2012年08月25日

シューマンの曲の難易度

Category : 音楽的資料 | Comments (11)  

以前「バッハの曲の難易度」の時にも出してきた「ピアノ・レパートリー事典」です。

340人の作曲家のピアノ独奏・連弾作品を紹介。作曲家の略伝と音楽様式、主要曲の解説、難易度、楽譜の出版元と番号、版の特徴と相違点などの情報を徹底網羅。すべての愛好家・学習者・指導者に贈る、ピアノ関係者必携の書。

難易度がアバウトすぎて使えない~と以前書いたんですけど、それでもやっぱりアバウトなりに、たまに参考にはしているのでした。
今回はシューマンの難易度を書いておこうかと。(ランクは1~15)

  「アベッグの名による変奏曲」 13-14
  「蝶々」 11-12
  「ダヴィッド同盟舞曲集」 9-13
  「トッカータ ハ長調」 15
  「謝肉祭」 13
  「幻想小曲集」 10-13
  「交響的練習曲」 15
  「子供の情景」 5-9
  「クライスレリアーナ」 13-14
  「幻想曲 ハ長調」 14-15
  「フモレスケ」 13-14
  「ノヴェレッテ」 10-14
  「ソナタ第2番 ト短調」 13
  「ウィーンの謝肉祭騒ぎ」 12-13
  「子供のためのアルバム」 2-7
  「森の情景」 6-9
  「ピアノ協奏曲 イ短調」 14

シューマンも小曲の集まりが多いのに、そのかたまりごとで難易度を決めてしまっているので、やっぱりとってもアバウトです。
バッハの方の難易度を見た時、今の私に弾けるのは11ぐらいまでかなあと思ってたんですけど… というのは「シンフォニア」の一番難しい曲のレベルが10で、「イタリア協奏曲」のレベルが10-11だったからなんですけど… まあバッハとシューマンを同じ数字で語っていいのか、そこからして疑問ではあるんですけど… それでいくとあまりぴったりなレベルの曲がないですねえ。
この中で一番難易度が低いのは「子供のためのアルバム」で、これが2-7。ということは、2は「メロディ」ですかね? うわーん、そんなに易しくないと思います。見た目ほど弾きやすい曲じゃないですもん。「子供の情景」は5-9。レベル的には大丈夫なはずなんですけど、全然満足に弾きこなせないでいるのがなんとも。(特に「鬼ごっこ」と「トロイメライ」)
そして次にやる予定の「謝肉祭」は13じゃないですか。それって相当背伸びすることになるんじゃ…? ちょっぴり背伸びをする程度が一番伸びると思ってるんですけど、大幅に背伸びだと、しんどいだけで悲しい結果になりそう。「ウィーンの謝肉祭騒ぎ」の方が若干難易度が低いようだけど、それでも大した違いはないし。シューマンって弾いてみると楽譜の見た目よりも弾きにくいってことが多いので、その辺りがどうでるか不安だなあ。いえ、先生から仰って下さった曲だから、きっとなんとかなると信じますが。
難易度が最高なのは「交響的練習曲」。シューマンの話がいろいろと出た時に「その曲は難しいですよね?」とお聞きするたびに「そうねー、交響的練習曲ほどじゃないけど難しいわねー」ということを仰ってたので、「交響的練習曲」は相当なんだろうと思っていたのですが、やはり15でした。あと憧れの「トッカータ」も難易度15。うーん、まるで無理ですか。
逆に「森の情景」をちょっと自分で譜読みしてみようかなという気になってきました。^^

で、ネットを彷徨っていたら、こんなページを見つけました。シューマンの曲の難易度が載ってます。こちらでも「トッカータ」と「交響的練習曲」が難易度最高の28。…わわっ、謝肉祭も28。でも全曲が28というわけではなくて、28なのは第17曲の「パガニーニ」だけですね。さすがパガニーニ。最終曲の「フィリスティンと戦うダヴィッド同盟の行進」は27。でも第13曲の「告白」は13だし、第14曲の「高貴なワルツ」は14なので、難易度にかなりバラつきがありそうです。

これはピアノ教材研究会というサイトさんで、ピアノ教師歴30年の管理人さんによるピアノ教材の閻魔帳。シューマンのページの充実度は7割ほどだそうです。バッハのページもありました。こちらは8割ほど。評価は1~28だそうなので、「ピアノ・レパートリー事典」の難易度の丁度倍の数字ぐらいですね。こちらのサイトさんの方が余程詳しくて資料的な価値が高いですし、全てご自分で、というのが素晴らしいです。
ちなみに私が今まで弾いたことのある曲で一番難易度が高いと思われるのは、ショパンのエチュードのOp.10-4。こちらのサイトでは難易度27でした。あの指定速度で弾ければ27なんでしょうけど… それは私にはまず無理だからなあ。でも久々に封印を解いてみようかなって気もしてきました。あれから2年。もう全然弾けなくなっちゃってるかな?(私は少しは進歩してるのかしらー?)
(後で思い出しました。高校の時にリストのハンガリー狂詩曲の2番をやったことがあります! 難易度28。最後まで通せたけど、もう全然歯が立たなかったよー★)



2012年08月24日

レッスン日記84

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags :

2週間ぶりのレッスン。道中30分、暑くて暑くて気が遠くなりました…

今日はシューマン特化レッスンをお願いしたわけではないのですが、シューマンから見ていただいたら、結果的に特化レッスンとなってしまいました。見ていただいたのは「シチリアーナ」「サンタクロース」「五月、愛する五月」「最初の喪失」の4曲。

「シチリアーナ」は、まずアウフタクトから次の小節の頭の音を弾く時はちょっと不安な感じで。左手はもう少し小さく、でも左右の和音のハーモニーを感じて。そして8小節ずつのかたまりを一気に弾くこと。次の8小節のかたまりにいく時はブレスをして、はっきりと前とは違う色合いにすること。特に後半のPrestoのところに行く時は、息を吸い込む音が傍に聞こえるぐらいブレスして、それまでとは全く違う雰囲気を出す。ペダルを踏む時は、それぞれの小節の頭の4分音符のところと8小節目のところ。
「サンタクロース」ユニゾン部分で右手と左手の大きさが同じぐらいになってしまっているので、右手をもっと出して。中間部分に入る時、中間部分から最初のパターンに戻る時は、それぞれ曲想をガラッと変えること。ペダルを踏む時は、アクセントの音のところで短く。この曲、「サンタクロース」という題名の割に怖い曲なんですけど、この曲の原題「Knecht Ruprecht」って、普通の赤服のサンタさんではなくて、ブラックサンタクロースなんですね。怖いはずだ。(詳しくは Wikipedia へどうぞ) 中間部分、私は風が吹いて雪が舞ってるところかなあと思ったのですが、先生は粉雪と仰ってました。
「五月、愛する五月」はピアノ曲だけど、むしろ歌曲だと思って十分に歌わせること。春の到来はヨーロッパの人にとって格別、5月はヨーロッパ人にとって憧れの季節… ということで、もっとうきうきとした、まるで恋でもしているような気持ちを出して。
「最初の喪失」は、最初の音にもっと悲しみを籠めて。小指の指紋がなくなるかってぐらい鍵盤を撫でるようなタッチで。

「シチリアーナ」と「サンタクロース」は合格しました。「五月、愛する五月」と「最初の喪失」はもう1回。次の時はペダルをつけてくること。
ということで、次のレッスンは2週間後です。

以下愚痴です。読みたい方は「続きを読む」をクリックして、さらに反転してクダサイ。(削除しました。ありがとうございました。)



2012年08月10日

レッスン日記83

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags : , ,

3週間ぶりのレッスン。暑さに負けそうになりながら行ってきました。立秋以来、夜はすごく涼しくなって嬉しいのですが(暑さで目が覚めないなんて~) 日中はまだまだ暑いですねえ。

ハノンはスケールとアルペジオから。今日はG dur から始まる「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コースをメトロノーム110で。鍵盤のおさえ方がちょっと浅いという注意がありました。あと、左手の4の指が残りやすいというのも。うーん、これは全然気がついてなかったです。やっぱり上達したいと思ったら、客観的に聴いてくれる存在は絶対必要ですね。
第3部の方は48番の「3度の練習」「6度の練習」。手首の動きがまだちょっと硬いそうで、ボールを使った練習を教えて頂きました。ボールを手に握ってポンポンと鍵盤を叩くという簡単なものですけど、これは結構効きそう! 後は家に同じぐらいのボールがあるかどうかですね。探してみまーす。

次はバッハのフランス組曲6番、クーラントから。最初なぜか全然弾けなくて焦りましたよー。タイミングが全然合わないし、違う鍵盤をおさえてばかり。結局、ゆっくり2~3度弾くうちになんとか弾けるようになりましたが、最初はどうなることかと思いました。注意点としては、左手の八分音符のところはもっと弾むように弾くこと。特に右手がトリルを弾いてる小節は、右手に意識がいってしまって左手への意識がお留守になってしまっているけれど、ここの左手はしっかり弾くこと。あとは、22小節目の右手、シ♯・ド・レの3つの音のメロディをもっと出すこと。でもこの曲は合格です♪
サラバンドは結構いい感じに弾けたと思ったんですけど、ダメでした。先生によると、右手と左手がそれぞれ別々になってしまってるように聞こえてくるんだそうです。今の弾き方だと、例えばカレーを食べる時にカレーのソースを一口食べて、ご飯を一口食べて、またカレーソースを一口食べて、という感じだそうで…(笑) もっと右手と左手が混ざり合うように弾くこと。そして全体的に和音の響きを感じながら、その色合いの変化を感じながら弾くこと。もっと歌わせること。これはもう1回。
ガヴォットは、「もちろん一番上の音を一番出すんだけど、下の音もそれぞれもうちょっとしっかり出して」。それと「4分の4拍子ではなく4分の2拍子なので、ちゃんと2つずつのかたまりで」「ガヴォットらしく、もっと楽しげに」。ガヴォットって、好きなのになんだか苦手なんですよねえ。5番の時も好きな曲の割に苦労した覚えがあります。ということで、これは当然もう1回。
ポロネーズは、出だしは mp で dolce で。こちらはガヴォットよりもずっといい感じで弾けました。でも「大体それでいいんだけど~」と先生は迷われつつ、「もうちょっと弾きこんだ方がいいわね」と、結局またもう1回。
メヌエットは、楽しく。これもなかなかいい感じで弾けましたよ。こちらは1回で合格です!(嬉)

シューマンの「ユーゲントアルバム」は、今日は「シチリアーノ」だけ。これは場面ごとの色合いを変えること、2カッコのフェルマータはガツンと弾く。Prestの部分に入る直前の八分休符は休符というだけでなく、大事な間合いとして扱うこと。あと、ここでも鍵盤へのタッチが浅いと注意されました。シューマンは神経質で、あそこまで神経質でなければ、もうちょっと長生きできただろうだろうという人だし」ということで、基本的にもっとしっかりタッチする方がいいようです。「p」でも鍵盤はしっかりおさえること。そういえばうちのピアノって古い割に鍵盤の表面が綺麗に揃ってると調律師さんに言われたんですけど、タッチが浅くて傷みにくかったというのもあるのでしょうか。

次の生徒さんがいらしてしまったので(そういえば夏休みだもんね) 本日のレッスンはここまででおしまい。次のレッスンは2週間後です。



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress