2013年02月22日

レッスン日記97

Category : レッスン日記 
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。今日も寒かったけど、前回よりも寒さはずっと和らいでますね。前回は雪が散らついてたし!
寒いのはほんと苦手です。早く春にならないかなあ。(でも寒くなくなるとすぐに暑くなるんだよね…)

レッスンは、まずハノンから。今日は「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」コースをメトロノーム110で。今回の注意点としては、アルペジオで1つの和音が終わって次の和音に行く時は親指(右手の話です)をもっと手の内側に折り曲げるようにすることと、中指を軸として手首を柔軟に動かすこと。その2つができてないので、音が切れてしまうんですね。スケールの方は、今日も何も言われなかったです。少しは良くなってきてるのなら嬉しいのですが。
第三部の方は52番の「3度の音階練習」の B dur、Es dur、As dur が合格。右の2・1の指から5・3に行く時だったか、かなり厳しくてうーってなるんですけど、弾き方そのものは今のままでいいみたい。手首の柔軟性が重要のようで、先生にお手玉を使った手首の柔軟方法を教えていただきました。今度までにがんばりまーす。ということで、次は a moll、d moll、g moll です。

バッハのイギリス組曲、2番のジーグは合格になりましたよー。いやあ、これは大変でしたー。どれだけ弾いても弾ける気がしなくって、ゆっくり弾いてみたり、普通に弾いてみたり、超特急(当人比)で弾いてみたりというのを毎日繰り返してました。注意点としては、ジーグは「ターッタ」「ターッタ」「ターッタ」というリズムだから、細かく1・2・3・4・5・6 と拍をとるのではなく、大きく弾くこと。(別に細かい弾き方ではなかったと思うのだけど)
そして2番が終わって、1番のプレリュードとアルマンドの譜読みをしていたので、そちらも少し聴いていただきました。でも1番ってほんと難しいですね。檀さんも1番はイギリス組曲の中でも特に難しいと仰ってましたが、ほんと2番とは段違いの難しさ。練習するに当たって声部ごとに色鉛筆で色分けしてたんですけど、もうワケ分かんなくなっちゃいました。
「イギリス組曲は2番が一番易しいから、いつもまずそれをやってもらうんだけど、後のはどれも難しいのよね。逆に平均律の方が弾きやすい曲があるから、そっちをやってからまたイギリス組曲に戻ったりしてるんだけど… どうしますか、平均律やりますか?」と仰る先生。…そ、それ、1番の譜読みをする前にお聞きしたかったです… 結局、「でも1番の譜読みを始めてらっしゃるから、とりあえず1番をやりましょうか」ということになりました。
ががががんばります。これは相当時間がかかりそう。そうでなくても曲数がやけに多いし。

そして最後はシューマンの「謝肉祭」。まず最初に「前口上」を通して弾いたのですが。

  「うーん… 大体それでいいんだけど…(間)」 ←先生がこう仰る時は大抵全然良くないんです。
  「和音の掴み方かしら… 音が全部下に落ちちゃってるのよねえ」

ひーん、キター!>音が落ちてる!
やっぱりその辺りが私にとっては一番の難関ですねえ。そして今日の謝肉祭は、それが全てだったような… すらすら弾けない部分もまだいっぱいあるんですけど、そういうところは何も仰らないし(すらすら弾けないのは本人が一番良く分かってるから?)
あと注意されたのは、最後の Prest に入る直前の con forza のところをもっとたっぷりと、ということ。そこでたっぷりと弾いて、ritenuto して、それで Prest に入るわけですね。その Prest のところはまだ全然速く弾けないので、メリハリも何もあったものじゃないんですけど。
それと、この「前口上」の最後の3つの音はペダルをずっと踏みっぱなしでということ。1音ずつ踏み変えると清潔な感じになってしまってカーニバルの猥雑さが出ないし、かといって楽譜の通りもっと前のところからずっと踏みっぱなしにすると(そういう風に踏む人もいるし、それもいいのだけれど) 休符がきちんと表せないので、一旦離す方が先生の好みだそうです。3通り弾いて下さって、そうなると違いがよく分かります。

ということで、今日はここまで。次のレッスンは2週間後~。

Comments are closed.

Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress