2012年06月29日

レッスン日記80

Category : レッスン日記 
Tags : ,

2週間ぶりのレッスンは、すんごくいい天気! 日傘も日焼け止めも効かなさそうな陽射しです。湿度はそれほどでもないので、からっとして気持ち良かったですが、6月末にしてようやく本格的な夏到来でしょうか。今年って例年に比べると涼しいですよね? 例年の今頃ってもっとクーラーとか扇風機とかつけてたような気がするんですけど、今年はまだ全然ですし。(職場ではもちろんかかっていますが、自宅では)

今の先生に習い始めて、もう80回目のレッスンですって。すごいなあ。(と、この記事を書きつつしみじみ)

ハノンはスケールとアルペジオから。3つのグループの最初の「C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll」です。今回の注意点は「弾くことに必死にならないで、自分の音をもっと聴いて」。いや、ほんとそういう注意を受けてしまうのももっともな、すっきりしない音でしたよ… これって先生のおうちに着いたばかりでピアノの音にまだ慣れてないって問題でもないような気がします。気合いが足りないんですかね? スケールとアルペジオの練習にある意味慣れてしまって、鍵盤へのタッチが何気なくなっちゃってるのかなあ。いずれにせよ、初心に戻ってもっと細心の注意を払わなければならないんでしょうね、きっと。
第3部の方は、47番の「4つの同音の連続」。メトロノーム120でも練習していたのですが、これだと指が相当バタバタしまうので、レッスンでは116で。この手の曲では毎回「もっと鍵盤の内側で」と言われるので、今回は毎日まず鍵盤の上に鉛筆を置いて内側で弾く練習をしてて、その効果のほどはいかに…?! だったんですが、今日はその注意はなし。それはある程度出来ているからだったのか、それともまだ出来てはいないけど努力の跡は見えたのか、もしくは「もう言わなくてもイイカゲン分かってるでしょ」だったのか? 完全ではないにせよ、だんだん出来てきてるのならいいのですが。とりあえず47番は合格。次は48番の「3度の練習」「6度の練習」。前回これをやった時もその注意を受けたので、次のレッスンでまた注意を受けるかどうかが勝負の分かれ目ですね☆(勝負ってナニ)

シューマンは今日からユーゲントアルバム。「メロディ」「狩の歌」「勇敢な騎手」「楽しき農夫」を聞いていただきました。
「メロディ」は、ソプラノの歌とピアノの伴奏のようなイメージで、左手はもっと小さく、右手をもっと歌わせて。「まるでツェルニー○○番みたいになってるわよ」と言われてしまいましたよーー。右手を歌わせる、と書くのは簡単だけど、なかなか綺麗に歌ってくれないんですよねえ。先生が弾くとなんであんなに素敵な音がするんだろう?
「狩の歌」は、最初のドの音にスタッカートをつけたような弾き方をしていたので、それを直されたのと…(いや、すっかり思いこんでしまっていました) 最初のフレーズは狩に行く時の角笛とかラッパの音、次のフレーズは馬の蹄の音だから、きちんと音色を変えて。具体的には、角笛の音はもっと太く、馬の蹄の音はもっと軽やかに、ですね。短い曲だけど、その曲の中でどの部分を一番盛り上げたいのかきちんと考えて。(そりゃもちろん獲物を追い詰めたところでしょ… と分かってはいるのだけど)
「勇敢な騎手」は、勢いよく、もっとひっかくような鋭いスタッカートで。sf のところは鍵盤の少し上から手を落とすように。「勇敢」ということは、まあちょっと無謀でもあるということだから、そんな感じで。全体的にアクセントでメリハリをつけて。
「楽しき農夫」の左手のメロディは、カーネルサンダースのような太っちょのおじさんをイメージして、もっと太い音で歌わせて。四分音符がちょっと短くなりすぎてるところがあるので、それに気をつけること。そして右手と左手とメロディーが重なる所はやっぱり右手を出すのですね。(先生が弾いて下さってるのを聴いていて分かりました)

今日は他の話をしていてそちらに時間を取ってしまったので、バッハはなし。
あー、そういえば。サラバンドのトリルでどうしたらいいのかよく分からないところがあるんだった。そこを聞いてくれば良かった。一応「こうかな?」というので練習はしてるんですけど、なんだかすっきりしないんですよねえ。

ユーゲントアルバムは「兵士の行進」にチェックが入ってなかったんですけど、これも見ていただこうかな? これもなんとなく練習していたし。でもでも技術的には比較的簡単な曲とはいえ、もっと弾きこまないとダメダメです。やっぱり譜読みの時は2週間では足りません…。私の場合、譜読み自体はそれほど遅くないと思うんですけど、譜読み状態が長くて、それを越えるのにいつもものすごく時間かかってる気がします。そして譜読み状態の時でも一応表情はつけようと頑張っているのだけど、それを乗り越えてからじゃないと指が思うように動いてくれないから、結局のっぺりしたまんまなんですよね。
今回、バッハの方もフランス組曲の6番の8曲の譜読みの真っ最中なので…(ブーレとジーグはまだほとんど見れてない状態だけど) 小曲ばかりとはいえ、2週間で譜読みをいっぱいしなければならないのは、ちとツラいものがありますわん。だから今日はバッハを弾く時間がなくて少し安心もしたのだけど。(本当は一度見て頂いた方が、練習の効率が格段に上がるのだけど)

ということで、次のレッスンは2週間後~。

Comments (4)

  1. アリアさん、こんにちはー

    >フランス組曲の6番の8曲の譜読み

    8曲ってすごいですねーやっぱりアリアさんぐらいになると
    組曲1セットなんですねー(尊敬~)
    私はフランス組曲を1曲ずつです。
    3番のメヌエットから譜読みを始めました^^

    今ロマン派をまったくやってないから
    ユーゲントアルバムもちょっと気になっています。
    短調でいい曲ありますか?

  2. アリア

    のんさん、こんにちは~。
    いや、短い曲ばかりとはいえ、8曲はやっぱりきついですよー。
    レッスンの時に「これも見てきてる?」って必ず聞かれるので一応見てますが
    本当は1曲ずつしっかり掘り下げた方がいいと思います…
    3番のメヌエットですか~。可愛い曲ですよね。
    あの曲だけはトリオと2曲で1セットなので、どちらも見ておいた方がいいかもです。^^

    おーー、ユーゲントアルバムに興味ありますか♪
    全音の楽譜の後ろのレベル分けでは
    初級・第2課程から中級・第4課程までになってるので
    難易度的には結構幅広い曲集なんですよね。
    難易度低めのPart1の中から短調の曲を挙げるとこの辺りです。

    6.哀れな孤児(Armes Waisenkind)
    8.勇敢な騎手(Wilder Reiter)
    11.シチリアーノ(Sizilianisch)
    12.サンタクロース(Knecht Ruprecht)
    16.最初の喪失(Erster Verlust)

    「勇敢な騎手」「シチリアーノ」「サンタクロース」「最初の喪失」は
    私も今練習してるところので、よろしければご一緒に~♪
    (サンタクロースとは言っても普通のサンタさんではないです… またいずれ書きます)

    もう少し対象年齢が上がるPart2の曲からだとこちら。

    23.騎手の曲(Reiterstück)
    25.劇場からの余韻(Nachklänge Aus Dem Theater)
    29.異国人(Fremder Mann)
    36.イタリア人の船乗りの歌(Lied Italienischer Marinari)
    37.水夫の歌(Matrosenlied)
    38.冬1(Winterzeit 1)
    39.冬2(Winterzeit 2)
    41.北方の歌(Nordisches Lied)

    私の好みの曲は、こっちの方が多いです。(でも挙げすぎですね…)
    基本的に長調スキーな私なので、もしかしたらのんさんとは好みがズレるかもですが~
    (シューマンの場合は長調に拘ってるわけでもないんですが)
    検索したらここに揃ってたので、ぜひ一度聴いてみてください♪
    http://yamaha.jp/pianorg/detail/400

  3. アリアさん、ありがとうございます。

    ヤマハのサイトに「ロマン期のスタイルを学習するのに最適である。」って書いてありました^^

    それにしてやっぱ短調っていいですよねー(笑)
    特に↓がよかったです。

    12.サンタクロース(Knecht Ruprecht)
    16.最初の喪失(Erster Verlust)
    36.イタリア人の船乗りの歌(Lied Italienischer Marinari)
    37.水夫の歌(Matrosenlied)

    サンタクロース楽しそうです♪

  4. アリア

    わあ、早速聴いて下さったのですね!

    うんうん、とてもいいと思います♪
    短い曲ばかりだし、レベル的にもそれほど高くないけど、
    シューマンだから内容がとても濃くて勉強になるって私の先生も言ってました。
    ロマン派の曲で手頃なのって案外少ないんですよね。
    ショパンとかシューベルトだと、どうしても長くなっちゃうし。
    長い曲だと、どうしても部分部分の濃度が薄くなりがちだし。

    ふふ、サンタクロース、一緒にやりましょー♪
    私も、後ろの方の短調の曲にはチェックが入ってなかったんですけど
    自主練して見てもらおうかなって思ったりしてます。^^

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress