらは左手の片手練習をもっとすること。そのぐらいかな? いや、何かもっと大事なことがあった気がする… 練習してるうちに思いだせるといいのですが。

最後にシューマン「花の曲」。
先週のレッスンの後、それぞれの和音の色を考えましたよ~。結局最初からコードを取っていって… 転調やら何やらの関係があるので、私の場合はいきなりクラシック的に和声分析しようとするよりも、ジャズやロックのような感じでコードを取る方が確実かもしれないと思ったんですが(「和音」も「コード」も実際は同じものですが、便宜上の区別です… C dur の第五音の減七の和音を「Gdim7」とするような感じ)、これが正解。コードの変化から逆に転調がすごく分かりやすくなるではないですか。そして調が分かれば I とか V とか IV とかの和音記号も分かりやすいですしね。我ながらナイスアイディア♪ ええと、コードを取るのは絶対音階で、 I とか V とか IV といった和音記号で考えるのは相対音階だと思うんですが、絶対音階の方が私には向いてるみたいです。とは言ってもコードに関してもそれほど知識があるわけではないので、ところどころ名称が分からないのもあったのですが。(いやん)
でもそんなこんなで考えすぎたらしく、レッスンで実際に弾こうとしたら流れが… バッハからこの曲に行くのが苦手というのもあるのですが、先生に「もっと横のラインで音が流れるようにしてみて」と言われてしまいました。すぐ縦の線でぶちぶちと千切ってしまう私です。(汗)
今日も結局1ページしか進まなかったのですが、なんとなく(あくまでもなんとなく)ちょっと先が見えてきたかも! 次回はシューマンから見て下さるそうです。

次回のレッスンは2週間後。先生もそろそろコンペでお忙しくなる頃だし、今のうちに気合いを入れておかないと~。
…あ、そういえば、先日別のコンペの際、私が中学・高校の頃に習っていた先生とお話する機会があったそうです…(その先生は元々存在感抜群の方の上、今や関西ではちょっと有名な方となっているらしい) 「これからの季節たびたびお会いすることになるし、今度聞いてみるわね~」なんて仰っていたけれど、何がどう間違えても、私の話題なんかで盛り上がるなんてことになりませんように。(祈)

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress