2012年11月11日

アンデルシェフスキ再び

Category : 音楽的催事 

Piotr Anderszewski西宮の兵庫県立芸術文化センターで行われたコンサートに行ってきました。ヘルベルト・ブロムシュテット指揮、バンベルク交響楽団。ピアノ独奏はピョートル・アンデルシェフスキ。
一番のお目当ては、もちろんアンデルシェフスキさん。去年の6月に行われた大阪フィルハーモニーの定期演奏会でのモーツァルトのピアノ協奏曲以来です。

曲目は
 モーツァルト: ピアノ協奏曲 第17番 K.453
 ブルックナー: 交響曲 第4番 「ロマンティック」(ノーヴァク版)

アンコールは
 シューマン: 幻想曲 Op.17 第三楽章

いやもうほんと素敵なコンサートでした。前半の演奏の間中、どうやら高周波音(補聴器の可能性が高いという話)が鳴り続けたようで、後半が始まる前にゼネラルマネージャーが舞台に出てくるという騒ぎはあったのですが、私が座っていた席ではそういう音は全く聞こえなかったんですよね。むしろ斜め後ろの方の鼻息の方が耳触りなぐらいで。(始まった途端に寝たわけでもないでしょうけど、もしかして本当に寝てるの? いびき?! と思ったぐらいの鼻息だったのよ!)
音に悩まされた方々には申し訳なくなっちゃうぐらい、演奏を堪能してきました。

モーツァルトはふんわりと明るく軽やかで、でも深みと陰影もあって、いやもう本当に夢のように素敵でした。私の席では、もしかしたらあの美しいピアニッシモが堪能できないかなと少し心配したのですが、それも杞憂でしたし。ピアニッシモからフォルテッシモまで、どの音も堪能いたしましたよ。残念ながら演奏している時の表情は今回全く見えなかったのですが、ペダルの踏み方を研究してしまったし、演奏に合わせて思わず動いてしまった、という足の動きもまた楽しく。(時々やけにお行儀が悪くなるのだな 笑)
そしてアンコールのシューマンがまた素敵でした~。やっぱりこの方、シューマンがよくお似合いです。(お似合いといえば、もちろんバッハもなんですが) 東京のサントリーホールのアンコールで弾いたのは、バッハのフランス組曲の5番のサラバンドだったそうで、そちらも聴きたかったのですが、芸文でのアンコールは幻想曲の第三楽章。アンコールにしては長い曲ですよね。大盤振る舞いだなあ。そしてこの方、バッハを弾く方だけあって、右手のメロディはもちろんなんですが、左手を追いつつ聴くのがまた楽しかったりするのですね。(合唱でも合奏でも、元々ソプラノよりもメゾやアルトを選ぶ私なので尚更… 下のメロディって堪らんよね!と思うバッハ好きさんは結構いるに違いない)

そして後半のブルックナー。私が家で聴くのは基本的にピアノ曲ばかりだし、交響曲にはほんと疎いのです。ましてやピアノ曲を作曲していないブルックナー。なかなか接点もなくて、4番を聴くのも実は今日が初めてでございました。とはいっても、ホールで聴くなら案外オケの方が好きだったりするので全然心配はしてなくて、逆に新しい出会いになるかなと楽しみにしてたぐらいなんですけどね。(家ではピアノ曲ばかりなのにホールではオケが好き、なんて話をしたら「(空間の)大きさの問題では?」と言われて、なるほどソレだ、ソレに違いない!と納得しましたよ) 
そして、これがなかなか良くてですねえ。ブルックナーの作曲作法みたいなものが全然分からないままだったんですが、聴きながら色んな映像が浮かんできましたよ。森で迷子になってみたり、そこに王様が登場してみたり… と思ったらまた全然違う情景へ。あれですね、1曲の中にものすごく色んなものが詰まってるんですね。普通の交響曲は、基本的にもっとシンプルな作りなのではないかと思うのですが(と言えるほど詳しいわけではないのですが) ブルックナーの場合は言いたいこと伝えたいことがありすぎて、それらを取捨選択しきれないまま全部1曲の中に盛り込んでしまったという印象。でもきっとブルックナーの作曲作法としてはそれらは全て必要なもので、ブルックナー好きの方には曲の中で様々なものが美しく並べられているのが分かるのでしょうね。私には情報量が多すぎて覚えてられないって感じだったのですが、そのぎっしり感も逆にとても楽しかったです。時々オケ全体がユニゾンになるところもハッとさせられたし、第一ヴァイオリンがメロディを奏でている時に、第二ヴァイオリンだったかヴィオラだったかがいきなりやけに難しそうなリズムになったりするのも面白かったし、ホルンが奏でるテーマが何ともいえず美しかったし、金管楽器の掛け合いもかっこよかったし… なんせ初めて聴くので他の演奏とは全く比べられないのですが、思いの外楽しんでしまいました。やっぱりこれがあるからホールで聴くオケは大好き。実力のある指揮者さんやオケなら、知らない曲でも楽しく聴かせてくれるし。
でも、聴いてる時に見えてきたあの色んな映像、やっぱりもうちょっと整理したい気はしますね… ブルックナーがあの曲の中で本当は何を描いていたのか、知りたいな。

ブロムシュテット氏が85歳のお誕生日で、なんて話を聞いていたのですが、実際のお誕生日は7月11日だったんですね。(えらい前やないの… 来日中に誕生日というわけじゃなかったのね)
そのブロムシュテット氏を私の席から見えたオケの面々がそれぞれに見つめて心底嬉しそうに弾いていたのがとても印象的でした。ブルックナーが終わった後はもう拍手が全然鳴りやまなくて、オケのメンバーが席を立ってぞろぞろと退場してしまった後もスタンディングオベーションでの拍手が続いていましたよ。そして今日が今回の来日公演の最終公演だというのもあったのか、メンバーが舞台上で記念写真を撮る姿も… その姿にまた残っていた観客(私もだ)が拍手を送っていて、ほんと心があったかくなりました。いいコンサートだったな~。

Comments (6)

  1. きゅうる村

    いかにも満喫してきましたという雰囲気、よく伝わりましたよ!

    ブロムシュテット、バンベルク、ブルックナー、それぞれに私なりの記憶とか連想があるので、なおおもしろかったです。

    あ、私め、来月から個人教室です。今、ハノンと、やさしいインベンションを練習しています。それぞれ初めから開始です。

  2. 荒井千裕

    アリアさん、こんにちは!

    おおお!と唸りながら読ませて頂きました。
    モーツァルトのコンチェルトでアンコールがシューマンだったんですね。
    音のトラブルがあったようですが、アリアさんが
    堪能されたご様子が伝わってきました。
    ありがとうございます。

    私は来週の月曜日、このかたのリサイタルを聴きに行きます。
    バッハの「イギリス組曲」3番と6番、そしてシューマンの「ファンタジー」という
    プログラムです。
    先週、ツィメルマンのリサイタルを日にちを勘違いして
    すっぽかしてしまったワタクシ(汗)
    来週は絶対忘れないようにと、チラシを壁に貼ってます…

  3. アリア

    >きゅうる村さん

    雰囲気、伝わって良かったです~。
    勢いがあるうちにって、帰宅してから頑張って書きました。^^
    ブルックナーに詳しい方数人も絶賛してらしたので
    実際とても良いコンサートだったようです。(嬉)

    個人教室、決まったんですね!
    バッハを思う存分やれますね。お話、楽しみにしてます。^^

  4. アリア

    >荒井千裕さん

    ペンネさん、こんにちは!
    そういえばアンデルシェフスキさん、日本の後に香港と聞いた覚えが。
    日本ではリサイタルやってくれないので、とっても羨ましいです。
    去年聴いた時もモーツァルトのコンツェルトだったので…
    (いえ、それもとてもとても素敵だったのですが~ ^^)
    おおぅ、プログラムにシューマンのファンタジーが入ってるということは
    その予習の一端をアンコールでしてしまったということなんですね!
    なんてお茶目な方なんだ。(笑)
    行かれたらぜひ記事に書いて下さいね。楽しみにしてます♪
    この方のイギリス組曲も生で聴いてみたいな~。(フランス組曲5番も~)

    ペンネさんのブログで浜コンの記事を書いてらしたでしょう?
    私、まだとびとびに数人しか聴けないままでいるんですけど
    アーカイブで聴いてて、阪田知樹さんイイ!と思ってたので
    ペンネさんも「かっこいい!」と書かれていて嬉しかったのです~
    またゆっくりお伺いしますね。^^

  5. yoshimi

    こんにちは。
    アンデルジェフスキは長期休養中だと思っていましたが、また演奏活動始めたのですね。
    前回もモーツァルトのピアノ協奏曲でしたから、関西でもソロリサイタルしてくれれば良いのですが。

    ブルックナーは、小品ですがいくつかピアノ曲を残してます。
    ベートーヴェンとシューベルトをミックスしたような作風です。
    以前ブログに書いたことがありますが、白神典子さんが珍しい「ブルックナー/ピアノ独奏曲全集」というCDを出してます。
    http://www.amazon.com/Bruckner-Piano-Works/dp/B002PQRFW8/ref=tmm_other_meta_binding_title_0?ie=UTF8&qid=1352769671&sr=8-8

    ブルックナーで思い出しましたが、女性指揮者のシモーネ・ヤングは、ブルックナーが得意で交響曲を数曲録音していますね。
    (ブルックナー苦手の私は聴いたことはありませんが)
    珍しくも初稿を使っていることで有名ですし、評判も良いようです。
    この第4番の初稿は、普通演奏される改訂版と随分違っていて、全く別物みたいな曲だそうです。
    初稿の方が”ロマンティック”だという人もよくいますね。

  6. アリア

    yoshimiさん、こんにちは~。

    そうなんですよ。1年半のサバティカルが終わったところみたいです。
    どんな予定を組んでいたのか、私もよく知らないのですが
    サバティカル明け、かなり早い時期での日本公演だったようです。
    でも前回の来日では、関東でリサイタルをしてましたけど
    今回の来日は、2回のバンベルク響とのピアノコンチェルトだけだったみたい。
    もしや日本でリハビリをしてから世界各地へ…?(んまあ、なんてこと!)
    どうやら日本の後は香港でのソロリサイタルのようですね。
    ほんと関西でもソロリサイタルをしてほしいものです。
    親日家のようなので、いつかはしてくれると思うのですが~。

    なんとブルックナーにもピアノソロの曲があったのですね!
    全然知りませんでした… 小品とはいえ、1枚のCDを出せるほどだったとは。
    リンク、ありがとうございます。後で試聴してみますね!
    そしてyoshimiさんのブログの記事もぜひ拝見させていただきます。^^

    ブルックナー、生演奏はとても楽しく聴いたのですが
    あの交響曲を家で聴く気にはなれないかも…(笑)
    でもどちらかといえば、男性ファンが多いのかと思っていたので
    女性指揮者さんが何曲も録音してるというのは少し驚きました。
    あ、ブルックナーって改稿で有名だったそうですね。
    別物みたいになっちゃうなら、新しい曲を書いたらいいのに…
    なんていうのは素人の浅はかさでしょうか。(笑)

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress