2013年03月18日

連弾その3

Category : 連弾合わせ記録 | Comments (2)  

1ヵ月ぶりに、さりさんと連弾の練習をしてきました。
今回のスタジオも広くて、正面にピアノがあり、あとは会議室のようにテーブルと椅子が並んでました。何か講習会みたいなのをすることもあるのかなー? ちょっとした発表会もひらけそうです。ピアノはディアパソン。鍵盤はやや重めで、パキパキっとはっきりした音でした。

今回は3時間予約して、さりさんが1時間、私が1時間、そして連弾の合わせに1時間。
いやね、少し前に指を怪我したのは前回のレッスン日記に書きましたが、それ以降ほとんど練習できてなかったんです。怪我自体は比較的すぐに治ったものの、その後は体調をちょっと崩してしまっていて。少し弾いてなかっただけでも、随分忘れてしまうものですねえ。怪我をするまではピアノを練習する日は一応毎日弾いていたのに、怪我して以降は連弾の楽譜を1回も開けてなかったかも… すっかり手が忘れてしまっていました。楽譜を見ても、なんだかピンと来なくて「あらららら」 …連弾の場合、左右ともト音記号だったり左右ともヘ音記号だったりで、普通の楽譜に比べてちょっと読みにくいというのはあるんですけどね。多少弾けなくなっていても、この1時間で練習すれば大丈夫だろうと思っていたのですが、甘かった。

でも結果的には、そんなに悪くなかったです。
安定してたシューマンでもいっぱい間違えちゃうんだから、ましてや「くるみ割り人形」ときた日には!なんですけど、その「くるみ割り人形」も前回の時よりいい感じになりましたよ。ちょっと弾きにくい箇所を取りだして部分練習しただけで、かなり弾きやすくなりました。それぞれに「弾きにくい箇所」は同時に「合わせにくい箇所」でもあるんですけど、相手のパートを知ることによってかなり変わってくるというか。本当は相手のパートもある程度弾けるようになっておいた方がいいんでしょうねー。(そこまでの余裕はなかなかないのだけど) あと2人がそれぞれ片手ずつ弾くとか、1人が片手でもう1人が両手、とかそういう風に取り出して合わせる練習もなかなか効果的でした。(バッハの4声からソプラノとアルトを取り出して弾くみたいなものですね)

次回の合わせは5月の予定。今日はさりさんにパッヘルベルの「カノン」の連弾版の楽譜をいただいたので、こちらも練習しておこうと思います♪



2013年03月08日

レッスン日記98

Category : レッスン日記 | Comments (6)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。なんですが。
先週、左手の人さし指をざっくり切ってしまったアリアです。4~5日全く練習できず、それから少しずつ鍵盤に触り始めたものの、かなり弾けるようになったかなというのがレッスンの2日前。いやあ、全く困ったものです。(レッスンに間に合って本当に良かった)

ハノンはスケールとアルペジオから。今日は「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コース。これは弾いている間に注意されたことが1つあったのですが、どうしても思い出せません… 思い出せたらまた書きます。
第3部の方は52番「3度の音階練習」は、a moll、d moll、g moll の3つが残っていて、これは合格。次回は53番「オクターブの音階」。事前の注意事項としては、音はどうしても切れてしまうのだけど小指で鍵盤を引っかくようにして、なるべく切らないように弾くこと。最初から切れてもいいような弾き方とはニュアンス的に違ってくるので。(今のうちにオクターブの弾き方、なんとかマスターしてしまいたいなあ)

バッハの「イギリス組曲」は、1番のプレリュードとアルマンドを見ていただきました。
「これはやっぱり片手練習ね。でも頑張ってるわねー」と仰っていただきました♪ ここからしばしバッハ談義… 今の教室の生徒さんにはバッハ好きさんが多いそうなんですけど、先生ご自身は、子供の頃バッハの練習をするのが大嫌いだったそうで! 今は聴くのも弾くのもお好きだそうなんですけどね。って、それはそうでしょうね。先生がバッハ嫌いで、バッハ好きの生徒がそんなにたくさん出てくるとは思えないし。

そしてシューマンの「謝肉祭」。「前口上」は今日は痛くて無理かもしれないなーと思ってたんですけど、大丈夫でした! それどころか、冒頭の和音のところがとても良くなってると褒めていただいちゃいました! わーい!
注意点としては、その和音のフレーズとフレーズの間をそのまま続けてしまうのではなくて、句読点をきちんとつけること。(点だったり丸だったり、場所によって違うんですが、Più moto の直前は完全に丸で終わる) 要するにメリハリですね。そして Più moto の部分や最後の Presto の部分の左手は As の音と和音という組み合わせだけれど、この場合は As の音をベースとしてしっかり出して、その上に和音の音を乗せるように弾くこと。As の音がパイ生地で、和音がパイの中身のような感じ。(…ということは、お聞きするのを忘れたのですが Animato の前の Es の所も同じことなのかなー?) 最後の Presto の部分は綺麗じゃなくていいから、どわーーっと猥雑な感じで弾く。
「謝肉祭」、あとは「ピエロ」を見ていただきましたが、時間切れでそこまで。一応8曲目の「返事」までは譜読みをしてるんですけど、先生に見ていただくとしたら「フロレスタン」までかなー。いや、これも譜読みに毛が生えた程度でまだまだなんですけど。

ということで、次のレッスンは2週間後。



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress