2013年04月19日

レッスン日記99

Category : レッスン日記 | Comments (8)  
Tags : ,

お久しぶりです。アリアです。
前のレッスン日記から1ヵ月以上あいてしまいましたー。元々体調を崩していたところに、職場での近年まれに見る激しい異動が(私はそのままですが)仕事にも大きな影響を及ぼして、とてつもなく忙しくなってしまっていました。
でも体調も仕事もようやく少し落ち着いてきて、久々のレッスンを受けてまいりましたよ。楽しかった!

ハノンはスケールとアルペジオから。今日も「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」コース。注意は特になし。
第3部の方は53番「オクターブの音階」。家で練習してる時よりもずっと力が入ってしまって、どうも弾きにくくて困っていたのですが、やっぱり注意事項はそこでした。ゆっくり1音ずつ音を掴むように弾き、1音ずつ弾いた後に脱力する練習をすること。そうやって練習し続けてるうちに、腕も肩もオクターブ仕様になって無駄な力が入らなくなってくるから!とのことでした。51番「オクターブを音階でひくための準備」の方も、引き続き練習していたらかなり楽になって、最初に比べると少しずつスピードも出せるようになってきたんですよね。ということで、こちらも頑張ります。

そしてシューマンの「謝肉祭」。
「前口上」 出だしは登場人物たちみんなのパレード。賑やかに華やかに輝かしく始まる。右手と左手、それぞれがどんな楽器を表しているのか考えながら弾くこと。例えば右手がトランペットの高らかなファンファーレ、合間に入る左手は派手な大太鼓、そしてトゥッティ、というように。あと、8分音符と16分音符の違いが明確でなくなってきているので、もっと強調するように弾くこと。
Piu moto のところからはピエロの行進。重厚な和音のフレーズが終わって、ここからは単音のフレーズの追いかけっこのようになるけれど、brillanteと書かれているように、輝かしさを失わないように。右手(3拍子)と左手(2拍子)のリズムの違いの面白さを感じながら弾く。装飾音符のところはピエロがずっこけているところをイメージして。
今の状態だと、2カッコの後の「レーレッレ レミレラファ」の「レミレラファ」がその直後の和音に負けてしまっているけれど、ここでは「レミレラファ」が一番重要なので、もっとしっかり弾く。長い和音は同じ程度の音でもいいけれど、そのあとのスタッカート2つは軽く。ここでテンポが落ちやすいけれど、リタルダンドしない! 右手の長い和音の間の左手の不協和音はしっかりペダルで入れて響かせること。
メゾフォルテのところからは表情をがらっと変えて。左手が大きくなりすぎないように気をつける。右手のオクターブのフレーズはもっと脱力して!
最後のページの「(8分休符)ドミラドミ ファミドラファミ レファラレファラ」の繰り返しとその後の「(8分休符)レファシレド~」は、必ずピアノから弾き始める。そして con forza のところがこの曲のクライマックスなので、ここに向けてせいいっぱい盛り上げる。このクライマックスはもっと溜めて、勿体ぶって弾くこと。
Prest の最初のラのオクターブはフレーズの最後でもあり、始まりの音でもあるので、しっかり弾く。今の弾き方だと右手と左手の音色が同じで、同じ楽器を弾いているように聞こえてしまうので、もっと音色を変えること。右手はもっとキラキラした音で。
フォルテやピアノを指でやろうとすると音がボコボコになりやすいので、もっと体重を腕にかけて強くする。でも全部強いばっかりだと一体何が言いたいのか分からなくなってしまうので、きちんと相手に伝わるように考えて、強弱のメリハリをつけること! 

「ピエロ」はオクターブのフレーズが今一つ上手くいかないんです。スラーで繋げることに気を取られてしまっているけど、もっとこのオクターブの音1つ1つにコミカルな表情をつけてピエロらしさを出さないと、なんの面白みもない曲になっちゃう… というというところで今日はオシマイです。
うーん、やっぱり難しいな。

ということで、バッハはまた次回~。



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress