2013年01月11日

レッスン日記94

Category : レッスン日記 
Tags : ,

今年初めてのレッスン。またしてもレッスンの前に少し相談事をしていたので、時間が短くなってしまいました。今回見ていただいたのは、ハノンとシューマン。

まずハノン。
スケールとアルペジオは「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コース。だんだん高音へと移動する時にだんだん体重をかけていくこと、という注意がありました。低音の方から始まっても、なんとなく基本は真ん中のドの音の辺りのような気がしてたんですけど、本当はスケールやアルペジオの最初の一番低い音に基本を置くんですね。と、何を今さらなことを思ってみたり。(そう言われたわけではないので、違ってるかもしれませんが)
第3部の方は51番「オクターブを音階でひくための準備」の4ページ目、左右の音がユニゾンではなく3度ズレたところから始まる半ページからだったんですけど、これは「肘の力を抜いて」と言われつつも合格。オクターブの半音階の半ページはもう1回。52番の「3度の音階練習」は、C dur、G dur、D dur の3つ。今日はメトロノームの48ぐらいで弾いてたのかな? 次回はもう少し速く、60ぐらいで弾いてくること。余裕があれば A dur、E dur、F dur の3つも見てくること。

そしてシューマン。今日から謝肉祭です。「前口上」。
最初のフレーズはファンファーレなので輝かしく。でもだからといって全部の音を前面に出してしまうのではなく、音のバランスを考えないと音がぶつかり合って汚くなってしまうので要注意とのこと。で、出すとなればやっぱり一番上の音なんですが… ただ弾くだけでも指がキツい和音なので、小指の音を際立たせるとなるとハードルが高いですねえ。家でも一応そういう心づもりで練習はしていたんですが、要するにまだ全然できてないということです。まあ、指をギリギリまで広げる曲を日常的に弾いてると、指がさらに広がるようになったりするので、そちらに期待なんですが。

それにしても、ピアノを再開してから私の意識の中で一番変わったのは、和音かもしれないなあって思います。以前はどの和音も普通に弾いてましたしね。(普通ってナニ) 一番上の音を出すなんて基本的なことも知らず、むしろ全ての音が美しく調和するように弾くイメージ… その頃の和音と今の和音って、もう全くの別物って感じです。和音であって和音ではなく。というか、こういう風に右手のメロディラインに出てくる和音と左手の伴奏的な和音とを、同じ「和音」という言葉で表現するのに無理があるのかも。
この「前口上」は、3ページと短い曲だし、譜読みもそれほどしんどくないし、練習してるうちにある程度の速さで弾けるようにはなるでしょうし、なんとなくいけそうな気もするんですけど、一般的な難易度としてはかなり高い曲ですよね。結局のところ、この曲の難しさってそういうところに(も)あるんだろうなあと思います。

あとの注意点としては、8分音符と16分音符の違いをもっと明確にすること、8分音符がどれも短くなりすぎないように注意すること。それぞれの音の長さはもちろんのこと、スタッカートやポルタートやスラーやアクセントやスフォルツァンドなど、楽譜にいっぱい書きこまれた記号をきちんと意識すること。ここはたっぷり弾く、という音が結構沢山あるので、それを大切にすること。強弱や緩急が多い曲ですものね。今日はまだ譜読み段階ということで、それほど細かくはやらなかったのですが。
あとはもっともっと片手練習をすること!(ごもっともでございます)

年末年始にそれほど練習時間が取れなかったこともあって、今回は「前口上」しかみていかなかったんですが、「どこまで見てきた?」と聞かれましたよ。おおぅ、やっぱりそうやって進めるのですね。同じくシューマンの「子供の情景」も3~4曲ずつ同時進行だったし、バッハのフランス組曲やイギリス組曲でもその状態。組曲全体の流れを大切にする先生なので、そうではないかと薄々思っておりましたが、やはりですか。
あまり手を広げ過ぎて自爆するのは困るのですが、次の時は「ピエロ」と「アルルカン」を見て頂けるように頑張りマス。

今日は先生が「前口上」を弾いて下さったのですが、これがもう本当に素敵で~。
カッコ良すぎて、ほおおっと溜息が出そうになりました。^^

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress