2012年07月21日

「ユーゲントアルバム」伊藤恵

Category : CD(シューマン) 

伊藤恵さんの「シューマニアーナ10」。伊藤恵さんは「シューマニアーナ」と題してシューマンのピアノ曲の全曲録音をしてらっしゃる方。その10枚目には、「ユーゲントアルバム」の全43曲と、出版の時に除かれたというWoO.30の8曲が収められています。

「ユーゲントアルバム」は、そもそもシューマンが長女マリーの7才の誕生日のために書き始めた曲集。当初は「クリスマス・アルバム」というタイトルだったのが、その後、曲が増えて現在の形になった時に「ユーゲントアルバム(こどものためのアルバム)」というタイトルになったようです。(どうやらマリーへのプレゼントは最初の7曲だったみたいですね)
「メロディ」や「兵士の行進」「楽しき農夫」といった曲を子供の頃に弾いた、という方も多いはず。

でも単なる子供の曲と侮るなかれ! どの曲も短いしそれほどの難易度ではないんですけど、さすがシューマン、奥が深いんです!(というのは先生の受け売りですが)
そしてそんな曲をきちんとプロのピアニストさんが弾くと、これがまた素敵なんですねえ。大人も十分楽しめる曲集となっています。(同じく初級者用教材とされているブルグミュラーの25の練習曲も、プロのピアニストさんの演奏で聴くと素敵でしょうねえ。エッシェンバッハさんが弾いてらっしゃるのが聴いてみたい)
今まで何人かのピアニストさんの演奏で「ユーゲントアルバム」を聴きましたが、私は伊藤恵さんの演奏が断然好きでした。曲のいろんな情景が、聴いていてすとんと入ってくる感じ。今まであまりピンときてなかった曲も、どんどん素敵に聴こえてきましたよ! シューマニアーナの他のCDも聴いてみたいですねえ。でも全部で13枚もあるんですよー。ボックスで販売してくれたらいいのに。(無理)
今度リサイタルがあったら行ってみたいな。(その時はやっぱりシューマン希望)

*****

 
伊藤恵(いとう けい 1959- )
  桐朋女子高等学校、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学、ハノーファー国立音楽大学で学ぶ。
  エピナール国際コンクール、J.S.バッハ国際音楽コンクール、ロン=ティボー国際音楽コンクールなどに入賞。
  1983年、ミュンヘン国際音楽コンクール・ピアノ部門で優勝し、ミュンヘンでデビュー。
  シューマンを非常に愛好し、1987年から2007年にかけてシューマンの全ピアノ作品の録音をしている。
  現在、東京藝術大学教授、桐朋学園大学特任教授。

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress