2012年03月02日

「フランス組曲」ガヴリーロフ

Category : CD(バッハ) | Comments (2)  

アンドレイ・ガヴリーロフによるフランス組曲全曲盤です。2枚組。

ガヴリーロフといえば、右のショパンのエチュード盤をご存知ですか?
これがねえ、ものすごいんですよー。すんごいスピードで弾き飛ばしているトンでも盤。気分はギネスに挑戦。人間の限界に挑戦。当時の私はショパンのエチュードはポリーニでしか知らなかったので、もう本当に聴いててひっくり返りました… 以前、クラシック(だったかショパンのエチュードだったか)で聴き手を爆笑させられるのはガヴリーロフだけだ、という文章を読んだことがあるのですが、これには本当に深く深く頷いてしまいます。まさにそれ。もうひっくり返るしかないです。しかも私が聴いた盤には、最後にバラードが2曲収められていたんですよね。これはエチュードがあんまり速く終わってしまって時間が余ってしまったからに違いないです…
とは言っても、スピードはものすごくても技術的にはきちんとしているのがまたすごいんですけどね。当時はその人間離れした超絶技巧ぶりにノックアウトされただけで終わってしまって、彼自身のピアノにまで注意がいかなかったですよ…(でもアレを聴かされたら、それも無理なかったと思う…)

そんなガヴリーロフの演奏も、もう二度と聴くこともないだろうと思っていたのですが。(すみません)
yoshimiさんに教えて頂いて平均律の演奏を聴いたのが1年ちょっと前でしょうか。髪型も服装もあららどうしちゃったんでしょう? おぼっちゃん風だったのがすっかりヒッピー風になり、外見だけでもかなりの変化。そして演奏もまるで違っていました。もうびっくり。内省的ですごく深みのあるバッハなんです。
一体彼に何が…? (いや、実際いろいろあったようです)


Bach – WTC I (Andrei Gavrilov) – Prelude & Fugue No. 1 in C Major BWV 846

You Tubeを探せば平均律の映像はまだあるんですけど、CDは残念ながら未発売。

そして私が買ったのはフランス組曲のCD。(やっと本題に戻ってきたぞ) これがまたとても素敵なのです。繊細だったり、優雅だったり、しっとりとしていたり、時には力強かったり、くるくると違う表情を見せてくれるフランス組曲の良さが十二分に表現されている演奏。全体に共通してるのは、柔らかい音の響きも音楽の流れもとても美しいということでしょうか。すっかり私の中では定番となりました。(だからこの記事ももっと早く書くつもりだったんですけども)
このCDを聴くと、あまり興味を引かれなかった2番や6番も「なんだ結構素敵な曲じゃないの」になります。(笑)

ただ、この人の演奏は基本的にテンポが速いので、練習し始めの頃に聴くのにはあまり向いてないです。ある程度弾けるようになるとそれほど速いと思わなくなるんですけどね。最初はほんと全然弾けないので、私。(笑)

*****

 
アンドレイ・ヴラジーミロヴィチ・ガヴリーロフ(Andrei Gavrilov 1955年9月21日 – )
  ロシアのピアニスト。
  1974年、19歳でチャイコフスキー国際コンクールで優勝。
  同年、ザルツブルク音楽祭でスヴャトスラフ・リヒテルの代理を務める。
  レパートリーはバッハやショパン、リスト、ラフマニノフ、ラヴェル、プロコフィエフなど。
  中でも「ラ・カンパネッラ」や「イスラメイ」のようなヴィルトゥオーソ向けの曲を得意としている。



2011年10月07日

「フランス組曲」シフ

Category : CD(バッハ) | Comments (2)  

アンドラーシュ・シフの「フランス組曲」。2枚組のCDにはフランス組曲の全曲とフランス風序曲、イタリア協奏曲が収められています。実は私が初めて買った「フランス組曲」の CD がこれなのです。だからある意味、私の中での基本。
このCDを聴いていると、なんとなくですが、「ニュートラルだなあ」という言葉が浮かびます。綺麗な音の粒で、流れるような歌うような演奏。速すぎず遅すぎず、華はあるんだけど、装飾音などに凝りすぎていないところも好印象。こちらがどんなコンディションの時でも安心して聴けるCDってこういうののことかも! 逆に言えば、あまり強い個性を感じないということかもしれませんが、疲れた心にも優しく効きます。

このCDにはイタリア協奏曲やフランス風序曲も入ってますが、私はやっぱりフランス組曲の演奏が好きかな。イタリア協奏曲も素敵なのですが、こちらは私の好みとは微妙に違う感じ… イタリア協奏曲に関しては、もう少し立体的なメリハリの利いた演奏が好きなんですよね。ついでにいえば、インヴェンションもあまり… と、微妙なラインだったりするのですが、先日何かの拍子にシフが公開レッスンをしてる映像を見て! いやん、シフったらなんていい人! 素敵! となった私はとっても単純。今ならインヴェンションも素直に聴けるかもーーー。(CDを貸してもらったんですが、結局1回しか聴かず仕舞いだったので)

シフといえば、シューマンのCDを出していたのでそちらも聴いてみたんですけど、これもとても良かったです。最初に買ったのがバッハのCDだったこともあってバッハのイメージが強かったシフですが、シューマンもいいですねえ。パピヨン、ソナタ第1番、子供の情景、幻想曲、森の情景、天使の主題による変奏曲といった曲が収められてます。叙情的なシューマン。シフの歌心ってとても素敵。

*****

 
アンドラーシュ・シフ(Andras Schiff, Schiff András 1953年12月21日 – )
  ハンガリー出身のピアニスト。
  バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトなどドイツのバロック及び古典派音楽を中心とし
  同時にシューマンやショパンなどのロマン派音楽もこなす。
  室内楽団 カペラ・アンドレア・バルカ (Cappella Andrea Barca) の創設者、指揮者でもある。
  1974年、第5回チャイコフスキー国際コンクールのピアノ部門で第4位入賞。
  1975年、リーズ国際コンクールで第3位入賞。
  ほぼ同年代のゾルターン・コチシュ、デジュー・ラーンキと共にハンガリーの「三羽ガラス」。



2011年06月10日

「フランス組曲」アンデルシェフスキ

Category : CD(バッハ) | Comments (4)  

5月の大阪シンフォニーホールの定期演奏会で弾いてるのを観て、ますます好きになってしまったピョートル・アンデルシェフスキ。(その時の記事はこちら)好きなピアニストは何人かいますが、今現役で一番好きなのは誰かと聞かれたら、このアンデルシェフスキかエフゲニー・コロリオフのどちらか迷います… でも先日のコンサートが本当にとてもとても良かったので、今はアンデルシェフスキの方が少しだけリードしているかも。そのアンデルシェフスキのCD。フランス組曲第5番とフランス風序曲が収められています。

アンデルシェフスキの弾き方はとてもまろやかで軽やか。そして声部の音がそれぞれにとても綺麗に聞こえてきます。私の中でこの5番は春のイメージなんですけど、アンデルシェフスキの弾く5番はまさに春。特にアルマンドは、私がこの春、桜の舞い散る中をピアノのレッスンから歩いて帰って来た時に持ったイメージそのままです。煌めく明るい日差しと肌に心地よい風、風に舞う桜の花びら、気分が浮き立って思わず歌い出したくなるような晴れやかさ。

下のリンクは、2000年のマイアミ国際ピアノフェスティバルの公式映像。弾いてる手の様子がよく見えるのでオススメです。初めてこれを見た時は、この「ふわふわ」感にほんと驚きました。羽のように軽やかで、鍵盤に触れるか触れないかという程度のごくごく軽いタッチに見えるのに、それでもきちんと弾いてるんですねえ。

  フランス組曲第5番 アルマンド
  フランス組曲第5番 サラバンド・ジーグ

私にとって5番のサラバンドは春の木漏れ日、ジーグは春に浮かれている小鳥たちのさえずりの曲です♪

関連記事
アンデルシェフスキ!



2011年04月25日

「フランス組曲」ケンプ

Category : CD(バッハ) | Comments (2)  

ただいまレッスン中のフランス組曲。3番の次は5番に決まったということで、早速です…!
フランス組曲全曲が入ったCDはあまり持ってないのですが、5番だけが入ったCDなら沢山あるんです。その中でも一番好きなのはコレ。ヴィルヘルム・ケンプの「バッハ名演集」。収められているのは「イギリス組曲第3番」「カプリッチョ 最愛の兄の旅立ちにあたって」「トッカータとフーガ」「フランス組曲第5番」。

「CDジャーナル」データベースには「この録音が行なわれたのはケンプが80歳の頃で, まだ度々来日して公演していた。小生も何度か生の演奏に触れ, 決して悪い印象は残っていないが, 今こうして当時の演奏を音だけで聴くのはかなり辛いものがある。一言で言えば技術の衰えが限度を越えている。」とあるようなんですが。
少なくとも「フランス組曲」に関しては、技術がそんなに酷いとは思えないです。それどころか私はとても好き。優しくて暖かくて軽やかで、とても素敵な演奏だと思います。アルマンドは私の好みよりも微妙に速めなのですが、それでも十分許容範囲内だし、自由な緩急が心地いいのです。右手と左手のバランスが絶妙なのか、それぞれに綺麗に聞こえてきて、聴くたびに右手に聴き入ってみたり、左手に聴き入ってみたり。あ、もちろん右手と左手がバラバラという意味ではなく… 右手も左手もそれぞれに歌いながら、親しく寄り添っているという印象なんですね。古い録音なので、たとえばコロリオフのようなクリアな音の美しさというのはないのですが、その分、とても柔らかく包みこんでくれるような気がします。こういう風に聴かせてくれるのって、技術ももちろん大切な要素の1つだと思うんですけど、決して技術だけでないのでしょうね。むしろ技術を超越したところにあるような気がします。
バッハのCDを色々聴くようになって、好きなピアニストは何人もできたけれど、ケンプの演奏を聴いていると、やっぱりヴィルヘルム・ケンプという人はいいなあ、特別好きだなあ、と改めて思うのでした。(とは言っても、ケンプとの出逢いはベートーヴェンだったのですが!)

*関連記事*
「子供の情景」ケンプ



2011年04月13日

「フランス組曲」コロリオフ

Category : CD(バッハ) | コメントは受け付けていません。 

エフゲニー・コロリオフの弾く「フランス組曲」。収められているのはフランス組曲全曲。2枚組のCDです。コロリオフの演奏はとても好きなので、このCDも買ってはいたのですが、実はほとんど聴いてなかったんです。なぜかというと、テンポがとても遅いから。とてもまったりとした重たい演奏に聞こえてしまったんですね。フランス組曲のCDを聴く場合、私はまず5番のアルマンドを聴いてみるのですが、これが相当のスローテンポ。この曲は軽やかに優美に弾いて欲しい曲なので、そこのところでどうも好みに合わなかったのでした。

でも実際に練習をし始めてみると、私が持ってる他のCDの演奏はどれも速い! よく聴いていたガヴリーロフなんてとても速いです。フランス組曲3番のアルマンドで比べてみると、ガヴリーロフは2分26秒、コロリオフは4分23秒。どちらも同じように繰り返しをしての時間なので、どれだけテンポが違うか分かりますねー。(ちなみにアンドラーシュ・シフは3分4秒、アンジェラ・ヒューイットだと2分56秒… このぐらいが平均的なのかな?) 練習し始めたたばかりの身には、この速さが聴いていてツライ!
…でも、ふと気がついてみると。もしかして遅いのはアルマンドだけ? クーラントだと、ガヴリーロフは1分55秒、コロリオフは2分15秒と取り立てて言うほどの大きな差ではないですし、サラバンドも1秒違い。きちんと比べたわけではないのですが、コロリオフはアルマンドで常に平均以上にスローなだけで、他の曲に関してはそうでもないようです。

そしてそのスローなアルマンドですが、長調の5番とは違って、短調の3番にはこのスローテンポがとてもよく合うんですね。これだけ聴いたら、これが一番自然な流れのように思えるだろうと思ってしまうほど。おだやかでゆったりしてます。練習し始めで、まだのたのたーと弾いてる身にとっては、このゆったり感がとても心地よくなってしまいました。しかもさすがコロリオフ、音がとても綺麗なんです。
参考にしているとは言っても、実際コロリオフの真似をしようとしてるわけではないですけどね。実際、例えばレガートかノンレガートかという部分では、かなり違ってきてますし。ただ、全体的な印象として、こういう風に自然な感じで歌わせられるといいなあと、その辺りのイメージ作りの参考にしているというわけです。

*関連記事*
「シンフォニア」コロリオフ
「イタリア協奏曲」コロリオフ



Page 1 of 3123
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress