2012年09月30日

ヤン・リシエツキくん再び

Category : 音楽的催事 | Comments (10)  

Jan Lisiecki去年も行ったヤン・リシエツキくんのリサイタル。朝から台風による警報が出ていてどうなることかと思いましたが、今年も行ってきました。東京の音楽事務所アマティによる「プロジェクト3×3」という企画の2年目です。(去年の記事はこちら

曲目は
  メシアン: 前奏曲集より第1番「鳩」
              第2番「悲しい風景の中の恍惚の歌」
              第3番「軽快な数」
              第4番「過ぎ去った時」
  バッハ: 6つのパルティータより第1番 変ロ長調 BWV825
  モーツァルト: ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲つき」
  ショパン: 12の練習曲 Op.10

アンコールは
  ショパン: 12の練習曲 Op.25-11「木枯らし」
              Op.25-2
              Op.25-9「蝶々」

台風の影響でJRも一部止まってましたし、お客さんの入りはあまり良くなかったのですが(私の知ってる範囲でも今回は諦めたという方がいたし、ホールでも「警報出てるしどうしようかと思った」という声が聞こえました) それでも1階席の3分の2ぐらいは埋まっていたでしょうか。男性客が意外と多かったです。(男性はさほど台風を気にしないのかしらん)

最初のメシアンから、とても良かったです。現代音楽はあまり得意分野ではないんですけど、いい曲だなあと思ったのはやっぱりヤンくんの実力なんでしょうね。現代の新しい曲のはずなのに、新しさと同時にどこかとても古いものも感じられてとても面白かったな。続くバッハもとても素敵だったし~。やっぱり彼の弾くバッハは大好き。去年も祈りが籠められたようなバッハだなあと思いながら聴いていましたが、今年の演奏も、とても崇高で、天上から降り注いでくるような音楽に聴こえました。声部の弾き分けも見事だし、響きが綺麗で、透明感のある音にぴったり。続くモーツァルトでは、少し階段(ヤコブの梯子?)を下りてきてくれた感があったものの、やっぱり空の上から降り注ぐような演奏。全体的にとても軽やかで良かったし、第1楽章は変奏曲の妙を味わえたし、第3楽章のトルコ行進曲も去年聴いたのよりも素敵だなと思ったのですが、そろそろ地上に降りてきて欲しいなと思ったところで前半が終了。

後半はショパンのエチュード、Op.10を全曲。こちらはなかなか調子が出ない感じでしたが…。1番もミスタッチがとても多かったし、2番に入る前の間合いが長く、自分を取り戻そうとしているように見えました。でも「別れの曲」の中間部はとても良かったし、この辺りから調子が上がってきたような。聴きながら、なんでショパンのエチュードなのかな?と少し考え込んでしまったんですけどね。去年はOp.25の全曲演奏で、今年はOp.10。彼はショパンのエチュードにきっと拘りがあるのでしょうし、彼なりの解釈が面白いのですが、でもなぜショパンのエチュード…? 同じショパンでも、他の曲の方がいいような気がしないでもないです。あ、でも、地上に降りてきて欲しいという意味では、ショパンのエチュードでとても良かったと思いますが。
アンコールは、同じくショパンのエチュード、今度はOp.25からの3曲。「木枯らし」が迫力で良かったですねえ。そしてOp.25-2と「蝶々」の2曲は、軽やかに駆け抜けて。拍手がなかなか鳴りやみませんでしたよ!

帰り道は風と雨が凄かったんですけど、無事に行けて良かったです。「プロジェクト3×3」の3回目、大阪のシンフォニーホールでの演奏は、既に2014年3月7日(金)に決まってるみたい。予定が合えば、3回目もぜひ行こうと思います。楽しみです。^^



2012年09月28日

レッスン日記87

Category : レッスン日記 | Comments (8)  
Tags : ,

先週に引き続きのレッスン。朝晩はすっかり涼しくなりましたが、昼間はまだまだ暑いです。

ハノンは、今日は「C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll」。スケールの最初の3つの音を丁寧に、という注意がありました。楽譜に書かれているその音から弾くのだけど、それよりも下の音からずっとスケールが続いてる気持ちで弾くこと。最初の音をすかっと弾きそこなうことがあって、そのせいもあって3つの音が団子状態に聴こえてしまうことがあるそうです。あと、音が全部下に落ちてしまっているので、音をもっと前へ前へと飛ばす意識で弾くこと、でした。曲の中に出てくるスケールやアルペジオを生かすために練習してるんだものね。うーん、でもやっぱりその辺りが難しいなー。
50番の「3度をレガートに弾く練習」は、一番上の音をよく出すこと。(次に出すのは左手の上の音、右手の下の音、左手の下の音の順) 弾いてる時に頭と肩が揺れがちで、それで4つの16分音符の最初の音に変なアクセントがついてしまっているので、頭も身体も揺らさないように注意すること。そして今はメトロノーム77ぐらいで弾いてるので、次回までに84ぐらいで弾けるようにスピードアップしてくること。

バッハの「イギリス組曲」はまだ全然見てないので、今日はユーゲント・アルバムだけでたっぷり30分はあるよ!と思ったのですが、やっぱり進まなくて~。見ていただいたのは、「五月、愛する五月」「最初の喪失」「ぶどう狩りの季節 – 喜びの季節!」の3曲でした。
まず「五月、愛する五月」。先週よりもかなり良くなったと仰って下さったのですが~ それでもやっぱり色気が足りないそうです。全体的にもっと鍵盤を撫でるようなタッチで弾くこと。例えば1オクターブ離れてるところは、あっさり弾いてしまうのではなく、十分ためて弾くこと。(ここはおいしいところだから!) ペダルは浅めで、こまめに踏み変える。曲の最後の音のところは2度で不協和音なので、ペダルを離す。…良くなってきてはいるけど、歌う練習をもうちょっとしておきましょうということで、やっぱりもう1回。
「最初の喪失」は、全体的にもっと深いタッチで。鍵盤は1cmしか下がらないけれど、指はむにゅっと鍵盤を掴むように、腕を大きく使ってもっと下まで下げるイメージで。最後の和音のところはもっときっぱりとした拒絶を表して。
「ぶどう狩りの季節 – 喜びの季節!」は、「最初の喪失」とは真逆。こちらは収穫の喜びの歌なので、もっと音を上に上に飛ばすように弾くこと。

あと、私はどうも背中が丸くなりがちだそうです。背中が丸くなると腕も縮こまって自由に動けなくなり、いい音も出なくなるので、意識して胸を開いて弾くようにとのことでした。
そんなところでしょうか。ユーゲント・アルバムの曲は全部次回に持ち越しになりました。やっぱり私は歌わせるのがもんのすごく下手なんですよね。ピアノ曲に限らず、歌い上げるタイプの曲は元々好きじゃないというのもあるんですけど、子供の頃に習っていた時もそういう練習を全然してなかったので、そういう引き出しが全くないのですねー。実はこの3曲にも既にすっかり飽きていて、練習に身が入らなかったりするんですけど(元々あまり好きではない3曲で、練習していても好きになれなかったですよ) でも歌わせられないというのは致命的ですものね。歌わせられるようになれば合格する、合格すれば弾かなくて済む! ということで、ここはなんとかふんばりたいと思いますー。(まったく前向きなんだか後ろ向きなんだか)

ということで、次回のレッスンは1ヶ月後。もしかしたらもっと間があくかもしれません。イギリス組曲の楽譜も入手したので、そちらを楽しみにシューマンも頑張ろうと思います♪



2012年09月21日

レッスン日記86

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。そろそろ日傘を持つのにうんざりしていたので、今日は持って行くのをやめたら、道中すごい陽射しでした… 朝晩はめっきり涼しくなってきてますけど、日中はまだまだ夏のようです。

まずスケールとアルペジオ。今日は「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」コースをメトロノーム110で。最後の音と最初の音を丁寧に、という注意がありました。スケールからアルペジオへ、アルペジオから次のスケールへと移動するところで、動きのせわしなさにかまけて音の出し方が疎かになってたみたいです。
第3部の方はは49番の「1-4、1-5を広げる練習」。これは「もっと鍵盤の近くから」という注意がありつつ、前回同様メトロノーム108で合格。きっと指を開くことで、動きがバタバタしてしまってるんですね。もうちょっとゆっくり練習をしておかなくちゃダメだなあ… 次回は50番の「3度をレガートに弾く練習」。

バッハ「フランス組曲」は6番ポロネーズから。ええーと、これは何か注意されたかしら… 2回ほど弾いてあっさり終わった気がします。あ、そうだ、終わりはリタルダンドしないでインテンポのまま、というのがありました。合格。
ブーレは、後半の出だしの左手をしっかりと弾く。この音型のところは弾むようなリズムで。両手でハノンのトリルの練習みたいになるところ(笑)は、右手をメインに。左手は少し離れたところからハーモニーを感じながら。左手の最後の2小節の「ラソラファシシミ」のところはカデンツなのでしっかり弾く。そしてこれもインテンポで終わること。合格。
ジーグは、タイになってる音で指が早く離れてしまうところがあるので、しっかり伸ばすこと。一応頑張って速く弾く練習をしていったのですが、まだまだ足りなかったらしくて、「んん~~ そうね~~ もうちょっと速く弾ける?」一旦は「弾けません!」と言ってみたものの、指の限界に挑むことになりました。わはは。
6番は全体的になぜか黒鍵から指が滑り落ちやすくて苦労したんですが、ジーグも合格。これで「フランス組曲」は完了ですよ。やったー! 1冊全部終わって、もう本当にものすごい達成感。最初にレッスンで見ていただいたのが2011年3月11日なので、丁度1年半ですね。いやあ、頑張ったよ、偉いよ、私。

そして次にやるのは、結局「イギリス組曲」になりました。「平均律を1曲やりながら、どうするか考えてもいいわよ」とのことだったんですけど、やっぱり前々から「次はイギリス組曲」と思ってましたしね。ということで「イギリス組曲」は2番から。
先生が全音とウィーン原典版の楽譜を貸して下さって、どちらの楽譜にするか考えてくることになりました。全音の楽譜は、スラーとか強弱とか速さとか色々書きこまれていて、弾く時にとても参考になりそうなんですけど… たとえば春秋社の園田高広校訂版のように、原典版の書き込みが濃い色で、校訂者の書きこみが薄い色になっていれば分かりやすいんですけど、これはそういうわけではないから、元々楽譜についていたスラーがどれなのかが分からないわけなんですね… となるとやっぱり原典版の方がいいなあ。値段的には全音の方がかなりお財布に優しいのだけど。
シンフォニアの時はあまりなかったのですが、フランス組曲では私が弾いたのを元に、先生が「ここはノンレガートにしましょう」「ここでクレッシェンド」「ここはこんなトリルで」と先生がその場で楽譜に色々書きこんで下さって、(その場で対応するのは結構大変なので)戦々恐々としながらも、とても楽しかったんです。例えば6番のサラバンドで楽譜では普通の和音になってるところをアルペジオで弾いていても全然オッケーだったし、結構自由な感じ。先生の書きこんで下さったアーティキュレーションを見て、「ああ、こういう音型だったのか!」的な発見もありましたし。そういう意味でも(まあ、全音でも大丈夫なんでしょうけど)原典版がいいなあと思ったりします。(今、先生が楽譜に書きこんで下さるのってそういうのだけかもー。最初の頃はもうちょっと色々注意点を書きこんで下さってたと思うのですが、そちらは今は私の頼りない記憶力に一任されております)
それにしても「イギリス組曲」は本の分厚さも全然違うし、1曲ずつが長いですね。2番のプレリュード、8ページもあるよ!

最後はシューマン。まず「五月、愛する五月」なんですけど… ええと一応一生懸命歌うように弾こうとしたんですけど… バッハの余韻があると全然ロマン派らしく弾けないんですよねえ。(いいえ、全然バッハのせいじゃないです)
「音価的にはその通りなんだけど~ 全然ロマンティックじゃない~ ロマンティックじゃないどころか、生真面目な杓子定規な人が “はい、仕事中です” って感じ~ 全然面白くない~!」と言われてしまいました。うわーん。(まさにその通りで否定できません) 先生のお手本の後に弾いたのはかなりマシになったようですが。もう1回。
「最初の喪失」は、「今のでも悲しい感じは出てるんだけど… 最初の音はアウフタクトだからもっと上向きに、次の音で下向きに落とす。付点四分音符のシの音でもっと腕を使って。次の八分音符も上向きに、付点四分音符で落として腕を使って、もっと音に深みを出す」とのこと。タッチをもっと変えなくちゃいけないんですね。
この辺りの曲はほんと苦手ですよ…

次のレッスンは来週。その後、先生のご都合で1ヵ月ほどあくことになるんですよね。「五月、愛する五月」「最初の喪失」をその後まで引っ張りたくないようー。ということで、今週はこの2曲を頑張りまっす。



2012年09月07日

レッスン日記85

Category : レッスン日記 | Comments (6)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。今日は通常通りハノンから。

まずはスケールとアルペジオ。今日は「C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll」コースをメトロノーム110で。「音をきちんと聴いて、もっと丁寧に」という注意がありました。アルペジオがちょっとぼこぼこしてるようです。頂点を目指してもっとなだらかに上昇して(クレッシェンド) 下降する(ディミヌエンド)。私も親指がドスンとしやすいなあって気になってて(今日の調では特に fis moll とか es moll かな)、ゆっくりの練習もしたりもしてたんですが、まだまだでしたね。それにしても、先生の弾かれるスケールとアルペジオは美しいーーー。もっと意思を感じさせる音で弾かなくちゃダメなんだな。
第3部の方は48番の「3度の練習」「6度の練習」。せっかくボールを使った練習を教えて頂いたのに家にはボールがなくて、お店で丁度いいのを見つけることもできなかったのですが、ボールを握ってるつもりで練習してたら、ちょっといい感じになってきました。腕の力も抜けてきたように思うし、それに伴ってメトロノーム80も余裕になったよ! ということで合格です。次は49番の1-4、1-5を広げる練習。これは前回も108で弾けてたはずなので、多分大丈夫。なので、50番の3度をレガートに弾く練習もそろそろ始めておくことにしましょうか。

バッハ「フランス組曲」は6番サラバンドから。これは「一番上のメロディをリュートかリコーダーで、その伴奏がチェンバロのイメージで」…そう言われた途端に、そうだったのか!と腑に落ちましたよ。なるほどなるほどそうだったのですねー。家で練習しててもどこか上手くハマらなくて困っていたのですが、それで一気に曲のイメージが固まって弾けるようになりました。左手のじゃらら~んってアルペジオのところなんてほんとチェンバロにピッタリ。今まで気づいてなかったのがほんと嘘みたい。ということで助かりました。合格。
ガボットはもうちょっとテンポ良く楽しげに。1小節目と2小節目の頭の音にもう少し重みを乗せて。音のバランスを考えて、一番上の音をもっと際立たせて。…この「上の音」をメロディとして出すのが難しくて苦労してたんですけど、というかなかなか上手くいかなかったんですけど、どうやら許容範囲まで到達できたようです。合格。
ポロネーズは優美に。レースとかフリルのイメージで。21小節目からはどんどんクレッシェンドしていって、最後は少し優しく終わる。これはもう1回。ブーレとジーグは大体そんな感じで… と言われつつ(ブーレは今弾いてるメトロノーム80ぐらいのスピードをキープ、ジーグはもうちょっと速く) もう1回。

フランス組曲もあと3つで終了ということで(全6曲やるとは頑張ったよワタシ!) 次はてっきりイギリス組曲かと思ってたんですけど、「イギリス組曲はまだだった? 次どうする? イギリス組曲でもいいけど、パルティータでもいいし、平均律の続きをやってもいいし、どれでもいいわよ~」と言われてびっくり。パルティータって、もう一段上の人がやるものだと思ってたんですけど、そうではなかったの?
ええと、平均律というのも魅力的なんですが~。組曲は大好きなんですけど、次々と譜読みするのもちょっと疲れてきましたしね。フランス組曲でも1番ごとのひとまとまりが結構大きいのに、イギリス組曲やパルティータとなると更に1つずつが長くなるので大変でしょうし… その点、平均律ならプレリュードとフーガの組み合わせだからすっきりしてますよね。でもずっとイギリス組曲をやる心づもりできてたしなあ… まずはイギリス組曲をやって、そっちが一段落ついたら平均律に入って、私が弾ける程度の曲が少なくなってきたらパルティータを挟んでって感じがいいかなあ。
などと考え中です。
イギリス組曲だったら2番・3番・5番がやりたいな~♪

最後はシューマン。今日は「五月、愛する五月」だけ。私が弾くと縦の線ばかりで横の線がブチブチと切れてしまうらしいです… もっとフレーズを大きく取って、まさに歌を歌うように弾くこと。で、一生懸命歌うように弾こうとしたんですが、もう全然満足に弾けなくて~。って、家でもそうやって練習してたはずなのに~。(今度は心の中だけでなく、ちゃんと声に出して歌うようにします…)
やっぱり私はバッハの方が向いてるよ! ある程度弾きこんだバッハは先生の指示に合わせて変幻自在(大袈裟)なのに、ロマン派はなんて難しいんだろう。と思った今日のレッスンでした。いえ、シューマンも懲りずに弾きますけどねー!

ユーゲントアルバムって、「子供のためのアルバム」というタイトルの割に子供向けの曲が少ないですね。最初の方の「メロディ」とか「兵士の行進」とか「楽しき農夫」は子供向きかもしれないけど、それにしたって案外弾きにくくて、子供には荷が重いんじゃないかなあって思っちゃいます。例えば今やってる「五月、愛する五月」だって、ぜーんぜん子供向きじゃないし! こんなの相当上手な子じゃないと、ワケ分かんない演奏になっちゃうんじゃないかなあ。「最初の喪失」だってそう。私にとっては、少なくとも高校生以上のイメージですよ。小学生はお呼びじゃないと思います。
あ、先生から言われてる3曲(「五月、愛する五月」「最初の喪失」「ぶどう狩りの季節 – 喜びの季節!」)が終わったら「冬 I」「冬 II」も見ていただくことにしました。今日お願いしました。その後「イタリア人船乗りの歌」「水夫の歌」も見ていただくかも。って、色々言ってて結局最初の希望に戻っただけですけど。(笑)
先生は「どれでも好きなの弾いてきていいわよ。全部でも。でも全部だとすごく時間かかっちゃうし、これってほんときりがないのよねえ…」と仰ってましたが、まさにまさに。どこかで見切りをつけないと次に進めなくなっちゃう。底なし沼みたいな曲集です。とりあえず本に載ってる順じゃなくて、やりたい曲の順に見ていただこうっと。いつでも次に行けるように。



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress