2012年12月28日

2012年まとめ

Category : 音楽的回顧 

今年最後のレッスンが終わったので、今年のまとめと来年の目標を書いてみようと思います。

まず今年レッスンで見ていただいた曲は…
   ・バッハ 「フランス組曲」4のジーグ、1・2・6
         「イギリス組曲」2
   ・シューマン 「アラベスク」「花の曲」
            「ユーゲントアルバム」より
             「メロディ」 「兵士の行進」 「狩人の歌」 「勇敢な騎手」 「楽しき農夫」
             「シチリアーナ」「サンタクロース」 「五月、愛する五月」 「最初の喪失」
             「ぶどう狩りの季節 – 喜びの季節!」 「冬 I」 「冬 II」
   ・ハノン 39と41、42~52(2巡目)
   ・ハチャトゥリアン 組曲「仮面舞踏会」より「ワルツ」(連弾)

この中で合格してないのは、イギリス組曲の2番のサラバンド(装飾された方)、ブーレ2曲、ジーグ。ですね。

まずバッハ。「フランス組曲」は今年になってから半分やったんですね。去年のまとめで「これら(フランス組曲)が終わればイギリス組曲なんですが、そこまでいけるかな?」と書いてますが、いけました! そして「イギリス組曲は2番と3番が大好きなので、まずはこの辺りからやりたい」と書いてるのも、2番から入ってるので、希望通りです。
シューマンは、「ユーゲントアルバム」が終わったらブライトコップ社のシューマンの楽譜の2巻に行くつもりにしていて、「森の情景」「パピヨン」辺りを考えていたようですが… 「花の曲」も「ユーゲントアルバム」も大苦戦ですよぅ。「来年は2巻の半分ぐらい… は無理かしら。(汗)」は、結局全然無理でした。(わはは)

バッハに比べてシューマンは全然進んでませんが、それは私がロマン派をきちんと弾けてないせいなので、仕方ないですね。なんとなくね、分かってきたんです。私の出す音はもうほんとポキポキと音を立てて折れてしまいそうなほど真っ直ぐだということが。そういう音はバッハにならまだいけるけれど、古典派もまだなんとか大丈夫かもしれないけど、ロマン派にはダメだし、ドビュッシーのような近現代の曲には論外だということが。でもだからといってバッハにこの真っ直ぐな音がいいというわけではなくて、真っ直ぐすぎない音も出せるようになれば、バッハの演奏もきっと大きく変わってくるんだろうと思います。

あと、今年すごく嬉しかったのは、ようやく念願の連弾ができたということ! 連弾、ほんと楽しいです。これのためなら来年もクリスマス会に出ちゃう! 今日のレッスンで、「発表会もどう? 連弾でもいいし、チェロかヴァイオリンとの合わせでもいいし」と言われたのですが、きちんとした舞台で弾く発表会はちょっと荷が重いので、やっぱり若干雰囲気の柔らかいクリスマス会で!(笑)

バッハとシューマンの二本立てにはとっても満足してます。特に来年のシューマンは「謝肉祭」からなので、もうほんと言うことなし☆ これとイギリス組曲を頑張ります。イギリス組曲の2番が終わったら、3番と5番がやりたいですねえ。(やってるうちに他のもやりたくなるかもしれませんが) シューマンは「謝肉祭」が終わったら(来年中は絶対に無理ですけど)「ウィーン謝肉祭の道化」がやりたいな。

そして自主練習。今年はツェルニー30番の復習とチャイコフスキーの「四季」の譜読みをすると決めてました。
ツェルニー30番は一応全部復習して、今年の後半は日付ごと、例えば10月1日だったら1番と11番と21番を練習するところまでいってたんですけど、それはもう終わりにします。30番の次は40番に進むかなと思ってたんですけど、それもやっぱりヤメ。ツェルニーも子供の頃に練習してた時よりも楽しく弾けるんですけど、結局のところ、ツェルニーよりもハノンの方が好きなんですよね。それにまだまだツェルニーの段階に来てない気がします。ハノンをもっと十分弾きこんでから、また考えようかと。その時はツェルニーじゃなくて他の練習曲集にしそうな気がしますが。
チャイコフスキーの「四季」に関しては、途中まででした! 具体的に言えば、ピアノを教える話が本決まりになった頃まででした。その辺りからやや気持ちに余裕がなくなったっていうのもあるんですけど、各種教材の研究の方にすっかり気がいってしまったというのもあって。まあ、教材研究の方はそろそろ落ち着いてきた頃なのですが。

ということで、来年の自主練習の目標としては、これで!

   ・バッハ「インヴェンション」と「シンフォニア」の復習
   ・レパートリーにしたいと選んだ曲の復習

…あれ、チャイコフスキーの「四季」は? なんて声が聞こえてきそうですが…

バッハのインヴェンションとシンフォニアは、もう全然弾けなくなってしまってるので、ほとんどイチからの譜読みになります。ツェルニーの日付ごとの練習、本当はインヴェンションとシンフォニアでやりたいんですよね。ある程度復習できてからでないと日付ごとの練習はできそうにないので、来年は復習だけで終わってしまう可能性大。特にシンフォニアは時間がかかりそう。でも今やってるイギリス組曲から次に平均律に行くとしたら、その前に復習してしまいたいなと思ってます。
で、使いたいと思ってるのが右の楽譜。

バッハ《インヴェンションとシンフォニア》の楽譜に、演奏法や指導法に関するアドバイス、構造を詳細に記入。底本は原典資料を使用。各曲ごとに解説を設け、形式原理や装飾音奏法、テンポ、アーティキュレーション、強弱などの演奏のポイントを具体的に説明する。念入りに考えられた運指は、演奏解釈に新たな視点をもたらす。本曲を演奏するピアノ指導者・学習者必見の一冊。

という商品説明の通り、様々なことが細かく書き込まれているので(全ての音に指使いが書きこまれていてびっくり… 箇所によっては2通り書かれてます) とても勉強になりそうです。これでイチから勉強してみようかと。去年使っていたシンフォニアの楽譜はともかくとして、私が子供の頃に使っていたインヴェンションの楽譜から比べると、きっとバッハ研究的にもかなり進んでるんだろうなあー。今はどんな解釈や弾き方をしているのか楽しみです。

それとレパートリーにしたい曲を、もっと定期的に弾き続けることが目標。ちょっと前にココに書いたんですけど、これにイギリス組曲の2番も追加です。あそこに書いた中では、フランス組曲の1番はちょっと弾いてみたらまだ弾けたし、とても好きなんですけど… なぜか練習する気がおきないので無理そう。あ、でも4番と5番はキープします。ドビュッシーの「レントよりおそく」も譜読みからのやり直しですが、頑張ります。あとショパンのエチュードも復習しておきたいなあと思ったり… レパートリーにしたい曲に関してはいずれまた更新した記事を書きますね。

そんな感じでしょうか。いやあ、今年も楽しく音楽と関われた1年でした。ブログを読んで下さる皆様にも感謝!
今年もお世話になり、ありがとうございました。また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

Comments (6)

  1. きゅうる村

    バッハで反応。
    インヴェンションの楽譜。今年出たばかりなんですね。
    おもしろそう。

    私は、来年は、ハノン、ツェルニ、やさしいインベンション、の組み合わせになりそうです。淡々と。

  2. アリア

    きゅうる村さん、こんにちは。
    インヴェンションの楽譜、面白いですよ!
    いずれきゅうる村さんがインヴェンションをやられる時は
    先生が指定された楽譜になるでしょうけど
    これも1冊持ってたらさらに理解度が深まるかも。^^

  3. アリアさん、おはようございます。
    おお、充実した2012年でしたね。バッハとシューマン、いい組み合わせですね。来年の「イギリス組曲」+「謝肉祭」なんて、本当に素敵!今から、わくわくしてきません~?
    見習わなければ!と思わせて頂いたのが、きっちり、自主練・復習メニューを考えていらっしゃる事、そして実行なさっていらっしゃる事。私は、いつも、目の前のレッスンに追われて、どちらも…なのです。弾きたい曲リスト、というのは、目下、作成中なのですが、自主練リストも、考えてみようと思いました。ありがとうございます。
    アリアさんのブログに、お伺いするの、楽しかったです♪
    来年も、どうぞよろしくお願いします☆
    よい、お年をお迎えください!

  4. アリア

    monetさん、こんにちは。
    ふふ、今年は見事にバッハとシューマンだけ!でした。
    一番好きな作曲家がこの2人なので、この状態に持ってこれて嬉しいです。
    それに「謝肉祭」はピアノを再開した時から目指していた曲なので~。
    ほんとわくわくです。曲を台無しにしやしないか、ちょっぴり怖くもありますが…^^;

    自主練習曲は、ほら、monetさんはブラームスの練習曲をやってらっしゃるし!
    私はハノンだけで練習曲はしてないので、何かやった方がいいかなーと思ったんです。
    でもツェルニーを1人で練習しててもむなしくて~。(笑)
    どうせならバッハの方が、弾いて楽しく勉強にもなるかなと思った次第です。

    わあ、楽しかっただなんてありがとうございます。
    どれもこれも長文ばかりで読むの大変だったと思いますが… えへへ。
    こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
    monetさんも良い年をお迎えくださいね。^^

  5. アリアさん、こんばんはー

    インベンションの解説付き楽譜いいですねー
    実は先日私もヘンレ版を持っていなかったので
    ヘンレ版の楽譜を買いました。
    私も復習をしたいと思っているので買ってみようかなー

    今年もお世話になりました。
    来年もよろしくお願いします♪
    アリアさんにとって良い年でありますように。。。

  6. アリア

    のんさん、こんばんは~。

    市田儀一郎編の楽譜も解説がついてたと思うんですけど
    こっちはもうほんと予想以上にすごくって!
    「演奏と指導のポイント」も納得。先生向けにも十分なると思いましたよー。
    こういうの、読んでるだけで楽しいですよね。
    ちょーーっと高いですけど、のんさんもぜひぜひご一緒に~♪
    おお、ヘンレ版。譜面が見やすくて好きです。背表紙弱いけど。^^

    こちらこそ今年もお世話になりました。ありがとうございます。
    来年もどうぞよろしくお願いいたしますね。
    のんさんとまたいっぱいお話したいです♪

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress