2013年01月25日

レッスン日記95

Category : レッスン日記 
Tags : ,

2週間ぶりのレッスン。今日は寒いですー。うちの辺りでは真夜中には10度ぐらいあった気温がどんどん下がって、お昼の時点で5度ぐらい。その後そのまま下がり続けて、今夜10時ぐらいにはマイナスになるんですって!(明日はどれだけ寒くなるのやら)

レッスンはスケールとアルペジオから。今日は「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」コースをメトロノーム110で。注意点としては、弾き始めに先走ってしまい、2小節目でようやくメトロノームに合うというのがたまにあるので、弾く前にメトロノームの音をよく聴いて、1拍に4音ずつイメージできてから弾き始めること。
第3部の方は51番「オクターブを音階でひくための準備」の4ページ目、オクターブの半音階の半ページから。右手も左手も5の指と4の指で音を繋げていくのがポイントなんですけど、意外な落とし穴が親指。こちらには意識が全くいっていなかったため、音がブチブチ切れてしまっていました。こちらももう少し音を繋げようとすること。オクターブのレガートは曲の中でよくあるからもうちょっと練習しておきましょうとのことで、もう1回。…仰る通り「謝肉祭」でも、オクターブのレガートがイヤってほど登場してますものね。(ついでに言えば、1と4でオクターブ押さえておいて5の指でさらに上の音を弾くようなのもあるよ!) 52番の「3度の音階練習」は、C dur、G dur、D dur の3つが合格。次回は A dur、E dur、F dur の3つをメトロノーム60で。余裕があれば B dur、Es dur、As dur も見てくること。

バッハ「イギリス組曲」2番は2つめのサラバンドから。これは音量はそのままでもう少し深い音、もっと苦悩を感じさせるような音を出すこと。25小節目からの右手はスラー通りに切るだけでなく、力を乗せて抜く、力を乗せて抜く、の繰り返しで、もっとひらひらとした動きを感じさせるように。
ブーレ1 は、一番最後の小節をレガートにしてしまわず、2分音符のラ(低音)を伸ばしたら、4分音符ミとラ(中音)はノン・レガートで。そして長くのばすことはせずに、楽譜通りの長さですぐに繰り返しで戻る or ブーレ2 に行くこと。ブーレ2 は全体的に静かに。音が大きくなるのは 16 から 20小節までぐらい。静かで、厳かな感じで。ブーレの 1 と 2 って同じ速さじゃなくてもいいんですねー。(今頃言うか)
ジーグは39、41、43小節のところと、61、63、65小節のゼグエンツをもっときちんと意識して。特に61の方は強弱をつけるだけでなく、フレーズごとにブレスを入れて新たに弾き直すような気持ちで。
サラバンドとブーレ2つは合格になりました。ジーグはもう1回。「その調子でいいから、もうちょっとだけ速く弾けるかしら」とのことでしたが、いやそれはちょっと無理そうな気がします…(笑)

イギリス組曲の2番が終わったら、次は1番をすることになりました。先生が次の曲を考えるような感じでページを繰ってたことが今まで何度かあったんですけど、いつも3番を見てらしたんですよね。だからてっきり3番になるのかと…! びっくりです。ええと、ここで「3番がやりたいですー」と言っても良かったんですが、別に3番の譜読みを始めてたわけでもないですしね。イギリス組曲は短調の方が断然かっこいいと思うし、聴くのも短調の曲ばっかりだったんですが、1番も綺麗な曲のようだしまあいっかーーで、結局何も言わず仕舞いでした。イ短調からイ長調にいくのもいいかも。それに別に先を急いでるわけではないので、やっぱりイギリス組曲を全曲やるのもいいなあと思い始めてるのでした☆

ということで、「謝肉祭」はまた次回。今はひたすら「前口上」練習中ですが(和音の連打がやっぱり大変)「ピエロ」「アルルカン」「高貴なワルツ」も譜読み開始してます。

Comments (2)

  1. アリアさん、こんにちは。
    本当にお寒い毎日ですね。0度とかマイナス聞くと、軟弱ものの私は、ぐっと寒くなる気がします(笑)。
    レッスン記、拝読しました~。今年は、アリアさんのような、ハノンのお勉強の仕方が出来れば、と、密かに思っているんです…。ぱっと色々な調が弾けるようになる方が、勿論いいですもの。その為には、延々抱えている課題の同じ調を、合格もらわなくては!ですけれどもね^^。
    イギリス組曲も全曲制覇!ですね?!!この調子で、全パルティータも…♪ アリアさんなら♪と、楽しみにしております。
    今年は、シューマンの「謝肉祭」イヤーかしら。楽しみですね!!(私には、出来ないけれど~。)でも、シューマンって、10度結構出てくるし、リズム、内声弾きにくいし、勉強は大変ですよねー。全曲通してお勉強されるのは、本当に素晴らしい事だと思います!!ぜひぜひ、頑張ってくださいませね。また、レッスン記を楽しみにお邪魔します♪

  2. アリア

    monetさん、こんにちは。
    ほんと毎日寒いですね。
    私も寒いのは苦手なので、早く春になって欲しいですー。

    いつもレッスン日記を読んで下さってありがとうございます。
    えええっ、ハノン、私のように、ですか?!
    いえ、確かにいろんな調は弾けるようになりましたけど
    1つ1つの音階やアルペジオの完成度を考えると、まだまだ全然ダメですよー。
    次のレッスンの時に当たりそうな調を集中hして片手ずつ丁寧にさらってみたり
    スタッカート練習してみたりはしてるんですけど、なかなか…
    あ、monetさんが求められている高い完成度とはレベルが全然違うと思います★
    でもハノンは意外と好きなので、あまり苦にならないところがありがたいです。

    イギリス組曲、まだ分からないですけどね! でもそういうのもいいかなって。
    時間は相当かかるでしょうけども、実現したら達成感も半端なさそうです。(笑)
    そしてそうですね、今年は「謝肉祭」にどっぷり浸かることになりそうです。
    手や指にとっては、弾きにくいことこの上ないんですけど~
    憧れの曲ですしね。頑張ります。ありがとうございます☆

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress